2006年09月01日

引っ越しのお知らせ

今日もお越しいただきありがとうございます。
まことに勝手ながら『めいらく誣魯愚』は管理人のその場の気分で、名前を変えてfc2のブログに移転してしまいました。

移転先は以下の通りになります。

http://akanatsu.blog48.fc2.com/

尚、新ブログ名は『あかしいなつみ』となります。

当ブログにリンクしていただいているサイト様、お手数をおかけしますがリンクの変更のほどよろしくお願い申し上げます。

ちなみにこのブログは無期限更新停止扱いとなります。過去に書きました記事の内容は消すのももったいないので残しておくことにします。

何卒ご理解ご了承ください。

mist03hel5 at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年08月29日

病院逝き

東京から帰った直後、急に体調が悪くなり病院で診察を受けました。その結果、急性胃腸炎と診断され2時間に及ぶ点滴を受けました。薬も処方されましたが、今後の容態によっては入院も視野に入れるとのことです。
よって、体調が安定するまでブログ及びmixiの更新を停止します。数日の間だけだと思いますが、何卒ご了承ください。

mist03hel5 at 16:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年08月20日

超にもろみ酢をあげたのは誰か

またどうしようもないことを考えるのが大好きなクオリティを発揮しますゐたるですこんにちは。めでたくネギま!の15巻が発売されたので、その15巻を基にしたことを軽〜く書いていきたいと思います。

さて、今回はまったくタイトルの通りです。超のお別れ会の際、彼女が『ハハハ。これは大変ネー』とプレゼントに囲まれながら言っているシーンで、彼女の左膝の後ろに見える『もろみ酢○○』(○○の部分は解読できない)をあげたのは一体誰なのか考えてみようというわけです。

ここで一旦、誰が何をプレゼントしたのか整理してみましょう。


鳴滝姉妹 → フリマで買ったぬいぐるみ
桜子 → 猫砂
柿崎 → 激甘プルーン
クギミー → シルバーのネックレス
ゆーな → サイン入りボール
まき絵 → サイン入りボールとリボン
アキラ → ぬいぐるみ・・・割と癒される・・・
亜子 → コレクションのバンドエイド
のどか → 本いっぱい
ゆえ吉 → 哲学書
パル → 自作サイン入りイラスト
いいんちょ → 胸像
サジ子 → トモダチ
くーふぇ → 双剣


ということで、もろみ酢をプレゼントしたのは彼女ら以外の人物ということになります。しかしここでまだ除外する人物が何人かいますね。

まずそもそもお別れ会に参加していなかったエヴァンジェリン、アスナ、このかは除外されます。そして実体のないさよ、直前までお別れ会をすることに気付いていなかった龍宮と刹那も除外すべきでしょう。プレゼントを用意する暇などなかったでしょうから。

残るメンバーは朝倉、美空、茶々丸、楓、千鶴、葉加瀬、ちう、夏美、さっちゃん。このうちの誰かが超にもろみ酢をプレゼントしたことになります。

ではこの中で最ももろみ酢をプレゼントしそうなのは誰か。そもそももろみ酢とはどういうものかというと、沖縄特産の健康食品として有名なものです。発酵・熟成させる過程で生成されたクエン酸を主体に、豊富な有機酸類・必須アミノ酸類・ミネラルやビタミン群を多く含んでいます。疲労回復・滋養強壮をはじめ、血圧やコレステロールが気になる方、肩こり・腰痛・便秘などに効果的といわれています。

なんだかテレホンショッピングみたいになってきましたが、重要なのはこういう食材を以ってして、今後の超の健康を考えてプレゼントしそうな人物は誰かということです。もろみ酢は食材ですから料理に縁が深い人物と考えるのが妥当な線でしょう。・・・・・・ということはさっちゃん!?

いやいや、まだ他にも可能性はあると思います。さっちゃん以外にも料理が得意な人物が、小太郎が舌鼓を打つほどの料理を作れる人物がいました。千鶴です。もろみ酢という物の性格から、可能性として高いのはこの2人と考えられます。


次に、また別な視点で考えてみましょう。超の健康に気を遣うほどの人物ですから、やはり普段から超に接している人物、あるいはお世話になっている人物であるということが推測できます。この線で考えると、最も近いのは『超包子』で共に店を切り盛りしていたさっちゃんですね。千鶴はクラスメイトではありますが、自分で料理は不自由なく作れるので格安激旨肉まんのお世話になることはなかったでしょう。現にそういう描写は一度もなされていないので、親密度という点ではさっちゃんの方がよほど高いということですね。


というわけで結果、
可能性としてもっとも高いのはさっちゃん、次点に千鶴。
ということでよろしいのではないかと思います。


それにしても、朝倉や美空は何をプレゼントしたのでしょうか・・・ちょっと気になりますね。ザジ子ですら何をあげたのか明らかになっているのに。う〜ん・・・・・・


mist03hel5 at 21:03|PermalinkComments(2)TrackBack(1)clip!ネギまネタ 

2006年08月18日

徒然思ふこと

この系さんで絶賛開催中の『ネギま!のキャラソンの曲名を31+α人分考えよう!』という企画を見て、


面白そうな企画だなぁ。いっちょ考えてみるか。

最初に考えるのは・・・我らが村上夏美だな!

