1 名前:Hi everyone! ★@\(^o^)/:2014/08/16(土) 01:39:37.52 ID:???0.net

ソース(毎日新聞) http://mainichi.jp/feature/news/20140815mog00m040002000c.html
写真=はんどう・かずとし 1930年、東京生まれ。東京大文学部卒。「文芸春秋」編集長などを経て作家に。「昭和史」で毎日出版
文化賞特別賞。近著は「日露戦争史」1~3巻
http://img.mainichi.jp/mainichi.jp/feature/images/20140815mog00m040001000p_size7.jpg



 「戦没者230万人」という数字を、私たちはどのように読み解けばいいのだろうか。昭和史の著作が多い「歴史探偵」こと作家の
半藤一利さん(84)に聞いた。

          ◇

 戦前の日本は近代国家の体をなしていなかった。「戦没者230万人」という数字はそのことを端的に示していると思います。国民を
戦地に送り込むならば、国家は責任を負わなければなりません。いつ、どこで、どのように戦没したのか。確実に把握していなければ
ならない。ところが、「戦没者230万人」という大枠のみが残り、具体的なデータは部分的にしか残っていません。厚生省(当時)は
戦後、戦域別で戦没者数を算出しましたが、そこまで。死因までは分類できていない。230万人というざっくりとした数字も、私は
過小評価ではないかと疑っていますよ。

 詳細が分からないということは道義的にはもちろん、軍事的にも非常に問題があります。前線に送り込んだ部隊のうち、戦闘に
耐えうる兵士は何人なのか。あるいは戦傷、戦病者は何人いるのか。正確な戦力を測れずして、作戦を立てることはできません。
そもそも、前線に送らなければならない武器弾薬、糧食、医薬品などを算出するためにも、絶対に必要です。それができていなかった
のではないか。

 兵站(へいたん)を軽視した、あるいは無視したのが日本軍でした。「輜重(しちょう)が兵隊ならば チョウチョ、トンボも鳥のうち」
というざれ言があります。輜重とは兵站部門のことです。そもそも、陸軍参謀本部や海軍軍令部のエリート将校にとって、兵卒は
しょせん、1銭5厘(当時のはがき代)で集められる存在。作戦時には3日間分のコメ6合など25キロの荷物を背負わせ、前線へと
おっぽり出した。食糧がなくなれば、現地調達しろと。降伏はありえないのだから、負け戦になれば玉砕しかありえません。敗残兵の
消息など気にもとめなかった。

 これに比べ、米国の手厚さは語るまでもないでしょう。あるエピソードがあります。ブッシュ元大統領(第41代ジョージ・H・W・ブッシュ、
第43代大統領の父)は戦時中に小笠原諸島の父島沖で撃墜されました。元大統領は救助されましたが、この時に捕虜になった同僚が
いました。戦後、米軍の調査団が父島を訪れ、彼が埋葬された墓地を掘り返したんです。すると、遺骨の首は切断されており、日本軍に
処刑されたことが明らかになった。一兵士に対するまで、その死をないがしろにしない。国家としての責任を果たしているんですね。

 日本軍は自己の実力を顧みず、攻勢の限界線をはるかに越えました。餓死者が続出するのは当然のことです。私は戦没者のうちの
7割が、広義での餓死だと思っています。このような軍隊は古今東西にありません。人間をまるで、将棋の駒のように扱っている。

 海上を移動中に乗船が沈められ、死亡した陸軍将兵は18万人にも上ると見積もっています。これも補給軽視、つまりは人命軽視の
表れです。開明的とされている海軍ですが、陸軍とそんなに違いはありません。レイテ沖海戦で、小沢艦隊はおとりになりました。
基幹の空母4隻に搭載した航空機は定数をはるかに下回る100機余りしかなかったのに、整備員は必要もないのに定数を乗せた。
帳簿上の員数合わせだけを気にする官僚主義としかいいようがない。

 軍の指導者たちは無責任と愚劣さで、兵士たちを死に追いやりました。特攻作戦も同様です。特攻隊員たちの純粋な気持ちを利用した。
「日本的美学」などと言われるが、とんでもない。立派な作戦であるような顔をして、机の上で「今日は何機出撃」などと記していた参謀ら
を許すべからずです。

>>2以降に続く)

(※スレ立て時に全文閲覧可 確認済み 8/16 01:38現在)

