2016年10月25日

先日のライブ

共演者も素晴らしく、最高の夜だった。
田中悠宇吾さん、鎌田英嗣さん、どうもありがとうございました。
次回のイベントは、多分1月下旬。
課題もあるが、良いバンドになりそうだ。
わくわくしている。久しぶりの感覚。

◯動画その1
https://youtu.be/mAfGLZfkCZ0

◯動画その2
https://youtu.be/NIKaFXjc1gU

--------

『東洋の吹き溜まり国、日本。古来から、様々な文化がこの国に流れ着いてきた。そんな日本の首都、東京で暮らす音楽家たちが奏でる、現代の民族音楽。』

神森徹也(スティールパン、歌)
立岩潤三(アラビアン・パーカッション)
程島和浩(ギター)
三ヶ島和恵(マンドリン)

--------

  

Posted by mistermonsieursan at 21:19Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月17日

今週の金曜日、「都会が奏でる、民族音楽」。

image



なんとなく民族音楽に興味がある人、ガッツリ民族音楽に浸っている人、どちらの方にも楽しんでもらえる夜になると思います^ ^

--------

ここ10年ほど、民族音楽に興味を持ち、学ぶうちに、音楽や楽器は、それぞれの国独自のオリジナルなものというよりは、長い時間をかけて国から国、人から人へと伝わり、変化していったのだということを知りました。

音楽文化は、一つの長くて太い、うねり、のようなものなのだと思いました。

そして僕は、今の東京に暮らす「一音楽家」として、民族音楽を愛好し、吸収して、活動していかれるような、そんなイベントをしたいと思いました。

バンドのメンバーは、
アラビアン・パーカッションに立岩潤三、aglicaからギターに程島和浩、マンドリンに三ヶ島和恵を迎え、
僕はなんと、歌と、そしてスティールパンで出演します。

ここ数年間、欲しくて仕方がなかったスティールパン。前回共演した町田良夫さんから、譲ってもらいました。

これで、僕がバンドのテーマにしている「多国籍にして無国籍」感が、より良い形に近付きました。

共演は、
北インドの弦楽器、シタール奏者の田中悠宇吾さんと、
トゥバ共和国の弦楽器、イギル奏者の鎌田英嗣さん。

我々のバンドには、西洋の弦楽器、ギターとマンドリン奏者がいるので、
様々な国の棹物楽器を聞くことができるイベントになりました。
ワクワクしますね。

田中悠宇吾さんは立岩さんと知り合いで、この日は2人で演奏するらしいです。
僕のバンドではアラビアン・パーカッションを、そして田中さんのライブではインドのパーカッションのタブラバヤの演奏を聞くことができるので、こちらもワクワクします(立岩さん、お疲れサマっす)

ーーーーーーーーーー
2016年10月21日(金)

「都会が奏でる、民族音楽 第二回」

東洋の吹き溜まり国、日本。古来から、様々な文化がこの国に流れ着いてきた。そんな日本の首都、東京で暮らす音楽家たちが奏でる、現代の民族音楽。

出演:
◯神森徹也(スティールパン、歌)+立岩潤三(アラビアン・パーカッション)+程島和浩(ギター)+三ヶ島和恵(マンドリン)

◯田中悠宇吾 + 立岩潤三

◯鎌田英嗣

時間:開場19時00分/開演19時30分

料金:前売り¥2,000 / 当日\2,300(+1DRINK)

予約:
●mistermonsieur@hotmail.com
(→神森徹也のメール)

●お店へ電話予約:風知空知 03-5433-2191(13時〜)
●お店へのメール予約:風知空知 yoyaku@fu-chi-ku-chi.jp
 (ご希望公演名、お名前、枚数、ご連絡先電話番号を明記の上、お申し込みください)

<ご注意>
当日は先着順整列入場・自由席でございます。
ーーーーーーーーーー  
Posted by mistermonsieursan at 11:08Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月03日

ライブ情報!2016年10月21日(金)

よ、、よんじゅっさい、になってしまった、、
(メッセージをくださった方、ありがとうございます)
思えば、インプットしまくりの30代でした。
40代は、変わらず音楽を愛し、人生を愛し、そしてアウトプットができるよう、にしていきたいと思います。
これからも、よろしくお願いいたします^ ^


ライブの告知です。


まだまだ暑い日があって、本当、近年の気候には驚きを禁じえません。

さて秋深まる10/21(金)に、
約半年振りとなる神森徹也主催のイベント「都会が奏でる、民族音楽 」の第二回を開催します。


ここ10年ほど、民族音楽に興味を持ち、学ぶうちに、音楽や楽器は、それぞれの国独自のオリジナルなものというよりは、長い時間をかけて国から国、人から人へと伝わり、変化していったのだということを知りました。
音楽文化は、一つの長くて太い、うねり、のようなものなのだと思いました。

