2017年10月05日

配送料金に関しまして

miso500

いつもご愛顧いただきましてありがとうございます。

昨今ニュースにもなっております配達業者様の労働条件の改善の為に時間指定可能時間の変更などを実施して参りましたが、10月からは配送料金の値上げも開始されました。

今までの配送料金の約1,8倍ほど上がってしまいましたので、当店のような小さい会社の企業努力ではこれ以上これまでの全国一律の配送料金で頑張ることが難しくなりました。

大変心苦しいですが地域によって変わる配送料金に変更させていただきました。それに伴い、送料無料になる特典も1万円以上と変更させていただきます。

こういった状況で当店のような小さい店が出来るのは引き続き昔ながらの味噌をしっかり守っていく事が一番だと考えます。今後とも完全無添加で昔ながらの素材と環境と技術を守った味噌を頑固に守っていきたいと思います。

それと同時に今後も何かしら期間限定の特典をお付けしたりポイントアップなどでお客様に還元していきたいと考えています。

今後とも変わらないご愛顧を宜しくお願いいたします。



misoan0929 at 15:59 この記事をクリップ!

2017年08月20日

ピリ辛味噌 完売しました!

misopiri600450

ピリ辛味噌が完売しました!

新ピリ辛味噌の発売再開は今年の年末を予定しています。

ピリ辛味噌も人気の味噌になってきましたので購入ご希望のお客様はご予約をお願いいたします。

http://www.misoan.jp/miso/miso_piri.html

miso_piri_1kg_600_900



misoan0929 at 09:43 この記事をクリップ!

2017年07月14日

白辛口味噌 新味噌に変わりました!

19956810_1512341592155404_2078855947185382149_o

白辛口味噌が新味噌に変わりました!新ものがお好みのお客様は是非どうぞ(o^^o)

熟成を止める添加物などを入れていませんので熟成はどんどん進みます。熟成が進んだ味噌がお好きなお客様はもうしばらくお待ちください。

味噌庵の味噌は「新味噌」から「熟成された味噌」からお客様のお好みのタイミングでもお買い上げされています。


http://www.misoan.jp/miso/miso_siro.html

misoan0929 at 15:49 この記事をクリップ!

2017年05月13日

花山椒 販売を再開しました!

sansho_top2

お待たせいたしました!

花山椒の販売を再開いたしました。

大原の更に山奥産の花山椒を醤油やみりんなどで煮ました。

味噌庵として営業する以前よりの人気定番商品です。

季節限定数量限定ですのでこの機会にご賞味ください!

 http://www.misoan.jp/gentei/gentei_hanasansho.html



misoan0929 at 14:04 この記事をクリップ!

2017年04月23日

よもぎ

よもぎ餅を作る為によもぎの茎を取り分けています。


misoan0929 at 09:45 この記事をクリップ!

2017年04月18日

味噌庵の味噌は

miso500

当店の味噌は、国産大豆、塩、何百年も前から続いている種麹を使用して作った米麹、大原の水、だけで作っています。

昔ながらそのままの味噌をお客様に提供したいと考えておりますので、味噌の発酵を止める添加物や味を整える添加物等は一切入れておりません。

その為、新味噌を蔵から出した時、蔵から出して数ヶ月経った時、新味噌が出る寸前の時、と熟成はどんどん進みますので蔵から出した最初と最後の味噌では同じ銘柄の味噌でも味や風味は少し変わってきます。

一年熟成で発売する味噌の場合、新味噌として蔵から出した瞬間のものは麹の風味が比較的に強い感じです。逆に新味噌が出る寸前の味噌は全体的に落ち着いた風味になっています。

これはどちらが美味いというものではなくお客様のお好みの話で、料亭のお客様には新味噌をたくさんご予約いただく事もございますし、新味噌が出る寸前の味噌をたくさん買われる昔ながらのお客様も居られます。

