1 名前:ガーディス ★:2019/09/16(月) 23:28:55.07 ID:lBDbS/7h9.net
2019.09.16 Mon posted at 18:50
(CNN) 漢方薬は何世紀にも渡り、世界中で病気の予防や治療に使われてきた。しかし、漢方薬が最も広く使用され、その効用が実証されてきたのは中国だ。

中国医学の支持者らは、伝統中国医学(TCM)を世界で主流とされる西洋医学に統合するための取り組みを行ってきたが、その長年の努力がついに結実した。世界保健機関(WHO)の政策決定機関である世界保健総会(WHA)は5月25日、伝統医学に関する章を初めて盛り込んだ「疾病及び関連保健問題の国際統計分類」(以下、国際疾病分類:ICD)の第11回改訂版(ICD-11)を正式に承認した。

しかし、この動きに批判的な見方もある。生物医学界からは、WHOは一部の漢方薬に毒性があること、漢方薬の効果を裏付ける証拠が不十分であることを見過ごしている、との声が上がっている。また動物の権利擁護者らも、TCMの一部の治療にはトラ、センザンコウ、クマ、サイなどの臓器が使用されており、WHOがTCMを承認したことにより、今後これらの動物が一段の危険にさらされると主張する。

ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校の薬理学・医学部教授アーサー・グロールマン博士も、この動きは効果が実証されていない治療を正当化することになり、医療費の大幅な増加にもつながると指摘する。

世界基準?
国際疾病分類(ICD)は、数千の疾病や医療診断を分類した重要文書で、研究の仕方に影響を与えたり、保険の補償範囲の決定に利用されることもある。

WHOは、今回の改訂版に伝統医学の条件や医療行為を含めた理由について、全世界で数十万人がこれを利用しているため、と説明する。

WHOのタリク・ヤシャレビチ報道官は、伝統医学は診療記録が不十分であったり、全く記録されていない場合もあり、ICDに伝統医学を盛り込むことにより、「伝統医学の医療行為を世界基準や標準開発と結びつけることができる」と語る。

しかし、ヤシャレビチ報道官は、ICDへの追加は、伝統医学の医療行為の科学的妥当性や伝統医学の介入の有効性を承認するものではない、と付け加えた。

今回の動きは、TCMをICDに盛り込むよう働きかけてきた中国の指導者らにとって大勝利といえる。

中国はこれまで、国際舞台でTCMを推進してきた。同国の世界的イメージの改善、影響力の強化に加え、世界的に成長している医療市場のシェア獲得が狙いだ。

しかし、WHOの動きに一部の科学者らは困惑している。

漢方薬の効果はほとんどの場合証明されていない。さらに欧米では西洋医薬の毒性や発がん性を調べるために体系的な試験が行われているが、それと同じ方法で試験が実施されている漢方薬はごくわずかにすぎないと、前出のグロールマン博士は指摘する。

また博士が、長年医療目的で使用されてきたウマノスズクサを独自に調べた結果、がんや腎不全を引き起こす恐れがあることが分かったという。

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの薬理学教授デビッド・コルクホーン氏も、あらゆる伝統医学に効果があることを示せるだけの証拠は「取るに足らないほど乏しい」と指摘する。

コルクホーン氏は、最近欧米で人気が急上昇している鍼(はり)治療について、いくつかの研究でわずかな効果が認められたが、臨床的意義はないとし、さらに鍼を体のどこに刺しても違いは全くないという証拠が相次いで見つかっていると指摘した。

漢方薬から開発された重要な薬として、マラリアの治療薬アルテミシニンが挙げられる。中国人の科学者トゥ・ヨウヨウ氏は2015年に、この薬でノーベル医学・生理学賞を受賞した。

全文
https://www.cnn.co.jp/fringe/35140363.html
https://www.cnn.co.jp/storage/2019/07/24/a8439feaa9eeb7c97e27e727e01c08c6/t/768/432/d/herbal-medicine-stock-super-169.jpg