2 名前:Hi everyone! ★@\(^o^)/:2014/08/16(土) 01:39:53.06 ID:???0.net

>>1の続き)

 集団的自衛権の行使について、容認する声があります。何を言ってんだ、と思いますよ。戦後の日本は平和だった。その権利を行使
しなかったため、何か問題があったのでしょうか。

 太平洋戦争を巡り、これまで各国の将軍、提督たちを数多くインタビューしてきました。みんな、偉い人は生きているんですよ。戦争とは
そういうものです。「戦没者230万人」の犠牲のうえに日本は成り立っています。その数が示していることは何か、考えてみるべきじゃない
でしょうか。

(終わり)


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1408120777

3 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 01:41:36.58 ID:vK3+EjqH0.net

下を向いていたら、虹を見つけることは出来ないよ。


66 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:12:49.29 ID:HbIYPD0e0.net

>>3
虹を追いかけて崖から落ちるような間抜けにはなりたくないな。


950 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 08:17:51.73 ID:18UV9KnD0.net

>>3
上を向いていて崖に落ちる馬鹿



4 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 01:42:59.65 ID:t8K6LNFY0.net

兵士は駒だろ・・・
作戦に物申すのは理解できるが、そこ勘違いするなよ

8 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 01:43:37.61 ID:EZGnbv8L0.net

数合わせの官僚主義?w
いや、小沢艦隊はおとりだから。実際のその役目を果たしてハルゼー艦隊を釣り上げたから。
兵士が駒なのが戦争。アメリカなんて自国の兵士をカールスバーグ作戦だかなんだかで原爆実験に参加させてる。

10 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 01:43:55.27 ID:QwGenL3b0.net

この人が日本が負けたお陰で美味い汁吸ってきたのはわかったわw

11 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 01:44:07.34 ID:SeTZjj0Hi.net

日本に戦争責任はない。
敗戦責任があるだけだ。

14 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 01:46:24.92 ID:VNm9hTCm0.net

いや、兵士も士官も将官も全員駒でしょ
何言ってんの

17 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 01:47:44.77 ID:GtwvZsht0.net

今なら何とでも言える。現代を生きている人間が、当時の人間より賢いと言えるのか?

19 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 01:48:30.98 ID:SrHZBl6MO.net

牟田口とか辻の事だよな
奴らは見苦しい
何故腹を切って詫びを入れなかったのか


23 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 01:51:04.71 ID:FwYo+LZy0.net

>>19
牟田口や辻が自決するようなタマかよ。w



25 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 01:52:42.76 ID:SkEbJiUY0.net

人は記憶型と思考型に大別できる

ま、今も変わらんのだが、残念ながらそれに声を挙げる奴が極めて少ない

話を少し変えて日本のWW2は記憶型がやったお馬鹿な戦争だが、そのお馬鹿さを1つ
満州に配備した関東軍60万人
これ要らないんだ
必要ない
壮大な無駄、日本から健康な男を60万人を引っこ抜いて満州に駐留させるなんてどんだけ国を疲弊させたんだ
これも日本国のエリート様がやったことだ


34 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 01:57:13.62 ID:tuLW/ieTi.net

>>25
んなの今だから言える事なだけじゃん

そもそも陸軍の主敵はソビエトなのにニューギニア・ソロモンで米軍相手に浪費する方がよっぽど不合理



29 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 01:55:39.35 ID:Op2A3NEM0.net

第二次世界大戦の戦没者をきっちり一桁まで集計出来てる国ってあるの?

30 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 01:56:03.00 ID:PhlJ2aB10.net

戦後の日本が何故平和だったのか全くわかってない人は救い難い

31 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 01:56:21.06 ID:KjjQVTpE0.net

個人としてどう思うかは自由だが
新聞 マスコミとしてこのての発言を記事にするってどうなのよ。
太古も現代も兵士は結局駒扱いな訳で
この駒がなければ現代戦で有れ戦闘は不可能
駒扱いを問題にするなら日本がとかじゃなく
戦争問題そのものを問題視しろよ。

32 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 01:56:40.70 ID:xrQ5xe/S0.net

国家が守りたいのは
国体であって、国民ではない

国家に幻想抱いている奴は
かつてどれだけの棄民が行われたのか
まるで知らんのだろう

現在進行形でも放射能汚染地域の問題があるのに
それを棄民だと認識できないのは、大本営に毒されている証だね

35 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 01:58:23.87 ID:z4ZN+4wb0.net

