今年のサッカークラブ世界一は大台

2006年12月21日

亀田興毅VSファン・ランダエタ その2

前回は色々と批判の対象になった判定ですが、今回は疑問を
差し挟む余地も無いほど亀田興毅の勝ちは明らかでした。
この試合をするまでは「嘘の怪我をして勝負を回避した」とか、
そんなことを散々言われてましたけど、私は「あり」だと思う。
確実に勝てる自信が無くて、確信が持てるまで延期する事が
戦略なら「あり」だと思う。スタイルを変えた、というか以前の
スタイルと、ケンカボクシングをフィットさせる時間が必要
だったのなら、それは正しい選択だったのです。
こう書いてしまうと、私も彼が逃げたように思っていると読める
かも知れないけれど、別にどっちだって構わないです。ただ、
「あり」ねって言ってるだけなので。

彼の今回の身体面での調整はすごく上手くいってたと思います。
体の張り、肌の艶がとても良かった。前回よりはずっと良かった。
動きも切れてたし、腕も良く伸びてた。相手のパンチもしっかり
見えてましたね。スタミナ切れも無かったし。
対するランダエタは、例えるなら前回の亀田選手のようで、良くない
パフォーマンスでした。体を見ても、なんだか精彩を欠く。中盤
以降はパンチに腰が入ってない。まぁ、亀田選手の細かいパンチを
散漫に受けてしまったせいなのでしょうか。
そして1度も試合の主導権をランダエタ選手に渡すことなく、
ジャッジ3-0で亀田興毅の勝ち。この結果に私も何の異論も無い。

「亀田興毅まとめサイト」系だと、また色々言われてるかも知れないけど、
私は別にアンチ亀田でもなんでもないのです。リングでの動きをみれば、
彼がどれだけ練習したかが伝わってくる。鬼塚よりは間違いなく
強いでしょうw

それにしても、今日の実況で何回もボクシングコミッションの判定基準が
読み上げられたけれど、あれには失笑してしまったw 普通だったら
言われる事なく終わるのにね。如何に騒ぎが大きくなったかが窺えます。


ここの一家は家族の絆が強いです。最後は父への感謝の気持ちを
語っている間に泣いてしまって、少年の素顔が出てきましたね。
でもそれが家族ってもの。お互いを守り支え合うから、家族なんです。

おまけ
「八百長っていえばね?」



私が観た中で一番凄いのは、ミッキー・ロークの
「ネコパンチKO」ですっ!

これはもう最高でした。子供心に、「こんなシーンを観れるとは」って
感動したものです。もう漫画レベルの出来事でしたね〜。

ミッキー・ロークのネコパンチを受けた相手が、観てる側にも
ダメージ受けてないの分かったんですけれど、

「えっ? 俺ここで倒れた方が良いの!?」

って感じで戸惑った様子が見て取れ、ちょっと間をおいて
クサイ倒れ方をしてそのままKO、という。
あれは伝説となるに相応しいKOシーンでしょう!

misoram at 00:35│Comments(0)TrackBack(1) 日記 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 八百長  [ みゆうの記録 ]   2007年01月25日 04:34
八百長 八百長(やおちょう)とは、真剣に争っているように見せながら、事前に示し合わせた通りに勝負をつけること。いんちき。概説 出場者に金銭などの利益を与??

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今年のサッカークラブ世界一は大台