関連ソース
日本の漢方、国際標準化で中国に後れ
https://r.nikkei.com/article/DGXNASDD2307P_U0A820C1000000


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1568644135
2 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:30:24.67 ID:RX1eZ2HV0.net

葛根湯効くしな

3 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:30:35.10 ID:zYnZRGLI0.net

漢方薬なんてカレーのスパイスだろ

4 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:30:40.41 ID:0oz9H6Fz0.net

効果あるから医薬品扱いで医師の管理下にしてるんだろうに。
効果無いと言い張るなら鍼灸師でも扱えるようにしろよ


10 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:32:44.80 ID:Xh4WRuev0.net

>>4
日本や中国では薬扱いだけど世界中の大半の国ではサプリ扱いよ
んで欧州や米国ではよく効くサプリとして売れまくってる。今回の決定でそれが加速するって話


5 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:31:49.29 ID:rh4uvLHK0.net

科学的な方法で証明できないんじゃなかったっけ‥


15 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:33:54.47 ID:Xh4WRuev0.net

>>5
難しいね
麻黄湯とか実際に日本でもエビデンス出てるのはあるけど漢方全般がそういうわけじゃないから


6 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:31:55.44 ID:MGrqQyr70.net

プラシーボとは別の問題なのか

7 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:32:08.03 ID:rEM1ptm10.net

トップが中国人なんだっけ

8 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:32:16.76 ID:MpyFWEse0.net

欧米人は魔女の血でも飲んでればいいんじゃね(´・ω・`)

9 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:32:30.86 ID:BZFTMORP0.net

これはいかんぞう

11 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:32:45.88 ID:/NFTVYJs0.net

未病治に効くアル~

12 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:32:55.25 ID:fNMOxv9w0.net

漢方薬なんて効いた試しがない

13 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:32:55.34 ID:0oz9H6Fz0.net

鍼でどれだけの人が痛みから救われてるか知らないのかよと

16 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:33:58.23 ID:3ZXdE27m0.net

医療費がどうの言うのはクスリメーカーがぼったくってるせいだろ

20 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:35:03.70 ID:5fnsMRwh0.net

漢方薬は長い積み重ねの中で効く物を集約、効かない物を淘汰していった結果だから
効果があって当たり前と言えば当たり前

21 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:35:12.60 ID:n7UdldAm0.net

体に針刺すやつとか足つぼとか痛いだけやろ

22 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:35:43.50 ID:ZpdFvzD40.net

「ツムラ」小躍りとな。


26 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:36:18.04 ID:Xh4WRuev0.net

>>22
ツムラ含め日本の漢方と中国伝統医学はほぼ別物
むしろ日本は負けた


23 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:35:45.95 ID:x2CT9MIn0.net

漢方薬は基本、予防の為のものじゃん。まあ、医学的に立証が難しいのは仕方ないよ。

24 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:35:47.78 ID:iuyw4qjb0.net

漢方薬は韓国起源

27 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:36:45.74 ID:Vaz7FmNP0.net

東洋医学に効果あるのかは知らんけど
・風邪で咳酷い時に麦門冬湯
・舌が荒れて味感じなくなった時に黄連解毒湯
・テンキー叩きすぎて指痛くなった時に人差し指と親指の間に灸
これは少なくとも自分には効果あったよ

28 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:36:49.79 ID:I93As2q50.net

とりあえず防風通聖散は毎日飲んでる
いわゆるナイシトールってヤツだ

30 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:37:26.55 ID:iQsPgQic0.net

五苓散は効くんだが、プラシーボでもないきがする。


40 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:40:07.15 ID:tGZ42w1y0.net

>>30
五苓散はアクアポリンを介した水分代謝作用が解明されてる


31 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:37:50.84 ID:uicrXA7C0.net

