1 名前:ハバナブラウン(愛知県):2013/01/30(水) 13:58:56.43 ID:BpD8xyPh0● BE:954467827-PLT(12000) ポイント特典


【中国BBS】なぜ日本はノーベル賞受賞者を輩出できるか?
「なぜ日本は多くのノーベル賞受賞者を輩出できるのか?」というスレッドが立てられた。スレ主の疑問について中国人ネットユーザーが議論を交わした。

**********

米国籍の南部陽一郎氏を含め、日本はこれまでに19人のノーベル賞受賞者を輩出しており、受賞数としては世界8位となっている。
また、日本人のノーベル賞受賞者は日本以外のアジア全体の受賞者数よりも多い。

スレ主は、「中国は文学賞を1度しか受賞していないし、韓国も平和賞しか取ったことがないのに、
日本がノーベル賞を頻繁(ひんぱん)に受賞しているのはなぜなのか?」と質問したところ、次のような回答が寄せられた。

・「日本は特に科学技術を重視しているからだろう」

・「日本にはバックに米国がいるからだ。それに第2次大戦前に日本はすでに発達していて基礎があった」

・「日本人と中国人では思考パターンが違うからだ。日本人は西洋人に近い」

・「中国には専門家が研究に専念できる環境がないから」

・「(中国の)受験教育は創意工夫の芽を摘み、大学の劣悪な環境が積極的な研究にとって打撃となっている」

・「日本はクリエイティブさを重視している。」

・「日本人はトイレに行くときに紙と鉛筆を持っていき、思いついたことをすぐにメモするそうだ。」

・「(日本人は)幼い時からさまざまな活動に参加して視野を広げる。」

・「中国の子どもは一心に部屋で勉強するだけでクリエイティブさは育たない」

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0114&f=national_0114_011.shtml

4 名前:ハバナブラウン(愛知県):2013/01/30(水) 14:00:50.62 ID:BpD8xyPh0

◇アジアのノーベル賞(科学分野)

★日本 16人
湯川秀樹     (物理学)   1949年  朝永振一郎    (物理学)   1965年
江崎玲於奈    (物理学)   1973年  福井謙一     (化学)    1981年
利根川進     (医学生理学) 1987年  白川英樹     (化学)    2000年
野依良治     (化学)    2001年  小柴昌俊     (物理学)   2002年
田中耕一     (化学)    2002年  小林誠      (物理学)   2008年
益川敏英     (物理学)   2008年  下村脩      (化学)    2008年
鈴木章      (化学)    2010年  根岸栄一     (化学)    2010年
南部陽一郎    (物理学)   2008年  山中伸弥     (医学生理学) 2012年

パキスタン 1人
Abdus Salam   (物理学)   1979年

★台湾 1人
李遠哲      (化学)    1986年

★韓国 0人


引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1359521936

6 名前:ラ・パーマ(チベット自治区):2013/01/30(水) 14:01:38.67 ID:dV+5mLYr0

日本にはバックに米国がいるからだ
関係あんのか?


15 名前:デボンレックス(香川県):2013/01/30(水) 14:03:48.12 ID:s5hls88Z0

>>6
こういう考え方してるうちはとてもとてもw
むしろアジア人だから日本人が受賞出来なかった発明なんて山ほどあったし今もある



8 名前:ロシアンブルー(東日本):2013/01/30(水) 14:01:52.17 ID:2vFl+vrY0

中国は10年以内に取りそう
韓国はいずれ消滅するだろうから永久に無理

14 名前:エジプシャン・マウ(東京都):2013/01/30(水) 14:03:36.77 ID:qmbWxvak0

中国はそのうち量産するか国が滅びるかどっちかだろ

17 名前:シャム(大阪府):2013/01/30(水) 14:03:57.09 ID:A4StgeRW0

まあ、正味、日本の方が近代化してから時間が経つから、その分多いって話やろうけどな。
中国人も、10年20年後には、徐々にノーベル受賞者出てくるんじゃないの。

18 名前:イリオモテヤマネコ(関東・甲信越):2013/01/30(水) 14:04:00.42 ID:Ag4BUi8pO

その科学技術の研究資金を削除したミンシュのレンホウ
恐ろしいよなミンシュ

20 名前:バーマン(dion軍):2013/01/30(水) 14:04:41.12 ID:VSxrthel0

金にならない基礎研究を重要視して何十年も研究→ノーベル賞へ
これが理解できないとムリ

近所の大学で金にならなそうな研究を長年やってるが
最近にわかに注目を集めてるわ


26 名前:ジョフロイネコ(山陽地方):2013/01/30(水) 14:06:05.64 ID:FYulYXTN0

>>20
へぇ。なんの研究してんの?



