にいがたポップンマン

新潟ポップンチャンピオンシップ2014まとめと個人的なつぶやき  俺がにいがたで一番ポップンに金を落とす男だ

かなり遅くなってしまいましたが2年ほど前に頒布した同人誌を配布しようと思います。
知人に催促されるまでやっぱり上げなくてもいいかなあとか思ってたのは内緒。

本自体についてですが、2次配布や無断転載を禁止しますし、
ついったーや掲示版などでもできるだけ話題に出さないようにお願いします。
元々身内向け+α程度に作っていたようなものなので、
ブログを見てくださっている方々だけに見ていただけたらなと思います。

もしこの同人誌を読んでポップンの上達があったり、新規打開等ができたよ!
などということがありましたら、是非コメントなりなんなりで伝えていただけたら
わたくしが泣いて喜びます。


リンク:ポップンミュージックの50レベルに立ち向かう本


★近況★
Lanima乱を打開して調子に乗ってインボルクをぶちころしてやろうと
ブンブン回していたら左手が2回目の腱鞘炎になった。
1回目よりもだいぶ酷くてまともにボタンが叩けなくなったので
1ヶ月強放置していたらスケールアウト正規がクリアできなかった。

おじいちゃん化も激しくぎっくり腰になったりいろいろと身体がもたないので
そろそろ音ゲーもスーパーエンジョイ勢として老害感を醸し出していこうと思う。
ハースストーンとシャドバがしばらくの戦場になりそう。


1年以上まともにプレイしてませんでしたが最近ダージュ乱とカウボーイS乱が埋まりました。
諸事情あってもうポップンはスコアに関しては引退、プレイもしなくてもいいかなという時期もありましたが
最近ちょっとプレイしてたら1年前の全盛期よりは格段にクリア力が上がっててちょいと楽しいです。


この1年はポップンで何をやってたかというとひたすら45とかそのあたりのレベルで左右振りの練習だけしてました。

そう、この1年ずっとそれしかやってません。


強いて言えばチュウニで虹レートまで詰めた程度にやりました。
おかげですっごい左の振りに強くなった気がする、よくわかんないけど。


後はグラブルで1年廃人のようにプレイしてました。現在も廃人です。
やればやるだけ強くなるゲームステキ。
自分を高めるゲームしかやってないとこういう誰でも強くなれるゲームも気分転換としては素晴らしいものだなと。



S乱で運指固定重視のプレイに限界を感じて左右振りの練習をして、
例えば68、67等の2個同時押しに両手を持っていくようなプレイばっかりしていた影響で、
ついに無理押し同時押しと通常左右振り同時押しの区別がプレイ中につけられるようになって
かなりブイブイ言わせながらプレイしています。
今の状況でも限界値でエレクリS乱、スペレクS乱程度までなら打開できるような気がします。
今後のれんぺろ先生の打開にご期待ください。
 


以前のポップン本、再頒布して欲しいという声がありましたが、
再販はさすがに年月も相当経っているものですので、ここでpdfとして無料配布しようかなと考えています。
どうやって上げようかなというのと、こわい人に見られて総ツッコミ等があると本気で人生を引退しかねないので
ちょいと尻込み中です。
今見ると正直考え方が結構変わってるなっていう部分もあったり、
曲別攻略のページが1~4、5~9半固定でごり押ししてね!としか書かれてなかったりしてて
もうちょっとなんとかならなかったのかという部分があるのが否めませんが、
まあ落ちてきたものを全部その通りに押せばクリアできるので問題ないなと思いました。 

imageimage












冬コミ実は委託という形で参加させていただいておりました。

ついったーでしか宣伝してませんでしたが、様々な方に購入していただき感謝の極みでございます。
この本を作るにあたって、いろいろお世話いただき、委託もさせていただいたサークル□■様にも多大なる感謝を。