うまく特徴を捉えてタイトルを・・・うぅむ・・・・・・

『そばかす』

JUDY AND MARYとかぶってるじゃんorz


という一連の思考回路が働きました。まあ、既存の曲を当てはめるなら夏美にこれ以上相応しいものはないと思うんですが、新たにタイトルを考えるって難しいですね。センスが問われます。やっぱ替え歌の方が向いてるのかなぁ・・・


――――――――――――――――――――――――――――――


江戸前ネギ巻き寿司さんの記事を読んで率直に思ったこと。その発想はなかったわ。そもそも「アルビノ」という単語すら知らなかった自分の無知さに乾杯。もし亜子の背中から翼が生えてくるのなら、これみたいに漆黒の翼が生えてきたりするのでしょうか。
でも翼を斬り取った傷痕ならば斜め一直線という形は不自然な気もしますね・・・・・・あれでは明らかに背後から辻斬りにあったような傷痕にしか見えないんですよね・・・・・・。翼って2つ対になっているものだから「‖」または「ハ」のような形になるんじゃないでしょうか。


――――――――――――――――――――――――――――――


<お知らせ>
「ネギま!リンク」に

・マンガ☆ライフ 様
・ブロググ.sh 様
・この系 様
・東京すずめ 様

を追加いたしました。事後報告になってしまい、大変申し訳ありませんでした。


mist03hel5 at 12:17|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!ネギまネタ 

2006年08月11日

夏美に捧げる愛の歌

以前『クギミーに捧げる愛の歌』と題した替え歌をこのブログにて披露し、多方面から反響をいただきました。正直自分にとってもヒヤヒヤものだったのですが、少なくとも批判的な声はなかったようなのでホッとしております。

そんなわけで、調子に乗ってまた替え歌を作ってみました。今回犠牲お題として取り上げたのは、我らが誇る未来の銀幕の女王・村上夏美です。
ただ前回は元ネタの歌が古かったせいか一部の方にはウケが芳しくなかったので、今回は『涼宮ハルヒの憂鬱』のエンディングテーマで有名な『ハレ晴レユカイ』を元に替え歌にしてみました。

では、『ハレ晴レユカイ』のCDなりmp3なりをご用意するか、YouTubeをご覧の上、↓にある『続きを読む』をクリックしてお楽しみください。


それではどうぞ。


続きを読む

mist03hel5 at 20:21|PermalinkComments(4)TrackBack(2)clip!ネギまネタ 

2006年08月04日

女心におけるカモの功罪

ふと最近開いていなかったメモ帳の文書を開いてみたら、『「Yo!Men!」が「嫁!」に聞こえる』とか書いてありました。どこでどういう風に使うつもりだったんでしょうね。

さてみなさん、「女心」という言葉を聞いて真っ先に思い浮かべる印象はどんなものでしょうか。「女心は難しい」とか「女心は複雑」とかいうセリフはよく聞きますが、私の体験から言わせてもらうと、男も女も同じ人間なのだからその内面にある心には少なからず同じものが根底に流れている。だから難しく考える必要はない―――というのが持論です。でもやっぱりどこかが微妙に違ってたりするものですが、それはそういうものだと思うしかないような気もします(ある意味の諦め)。

まあ私の体験談などはさておき、『ネギま!』には女心をくすぐる、あるいは弄ぶのがお得意のキャラがいます。その名はカモミール・アルベール。ネギを「兄貴」と慕うあのエロガモです。アスナの下着をかき集めてベッドにして寝るという、まさしく「エロ」そのもののカモミールです。

最初にその性格が如何なく発揮されたのは、麻帆良祭でネギとのどかがデートをしている最中に独りになっていたゆえ吉と話をしていたときですね。ゆえ吉もネギのことが心底好きで、実はのどかに嫉妬していることをズバリ見抜き、このままだと泥沼の三角関係になるぞと、それが本当の親友といえるのかと凄まじいまでのオヤジっぷりを発揮し、ゆえ吉を散々に追い込むということをしてくれました。それがあのゆえ吉飛び降り自殺未遂事件?へと繋がっていくわけですが、のどかとも丸く収まったので結果オーライというところでしょうか。

『エロエロで女心を弄ぶ』というまるで悪役キャラみたいな性格をしていながらどこか憎めないカモミール。そんな彼にもそのエロさを良い方向に活かせたであろう場面がありました。それは亜子編での一連の騒動です。


亜子編は、亜子が一目惚れした成人ネギに背中の傷痕を見られ、それが元でバンドのイベントを台無しにしてしまうというものでした。そこでネギがカシオペアを使って亜子とデートをし、彼女の心の傷を癒すという流れでした。

ところがこの事件、もしかしたら未然に防ぐことができたかもしれなかったのです。何故ならば、カモは亜子の背中に傷痕があることを知っていたからです。



う、羨ましくなんかないもんねっ!!!