23 名前:ボルネオウンピョウ(新疆ウイグル自治区):2013/01/30(水) 14:05:17.94 ID:4GKkIIHk0

研究に打ち込めるだけの人生に余裕があるから

28 名前:ボンベイ(福岡県):2013/01/30(水) 14:06:11.85 ID:NNqNzyHM0

紀元前の頃の創意工夫に満ち溢れた中国だったなら
現代でもノーベル取りまくりだったろうに、どこで道を誤った

29 名前:コラット(北海道):2013/01/30(水) 14:06:25.48 ID:Du3eBhu20

中国でも詰め込み教育批判が出始めたか
ゆとらー誕生も近いなw


33 名前:アンデスネコ(宮城県):2013/01/30(水) 14:09:14.07 ID:Wn8+zIK+0

>>29
日本のゆとらーは自虐的だがあっちの一人っ子政策のせいで出来た人格は王様気質だな
中国の文化だとゆとりにしたら小皇帝が相次いで誕生するだろう



30 名前:エジプシャン・マウ(チベット自治区):2013/01/30(水) 14:07:49.60 ID:b/SsK5j30

中国人の平和賞は本当に無かったことになってんのか

31 名前:バリニーズ(千葉県):2013/01/30(水) 14:08:32.30 ID:Me+U7/8E0

ノーベルは社会への貢献度高いもの重視だろ
公害垂れ流ししている内はダメダメ

32 名前:エジプシャン・マウ(東京都):2013/01/30(水) 14:08:49.18 ID:qmbWxvak0

俺も自宅で研究しているよ。
いつか世の中の役に立つときがくるかもな

34 名前:ジャガランディ(山陽地方):2013/01/30(水) 14:09:33.67 ID:kYSrSBDNO

思想が絡まないからだろ
なんぼ頭がよくても亡命でもしない限り中韓には無理

39 名前:アムールヤマネコ(北海道):2013/01/30(水) 14:12:25.20 ID:ryIRkcabO

技術はあるだろうから後は考え方の問題だろ

41 名前:アメリカンカール(アメリカ合衆国):2013/01/30(水) 14:13:04.20 ID:9iQoqSxy0

基礎研究の伝統が無いからだろう。
日本は一応は明治の昔から基礎研究を重視してきている。世の中の人は重視していないけど。

42 名前:エジプシャン・マウ(東京都):2013/01/30(水) 14:13:38.11 ID:qmbWxvak0

個人的にはipsはもうちょっと応用が本格化してからの受賞でもよかったと思ってる。
細胞初期化手法はもしかしたら今後もっと応用しやすい手法が見つけられる可能性も
結構ありそうなので

43 名前:ぬこ(大阪府):2013/01/30(水) 14:13:59.93 ID:zObWufvQ0

というか、日本は戦前から世界の大国だった訳で。明治維新だって、急に近代化が成功
したわけじゃなくて、江戸時代からすでに海外の文化や情報はチョロチョロと入って下地があった。

