1 名前:ちーたろlove&peace ★:2019/09/21(土) 08:36:59.86 ID:MdaGAvQp9.net
NEWS
賞賛だけでいいのか?リベラルが絶賛する映画『新聞記者』に感じた現場からの違和感

東京新聞の望月衣塑子さんが原案を担当した映画『新聞記者』が、好評らしく、リベラルな人々から賞賛されている。
2019年09月21日 08時08分 JST

違和感の正体

東京新聞の望月衣塑子さんが原案を担当した映画『新聞記者』が、好評らしく、リベラルな人々から賞賛されている。

公開直後から「ところで、あれ観た?」というのが、メディア業界の関係者と会う時、時候の挨拶代わりになっていた。かくいう私も、7月7日に渋谷「ユーロスペース」特別イベントで、件の望月記者と対談をした。

あらかじめ、私の感想を述べておくとーもちろん、望月さんにも伝えたがー、そこかしこに違和感が残った映画だった。

主人公の女性記者の取材プロセスが描かれておらず、超簡単にスクープを取れるような描写にも違和感があったし、私も社会部にいたはずなのに、社会部記者である彼女の取材手法に何らリアリティを感じなかったし、ラストシーンの決断にも「おいおい、そりゃあ信義則違反だろう」とツッコミを入れざるを得なかった。

伊藤詩織さんや前川喜平さんの身に現実に起きた「事件」を描き、タブーに挑んでいる的な賞賛も「日々の新聞に書いてあることばかりで、これがタブーなら新聞はタブーを破ってばかりだ」と思った。

この辺は個人の好みで、現場を回っていた私がついていけないと思っても、リアリティがないと思っても、絶賛する人はいるだろうと思う。

ついていけない「調査報道至上主義」
イベントでも語ったが、より根本的な違和感は映画で描かれている記者が、あまりに新聞社の理想像に忠実な「古典的な調査報道至上主義」とでも呼べる、非常に狭い「記者」イメージで描かれていたことにある。

新聞社の理想像だけでなく、ある世代や考え方の人にとっての「新聞記者」の理想像と言ってもいいだろう。

権力―今なら安倍政権―を監視し、徹底的に対峙し、発表されない権力の闇を、情報を持っているインサイダーに食い込んで暴いていくーー。プライベートの時間を犠牲にしても、スクープに殉じていく新聞記者像はある意味でジャーナリズムの美学そのものである。

政権批判さえしていれば記者の役割を果たしていて、満足だという人たちは拍手喝采だとは思う。

■ニュースの3分類

私はニュースを3種類に分割して考えている。それは速報、分析、物語だ。

■速報

速報は文字通り、素早く仕上げて出すニュースだ。新聞の事件・事故記事が代表的なスタイルで、各社とも誰が書いても同じように伝えられるように、基本型を徹底的に教え込まれる。ストレートニュースと呼ぶこともある。野球の投手でも基本はストレートなので、ニュースの基本中の基本だ。
(中略)

■分析

分析は、起きた出来事を意味付けるニュースのスタイル。いきなり発生したことだけ報じられても、その意味がわからないことは世の中にはたくさんある。

その筋の専門家に取材を重ねたり、内部に特別な情報源を作ったりして、一体何が問題なのか、背景に何があるのか、これまでの歴史ではどうだったのかを解説していくというニュースだ。
(中略)

■物語

物語は、起きたことを深掘りし、裏に隠されている「ストーリー」を発掘し、一つの「物語」として描き出すスタイルのニュースだ。事象、人、会社……。

どんな些細なことでも、深掘りすれば表には出てこない「物語」のタネを多くの人は持っている。

人は物語ることから逃れることはできない。単なる事実関係の説明からは読み取れないことを、物語化することで理解しようとする。





(全文はこちらへ)
https://www.huffingtonpost.jp/entry/satoru-ishido_jp_5d842167e4b0957256b4110a
朝日新聞に掲載された『新聞記者』の新聞広告。異例のヒットを記録しているという

https://i.imgur.com/NEuFGBX.jpg


引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1569022619
2 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:37:27.48 ID:ypxCuz5n0.net

ニダーニダーニダーウェーハッハッハッハッウリナラマンセーホコラシイニダーチョッパーリウェーハッハッハッハッウリナラマンセーホコラシイイニダーチョッパーリーウリナラマンセーホコラシーニダー

3 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:38:31.82 ID:yMCu15Qq0.net

はいはい押し紙押し紙

4 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:40:00.82 ID:HC9VNLxx0.net

スレタイだけ読んで「ろくな映画じゃないんだろうな」と思ったが
原案の名前見て「ろくな映画じゃない(確定」ってなった

5 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:40:06.38 ID:gMiqOcrI0.net

> 一つの「物語」として描き出すスタイル

こんなの誰も報道に求めてないから

6 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:40:34.98 ID:+i8xFIqB0.net

バッサーこんな仕事してたのか。まあ中身を選べるような立場じゃないしな

7 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:40:42.83 ID:+llTB/300.net

キチガイ記者の間違いだろw

8 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:41:07.15 ID:geoHNxnS0.net

「新聞記者」
(捏造でもいいじゃない反日だから)
ってタイトルなんだろw

9 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:41:28.48 ID:6tXBHXiQ0.net

1932年の女子高生が今と寸分も違わない格好してて衝撃...なにこれめっちゃかわいい
http://www.fx.signalhut.com/wm/qyg.html

10 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:41:40.77 ID:IgPlq40a0.net

主演南朝鮮人(笑)

11 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:42:01.45 ID:PzsgBFEG0.net

そもそも原案担当した記者はスクープ取った事あるの?