これがその証拠となる決定的瞬間です。カモは亜子のシャワールームを堂々と覗いていたからです。中3のピチピチとした生の裸体を「ムホホ」とストリップ鑑賞していると同時に、亜子の背中もバッチリと見えたはずで、それに対して「?」と思わないわけがない。怪訝に思うに決まっています。

仮にカモが女心を深くまでは理解できなかったとしても、女性にとって身体に大きな傷痕があるというのは絶対的に心の傷にもなり得ることは容易に想像はできたはずです。しかし14巻で成人ネギは『亜子さんの傷のことは何も知りませんでした』と言っているので、カモはネギが亜子とデートの約束を取り付けたときはおろか、それまでずっとネギに亜子の傷痕のことを喋っていなかったことになります。
もしネギがカモからそのことを聞いていれば、もしかしたら着替え中かもしれない楽屋のドアを不用意に開けるなどということはしなかったはずです。それが結果的に亜子の心の傷を抉ってしまい、一連の騒動の発端になりました。これについては少なくともカモに道義的責任があったのでは・・・と思わずにはいられません。


6月24日付『さよの存在感』で書いた刹那のことと通ずるモノがありますが、どうも『ネギま!』に登場するキャラには「何故それをもっと早く言ってくれなかったんだよ!?」的なものがありますね・・・・・・


mist03hel5 at 19:31|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!ネギまネタ 

2006年07月27日

キョンの本名っつーのは

私も読んでます『涼宮ハルヒの憂鬱』。アニメ化もされ大人気です。個性溢れるキャラクターがその人気を支えている大きな要因と言えるでしょう。
しかし主人公格であるはずの『キョン』は未だに本名が明かされていません。作中ではいつもキョンキョン呼ばれていて、一向に苗字も名前も出てくる気配がありません。こちらのサイトでは非常に興味深い予想、考察がなされていて、私も「なるほどなぁ」と思わされました。

実は私なりにもキョンの本名については考えがあります。朝倉涼子が主要キャラクターの頭文字を取ったものだという上記サイトの予想とはまったく関係ない考えです。

本屋の雑誌コーナーを眺めてて思いついたことなのですが、タレントの深田恭子が『深キョン』という愛称があるくらいだから、おそらくキョンも『深田恭平』とかそういう名前なんじゃないかなーと・・・
他愛もなくそう思いました。あ、もしかしたら柴田恭兵の『恭兵』かもしれないですけどね。

でもこれだとクラスの座席の謎が解決されないという疑問が残ります。しかしそこは発想の転換。『深田』が『ふかだ』と読むとは限らないということですね。『しんた』と読むと解釈すればいいのです。実際に『深田』と書いて『しんた』と読む苗字は実在します。これならば座席順の謎も解決されるのではないでしょうか。

もちろん『しんた』と読むだけなら『深田』に限らずいろいろな苗字があるでしょうが、この記事を書くきっかけになったのが『深キョン』だったので、キョンの苗字が『深田』だと仮定して書きました。

どうやら作者はちゃんとキョンの本名は考えてあるようです。いつ公式に発表されるのか、楽しみですね。されないかもしれないけど。


(参照)須のホームページ

mist03hel5 at 22:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!戯言 

2006年07月21日

まき絵に武器を持たせたら

小さい頃、何となく目にした『優柔不断』という言葉の意味が分からず、母親に『優柔不断って何?』と聞いたことがありました。すると母親に『あんたのことよ』と言われ、妙に納得した思い出があります。そしてそれは今でも宇宙の真理となっています。

さて、ただいまネギま!では事前に魔法バレした面々だけで戦いが繰り広げられております。特にバカレンジャーのリーダー格であるゆえ吉の頭脳が一気に形勢を有利にしたわけでありますが、ゆえ吉自身の活躍はともかく、彼女らの活躍を見ていると何故にバカレンジャーの中でもまき絵だけが魔法バレしないなど、戦いから除外されているのか不憫な感もします。

ただでさえ体操用のリボンで遠くの物を捕まえたり、落ちそうになったところを命綱にしたりと、魔法の力がなくても常人離れした技を持っています。しかも体操部だけあって身体は柔軟。運動能力は高い方です。いっそのこと楓に忍術を仕込んでもらったら、形だけの鳴滝姉妹なんかよりももっと戦力として使えると思うんですよね。空中で2回転半しながら飛ぶことだって容易でしょう。
忍者といえば手裏剣やくないといった武器が有名です。まき絵の投擲の技術はいかほどか分かりませんが、彼女にはもっと似合う武器があります。体操用のリボンのような細長い物を自由自在に操れるのならば、やはりこれでしょう。









