1 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:13:04.34 ID:ffa0t7vJ0●.net BE:261160481-2BP(2000)

http://img.5ch.net/ico/nida.gif


「和算」をご存じだろうか。聞いたことはあっても、よく知らないという人が大半ではないかと思う。それもそのはず。学校
の教科書でもほとんど触れられず、高校の日本史で和算家の代表格、関孝和の名前が出てくる程度だからだ。

和算とは、江戸時代から明治にかけて日本人が独自に研究、発展させた数学だ。そのレベルは極めて高度で当時、世界最高水
準にあった。たとえば、関孝和の弟子である建部賢弘は、「円周率π」の計算で41桁まで弾き出すことに成功。これは天才レ
オンハルト・オイラーが微積分学を用いて同じ公式を発見する15年も前のことだ。


数学というと、我々は西洋から学んだものと思いがちだ。確かに明治維新で「西洋数学」を取り入れたが、それ以前に日本
には和算という独自の数学があった。だからこそドイツの数学を輸入する際、いとも簡単に日本語に翻訳できたのだ。また
、和算の発展があったから、数学のノーベル賞ともいわれるフィールズ賞を日本人は3人も受賞しているのだ。国別の受賞者
数では、米仏ロ英に次ぐ5位で、日本はまさに世界に冠たる数学大国であり、その原点が和算なのだ。

和算は江戸を中心に全国の各藩で盛んに研究された。私の出身地の山形は、江戸に次いで和算が盛んな藩の1つだった。紅花
などで大儲けした富裕層がいて文化的なものを尊ぶ風土があり、また冬は雪に閉ざされるため家で数学の問題に打ち込むの
によい環境だった。和算には関孝和の関流を筆頭にさまざまな流派があるが、山形では会田安明が「最上(さい
じょう)流」をつくり、関流と20年間も優劣を競い合った。
http://president.jp/articles/-/16450


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1523189584

8 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:16:46.59 ID:aDqwv4490.net

アフォみたいに難解な数式を絵馬に書いて
神社に奉納とかやってた。

9 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:16:55.49 ID:1GWOBlbl0.net

> これは天才レオンハルト・オイラーが微積分学を用いて同じ公式を発見する15年も前のことだ。

公式?


23 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:24:35.49 ID:BKtM0Sp40.net

>>9
同じ公式なのか誰か教えて



12 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:19:10.29 ID:jkPU2w0Y0.net

和算のルーツは韓算だからな
あの壁画にも1桁の足し算を男二人で計算している様子が描かれているのが何よりの証拠だ


17 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:22:10.49 ID:szrH8hcO0.net

>>12
相撲してたり柔道してたり空手してたり万能な絵だよな


27 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:28:35.83 ID:fGG03QGv0.net

>>12
なるほどそういうことか!
長年の疑問が霧の様に晴れた!


57 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:48:52.10 ID:hb+A7tdM0.net

>>12
なるほど。


120 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 23:40:03.84 ID:57jh5saq0.net

>>12
1桁の足し算を二人がかりってのが真実味を増してるな


121 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 23:45:13.16 ID:d4WXOoTl0.net

>>12
数え方で答えが変わったりしてそう。



22 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:24:34.60 ID:np8D6Bmx0.net

しかしなぜか現代では数学が苦手なことがステイタス

25 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:25:41.80 ID:bNjzkwvH0.net

算木を用いて計算するんだよな
でも計算の過程が残らないから、現代に評価されにくい....

30 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:33:10.99 ID:mZTcWR5N0.net

株とかのローソク足も日本人が作ったとか聞いたような気がする。
鎖国してるから作らざるを得なかったって事なのかね?