そう、地雷原があったところで、歩兵をただ展開させればよい

38 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 01:58:54.94 ID:tuLW/ieTi.net

大体、ゲームじゃねえんだから関東軍74万の精鋭をほいほい移動できるわけねえじゃん

40 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 01:59:29.06 ID:n4D2NMmd0.net

ソ連ディスってるの? 2500万人だよ


49 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:02:33.78 ID:kEwc4PLC0.net

>>40
それは民間人でしょ
軍人は1000万



43 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:00:49.30 ID:cwMi77df0.net

せっかく西日本人が作った栄光ある大日本帝国を
東日本の土人がつぶした
神風特別攻撃隊と会津の白虎隊なんてそっくりだろ


125 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:33:58.55 ID:tuLW/ieTi.net

>>43
貧乏がいかんのです
貧乏じゃなかったら戦争する必要が無かった



45 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:01:05.54 ID:BuBt+HKX0.net

客観的に見れば
良いも悪いもない
日本はその程度の国だった
てことだろうし
かろうじて独立を維持したとも言える

51 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:03:20.00 ID:cwMi77df0.net

>集団的自衛権の行使について、容認する声があります。何を言ってんだ、と思いますよ


この爺さんは戦前の敗戦からいったい何を学んだんだ
一国だけの戦争がいかに無謀かまだ分からんと見える

55 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:05:51.80 ID:7PQmJ9qe0.net

軍隊は腐り切ったところだと苛め抜かれた人が言ってたなあ


56 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:07:17.60 ID:tuLW/ieTi.net

>>55
軍隊と言わず人間集まればどこにだってイジメは発生するもんだと思うよ

小学校だってイジメ抜かれて何人も首釣ってんだから



57 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:08:10.25 ID:8lZGZbmb0.net

戦争批判は結構だがそれと集団的自衛権がどうつながるのか意味不明
集団的自衛権批判のためにあの戦争をもってきたらもう
棺おけに片足つっこむどころじゃなく棺おけから出てるのは片足だけのただの耄碌


60 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:08:59.41 ID:tuLW/ieTi.net

>>57
軍靴の匂いがする=戦争なんだろ
こんなのもわからない?



65 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:12:18.98 ID:tuLW/ieTi.net

みんなロシア人の南下政策って高校中学で勉強させられると思ったんだけどなあ

71 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:15:46.11 ID:3vsczgxx0.net

自らの命と引き換えに、自国民を救おうとした国王が、世界の歴史上あっただろうか。
https://www.youtube.com/watch?v=65tS-cwatss


https://www.youtube.com/watch?v=FfhGIU3Ov0c


あなたの大和魂は眠ったままではありませんか?
https://www.youtube.com/watch?v=5w5TC4ppsIE


https://www.youtube.com/watch?v=lnei2tqPD8Y


https://www.youtube.com/watch?v=yWIE2M7IL3U


https://www.youtube.com/watch?v=p4xcwKvAAdg&list=PLC9A82B0EB3801043&index=6


https://www.youtube.com/watch?v=nTuuaT9NXq0


https://www.youtube.com/watch?v=OCy4xlS1EBY


https://www.youtube.com/watch?v=HknYSn-sGtU


73 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:17:04.19 ID:YAvwTtD60.net

この話の教訓は、優れたリーダーを育てなければならない。
特に、国防分野で。と言う事である。
だから、戦争はダメなどという話ではない。

87 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:22:46.99 ID:QE9jNg8L0.net

こいつ、シベリアで赤化教育受けたクチか?

88 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:23:05.58 ID:EyftZzaz0.net

上層部がすこしでも有能ならここまでヒデー負け方もせんかったと思うわ。
士官クラスで生き残ったじじいはよくもまーおめおめとと思うわ。

94 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:25:09.14 ID:OTWXCOrI0.net

兵士が駒じゃなけりゃ
なんなんだ?