接近戦しかできないが














鎖鎌ですよ鎖鎌。鞭でもいいんですが、やはり忍者といえば鎖鎌です。くノ一姿で鎖鎌を構えるまき絵。想像しただけでも結構サマになっていると思います。そしてこれにアーティファクトが加わったら第一線での活躍も夢じゃありません。

どうかこのくノ一まき絵が実現しないものかと願う毎日であります。


mist03hel5 at 16:47|PermalinkComments(3)TrackBack(2)clip!ネギまネタ 

2006年07月19日

書かない理由

じっぱ〜さんがグアムに旅立たれた模様です。いいねぇ海外は・・・。私も中3の夏休み以来海外に行ってないので、そろそろ日本を飛び出してみたい気もします。オーストラリアのゴールドコーストに知人が住んでいるので、まずは彼を訪ねてみたいですね。・・・・・・その前にパスポート申請しなきゃならないけど。アレは非常〜〜〜に時間がかかるので要注意です。

ところで毎週水曜日になると皆さんスゴイっすよね。競うようにして『ネギま!』の感想・考察記事をサイトやブログに掲載する。しかもところによっては画像付き。私なんかヘンにのんびりしているせいか土曜日あたりにようやく立ち読みすることが多いので、圧倒されます。

実は先日、とある御方に「リアルタイムで考察記事書かないの?」と聞かれたことがあります。思えばブログをネギま!メインと謳ってからそんな事したことがなかったですね。

結論から言うと、しません。まず私はコミック派なので、せいぜいコンビニや書店での立ち読みで済ましてしまいます。そうすると一コマ一コマを深く読み込むことはできませんし、雑誌を買わないので画像の転載もできません。
それから、これが一番大きな理由なのですが、タイムリーな話題や感想・考察記事などはいくつも大手のサイト様が載せているので、今更私が始めなくてもいいだろうということです。そんなに面白い文章も書けませんしね・・・

それよりかは自分は自分で好きなことをやっているという方が自分に合ってるんですよね。料理のフルコースに例えれば、マガジンが発売される度に感想や考察などを掲載する大手サイト様がメイン料理で、当ブログは口直しや箸休め程度の存在としてやっていきたいんです。

これまでいくつか記事を紹介していただきましたが、『あ、ネギま!にはこういう面もあったんだな〜』などと、面白さの再発見の手助けになればと思います。やはり皆で「ああじゃないか」「こうじゃないか」と物語の展開や伏線、隠された設定を考えていくのが『ネギま!』の大きな面白さの一つだと思うんですよね。しかし現在進行中の出来事を追っかけるのもいいですが、たまには後ろを振り返ってみて、気付かれなかった面白さの再発掘をするのも悪くないんじゃないかと。そして当ブログがその糸口になればとても幸いです。

そんな位置づけのブログですが、今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m

続きを読む

mist03hel5 at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!戯言 

2006年07月12日

クギミーに捧げる愛の歌

プライベートでいろいろとありまして、ちょっと更新に間が空いてしまいましたね。

先日、某同人誌ショップのMブックスで買った『ネギまNetwork PLUS』の見習い雑兵さんの作品を読んでてふとネタを思いつきました。さすが私が(一方的だけど)敬愛する見習い雑兵さんです。チア部のキャラの個性をよく活かした描写は見事なものです。特に主人公格のクギミーですね。

私もそれに触発されてクギミーことくぎみんこと釘宮円にスポットを当てて何かをしたいと考えました。いろいろ考えた結果、彼女に歌を捧げてみるのが面白いのではないかと思いました。試行錯誤すること1週間、名曲の替え歌という形で1つでき上がりました♪

では往年の名曲、あみんの『待つわ』のメロディでお楽しみください。作詞・ゐたる、作曲・岡村孝子、歌・釘宮円で『まつ屋』です。


それではどうぞ。



続きを読む

mist03hel5 at 00:28|PermalinkComments(7)TrackBack(2)clip!ネギまネタ 

2006年07月02日

麻帆良祭編の次に望むこと

小見雲さん宅のトラバ企画、なかなか面白いものですね。A型ファンの好きキャラランキングの「18位 椎名桜子 3P 1%」って私の票だけですね。ハハハハハ。

さて、ここのところネギま!はバトルシーンの連続で登場キャラが偏ったりして、いささか食傷気味だと思われる方も少なくないと思われます。実は私もその一人でありまして、マンガ☆ライフの水音さんの意見(最近のネギまがつまらない件)にも賛同できるのです。しかしそのことについて書くと長くなりそうなので今回はパスするとして・・・・・・

でもね、ちょっと考えてみたんです。あんなに運動能力高いキャラが集まっていて、彼女らの能力を活かしつつ、能力があまり高くないキャラをも同時に活躍させることはできなかったのでしょうか。ネギま!のコンセプトとしてはヒロインが31人なわけですから、やはり活躍するキャラの偏りは絶対によろしくないと思うのです。