ひどい風邪ひいたときたまらず病院行ったけど、処方された数種類のうちいくつかが漢方薬だったな

32 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:38:02.18 ID:SnwMbWya0.net

市販の風邪薬なんて成分の半分は漢方薬じゃないか

34 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:38:21.61 ID:tGZ42w1y0.net

五行理論とかははっきりいって宗教みたいなもんだが、
麻黄湯なんかはインフルエンザにタミフル並みに効くからな。

35 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:38:25.48 ID:FCsURNve0.net

漢方薬と韓方薬は一緒にしないで


50 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:42:27.14 ID:DJ9itSCj0.net

>>35
後者はうんこ混じってそう


36 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:38:34.14 ID:iQsPgQic0.net

麻黄湯だろうね。インフルエンザのときは麻黄湯ときく

38 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:38:37.37 ID:2E3g+Yea0.net

世界に先駆けて日本は漢方薬を西洋医学の手段で解析し日本薬局方として努力を結実させて
健保にも採用されてきたのに、日本の薬学・医学界は日本基準の推進に手を拱いてきたのか。
旧帝大の医学薬学会を頂点とする医業界は国際的影響力はゼロで国際交流音痴音だったのか。
先の漢方薬ノーベル賞も日本が受賞すべきだったと思われた、なんとも国際的な無力な
日本漢方薬業界よ。

39 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:39:06.72 ID:roPwBcmu0.net

漢方の副作用は恐い、一気に重篤化するから

41 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:40:11.32 ID:oE+uF5sz0.net

漢方といえばエフェドリン

42 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:40:15.51 ID:yni9K+gf0.net

漢方は効くのに時間がかかるんだ、それは自然由来で西洋薬のような即効性のある危ないのとは違うから体にやさしい!
って認識だったがどうも時間がかかるのは体に蓄積されてきてるからだって話もあるみたいだねw
なんかの漢方薬は実際肝臓に蓄積して危ないらしいね。


64 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:46:54.73 ID:ltRe6CE70.net

>>42
漢方の副作用は重篤なものがある
自然由来で体に優しいとかイメージで理解しない方がいい


66 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:47:37.17 ID:/nYB8Yi90.net

>>42
重篤な副作用で死者出てるから


72 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:48:36.51 ID:FCsURNve0.net

>>42
漢方薬でも即効性あるよ


43 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:41:09.03 ID:mvSqsZBa0.net

漢方薬って即効性があるの?
体質改善というか長く飲み続けることによって徐々に効果が出てくるイメージだけど


56 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:44:56.68 ID:tGZ42w1y0.net

>>43
体質改善向きのものも多くあるが、即効性のある漢方薬も沢山ある


59 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:45:36.60 ID:/nYB8Yi90.net

>>43
葛根湯と麻黄湯と麦門冬湯はガチ


44 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:41:17.15 ID:TfGDzrFS0.net

葛根湯とか大正漢方胃腸薬とか効き目の実感あるけどなあ

45 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:41:36.16 ID:Ib3qNXXP0.net

漢方実際効果はある
副作用の方がエグイ気はするが
たしかに人体に作用してるのは間違いない

46 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:41:36.81 ID:W/ze6qCP0.net

中国人は漢方薬なぜか日本に買いに来てるよね

47 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:41:47.47 ID:iL/hYWYT0.net

>>1
ねーねー
日本から小林製薬のダスモック(漢方薬)を買うって漢方生産国として情けないと思わないの?

48 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:42:02.42 ID:rDZfJHvF0.net

効くモノは効く印象
経験則の賜物やな

49 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:42:20.19 ID:NMHPSdkK0.net

それなら大麻、タバコは
体に影響なしになるだろ
漢方だぞ

51 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:42:44.99 ID:iL/hYWYT0.net

まー
漢方なんてウナギやうなぎパイみたいなもんだろ

52 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:42:47.50 ID:jLPoSfxb0.net

我が国負けるってどの辺が負けたの?