そして僕は、今の東京に暮らす「一音楽家」として、民族音楽を愛好し、吸収して、活動していかれるような、そんなイベントをしたいと思いました。


バンドのメンバーは、
アラビアン・パーカッションに立岩潤三、aglicaからギターに程島和浩、マンドリンに三ヶ島和恵を迎え、
僕はなんと、歌と、そしてスティールパンで出演します。
ここ数年間、欲しくて仕方がなかったスティールパン。前回共演した町田良夫さんから、譲ってもらいました。

これで、僕がバンドのテーマにしている「多国籍にして無国籍」感が、より良い形に近付きました。

共演は、
北インドの弦楽器、シタール奏者の田中悠宇吾さん(→http://yugotanaka.jimdo.com)と、
トゥバ共和国の弦楽器、イギル奏者の鎌田英嗣さん(→http://seasonsoftuva.jimdo.com/kamada-eiji-эзир-кара/)

我々のバンドには、西洋の弦楽器、ギターとマンドリン奏者がいるので、
様々な国の棹物楽器を聞くことができるイベントになりました。
ワクワクしますね。

田中悠宇吾さんは立岩さんと知り合いで、この日は2人で演奏するらしいです。
僕のバンドではアラビアン・パーカッションを、そして田中さんのライブではインドのパーカッションのタブラバヤの演奏を聞くことができるので、こちらもワクワクします(立岩さん、お疲れサマっす)


ーーーーーーーーーー
2016年10月21日(金)

「都会が奏でる、民族音楽 第二回」


東洋の吹き溜まり国、日本。古来から、様々な文化がこの国に流れ着いてきた。そんな日本の首都、東京で暮らす音楽家たちが奏でる、現代の民族音楽。


出演:
◯神森徹也(スティールパン、歌)+立岩潤三(アラビアン・パーカッション)+程島和浩(ギター)+三ヶ島和恵(マンドリン)
◯田中悠宇吾 + 立岩潤三
◯鎌田英嗣


時間:開場19時00分/開演19時30分
料金:前売り¥2,000 / 当日\2,300(+1DRINK)

予約:
●mistermonsieur@hotmail.com
(→神森徹也のメール)


●お店へよ電話予約:風知空知 03-5433-2191(13時〜)
●お店へのメール予約:風知空知 yoyaku@fu-chi-ku-chi.jp
 (ご希望公演名、お名前、枚数、ご連絡先電話番号を明記の上、お申し込みください)

<ご注意>
当日は先着順整列入場・自由席でございます。
ーーーーーーーーーー  
Posted by mistermonsieursan at 09:50Comments(0)TrackBack(0)

2016年03月29日

ライブ情報!05/06(金) 風知空知(下北沢)

高校生の時に友達に薦められて聞いたジョアン・ジルベルトのベスト・アルバム。
クールで、お洒落で、それでいて温かい、そのブラジル産の音楽は「ボサノバ」という名前なのだと教わった。
ボサノバに胸を躍らせて以来、僕は同じくブラジルの「サンバ」、キューバの「ソン」、アルゼンチンの「タンゴ」、ジャマイカの「レゲエ」、など南米の音楽を少しずつ好んで聞くようになった。
そして、ポピュラー音楽がアメリカやイギリスだけのモノではないことを知った。

ポピュラー音楽を作り/歌い続けて30歳を過ぎた頃から、地理学者で民族音楽研究家の故江波戸昭氏が主催する「民族音楽紀行」という某大学で開かれたオープン講座に3年間ほど出席した。
そこで、アラブ・アフリカ・東南アジア・中央アジア・環太平洋、そして日本などの様々な世界の音楽の話を聞き、音楽を聞いた。
そして、それらの音楽はすべて、歴史や地理、つまり時間と空間で繋がっている事を知った。


インターネットの普及によって、時間と空間という重力から離れた現代よりも遥か昔から、シルクロードの終着地でもあった日本は、様々な国の音楽を取り入れ、そして育んできた。

その流れの先っちょにいる僕は、巨大都市・東京で暮らし、様々な人種や音楽に出会い、それらに感化されてきた。
それはとても貴重な事だと思う。


下北沢の風知雲知というライブ・バーで、イベントをしないかと誘っていただいた時に、
東京で、思い思いに、様々な国の音楽を奏でているミュージシャンを集めたものにしようと思った。

マンドリンとガット・ギターとパンデイロの3人で、ブラジル風の音楽を奏でるaglica、

→https://youtu.be/ZpUtS_KSRDc

スティール・パン奏者にして美術家でもある町田良夫氏
→http://youtu.be/-OBNz4aGpGw

の2組が出演してくれる。

僕は、aglicaの三ヶ島和浩氏、アラビアン・パーカッションの立岩純三氏と共に演奏する。
→https://youtu.be/HytzAkHo4l4

いろいろな音楽や楽器に興味のある人は是非来て欲しい。

とりあえず1度やってみよう。
熱い夜になりそうだ。


神森徹也

--------

2016年5月6日(金)

「都会が奏でる、民族音楽」

出演:神森徹也(gt:三ヶ島和浩、per:立岩潤三)、aglica、町田良夫

会場:風知雲知(下北沢)