ネギま!は学園モノです。だから普通の学校で行われる学校行事を取り入れるのが当然です。いままで何があったかというと、まずは修学旅行がありました。それから未だに続いている学園祭・・・


年に1回は行われるもので、修学旅行、学園祭と同じく忘れちゃいけないイベントがありますよね。それは運動会です、運動会。ネギま!の中ではまだ運動会が行われていないんです。

運動会なら生徒全員強制参加だから、クラスの中で活躍できる者とそうでない者までしっかりと描写できますよね。ゆーなを含む運動部4人組の活躍は間違いなし。そして桜子が応援合戦でハッスルしたりするわけですよ。夏美は『体重が軽いから』とか何とか理由つけられて騎馬戦の騎手にされたり(さっちゃんは騎馬をやるんだろうな・・・)、アスナと美空の俊足バトンリレーが繰り広げられたり、棒倒しで乱闘寸前になって体育着が破れたり、もう想像するだけで楽しいですよ私は。
よもや刹那や楓が参加しなかったドッヂボール編だけで満足してる人はいますまい。

魔法世界とかタイムスリップとか非日常的なことを取り入れてバトルシーンを増やす前に、こういう日常的なイベントをもっと描いておくべきだったのではないでしょうか。特に最近の物語の展開を見て、私はこう思うんです。

だからお願いします赤松御大。この次は運動会編、絶対描いてください!!


mist03hel5 at 06:17|PermalinkComments(3)TrackBack(1)clip!ネギまネタ 

2006年06月24日

さよの存在感

ブックマークしているネギまサイトさんを巡回していると、まだまだネギまには調べてみれば面白い事柄が沢山あるんだなぁと実感します。最近では統計をとったり確率を算出するものが多いようです。確率計算なら私も1回やりましたね。集計ってものは結構大変ですよね・・・。

さてさて、今回は「何故さよの存在が長い間知られてなかったのか」というテーマで軽く語っていきたいと思います。

普通なら『何故ってそりゃあお前・・・幽霊だったんだし見えないし・・・』と思われると思います。実にその通りなのですが、前後の状況を見るにどうにも腑に落ちない点があったのでここで言及してみたいと思います。

まず、さよが初めてクローズアップされたのはコミック9巻・74時間目でした。麻帆良祭の準備中に教室に現れたさよの姿が学内新聞に載るといういきさつでした。そしてネギが写真の幽霊はこの人なんじゃないかと名簿を見せ、アスナや朝倉たちがようやく出席番号1番・相坂さよという人物がいたことを知ります。

まずここで考えていただきたいことは、この一連の事件が起こるまで、さよの存在を知っていたクラスメートは誰だったのかということです。まずエヴァンジェリンにはさよの姿が見えていたので、彼女はその存在を知っていました。もっとも、3−Aの連中とは常に一線を引いているエヴァンジェリンのことですから、さよの存在を知っていてもそんなことを積極的にクラスメートに話す気などなかったでしょう。
しかしエヴァンジェリン以外にもさよの存在を知っていた人物がもう一人いました。それは刹那です。

修学旅行編で3−Aが新幹線に乗り込むとき、刹那は『エヴァンジェリンさん他2名が欠席したので』という発言をしています。他2名とは、明らかに茶々丸とさよのことです(赤松健総合研究所さんにも同様のことが記載されています)。ということは、この時点で刹那は少なくとも相坂さよという人物が3−Aに在籍していることを知っていたことになります(まさか誰が同じ班になるか知らないはずはない)。

では本当にエヴァンジェリンと刹那以外のクラスメートはさよのことを知らなかったのか、という疑問点が浮上します。これについては74時間目の「麻帆良スポーツ」の記事を読んでみると分かります。
記事中での亜子の『確かにウチのクラス出席番号一番が欠番やし』という発言がすべてを物語っています。「欠番」ということは、「出席番号1番の人はいるんだけど不登校か病欠でずっと学校に来ていない」という認識ではなく、「そもそも3−Aの出席番号1番は存在しない」という認識がなされていたことを意味しているのです。

ネギまの情報屋である朝倉やパルはもとより、刹那と仲がいい木乃香ですらさよのことは知りませんでした。なぜ刹那はさよのことを一切口外しなかったのか・・・・・・何気ない会話の中でちょっとだけでも話すことがなかったとは驚きです。ただでさえ情報の伝播が異常なほど早い3−Aだから、相坂さよの「あ」の字でも口に出したらあっという間に『さよはどうしたんだ』『座らずの席の謎を暴け』ということになるのは想像に難くありません。そこまで刹那は口が堅い人物だったでしょうか。確かに厳格に育てられたということはありますが、そこまでひた隠しにする理由も無いように思います。

むしろ、刹那の口の堅さという方向で考えるよりは、刹那もさよの存在を忘れていたと考えるのが自然ではないでしょうか。結果的にさよの存在感の無さが成せる業だった。そう考えた方がキャラの特性を活かした無理のない解釈になると思いますが、いかがでしょうか。



mist03hel5 at 17:17|PermalinkComments(7)TrackBack(2)clip!ネギまネタ 

2006年06月22日

( ̄□ ̄;)!!