そういった意味で色々な熟成具合のお客様のお好みの味噌を見つける楽しみもございます。

味噌の仕込みの際に大豆や塩や麹を混ぜる作業も機械は使わずに敢えて昔ながらの手作業で行っています。

機械で混ぜた方が作業は楽になり生産量も増やせるとは思いますが、そこの部分も昔ながらをこだわりながら出来る範囲内でやっていきたいと思っています。

慎重に作っていますが手作業が多い為に樽毎に味や風味が違う可能性もございますし、温度管理を徹底した近代設備の工場はございませんのでその年の気候によっても変化はあると思います。

味噌庵の味噌は「昔ながらの素材と製法と熟成方法と環境で作った」美味しい味噌を残していきたいと考えておりますので、今後も引き続きこの作り方で美味しい味噌をお客様にお届けしたいと考えています。

今後とも引き続きご愛顧のほど宜しくお願いいたします!

http://www.misoan.jp/index.html



misoan0929 at 23:11 この記事をクリップ!

2017年04月12日

白辛口味噌

今の白辛口味噌です!味噌庵の味噌は発酵を止める添加物は一切入れていませんので熟成は進みます。



misoan0929 at 09:54 この記事をクリップ!

2017年04月08日

楽天市場支店

2miso

ご愛顧いただきましてありがとうございます。

楽天市場様側のシステム改修によりリンク切れなどのエラーが生じていましたが、先ほど修正作業をして解決いたしました。

大変ご迷惑をおかけいたしました。

引き続きよろしくお願いいたします。

misoan0929 at 16:44 この記事をクリップ!

2017年03月28日

三倍麹味噌 販売再開

3times1

ご予約のお客様の発送作業が完了しましたので、三倍麹味噌の販売を再開いたします。

三倍麹味噌は生産量が少ないですので大原の実店舗と自社サイトと楽天市場支店のみとなります。

http://www.misoan.jp/miso/miso_3times.html

3times2

この度新たに加わりました味噌は他の味噌に使う麹の【通常の三倍】の量の麹を使った味噌です。

三倍量の麹を使う事により麹の持つより自然な甘みの味噌に熟成されました。甘いと言っても水飴や甘味料を入れたような「甘い」味噌ではなく普通の味噌の持つ自然な「甘い」味噌です。京都の一般的な白味噌のような甘い味噌ではございませんので味噌汁にしても塩っぽい部分のある普通の味噌としてもお使いいただけます。


三倍麹味噌は大量生産が出来ません

味噌庵の味噌は手作業が基本なので麹が三倍になると混ぜる労力も三倍(以上)になります。(味噌庵の味噌は大豆、麹、塩、(と商品によってはかつお節やニンニクや唐辛子等)と大豆の煮汁だけを手作業で混ぜています。)煮汁をたくさん入れて混ぜると作業は楽になりますが、混ざった味噌は水分が多すぎて(べちょべちょの状態)しまい麹の菌が働かない、もしくは働きが非常に弱い美味しくない味噌になってしまいますので、麹菌が働きやすいようなベストな煮汁量、つまり通常の味噌を混ぜる際の量に近い量の煮汁を入れた状態で混ぜます。

水分が少ないのでこれが非常に重労働(蕎麦打ちに近い感じかもしれません)になってしまい、男手だけで混ぜても一日に一樽(50キロ、75リットル)、相当頑張って二樽程度しか出来ません。(弊社では、他の味噌と同じく機械で混ぜてしまうと均一感が出過ぎてしまい「味」がなくなってしまうと考え、敢えて手作業で混ぜています。)

このようなこだわりも詰まった味噌庵の新しいこだわり味噌【三倍麹味噌】をお召し上がりください。


ガス抜き弁付き新パックになりました!新機能パックではありますが、必ず冷蔵庫で保存していただきますようお願いいたします。
 



misoan0929 at 10:05 この記事をクリップ!

2017年03月14日

奄美タンカン麹酵素ジュース

奄美タンカンの麹酵素ジュースが出来ました!優しい甘さにホッとします(o^^o)

misoan0929 at 11:11 この記事をクリップ!
Archives
記事検索
  • ライブドアブログ