36 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:38:47.51 ID:CxqWZhsr0.net

>>30

株はイギリスでしよ?
ローソク足な日本人だけど。


44 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:41:55.18 ID:qeJmtPCH0.net

>>30
世界初は先物市場ですね(´・ω・`)堂島米会所



31 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:33:35.63 ID:W8SSgcJ60.net

ほんとに和算が凄いなら西洋数学が入ってきたとたんに廃れたりしないから

34 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:37:04.71 ID:tl+zwaHv0.net

さすがにそれはない
部分部分の業績では世界的に突出した点もあったけどいかんせん体系がなかったのが残念
あと流派ごとに閉じてて研究を交換する機会がほとんどなかったのも広がりに欠ける原因だったな


112 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 22:57:47.11 ID:2LtmzP/N0.net

>>34
西洋人が凄いのは体系化する能力
逆に体系化していない数学ならどこの国にもあったんじゃないかな



39 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:39:39.80 ID:zNsotTwS0.net

ローソク足が米相場で使うためのジャパンオリジナルなのは有名

41 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:40:03.78 ID:weu22jIQ0.net

e^(jθ)=cosθ+jsinθ
だっけか
もう使い方も覚えてねー

43 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:41:23.71 ID:jOpHAVjs0.net

和算は和算で独自の発展を遂げていたのは確かだけど、確か0の概念が無かったんじゃ無かったっけ?

結構致命的。

46 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:42:48.36 ID:y+vcxZcM0.net

応用の出来ないこと誇れって言われても…

48 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:43:12.82 ID:uEvyNmMd0.net

 
ちなみに建部賢弘は秀吉軍に強制連行された数学技術者の韓人安臺薰(アンデフン)だということは

東大の教授が先日国連で発表してましたね。

 


50 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:45:26.30 ID:xgXs5BYo0.net

>>48
誰だよw



52 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:46:50.27 ID:xwGQX/IL0.net

数学者はモダン和算とか確立したら習い事のお弟子さん集められるのでは?

とか書きながら、もうありそうだなw

55 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:48:28.54 ID:Nfr78nJU0.net

数学も教養も芸術も、一般人のレベルが上がれば
自然と全体のレベルが上がる。

今の日本に必要なのは教養だと思う。
「金になるか否か」でしか学問を見ていない。

58 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:50:40.78 ID:eer/x57u0.net

まーたチョンさんの劣等感が刺激されるネタだな
すでに発狂してるのがここにもチラホラ

62 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:53:47.98 ID:0lQx/CyN0.net

日本人に数学教えたのは確かイタリア人宣教師のカルロスピノラだったか

63 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:53:54.08 ID:rm4l2zDN0.net

数学を金にする方法がなく趣味でやってたから、教える先生が○○流って道場形式になった
西洋数学は初めから金になるツテがあったんだろうな


98 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 22:31:38.07 ID:2118jB+L0.net

>>63
一応、低い身分でも藩の経理担当にはなれたから和算が得意って言っても無駄ではない。
けど基本が経理だから数学の研究はなかなか難しいだろうなあ。


103 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 22:37:07.71 ID:CG6d1eWh0.net

>>63
西洋も懸賞問題とか公式の秘伝とか
いろいろエピソードあるよ
タルターリアとカルダノの三次方程式の一般解の話とか面白い



65 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:55:06.81 ID:Oz5VT9rm0.net

こういう歴史があるのになぜかIT系が苦手な日本人
インド人は歴史通り得意


82 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 22:07:17.00 ID:JhTdJsgI0.net

>>65
それ以前の(?)企業の組成の問題なのかもな



70 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 21:57:37.51 ID:X54eu1y80.net

朝鮮半島には古くから算盤や電卓を使った韓算が盛んで
円周率の計算などがされていた

77 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 22:00:42.47 ID:7FewMJwP0.net

<#`Д´> ウリナラが全部ハン万年前に解いていたニダ!!

79 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 22:05:44.21 ID:W4WCAt7e0.net

タイムスクープハンターで和算を題材にしたのやってたな。
クイズ王決定戦みたいなやつ。

80 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 22:06:32.17 ID:bGhAM83q0.net

方程式をやった後に鶴亀算やったほうが算数(数学)嫌いな人間が一気に減ると思う

81 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 22:07:02.14 ID:9JkYWF0I0.net

高度な数学問題解くのか遊びとか粋じゃん

83 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 22:11:19.70 ID:uEvyNmMd0.net

 
和算は韓算を元に作られた娯楽ですね。ちなみにゼロという概念を発見したのも韓人で崔銖種(チェスジョン)という人です。

この人は702年にゼロを発見しました。

日本の平安時代にはすでに大韓は世界4大数学強国としてローマ、メソポタミアと並ぶ強国でした。

 