赤松御大のサイトの日記(6月17日付)で『ネギま単行本の巻末に、たまに3−Aのクラスメート名簿を載せていますけど』という文言がありました。御大にとっては既に3−Aの名簿は描いたことになっているらしく、以前このブログで『未だに3−Aの名簿が登場していない』と言及した私の立場が危ういものになってきました。原作者に言われちゃうとねぇ・・・・・・どうしたものか。


まぁいいか(マテ


ところで、タカミチが何故あんな高級スポーツカーに乗っているのか話題になっているようです。彼にとって英語教員という仕事は本分ではなく、諸悪の討伐が主な仕事としているくらいだからそれなりの収入はあるのでしょう。私も賞金首説には賛成ですね。
それにしてもダッヂのヴァイパーですか・・・・・・。8.3リッターの500psを発する大型エンジンを積んだ、こんな狭い日本の中でどのように性能を如何なく発揮させて走らせればいいのか分からないクルマです。私が尊敬するモータージャーナリスト・三本和彦氏の言葉を借りれば、『四畳半の部屋の中で日本刀を振り回しているようなもの』ですね。

それよりかは今年大学を卒業したばかりの私がこんな車に乗っていることの方がよっぽど・・・

実は私も賞金首で稼いでいまして・・・なんてね。


mist03hel5 at 22:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!ネギまネタ 

2006年06月20日

麻帆良祭開催日

本日6月20日は第78回麻帆良祭が始まった日です。それを記念して、先日万代書店という店で麻帆良祭が始まったときの集合写真を買ってきました。きちんとビニールで包装された、生写真風のブロマイドです。実は密かに狙っていたんですよ、フフフ。



ザジ子もうちょい前に来い









思えばここがいろいろなことの始まりでした。この時点で本編で未だに麻帆良祭が終焉を迎えていないということを誰が予想できたでしょうか。ネギま!においてかなりのターニングポイントになっているのは言うまでもありません。果たしてアスナたちはネギを救出し、無事、元の世界に戻れるのでしょうか。緊迫したシーンが続いている最中であります。


買ったものは先ほどのを含めてクリアファイルとブロマイド2点。調べてみたところ、いずれももともとは非売品ではなかった物みたいなので、今でも手に入れようと思えば入手は可能のようです。


サイズはA4







まずこれがクリアファイルです。サイズの関係上、スキャナに入りきらなくて端っこがちょっと途切れてしまいました。楓の隣にいたのはゆえ吉です。
それにしてもちゃんと夏美がいるのはGOODですね。しかもスカートを付けてないしね。7巻ではスカートを付けた夏美しかはっきりと描かれてなかったので、それだけでもこれを買った甲斐があったというものです。



ヒント:日付









これがもう一つの生写真。修学旅行編の清水寺での集合写真ですね。
はい、ここで「ちょっと待て」と思った方がいらっしゃると思います。そんな方はディスプレイの前で手を挙げてください。ひぃ、ふぅ、みぃ・・・・・・さすがは皆さん、よく分かってらっしゃる。


分からなかった方はこの写真の日付をよーく見てください。2004年8月21日撮影とあります。もうお分かりですね?

そうです。本編の麻帆良祭はまだ2003年なのに、修学旅行の日付が2004年になっているのです。これは一体どうしたことでしょうか。私もいろいろ可能性を探ってみましたが、どうにも説明がつきません。


カシオペアの仕業かな?

mist03hel5 at 17:42|PermalinkComments(8)TrackBack(1)clip!ネギまネタ 

2006年06月18日

裏が無いから占い

じゃすてぃすさんもやっておられた『ネギま!占い』。乗じて私もやってみました。

まずは魔法先生ネギま!占いその1にて占ってみました。果たして今日と出るか吉と出るか・・・


ゐたるさんは雪広あやか です!


● 雪広あやかさんのあなたは、奥ゆかしく見える才人です。恋愛パターンは見た目同様、古風です。情の深いタイプなので、現代風のドライな恋愛観を持つ相手は不向きです。カンの鋭さから、出会った瞬間に恋に落ちてしまうことも多いのですが、相手に思いやりの心を持って接するため、抜群の成功率を誇ります。ひとたび仕事となると、物事の飲み込みが良く、ポイントを押さえるのが得意。天性のカンも冴え、何でも器用にこなせるマルチな才能を発揮します。が、攻めが得意なため、守りはちょっぴり苦手。受け身の状況下では、焦りから自らミスを招いてしまうことも。常に自分を見失わないように、冷静で客観的に自分を見られるようになれば、鬼に金棒です。

● ゐたるさんの開運温泉は、箱根温泉です(入浴剤も可)。


『抜群の成功率を誇ります』の部分は大嘘だと思いますが。成功率じゃなくて失敗率が抜群です。悲しいなぁ。


お次はネギま!占いで占ってみました。今度は何と出るカナ!?


