今回は、
入居者の皆様が休んでいる時に火災が起きたら・・・という
夜間想定で訓練を行いました


それではスタート
「洗濯室から火が出ています
「119番お願いします

第一発見者から報告を受けた職員が119番通報をします。
IMG_8302IMG_8304
「はい、はい、ケガ人は不明です。」
「初期消火が無理だったのでこれから避難に向かいます。」

消防本部の職員からの質問に答えます、緊張感が走ります。

その後、
車椅子などで歩けない方の避難を想定し、実際にシーツなどを使って実践してみました。
思ったよりも重く、引っ張ってベランダまで避難してもらうのは結構大変な作業です・・・。
IMG_8305IMG_8306
実際に火が出たとなると、このやり方では沢山の入居者様に避難してもらう事は難しいのではないか・・?それなら、直接わきの下と足元を持って運んだ方がいいのか・・・?自分で歩ける人には、とにかく大きな声で火事だと伝え、自力でベランダに出てもらわないといけないですよね?

短時間で沢山の人を避難させるにはどうすればいいか、実践してみたからこそ出てくる意見も色々ありました。

その後は恒例の水消火器です
IMG_8308IMG_8311IMG_8310
毎年2回実施している消防訓練ですが、火災はどんな状況で起こるか分からないので、
職員間で避難のルールを周知しておくことがとても大切です。
まさかが起こっても慌てないようにしなければいけないと改めて感じました。

         入居者の皆様の安全を願うN尾