89 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 22:16:10.99 ID:bGhAM83q0.net

>>83
リーボックの創始者を「李氏と朴氏です」と言い切ったデミヒューマンの群れの子孫ですね?お前



84 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 22:12:21.56 ID:tLjK/qNA0.net

関孝和の数学の思想が未来を見てきたとしか思えないほど進んでるんだよ

86 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 22:13:37.47 ID:1OVtiaNI0.net

こういう下地があったから明治維新後欧米列強に追いついたんだよな。

87 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 22:14:41.99 ID:EaQxxgud0.net

伊能忠敬に反映されるんだけれどね
伊能の地図は平面じゃなく球体の一部
円周率が不明だと正確な球体上の位置が計算できない

90 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 22:18:31.37 ID:2118jB+L0.net

でもなんだかんだで関という特異点が煌めいただけだし、漢字で数学やるのは無理ゲー過ぎた。
西洋のその後の数学の発展は目覚しいけど、和算が現代数学に影響与えてるかってえと微妙。というかほぼ皆無。

91 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 22:22:33.87 ID:wqtYBaAH0.net

おいおい、マジかよ。

正五角形の作図とか余裕で解くレベル?

寺小屋の主席卒業とか俺より賢いんだろうか…。
ち、ちなみに謙虚な神戸大卒TOEIC700です… (; '‘ω‘)

97 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 22:30:34.40 ID:t2V4hI2c0.net

たけしのコマネチ大学数学科はなんで終わったったの?

100 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 22:32:23.39 ID:RXa7/kfC0.net

本因坊なんとか
和暦
和算

何て名前の小説だっけ

105 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 22:37:49.50 ID:oOHdKKB30.net

お前らも和算の難問解けたら喜んで解を神社に奉納したりしたよな?

108 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 22:39:55.80 ID:z1dV7VSR0.net

幾何はめっぽう強かったけど関数の概念を生み出せなかったから解析学はさっぱりなんだよな
すげえのはそれにも関わらず微分積分っぽい概念には行き着いたこと

111 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 22:56:27.21 ID:Oz5VT9rm0.net

まぁインドの学問も人間の発音をやたら細かく分析したとかで国力を上げるのに役に立たなそうなもんも多いな
あまりにも分析が正確すぎて西洋人には理解できず間違ったものだと言われたが、後にその正しさが認められたってパターン
ちなみに仮名の五十音とかハングルの反切とか漢語の三十六字母とか東南アジアや南アジアなどの
アジアの文字は音声の法則に基づいて順番が定められているけどそれはインドのその学問の影響を受けたから

114 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 23:06:01.84 ID:iAatvYPb0.net

日本語の数字は4桁ずつでカンマ打ったほうがわかりやすいのに
外国標準に合わせられてるって小学校の時習って確かにそうだなって思ったことがある
1万 1,0000 10万 10,0000 ってことね

115 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 23:07:24.07 ID:HAh1YEJQO.net

一般の西洋人は九九なんて知らないんで掛け算を暗算で出来ないようだ

116 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 23:11:37.44 ID:rUGxwPQO0.net

インドは、数学凄い言うけどノーヘル賞受賞者いるのかいね?

117 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 23:14:17.56 ID:+gynt0TA0.net

日本は21世紀になるまで数学の発展には貢献してない


118 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 23:18:25.95 ID:YE9A0ozt0.net

>>117
さすがに無知としか…



123 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 23:47:48.75 ID:PX3ToXx40.net

関孝和が現代に生きていたらどんなすごい発見をしてたんだろうな

125 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 23:52:28.49 ID:bR2Z7ncQ0.net

関孝和が世界で最初に行列式考案してるじゃん。
残念ながら世界に広めてなかったけど。

126 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 23:53:20.84 ID:HhER3Njg0.net

和算は凄いが残念なのは物理と結びつけられなかったところだって聞いたな

128 名前:名無しさん@涙目です。:2018/04/08(日) 23:55:38.43 ID:eiac5IvA0.net

百姓が田畑に水引くのにも計算してやってたって聞いたことあるわ
あと町人にとっては問題出したり問いたりが娯楽だったとか