開場:19時/開演19時30分

料金:前売り¥2,000/当日¥2,300(+ドリンク代¥500)

予約:風知雲知
hp:http://fu-chi-ku-chi.jp
tel:03-5433-2191


『東洋の吹き溜まり国、日本。
古来から、様々な文化がこの国に流れ着いてきた。
そんな日本の首都、東京で暮らす音楽家たちが奏でる、現代の民族音楽』

○aglica→http://aglicamusic.strikingly.com
○町田良夫→http://www.yoshiomachida.com/HTML/YMINDEXJ.HTM

--------  
Posted by mistermonsieursan at 08:06Comments(0)TrackBack(0)○Live情報

2015年12月12日

ライブ情報!01/07(木) 風知空知(下北沢)


神森徹也2016年のライブ初め。

10年近く前からお世話になっているmaoというレーベルのオーナーである石本聡さんのバンド、pasadena主催のイベントに呼んでもらいました。

maoは、これまた10年近く前から友人の、fishing with johnこと五十嵐祐輔君の在籍する素敵なレーベル。

この日は、弾き語りをしたり、いろいろな小物楽器を使ってサンプリングしたり、お客さんと共に演奏したり、基本楽しく、そしてニギニギしく(笑)やるつもりです。

是非、いらしてください。

■「encontro(エンコントロ)」
日にち:2016年1月7日(木)
場所:風知空知(下北沢)
時間:開場:18:30,開演:19:00
料金:前売り2000円(+1drink)/当日2500円(+1drink)
共演:pasadena、百瀬巡(minimal set)

◆風知空知
→http://fu-chi-ku-chi.jp

◆facebook
→https://m.facebook.com/events/1642010486053773/

・過去のイベントの動画
◯https://www.facebook.com/events/881329508623616/
◯https://www.facebook.com/events/841180995951672/

  
Posted by mistermonsieursan at 03:49Comments(0)TrackBack(0)○Live情報

2015年11月06日

ライブ情報!12/19(土) ひかりのうま(大久保)


神森徹也の2015年最後のライブは(もうそんな時期なのですね。。)、旧知の仲であるクノシンジ君との2マンです。

この日は、ガット・ギターでの弾き語りを中心に、いくつかの小物楽器を使ってサンプリングしたり、もしかしたらスティール・ギターを弾くかもしれません。。
新曲もやるつもりです。
せっかくなので、クノ君と一緒に演奏もします。

場所は、最近の僕のホーム・グラウンド「ひかりのうま」です。
年末の土曜日の夜を、ゆったりと、しっとりと、過ごしましょう。

神森徹也

--------
■『たゆたう空間、つながる時間 vol.3』

日にち:2015年12月19日(土)
場所:ひかりのうま(大久保)
時間:開場18:00,開演:19:00
代金:\2,000+ドリンク

出演:神森徹也,クノシンジ
--------
◆ひかりのうま(JR大久保からすぐ)
→http://hikarinouma.blogspot.jp/?m=1
--------
  
Posted by mistermonsieursan at 03:06Comments(0)TrackBack(0)○Live情報

2015年09月05日

10/3(土)ライブの詳細

久しぶりにワンマンでやろうかと思っていたのですが、せっかくの誕生日なので(この日に39歳になります)わーわーやりたいと思い、クールな都会の民族音楽を聴かせるワタクシの自慢のバンド「crossing the bridge orchestra」と対バンをすることにしました。
(結果ワンマンのようなものなのですが)

今のところ、神森徹也は弾き語りと、それからサンプラーを使った即興音楽、を予定しています。
(お客さんにも任意で演奏に参加していただこうかな、とも考えています)

ご家族・ご友人などをお誘い合わせの上、この「ザ・神森徹也ナイト」に是非お越しください(^^)

--------
■『たゆたう空間、つながる時間 vol.2』

日にち:2015年10月3日(土)
場所:ひかりのうま(大久保)
時間:開場18:00,開演:19:00
代金:\2,000+ドリンク

出演:神森徹也,crossing the bridge orchestra
--------
◆ひかりのうま(JR大久保からすぐ)
http://hikarinouma.blogspot.jp/?m=1
--------
◆crossing the bridge orchestraプロフィール

多国籍にして無国籍。
今、ここ。だけどか、ここでは無いどこかー南米、アラブ、西洋、そしてアジアー東洋の吹き溜まり「日本」に漂着したさまざまな音楽を吸収し、洗練させた東京発、都会の民族音楽。

神森徹也(composition,guitar)
藤原真人(piano)
SACHI-A(drums)
立岩潤三(arabian percussions)

□ライブ音源

♯1→http://youtu.be/HytzAkHo4l4
♯2→http://youtu.be/VXTlTg6WoxA

--------
◆ギター、ウクレレ、(バークリー・メソッドを基調にしたポピュラー音楽のための)作曲理論、など生徒募集中
--------
◆お問い合わせはこちらまで
→mistermonsieur@hotmail.com
--------  
Posted by mistermonsieursan at 09:31Comments(0)TrackBack(0)○Live情報