99 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:26:38.48 ID:T4gQm3fd0.net

どこの国の軍隊もそうなように、日本の旧軍が一点の曇りも無く何の間違いも無かったとは言わない
様々な間違いや失敗をしているだろう
だが、それをネタに戦後に生まれてきた日本人全体を犯罪者かのようにディスるのはやめろ 筋違いだ

100 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:26:48.90 ID:AiVEI2TI0.net

前半の日本の作戦は酷かった話から、

集団的自衛権反対! が全然繋がってない件・・・。

101 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:26:59.35 ID:EyftZzaz0.net

ジジイどもは戦争がいけないとほざくけどよ
おめーらがいけないんだろうが。


779 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 07:36:55.37 ID:Q+sX6g150.net

>>101
そうだよね。



104 名前:名無しさん@13周年:2014/08/16(土) 02:29:53.19 ID:+BsnrKZF5

昭和あたりから精神論にそまりだしたんだよな、日本は。

日清日露の勝ちのとらえかたがおかしくて、あとの軍人教育にはマイナスになったんだろうな

105 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:27:25.50 ID:QwGenL3b0.net

あまりにも馬鹿が多杉。
土人が民潭ツールで複数ID使ってるニカ?

111 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:29:47.41 ID:MHu5N16J0.net

地下鉄サリンの時の隊長は?
福島原発のヘリ部隊の隊長は?
少なくともいまは違う。

115 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:30:47.91 ID:HtANxlxe0.net

自分がつらかったのは今の世代の責任なのか?
私たちが何をしたっていうんだ
憎いからって日本に冤罪を着せるのか?

118 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:31:53.19 ID:EyftZzaz0.net

ともあれ当時の上層部のミスがものすごい。
あいつらに手合わせる気はないね。
ちょっと歴史かじったやつならそう思うだろ。

120 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:32:34.71 ID:w8cVWjPb0.net

正直負けた原因は、正直振り返って欲しいな
陸軍の武器が全体として貧弱すぎた
日露戦争以降武装を変えてないのも
海軍の兵器は、アメリカと同等だったのに
何で歩兵の武器が明治38年から変更されれず38式を使い続けたか理解に苦しむ
海軍の武器は凄いのに陸軍の武器が軒並み骨董品なのは何故なんだぜ

131 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:35:57.89 ID:wJxRB3Sa0.net

閃いた!上級士官から最前線送りで良いじゃん。
その方がまともな作戦立てるだろw

135 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:36:49.98 ID:EyftZzaz0.net

上級士官だったジジイの墓は蹴飛ばしてやりたいわ。

136 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:36:50.26 ID:5WAxT4N30.net

敗戦の責任、日本人に対する人道的罪。
日本政府は日本国民に謝罪、賠償しろ。

140 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:37:32.97 ID:w8cVWjPb0.net

上陸して都市占領するのは歩兵だろ
その歩兵のメイン武器がボルトアクションのライフルとか
勝てる戦争も勝てないだろこれじゃ
自動小銃と弾薬ありゃ日本軍勝てただろ

142 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:37:56.99 ID:HUAx8bbV0.net

陸軍は米軍と海軍相手に戦ってるし
海軍は米軍と陸軍相手に戦ってるんだから
勝てるわけない。

145 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:39:07.21 ID:OIFS1/uui.net

軍隊に入って駒扱いされない奴いるんか?

歩が生意気言っている間にさっさと走って撃てや(^ω^)

154 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:42:59.23 ID:w8cVWjPb0.net

天皇陛下は、陸軍と海軍を仲裁出来なかったのかね
求める結果は一緒なんだろうけど、味方同士で権力の奪い合いしてりゃぁ
戦局が変わったら後手後手に回るよな


162 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:45:08.88 ID:/Mu4UjnE0.net

>>154
基本命令をする立場ではないからなあ



161 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:45:06.52 ID:sDTqzNr8O.net

皆平等に価値がない!

サーイエッサー

163 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:45:16.17 ID:QmL7RDIX0.net

先輩の仕事を否定したら冷や飯が待ってるのが日本の組織。
この仕組みが残ってる限り永久に反省や方針転換は無理。

167 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:46:23.06 ID:NgBWMSw90.net

まあ当時成人どころか30後半40代やないとほんまの当時の空気わからんよ
110歳くらいの人の話きこうや

170 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:47:41.65 ID:uDYq5rKD0.net

問題は、敗戦濃厚になっても、「なんとなく戦争やめようって言えない空気」を抱えたままズルズル行っちゃったってことなんだよ


174 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:49:42.35 ID:PhlJ2aB10.net

>>170
濃厚も何も最初から負け戦でどれだけ暴れてどう負けるかが主眼だっただろ



176 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:50:51.57 ID:3dlQipkZ0.net

