1 名前:キン肉バスター(宮城県)@\(^o^)/:2016/02/02(火) 20:33:41.55 ID:0IoBMnj70●.net BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典


もうかる体質を実現するための手法として、あらためて設計標準化が注目されている。
しかし、「プロフィタブル・デザイン」の提唱者であるプリベクト代表取締役の北山一真氏は、
効率ばかりを重視する設計標準化に警鐘を鳴らす。設計標準化はどのように推進していけばいいのか、
その“本質”を聞いた。(聞き手は、高野 敦)


「工数を減らせ」と言う経営者が、考えない技術者を生む
マツダの「モノ造り革新」は何が優れているのか

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/266866/012200004/

――著書『プロフィタブル・デザイン』では、「流用設計」の弊害を指摘しています。なぜ流用設計は
良くないのでしょうか。

北山 そもそも流用設計に限らず、標準化や共通化といったテーマ全般にいえるのですが、それに
取り組む目的によって結果が良くも悪くもなると思っています。多くの企業は、流用設計にしても、
設計標準化にしても、モジュラーデザインにしても、部品共通化にしても、設計効率を高めるために
取り組んでいるのではないでしょうか。

確かに、毎回同じような図面を描いていたら、時間も足りないし、効率も良くありません。新しい図面は
不具合も起きやすいので、似たような過去の図面を持ってきて、ちょっとだけ変えればいいということになります。
そして、標準化や共通化で「設計工数を○○%削減」というような目標を掲げます。つまり、楽をするための
手法という発想なのだと思います。

――楽をする。

北山 そうです。もちろん、効率化は大事です。図面を描かなくて済めば、工数が減るので、リードタイムを
短縮できます。しかし、楽をするということが第一優先の目標になっていると、結局は失敗してしまうことが
多いのです。

つづきます

2 名前:キン肉バスター(宮城県)@\(^o^)/:2016/02/02(火) 20:34:22.46 ID:0IoBMnj70
?PLT(12121)


■楽になると、考えなくなる

――なぜでしょうか。

北山 楽さばかりを追求すると、そのうち何も考えなくなってしまうのです。例えば、標準化では標準を
いったん確立してからも「本当にそれでいいのか」ということを問い続け、標準を常に改善していくことが
重要です。ところが、「楽をしたい」という気持ちが前提にあると、それは何も考えないのが一番楽なので、
そのうち言われたことや、最小限のことしかやらなくなってしまうのです。そうすると、設計業務そのものが
どんどんゆがんでいきます。

本来なら、品質を高めるとか、付加価値を生み出すとか、そういうことを目指さなければならないはずです。
例えば、標準部品を設定したら、それは長く使うものだし、多くの技術者の目に触れるものだから、品質が
良くなる気付きが多いはずです。だから、継続的に改善できるし、実際にしていかなければならない。ところが、
誰もそこに触れようとしなくなってしまうのです。標準を改善しようとしたら、楽をできないからというのです。
実際、「設計工数を○○%削減」が目標になっていると、“余計”なことはせず、流用設計で浮いた工数を
そのまま浮かせておかないといけないことがあります。これでは本末転倒です。

従って、標準化の最終的な目的は、品質を高めることや、付加価値を生み出すことなどにしなければなりません。
そのための余力を確保するために効率化するわけです。工数を削減することは、あくまで手段であって、
目的ではないのです。流用設計というのは、どうしても楽をすることに主眼が置かれていて、空いた時間で
何をするのかということが明確ではないので、こうした問題が起きるのです。

■「時間が空いたらやる」のウソ

――目的を間違えてはいけないと。

北山 さらにいえば、時間が空いたら人は考えるようになるかといったら、それも幻想です。時間が空いたら、
新しい案件を入れられるか、無駄な会議に呼ばれるか、飲み会が増えるかのどれかです。「今は忙しいけど、
時間が空いたら創造的な業務に集中できる」などというのは、あり得ません。考えるためには、考えるための
仕組みが不可欠です。


つづきます

3 名前:キン肉バスター(宮城県)@\(^o^)/:2016/02/02(火) 20:34:44.92 ID:0IoBMnj70