ゐたるさんは神楽坂明日菜 です!


● 神楽坂明日菜さんのあなたは、勝気で負けず嫌いな不屈のファイター。おかしな理屈を並べたり、筋の通らない話を強引に押し進めようとする人がいると、それが先輩や上司であっても、ハッキリと意見をするタイプです。中にはあなたのことを生意気だと言う人がいるもしれませんが、悪いことは悪いと言えるあなたに、喝采を送っている人も多いはず。トラブルにも大胆かつ積極的に取り組んでいくため、なにかと頼りにされることが多いでしょう。ですが、この豪快さの裏側には、意外なほどの繊細さが隠れています。特に恋愛面では、臆病とも言えるほどの照れ屋さん。変に身構えたりせず、そのままのあなたを出してみて。

● ゐたるさんの金運最高デーは、1月21日です!


そのままの自分を出すと相手が離れていくので、なるべく控えるようにしてます。恋愛って割とごまかしが入ってくるものだよね・・・。しかも1月21日ってもう過ぎてんじゃん。その日何があったかmixiで調べてみたら、特に金にまつわる出来事は無かったというオチ。


≪結論≫


占いは、都合のいいことだけ信じよう。

mist03hel5 at 20:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ネギまネタ 

2006年06月15日

小見雲さんでしょでしょ?

小見雲のネギま!応援団っ。さんが20000Hitsを達成いたしました。おめでとうございます。我がブログも負けじと頑張ります。といってもカウンター付いてないから分かんないけどね。


'`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、


さて、その小見雲さんの企画で、ブログの管理人とその好きキャラの血液型の関係を調査しようというアンケートが実施されています。当ブログにもトラックバックをいただいていました。喜んでアンケートに協力いたしますですよ!

まずは基本データを。

HN:ゐたる
血液型:A型
好きキャラ:1位/明石裕奈 2位/椎名桜子 3位/村上夏美

もうこの3人さえいれば充分ですよってくらい好きですね。特にゆーなは動物占いでオオカミ同士で相性が良いんですよ。文句なしですね。

一体どのような結果になるのか、非常に楽しみですね。

mist03hel5 at 19:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ネギまネタ 

2006年06月13日

夏美の小ネタ

今週号で夏美が見事にパンチラを披露してくれたことを記念いたしまして、夏美のちょっとした小ネタを紹介したいと思います。

学園祭が始まる前、ネギ一行と千鶴一家が一緒に歩いていたときの一コマがありました。


こ、こやつはあの時の・・・








ただ見ると何の変哲もない場面ですが、私には少々気になる点がありました。それは夏美の『もぱ〜』とか言ってる着ぐるみに対する驚きっぷりです。
この場面より前に、彼らは大学部の大規模な恐竜のつくりものや仮装しての登校風景を見ているわけです。なのに今さらポ○キッキに出てくるム○クみたいな着ぐるみにギョッとするほど驚くこともない筈なんです。
単に横からいきなり驚かされただけにも見えますが、どうやらそうでもなさそうです。

ちょっと思い出していただきたいのですが、修学旅行編で3−Aが太秦シネマ村に行ったときのことを。夏美はどのような形で登場していたかというと、江戸の町娘の衣装で出てきてましたよね。そしてその後、刹那がツクヨミに闘いを申し込まれ、それ以外の面々はツクヨミが召喚した妖怪どもの相手させられてました。

いいんちょが巨大な招き猫に押し潰されて戦闘不能となり、パルの号令でいいんちょの弔い合戦が勃発した後、事件は起きました。夏美が何故『もぱ〜』にギョッとしていたか、その原因はというと・・・・・・





トラウマ












脱がされかかったからですね。似たようなヤツに。ブラまで外れかかっているぐらいだから、相当な力で脱がされてたのでしょう。

だから最初に載せたシーンで夏美は『もぱ〜』を見た瞬間に『げ、あの時の・・・!!』といわんばかりに過去の悪しき思い出をフラッシュバックしていたのでしょう。パルが助けてくれたから良かったものの、そうでなければ大衆の目の前でスッポンポンにされていたことでしょう。その方が人気上がるかもしれないけど。

さあ、本編ではそろそろ夏美の演劇部編が始まる頃ですね!! 始まるんだよね!? 楽しみだなぁ!! ハハハハハハハ(泣)

mist03hel5 at 19:48|PermalinkComments(2)TrackBack(1)clip!ネギまネタ 

2006年06月12日

リンク追加のお知らせ

右列のリンクを多めに追加いたしました。

一般リンクに、

・カトゆー家断絶 様
・かーずSP 様


ネギま!リンクに、

・ネギま部屋(楊さんのページ別館) 様
・猫とネギま!と声優さん 様
・ろーふりっぱ 様
・ネギのス 様
・じゃすてぃすのハピ☆マテだいあり〜 様
・ほにゃらば! 様
・やくろあんてな 様
・のどか15歳 様
・小見雲のネギま!応援団っ。 様


楊さんの「ネギま部屋」以外は無断リンクですが、どうかよろしくお願い申し上げますm(__)m



2006年06月09日

桜子を祝す

というわけでございまして、本日6月9日は出席番号17番・『幸運をもたらすチアガール』椎名桜子の誕生日でございます!! 我がめいらく誣魯愚は桜子の誕生日を心より祝福します。おめでとう桜子!! 