12 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:42:45.11 ID:aUWzC6c00.net

本当の記者は与党や韓国なんかより原発や中東を追ってるだろ

14 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:45:41.90 ID:DcGG2Vw30.net

記者役にチョンが出てるのはリアリティーあるな


40 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:58:00.56 ID:zEgNSExj0.net

>>14
イソ子の自白と捉えています


15 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:45:47.59 ID:PRKHR87A0.net

40万人5億円でヒット?

製作宣伝費とトントンじゃ?

16 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:45:52.72 ID:A8RTAbKK0.net

映画『新聞記者』・・・・・「huffingtonpost」ってリベラルなネットメディアの
記者から批判されたとな。

東京新聞「望月衣塑子」さんが原案なんだから、彼女自身が >>1 「古典的な
調査報道至上主義」 って事なんだろうな。


31 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:52:50.28 ID:QIIg+7YV0.net

>>16
あとは「バイアス」あたり?


18 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:46:23.69 ID:X851WklO0.net

配給はイオングループの会社…


38 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:56:43.07 ID:V8iXMvXP0.net

>>18
最近イオン、みずぽあたり活動が活発だよね
日本政府は気付いてんの?


19 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:46:50.55 ID:UEJ45Oqd0.net

記者が事実として報道できなかった問題を
架空の話を現実のように描いて映画にしました。

っていう話。

20 名前:ナベプロは北朝鮮:2019/09/21(土) 08:46:51.15 ID:9oelkuTW0.net

北朝鮮工作映画

加担

反日ナベプロバーニングタレント追放

こそこそ隠れて工作したのでナベプロを北朝鮮総連と癒着事務所認定

21 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:47:00.01 ID:vrlBOE2Y0.net

>>1
5ch的に知っているだけで
一部界隈で話題になったという身内談義にすぎないね。

22 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:47:04.85 ID:nww/dLBT0.net

いかにもやってそうな政界の裏の部分を描いて絶賛ってさ。
いかにもやってそうな左翼メデイアの偽善を描いたら非難殺到だろ。

23 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:47:04.85 ID:B2RMI07o0.net

内輪でキャッキャやってるだけか

24 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:47:51.72 ID:R6yUbUOD0.net

お仲間から指摘が来るほどおかしな映画

25 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:48:01.65 ID:IgPlq40a0.net

おいおい毎日新聞記者がパヨク大絶賛の映画に疑問抱くなんて山岳ベース事件みたいになっちゃうぜぇ?

26 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:48:16.30 ID:2UvdXIBX0.net

5億でヒットとか爆死レベルだろw

27 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:48:22.81 ID:ysIjymEa0.net

物語は次のメディアが創作するから報道は事実だけ伝えておれば良いんだよ。

29 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:50:58.07 ID:mEgIsLCY0.net

高い評価うけてるな

30 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:51:11.82 ID:/X0w2s5o0.net

すげえつまんなそう

32 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:53:17.91 ID:cjLrI2pf0.net

もう新聞の役割は終わったんだよ

33 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:53:32.28 ID:IQZ1XWcN0.net

>>1
わりいわりい賞賛は間違いだった。
無関心だった。

wwwwwww

34 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:53:36.30 ID:PhZ4ymks0.net

日本共産党は、同党青年組織の民青使って大学生を映画館に動員したり、
この手の偏向映画はそこそこの興行成績あげられるから、制作者も安心して撮れる

35 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:54:55.67 ID:V8iXMvXP0.net

自分でプロパガンダやっちゃってるって気付いてるかな?お前らこそ独裁者で既得権益だって証明したようなもんw
独裁の末期症状やぞこれw


39 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:57:30.81 ID:THXmcu2D0.net

>>35
これ
こいつらが批判するアベそのものだよな


36 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:55:30.93 ID:R3wBzaeY0.net

どうせ自称リベラルしか見ないから、そんなのどうでもいいんだよ。


41 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:58:43.82 ID:V8iXMvXP0.net

>>36
どうでもよくはないでしょ、
活動が過激化する前兆に見えるよ?

オウムだって過激化する直前に広報活動が異様で派手になったからね。


37 名前:名無しさん@1周年:2019/09/21(土) 08:56:18.20 ID:+tD7rEvj0.net

>>イベントでも語ったが、より根本的な違和感は映画で描かれている記者が、あまりに新聞社の理想像に忠実な「古典的な調査報道至上主義」とでも呼べる、非常に狭い「記者」イメージで描かれていたことにある。

現代の新聞記者がやっている、
①ネットをプラプラ徘徊→②気になる記述をチェック→③書き込んだネットユーザーにメールや電話で取材→書き込んだ人が分からない・連絡がとれない・そもそも最初から探すのが面倒臭いときは無断で引用→④自分の脳内で考えた物語や主張を当てはめて記事完成!
っていう事実を書いていないと言うことですねわかります。