2006年12月

2006年12月31日

色々あった1年でした

K−1ダイナマイトを観るために仕事切り上げて帰ってきたら、
丁度、須藤元気のところでして、彼の入場パフォーマンスを
いつも楽しみにしていたのです。試合に勝った彼の発した言葉は、
「格闘者引退」ということで、来年から観れないと思うと、なかなか
に惜しいものですね。ダンサーになるのかな?、それともセンス
あるから演出家になるのかな。

そして世界でも日本でも、私にも色々起こった1年でした。
来年はより良い年になりますように。皆様も、良いお年を。

◎来年やること、やりたいこと

・マッサージチェアを買う!

・もっと自分の時間を作る。

・今年もそうしてきたけれど、日常の色々な物事から学び、考える。


追伸、転職しようか悩み中です。

misoram at 23:59|PermalinkComments(6)TrackBack(0) 日記 

大台

確認するのが面倒で放置していた今回の給料明細を
眺めてタメ息。
残業時間100時間超えてたわー。

これから決算期に向かって、どうなってしまうのかな。。。
世間のお父さんって、本当に偉いわねぇ。


misoram at 11:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2006年12月21日

亀田興毅VSファン・ランダエタ その2

前回は色々と批判の対象になった判定ですが、今回は疑問を
差し挟む余地も無いほど亀田興毅の勝ちは明らかでした。
この試合をするまでは「嘘の怪我をして勝負を回避した」とか、
そんなことを散々言われてましたけど、私は「あり」だと思う。
確実に勝てる自信が無くて、確信が持てるまで延期する事が
戦略なら「あり」だと思う。スタイルを変えた、というか以前の
スタイルと、ケンカボクシングをフィットさせる時間が必要
だったのなら、それは正しい選択だったのです。
こう書いてしまうと、私も彼が逃げたように思っていると読める
かも知れないけれど、別にどっちだって構わないです。ただ、
「あり」ねって言ってるだけなので。

彼の今回の身体面での調整はすごく上手くいってたと思います。
体の張り、肌の艶がとても良かった。前回よりはずっと良かった。
動きも切れてたし、腕も良く伸びてた。相手のパンチもしっかり
見えてましたね。スタミナ切れも無かったし。
対するランダエタは、例えるなら前回の亀田選手のようで、良くない
パフォーマンスでした。体を見ても、なんだか精彩を欠く。中盤
以降はパンチに腰が入ってない。まぁ、亀田選手の細かいパンチを
散漫に受けてしまったせいなのでしょうか。
そして1度も試合の主導権をランダエタ選手に渡すことなく、
ジャッジ3-0で亀田興毅の勝ち。この結果に私も何の異論も無い。

「亀田興毅まとめサイト」系だと、また色々言われてるかも知れないけど、
私は別にアンチ亀田でもなんでもないのです。リングでの動きをみれば、
彼がどれだけ練習したかが伝わってくる。鬼塚よりは間違いなく
強いでしょうw

それにしても、今日の実況で何回もボクシングコミッションの判定基準が
読み上げられたけれど、あれには失笑してしまったw 普通だったら
言われる事なく終わるのにね。如何に騒ぎが大きくなったかが窺えます。


ここの一家は家族の絆が強いです。最後は父への感謝の気持ちを
語っている間に泣いてしまって、少年の素顔が出てきましたね。
でもそれが家族ってもの。お互いを守り支え合うから、家族なんです。

おまけ
「八百長っていえばね?」

続きを読む

misoram at 00:35|PermalinkComments(0)TrackBack(1) 日記 

2006年12月18日

今年のサッカークラブ世界一は

サッカークラブ世界一決定戦 バルセロナXインテルナシオナル


この試合、インテルナシオナルは最高のモチベーションで臨んで
くることは分かっていました。彼らにとって人生を変えることに
なるかも知れない試合なのです。なんといっても世界中のサッカー
関係者及びスカウトが観ている試合で、ここで活躍すれば欧州その他、
高額年俸を払ってくれるかも知れないクラブからのオファーがあるかも
知れないからです。近頃は中東のリーグもオイルマネーで良い選手を
引っ張ってるようなので、選手にとっては選択肢が増えてるようですね。

そして、インテルナシオナルの勝ち。強かったし、良いゴールでした。
メンバーの殆どが国に帰れば代表というバルサに対して、国代表は一人も
いないというインテルナシオナル。ブラジルという国の層の厚さと、
勝利への執念というものを感じた試合でした。

バルサを応援してたのだけれど、残念だわ。
去年はリバプールXサンパウロで、どちらかといえばリバプールを
応援したけれどこれも負けてしまったなぁ・・・。
折角の日曜の決定戦だというのに、これを仕事場で観ることに
なってしまうとは><

misoram at 01:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2006年12月14日

サッカークラブ世界一選手権 バルセロナ VS クラブアメリカ

バルセロナの試合を観る為に、久し振りに定時で帰りました。
サッカー観る時は、やっぱりお風呂入ってご飯食べて、
それから「さあ、観ましょ!」でしょ? 観終わったら
後は寝るだけヒャッホー! そのくらいの意気込みでw

感想といえば、バルサの試合を楽しみにしていたので、
定時に帰った甲斐のある試合内容でとても満足しています。

バルサはゴージャスタレントの息の合った攻撃力、創造性が
話題にされることが多いけれど、素晴らしく守備の上手いチーム
です。ディフェンス時に選手がかち合ってボールがこぼれた時、
不意に自分のところに来たボールをコントロール下におくのが
特定のテクニシャンだけでなく、チーム全体として上手い。本当の
意味でのマイボールにおくまでの時間が短いので、攻める機会、
時間が長い。
まぁ、今日の相手が弱かった訳ではないけれど、バルサの良いところ
ばかりが目立った試合でしたね。疲れてたのか、ハーフタイムから
後半開始10分くらいまで寝落ちしてしまったのが、ちょっと残念。

クラブアメリカは負けたけれど、クレスポはやっぱり良いプレイヤー
だなぁ、そうつくづく思った。得点チャンスはあったけれど、
惜しかったわねぇ?


追記:この記事に何か違和感があると思ってよく見たら、クレスポの
   名前が出てきてる。全然関係ないのにw クレスポはインテル。
   正しくは、「クラウディオ・ロペス」でした。

misoram at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記 

2006年12月03日

天が知る〜地が(ry 私は走る

12月となりました。さすがに「師走」です。
忙しいので、家に帰ってもゲームする気力は残っていません。
大航海ONのアップデートの中に楽しみなものがあるけれど、
年末までやれないかも。
まぁ、読書量を以前に近づけたいので、ゲームから離れてる
今の状況は都合が良いともいえますね。

これから忘年会シーズン・・・・やだなぁ><




misoram at 19:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日記