今回は当ブログ初の誕生日企画ということなので(前回は企画倒れになったのでノーカウント)、それなりに気合いを入れて『桜子名言集』でも作ろうと思っていました。しかしそれはほにゃらば!さんに先を越されてしまい断念。そこで予定を変更して、「桜子が口を閉じている確率は何%か」ということを調べてみました。

確率を算出するには、桜子の登場コマ数と口を閉じているコマ数を数えなければなりません。各キャラの登場回数など調べれば一発で出てきそうなものですが、今回は独自の方法でカウントしました。
まず、明確に桜子の顔面全体が映ったコマが登場したコマとしてカウントしました。なので後頭部や尻などの一部分だけでは登場したと看做しませんでした。また、指をくわえていたり手で口を押さえているコマは、口を閉じているものと看做しました。
範囲はコミック1〜14巻の129時間目までで(ゐたるは単行本派なので)、表紙・裏表紙も含みます。巻末の設定資料集は対象外。最初に登場する名簿は1回だけのカウント。回想シーンに登場した場合はそれぞれカウントしました。2巻に登場する初等科のシーンもカウントしてあります(桜子はアスナやいいんちょとは小1のときからのクラスメイトです)。

そんなわけでコミックを全て隅から隅まで調べ尽くしました。各巻の結果は以下の通りです。


(桜子の登場コマ数/口を閉じてたコマ数)

 1巻…44/2
 2巻…48/1
 3巻…34/3
 4巻…60/4
 5巻…14/0
 6巻… 6/0
 7巻…16/0
 8巻… 3/0
 9巻…32/1
10巻… 5/1
11巻… 7/0
12巻… 4/0
13巻…14/0
14巻…22/0

合計 309/12

確率 約3.88%


以上のような結果がでました。入念にカウントしたのでミスはない・・・はずです。今回は独自のルールを用いたので、人によっては多少の誤差は出るかもしれません。が、大体はこんなところです。

やはり桜子が積極的に描かれていたのは最初のうちだけだったことが窺えます。学祭の準備や亜子編ではいくらか登場回数も増えましたが、その他はさっぱり・・・・・・今後に期待か。やはり戦闘能力がないと優遇されないのかなぁ・・・

3.88%という数字をどう見るかは各自に委ねますが、私個人としては改めて桜子というキャラクターを数字で実感した思いです。いつも笑顔で振舞ってくれる桜子さん、いつまでもそのキャラクーを保ち続けて欲しいものです。調べていて気付いたのですが、桜子の初登場時は口が閉じてたんですね(コミック1巻・6ページ参照)。
ところで、いつも口が開いているキャラクターといえば『ついでにとんちんかん』の間抜作がいますが、あそこまで徹する必要はないでしょう。リアルタイムでアニメを見ていたあの頃が懐かしい。


さてさて、最後にクイズです。ネギまカルトQ!!

「桜子が提案した英単語野球拳で、桜子は何問間違えたでしょう?」

カンニングしてもいいんで、まずはじっくりとコミックを読んで考えて答えを出してみてください。答えが出たら↓の「続きを読む」をクリッククリック! 解答・解説が出ます。


続きを読む

mist03hel5 at 17:12|PermalinkComments(3)TrackBack(2)clip!ネギまネタ 

2006年06月02日

「ひとりゆーな祭り」延期のお知らへ

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、去る6月1日にlivedoorのサーバーがダウンしたことにより更新作業が不可能な状況となり、現在は一部回復しましたがメンテナンスが続いている状況です。誠に勝手乍ら当ブログにて開催される予定であった「ひとりゆーな祭り」は、2007年6月1日に延期させていただきます。これは、キャラの誕生日をその日に祝うということはファンにとって当然のことであり、いかなる理由があろうと誕生日とお祝いをする日に差異があることは一ファンとして許されないだろうという管理人の判断によるものです。

皆様には多大なご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

御免なさいm(__)m


しかし全く何もしないというのもアレですので、中学・高校と美術の成績が4か5しかなかった絵心の無い管理人が描いたゆーな絵をご覧ください。















にゃ〜






























うん








ペペロニさんといい勝負してるね!










とりあえず、誕生日おめでとうゆーな!!\(^o^)/









結局祝っちゃったょ


mist03hel5 at 21:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!ネギまネタ 
プロフィ〜ル