45 名前:シャルトリュー(兵庫県):2013/01/30(水) 14:14:16.38 ID:gb6diBpc0

中国系がとってるんだから環境の問題じゃね

48 名前:クロアシネコ(関東地方):2013/01/30(水) 14:15:02.35 ID:29A2NdqfP

反日洗脳と毒ガスで頭悪くなってんだろ
常識的に考えてこの人口でたった一個とかあり得ない

50 名前:スミロドン(宮城県):2013/01/30(水) 14:15:13.05 ID:9wP0x0Lu0

お前らの突っ込みと同じでよく知らないけど先入観が無いほうが直感的に分かるんよ

51 名前:ギコ(新潟県):2013/01/30(水) 14:15:13.44 ID:C4FaNvCB0

朝鮮もそうだけど、目先の利益ばっか追っかけて
金持ちになる以外の夢がないからじゃないかな

52 名前:エジプシャン・マウ(東京都):2013/01/30(水) 14:15:53.95 ID:6EeCvPYB0

日本人ばかりって言うけど総数だとベルギーとかとどっこいだぞ

53 名前:アフリカゴールデンキャット(福島県):2013/01/30(水) 14:16:06.86 ID:QJJVyO2B0

ホントに西洋人だったらどんなによかったことか…

54 名前:デボンレックス(香川県):2013/01/30(水) 14:16:20.65 ID:s5hls88Z0

思考能力0の人間が良い国民として成り立って来た国が変わるには100年は必要だろ

56 名前:ぬこ(大阪府):2013/01/30(水) 14:16:35.38 ID:zObWufvQ0

ノーベル平和賞受賞者を政治犯にしてしまう国


91 名前:白(芋):2013/01/30(水) 14:34:14.63 ID:1glE5bNf0

>>56
いや、軟禁されてる人権活動家をわざわざ探して、ノーベル平和賞上げただけ。
西側諸国による壮大なる嫌味。



58 名前:コーニッシュレック(福岡県):2013/01/30(水) 14:17:33.41 ID:3L0W2cod0

日本人のとった平和賞やお隣がとった平和賞より中国人がとった平和賞の方が何十倍も価値がありそうだがなぜ誇らないんだ

60 名前:ペルシャ(山口県):2013/01/30(水) 14:18:46.34 ID:v15Ionzv0

政治と社会環境のせいだろ
日本が特別なんじゃなくて中国が劣悪すぎるだけ

61 名前:ヒョウ(長屋):2013/01/30(水) 14:18:56.19 ID:e+QTS8w70

中国系アメリカ人ならとってなかったっけ?

62 名前:スフィンクス(福岡県):2013/01/30(水) 14:19:27.03 ID:WGW/9GG50

著作権保護される国かどうかだろ
なんでもパクりゃOKな中韓みたいな土人国家で最先端技術が育つわけがない


66 名前:ペルシャ(山口県):2013/01/30(水) 14:21:04.19 ID:v15Ionzv0

>>62
これだよ



63 名前:カラカル(大阪府):2013/01/30(水) 14:20:04.12 ID:n/2WDRFj0

中国には専門家が研究に専念できる環境がないから

それ以前の問題だろ

64 名前:ロシアンブルー(やわらか銀行):2013/01/30(水) 14:20:07.38 ID:NCw/zBHP0

日本には江戸時代には一般庶民までもが数学を趣味として嗜んだ土壌がある。
そのような民族は後にも先にも日本だけなのだ。
アジアのみならず世界からも超絶かけ離れた存在なのだよ日本は。
日本人がノーベル賞とるのは当たり前なのだ。

67 名前:ツシマヤマネコ(内モンゴル自治区):2013/01/30(水) 14:21:53.54 ID:iImDBkqZO

そもそも、そこらへんの中国人捕まえて、
お前、ノーベル賞って知ってる?
って聞いたら、
なにそれ食べれるあるか?
って言いそうじゃん

68 名前:アムールヤマネコ(関東・甲信越):2013/01/30(水) 14:22:01.26 ID:QTh14oT2O

日本くらい発展してりゃあ、取れて当然
中国ももうちょい環境を整えれば取れるようになるだろ
共産党をなくすとかさ

70 名前:ペルシャ(山口県):2013/01/30(水) 14:24:09.53 ID:v15Ionzv0

頑張れば国家社会のためにお手柄を吸い上げられ
何かを生み出せばすぐ他人から盗まれる
そんな場所で何をどうしろと

71 名前:スノーシュー(dion軍):2013/01/30(水) 14:24:17.63 ID:LDLpbC0+0

文部科学省のあのチームってまだあるのか?あるなら納得の数だ

72 名前:キジトラ(神奈川県):2013/01/30(水) 14:25:12.22 ID:6ZDAlezC0

せっかく一党独裁大国なんだから
国が機関作って研究に専念させれば
数十年後にとれるんじゃないの

73 名前:メインクーン(東京都):2013/01/30(水) 14:25:42.78 ID:fQ+kgrGk0

お前ら中国を馬鹿にしてるけど中国人は人類で初めてロケット飛ばして戦争した人たちなんだぞw 半端ねーぞw

74 名前:エジプシャン・マウ(東京都):2013/01/30(水) 14:26:37.92 ID:qmbWxvak0

紙作ったり色々してるけど、たんに文明ができたのが早かった=平野部がでかかった っていう地理的な要件なだけなきがする

75 名前:マーブルキャット(岩手県):2013/01/30(水) 14:27:35.96 ID:DBMYhJK30

中国のノーベル文学賞って

文学賞の選考委員として莫言氏を推したとされるスウェーデンの中国研究家・マルムクヴィスト氏は、
記者会見で「中国当局者から書画や古書が贈られてきた」と口を滑らせたために、“文学賞買収疑惑”
が持ち上がった。