55 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:44:50.88 ID:/nYB8Yi90.net

>>52
世界標準を制したものが世界をとれる
中国の漢方がWHOの公式になったら「日本の漢方レシピおかしくね?」って言われる


53 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:43:45.90 ID:feHrXEmY0.net

うちの母親が膝に水がたまって、普通のお医者さんでは水を取ってもらうだけで
完治しなかったんだけれども、漢方薬ですぐに治ったわ

それに家康もあの時代にしては長生きだったんだけれども、かなり漢方の知識があって
自分で煎じて飲んでいたというものね

54 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:44:45.75 ID:vs6ugkg/0.net

日本の漢方は蘭学などとともに臨床と記録、体系化されてきたもの、おまけに患者の体質との関係まで視野に入れて計算して薬を作る
原料を薬草や自然界に求めるだけで、工業的な薬と信頼性は変わらんぞい まあ、副作用を忌避するため緩やかに作用するのが難かのう

中国の漢方は”イメージ”を調合する、日本の漢方は”生薬(薬草の薬効成分)”を調合する
両者は全然違うぞい

57 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:45:02.99 ID:BVXVGUHh0.net

確かに副作用があまり宣伝されてないと雑誌でも批判されてたないい方の効用ばかり宣伝して

60 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:45:44.22 ID:feHrXEmY0.net

西洋医学も外科手術で骨が折れたとかは良いんだろうけれども、
東洋医学は症状を治すのではなくって、原因を探って大元を治療するわけで
私はミックスしたものが良いのではないかと思っているけれども

61 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:46:00.14 ID:K5MKiS1y0.net

えっと
養命酒をアメリカで転売すればいいのかな?

62 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:46:00.42 ID:NMHPSdkK0.net

漢方の定義がちょっと詳しくないが
例えばヘビの毒、フグの毒など
即効性あるだろ


65 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:47:10.56 ID:tGZ42w1y0.net

>>62
トリカブトは減毒して漢方薬に使われてるよ


63 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:46:31.63 ID:KemJfdLn0.net

瀉血やってたようなヨーロッパの人間に言われてもな


69 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:47:58.93 ID:/nYB8Yi90.net

>>63
えっまさか日本がやってなかったとでも?


67 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:47:45.64 ID:pDZNEHka0.net

大学付属病院の漢方外来とか学生あがりがやってるの?

68 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:47:49.33 ID:BYS4jkpF0.net

漢方は中国大陸の遺伝子もってるヤツには効果でるんだろ
西洋人が疑問視するのも当然
西洋人で効果を確かめながらつくられた訳じゃないから

71 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:48:31.98 ID:feHrXEmY0.net

例えば、癌治療なんて漢方の知識があった方が良いんじゃない?
そもそも西洋医学は症状を治すわけで、切り取るわけでしょう?

だけど東洋医学においては、元々の原因を探って、大元を治療するわけだからね

つまり症状が出て来ている悪いものもそのまま受け入れるわけね
切り取るのではなくって


78 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:49:35.31 ID:NbmfWBEA0.net

>>71
漢方のがん治療なんてくそインチキだぞw


76 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:49:09.62 ID:BroMeHRoO.net

漢方薬で副作用でるのは証が合ってないからって漢方医は言うよな


80 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:50:03.11 ID:NbmfWBEA0.net

>>76
好転反応とかいうカルト思想


77 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:49:32.12 ID:k6/5wPrq0.net

単に効果があるものと無い物があるということでは?
欧米でもハーブを取り入れてるだろうに

79 名前:名無しさん@1周年:2019/09/16(月) 23:49:56.55 ID:dDAN+7IF0.net

漢方推しは韓国系(主に北)
6割の漢方に朝鮮人参が使われている
外貨獲得の上で漢方の拡販は重要項目になる

バ韓国がWHOで持ち上げる様に働きかけたんだろう
北を助ける上で医薬品の輸出なら外貨獲得できるだろうからな