この「ポップンミュージックの50レベルに立ち向かう本」ですが、40pにまとめる都合上、書き足りない事柄も多々ありましたが、本としては綺麗にまとめられたかなといった感触があります。

自分が50レベルをクリアするに関し、考えてきた事をまとめて紹介し、各自上達する際の理論立てや行動の参考にできたらという感じの本となってました。(あえて具体的にどんな曲をやれ、とかいうのはあんまり書きませんでした。それを自分で導き出せるように書いたつもり。)

自分ではサークル参加することはないと思いますが、もしかするとまた夏コミあたりで友人のスペースに置かせていただく事があるかもしれませんので、その時には是非お手にとっていただけたらと思います。


そういえば本のラストにブログは書いたのについったー垢は書いてなかったのでついでにここに書いておきます
ついったー:@lenpero_m

ポップンがうまくなりたい!

と一言で言ってもいろんな曲をやるだとか、フルコン埋めするだとかいろいろな方法があるが、
あまり取り上げられないようなポイントから上達を目指す方向を考えていきたいと思う。
特に最近の自分の中で2つ大切かなと思った上達のポイントがあったので紹介したい。


とはいえ、人によってどういう練習をしてきたかでどの部分が上達している、
または苦手分野となっているかは個人差なのでうまく当てはまらない人もいるだろうがご了承を。



【左手の認識】
先日のゲーセンの帰り道を友人としゃべりながらチャリで走ってる時の話。
両手が動いているときは左手が強くなると言う理論がついったーで出回ってたので話題に出してみた。
ソースはこちらから→(http://www.gizmodo.jp/2014/07/post_14930.html

すると友人、わかるわかる〜というのでなぜか?と問いかけてみると。
(ちな友人は弐寺両皆伝なのだ)

「きみ発狂捌いてるとき左手がどう動いてるかとか、
 左側どういう配置になってるかとか思い出せないでしょ。
 それだけ認識が薄いのに左手が動いてるってことは左手の能力が高いってことだよ。」

SnapCrab_NoName_2014-7-25_22-30-57_No-00なるほどですな〜。目から鱗だ。
たとえるならトイコンの前半発狂とか中盤発狂で
左手側だけなに降ってるのか覚えてないけど、
なんかゲージ残ってるやつね!わかるわかる! 

←これな。

ということは、言ってしまえば
常時左手側は譜面を何となくでしか認識していない可能性が高く、発狂では疑似的にオートモードになっている可能性がある。
ということか。


つまりそれを改善させるためには、
常に左手側を意識するような状態でプレイする、
そして発狂での疑似オートモード状態でも押せるようにシフトしていく。

というのの繰り返しが重要なのではないかと考えられる。 


もちろん発狂で全体が見渡せる状態に持って行けるのが一番大事なのは確実なのだが
50全埋めした自分でもまるで見れていないのが現状、難易度は相当高いように思える。
ランカーレベルではまた違った視点になってる可能性もあるが、ぼくがランカーになったらまた考えることとしたい。


じゃあ実際の対策ということになるが、左側見ろ!

という結論にしかならないが、一応自分が行っているプレイとしては、
足のつま先を左側に向けてむりやり傾けるというものがある。
つま先だけ左に向けると楽な体勢を取るには体を左にひねらないといけない。
そして、本気でプレイするときはいつも通りの右足前出しの左肘押し重視型となる。


今書いたこれらの理論は利き手や立ち方によっていろいろ変わってくるが、
各自で修正していただければ使える理論になるのではないだろうか。 



【地力・認識力とスイッチ力】 
地力と認識力について。
さんざんよそでも語り尽くされてると思うので簡潔に書くが、
まず前提としてポップンの上達(音ゲー全体としても?)というのは認識力増加によるものが強く、
弐寺になると物量の多さから指の運動量による上達の部分も多いとは思うが、
ことポップンにおいては9割ぐらいが認識力さえ鍛えれば伸びるものだと思っている。