マスコミの態度はワールドカップの時もリアル戦争の時も同じ。勝て!勝てるかも!みたいに煽ってボロ負けする。

191 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:57:35.66 ID:35bB1lCo0.net

アメリカは原爆を投下する大人気ない国だったと


215 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 03:06:47.98 ID:0wan2na+0.net

>>191
当時のいろんな資料が公開されるようになってアメリカでもようやく今頃原爆は必要なかったという意見が言えるようになったところだからな。

結局、戦争というのは日本の意思だけで始まるもんでもないし、
日本が戦争を引き起こしたというのは戦後日教組が作ったファンタジーでしかなかったというのが現実だよ。



194 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:57:54.86 ID:PhlJ2aB10.net

今までにない何か熱い一体感を求めて大声出してみたけど
びっくりするほど誰も乗ってこなかった図だなこれ

200 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 02:59:48.54 ID:ZtADTNpf0.net

小村寿太郎が鉄道王ハリマンと桂内閣の交渉を反故にしなければ、
極東の歴史は大きく変わっていただろうな。


975 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 08:23:46.60 ID:tEyr+df+0.net

>>200
小村寿太郎もギリギリのところで交渉してたんだろ。
なんせギリギリの和平交渉した結果が日比谷暴動。
煽ったのは、もちろんあの新聞です(w



201 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 03:01:04.98 ID:5WAxT4N30.net

どこからどこまでが英霊かね?
考えてるかね?

205 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 03:03:37.69 ID:QwGenL3b0.net

劣等な遺伝子に生まれた方々はお気の毒です(´;ω;`)ブワッ

211 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 03:06:12.11 ID:GtDNN1OT0.net

まー今でも財務省あたりの官僚が机上の空論で税金の勘定をしているあたり、日本の伝統的な悪癖とも言えるな。

213 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 03:06:23.74 ID:FPqfvuDH0.net

勝ってるか負けてるかの差だけ。
駒扱いは戦争の一般論。

兵站の問題も当時の情報伝達の速度と精度では仕方の無い問題。
戦線拡大の危険を承知の上で遥かニューギニアまで出張ったのも主な目的は、ポートダーウィンを経由する援蒋ルートを遮断するため。
もともと真珠湾攻撃も同じ。本来、アメリカと総力戦を行いたかったわけではない。その気があるなら緒戦でアメリカ西海岸まで行っただろう。
日本は日華事変をなんとしても早期終結したかった。

読み違えたのはアメリカの悪意。

219 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 03:10:02.70 ID:SB7L7EZj0.net

開戦時、自動車生産、年間2万台の国と200万台の国が
戦って、敗戦を予想できないはずはなかったけどねえ

勝てると思って開戦したんじゃないんだよ、勝てるようなシミュレーションを
しただけ 船舶数とか消失数の予想とかね。
「開戦する」という結論に数字をあわせただけやからな。

220 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 03:10:54.38 ID:5WAxT4N30.net

旧軍思想の日本政府そういうものがもっとも危険な敵だという認識は持って欲しいな。


992 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 08:28:22.43 ID:tEyr+df+0.net

>>220
その旧軍思想丸だしのイベントが夏の甲子園
ファール打ちは卑怯
スローボールは相応しくない
選手は丸刈り
炎天下でプレーさせる非人道的行為
ちなみに主催は朝日新聞社です(w



223 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 03:11:49.84 ID:qNRygY2E0.net

半藤こそ、戦後戦争で飯食ってる御仁。
立派だねえ。

251 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 03:26:07.80 ID:fwSzIZCQ0.net

戦争は兵隊を駒として扱うものだが、
大日本帝国の軍事指導者は自軍の駒がどう動け何枚あるかも把握できてなかったみたいだからな。
愚劣であったことは否定出来ない。

252 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 03:26:22.42 ID:7rZqUb/G0.net

要するに戦争が悪いんじゃなく、負けたのが悪いんだろ。
日露戦争を反省したり自虐するのなんて殆ど見たことがない。


266 名前:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/08/16(土) 03:33:58.07 ID:SB7L7EZj0.net

>>252
負けたのが悪いどころじゃなくて、負けると分かっていたのに
戦争しちゃったことの方が、はるかに悪い。
個人的には政党政治が機能不全に陥ったのは何故か?とかに興味
あんのよねえ