こんにちは、M.Ishiiです。

 

「ブロッコリーの芯」から一房のブロッコリーを

育てることができるのかを実証するこの企画。

 

前回、奇跡の復活を遂げた「二代目ブロッコリー」でしたが、

私の不注意で3日間も水を与えなかったことから、

萎ませてしまうという大失態をしてしまいました。

 

半分諦めながらも必死に炭酸水を与え続けたところ、

またしても、「二代目ブロッコリー」は奇跡的に葉数を増やし

根も2(cm)近くまで伸びるという回復ぶり。

 

前回私が犯したミスを教訓にして、

「二代目ブロッコリー」を育てることを誓うのでした。


栽培開始から88日目

「二代目ブロッコリー」は、さらに葉数を増やす生長ぶりです。
ブロッコリーの芯栽培23










しかし、ここで驚くのはまだ早いのです!!

 

「二代目ブロッコリー」の根元を見てみると、

長い根が何本も生えているのです。
ブロッコリーの芯栽培24










ほぼ毎日観察しているのですが、

いつ頃からこんなにたくさんの根が生えたのかは分かりません。

 

栽培開始から92日目

「二代目ブロッコリー」は、葉を少し大きくしながらも、

着実に葉数を増やしていました。
ブロッコリーの芯栽培25










さらに4日が経過すると、

「二代目ブロッコリー」の一部の葉がプリンの容器から

はみ出てしまうほど大きくなっていました。
ブロッコリーの芯栽培26










また、プリンの容器の下側を覗いてみると、

たくさんの葉が密集していて窮屈そうでした。

 

こうなると、そろそろ、「ブロッコリーの芯」栽培では

初めてとなるペットボトル鉢への移植をすることを

考えたほうがよさそうです。

 

しかし、「二代目ブロッコリー」の芽の生え方をみると、

根元から上を向いて生えているため、

これまで、キャベツや紫キャベツと同じように

移植するのは難しいかもしれません。

 

「二代目ブロッコリー」のペットボトル鉢への
移植については、
次回までの宿題とさせて下さい。

 

次回、「二代目ブロッコリー」はペットボトル鉢に移植される?

 

次回の「「ブロッコリーの芯」栽培()」は、

3月4日(水)にお伝えする予定です。

<次回に続く>

 

M.Ishii

最後までご覧頂きましてありがとうございました。
お役に立てましたら下記の応援バナーにクリックして頂けると嬉しいです。