ってことがあったよね
何年か前の民主活動家の平和賞の件があったため、悲願の文学賞受賞だったそうな

77 名前:セルカークレックス(新疆ウイグル自治区):2013/01/30(水) 14:29:09.25 ID:PIQKa1hq0

特定アジア平和賞をもっと誇れば良いじゃない

78 名前:ウンピョウ(東海地方):2013/01/30(水) 14:30:03.68 ID:EijUGmDKO

お前らがノーベル賞を取った訳でもなく、指導してきた訳でもないのに、偉そうにいくら中国とは言え講釈たれるのは流石に滑稽。

81 名前:オシキャット(西日本):2013/01/30(水) 14:30:49.60 ID:OunECtgc0

どこのノーベル化学賞が日本人ばかりなんだよ
圧倒的にドイツ、アメリカ人が多いだろ

86 名前:ウンピョウ(関東・東海):2013/01/30(水) 14:32:35.77 ID:CjETS/hNO

「想像は知識に勝る」
-アインシュタイン

95 名前:ブリティッシュショートヘア(熊本県):2013/01/30(水) 14:38:46.96 ID:Ep92BXiB0

中国は科学より思想だろ
古代の中国思想家の一部なんて西洋より断然優れてる
まぁ現代じゃまた文化大革命されるのがオチだけどさ

97 名前:茶トラ(やわらか銀行):2013/01/30(水) 14:43:19.11 ID:zKY9coM/0

てか日本の人口国力を考えたら受賞者全然少ないよな
欧米先進国と比べたら
しかも受賞者のほとんどがアメリカで研究してたっていう

98 名前:アメリカンボブテイル(禿):2013/01/30(水) 14:44:24.34 ID:UY6QD9p30

中国も韓国もだけど、ノーベル賞目的に研究しているうちは取れないんじゃないかな?
あくまで人類や社会への貢献の為に研究している過程でノーベル賞を受章しているわけで
手段が目的になっているうちは無理だと思う

99 名前:三毛(家):2013/01/30(水) 14:46:44.36 ID:47CGvJ400

中国にも天才はいるんだよ
これは紛れもない事実
なんでノーベル賞とれないんだろうね


103 名前:メインクーン(東京都):2013/01/30(水) 14:52:17.06 ID:fQ+kgrGk0

>>99
> 中国にも天才はいるんだよ
> これは紛れもない事実
> なんでノーベル賞とれないんだろうね

中国は日本の10倍の人口だから天才が出現する確率もにほんの10倍なんだけどな



108 名前:ペルシャ(関東・甲信越):2013/01/30(水) 15:13:11.30 ID:urWBpQLnO

中国人で平和賞取った人いたよね?
中国人民はそのこと知らないの?


110 名前:ボルネオウンピョウ(関東・甲信越):2013/01/30(水) 15:18:06.66 ID:nogJcDfXO

>>108
そりゃメディアもだんまりネットも規制されてりゃ知らない人も多いんだろうよ



113 名前:アメリカンショートヘア(神奈川県):2013/01/30(水) 15:21:01.51 ID:Rm65xHav0

根岸英一 1935年生まれ
野依良治 1938年生まれ
益川敏英 1940年生まれ
小林誠   1944年生まれ
(団塊の世代) ← 詰め込み教育絶頂期
田中耕一 1959年生まれ
山中伸弥 1962年生まれ

115 名前:ターキッシュバン(京都府):2013/01/30(水) 15:26:06.44 ID:XcNSbITO0

そもそも科学賞以外にもそこそこ取ってるし
文化面でも名の知れた映画監督とかも昔から排出してるわけで
特別どこかを重要視してるわけではなく民度の高さも違うわけだが
そこには気づかないのか中華は

116 名前:ターキッシュアンゴラ(東日本):2013/01/30(水) 15:45:54.41 ID:tlVtwq670

ノーベル賞だけじゃないぜ

日本人では初めて孔子平和賞を受賞しそうな元総理がいるし