よって見えてるけど押せない、といった状況が発生するのは
回数が明らかに足りてないのが原因である。

自分の経験論ではあるが、
弐寺を2週間〜数ヶ月プレイしてない状態でしかその状態を感じたことがなく、
ポップンにおいてはこの1年半週5ペース、1日30曲程度で通っており、1回も感じていない。
そのような状態に陥ってるということは上達以前の問題なのでもっとがんばってください。



さて、認識力を鍛える、ということであるが、
これも語り尽くされてるだろう、横認識が重要、となる。
特にポップンにおいて、横認識というのはめちゃくちゃ重要で、
横認識を鍛える≒上達する といってもいいのではないかと思っている。

なぜならば、ポップンにおいては「スイッチ力」が大切であるからである。
スイッチ力とはなんぞや、と思っている人も多いだろうが、ぼくの作った造語なのであしからず。
簡単に言うとバスケでいうブロックしている相手を切り替える。まさにその動作である。

SnapCrab_NoName_2014-7-25_23-27-28_No-00←の画像の譜面、皆様はどう押すだろうか?

青白は全部左で取るぜ!とか

赤は3連打上等!とか

こう、1234は肘でドーンと。という方もいるだろう。

別にどれが外れというわけでもないし、全部正解といってもいい。
前後の譜面の兼ね合いで最善手は変わってくる。


スイッチ力とはこの場合、縦連打を縦連打と見なさずに交互で押して切り替えるということだ。
一番下の場合1(左)、4(右)、47(左右)となるし、
真ん中は赤が右右左というように押すこととなり、(左右左でも可)
最後は68(左右)、6(右)、1234(左左左右)となる。


このスイッチ力が伸びてくると、相当譜面対策のバリエーションが増える。
発狂ではこれを駆使しないと押せない場面というのがあるし、
縦連を楽できるといったメリットも出てくる。
1つの押し方一辺倒だけでなく、いろんな押し方を試すことで癖というのもつきにくくなる。


このスイッチ力だが、伸ばすのが結構難しい。
正規鏡でももちろん伸ばすことはできるが、個人的にオススメなのはS乱。
今みたいな縦連打の譜面が降ってきやすいため、縦連+青白等の左右振りがきた場合に
ここはスイッチする!というのを意識しやすい。


後は最近自分の中でブームなのがメランコリートレーニング。
メランコリーEXをS乱でプレイし、同時押しのすべてを両手中指の先で取るというものだ。
メランコリーは2つの同時押し8分が中心でラストのみ3つ同時押しといった譜面なため、
常にスイッチするといった押し方となる。
最初は遅めのハイスピ、慣れてきたらどんどん速くしてみるといいだろう。
ぼくはあまりいろんな曲をプレイしていないのでメランコリーしか知らないが、
他にも2つ同時押し系で面白い譜面があったらそちらも試してみるといい(後で僕にも教えて★

左右振りが苦手な人には黄色まで手を動かす必要があるため特訓になりやすいし、
黄色まで振れるようになれば青も簡単に動かすことができるようになるだろう。 
緑も取れるようになれば緑白の両手トリルにも活用することができる。
一応動画もありますので雰囲気をつかんでいただけたら。→http://youtu.be/7zdkjlAq2Dc




【おわりに】
つらつらと偉そうに書いては見たが正直言ったところ、
自分が伸びたからこれは重要だよと書いただけであり、
うまい人から見たらなにいってんだこいつってなってるかもしれないけど、

この曲を練習すればいい、だとか乱ノックしろ、だとかいう単調なアドバイスだけではなく
こういう視点から自分のプレイを振り返ってみると面白いよっていうススメを書いてみたかったのでした。

ぼくとしては現状この考え方には自信があるし、
もっと改善できるポイントがあれば改善したいと思っています。
もちろん参考になれば幸いであるし、ツッコミがあれば随時募集しておりますので。

IMG_0908













俺がナンバーワンになる 

このページのトップヘ