世にも奇妙な小物語

怖い話・奇妙な話・小話など集めて掲載しています。

これは俺が大学の頃の話なんだが、お前等さ、行っちゃいけない場所ってわかる? 誰かに行っちゃいけないって言われたわけでもないんだけど、本能的というか感覚的に行きたくないって思ってしまう場所。
 俺はその頃、犬を飼っててさ、よく大学から帰ってきて散歩に連れてったんだ。 で、犬の散歩もメンドクサクなる日があるわけ、犬飼ってる人なら少なからずわかるんじゃないかなこの気持ち。
 その日は近道をして、早めに散歩を終わらせようとしたんだよ、普段使わない道使って。でさ、その道に入ろうとした時なんだけどさ、『嫌』なんだよね。普段なら俺を引っ張る犬も引っ張らないし、俺も前に進もうと思えない。
 道はなんてことない一本道でさ、その一本道が終わるまで左右に取り残されたように木が生えてる道。分かりやすく言うとアーチみたいになってる。そこだけ何故か開発されていないって言えばいいのかな?
 ちなみに場所はT県のS市ね、分かる人は分かる場所、思い当たった人がいるなら多分正解。 まわりは開発されてんのに其処だけ取り残された感じの場所。当時は意図的に残したと思ってたんだ。
 でも、怖くても何故だかその時は早く帰ろうって気持ちが勝ったんだよね。とっとと帰ろうって。で、嫌がる犬を連れてその道を通った。
 まあ、気持ち悪いと感じながらもさっさとその道を通り過ぎて家に帰ったんだ。 その後、異変というか俺の身体に変調が起きた。
 左肩が痛いんだ。耐えられる痛みなんだけど、とにかく常時締め付けられているような痛みでさ。 幽霊に取りつかれて肩が重いやら何やら出来過ぎたというかありきたりな話かと思ったが、あれ、本当だったんだなってその時思ったね。でもまあ、それ以外は害が無いんだよ。
痛いだけで家族に不幸があるとか、犬が死んだとかそういうのは一切ない。 だったら耐えられる痛みだし、このぐらい別にいいかな。って思ってたんだ。 ぶっちゃけホラーは好きだけど幽霊信じてるか? と100%YESと答えられる人間でもないしさ。
 単なる体の不調がたまたまそのタイミングで起きただけだろうって、そう思うことにした。 で、数日が立ったある日の事。相変わらず左肩に違和感がある、けど、それも慣れてきたときのことだ。 大学の講義の後、前から歩いてくる女に悲鳴を上げられたんだよ、「ひっ」って。
 まあ、俺の顔は良い方じゃないよ、どっちかというと良くない方だ。でも悲鳴を上げられることなんて今までなかった。 でもその女は明らかに俺を見て悲鳴を上げた。そりゃ違和感あったし多少傷ついたけど、まあ、嫌な奴もいるもんだ、で済まそうとしたんだ。
 その時はな。 それからだ、大学でその女が俺を見る度に距離を取ったり、あからさまに進行方向を変えたりし始めたのは。 自分でも自意識過剰かと思ったよ? 
 でもさ、毎回毎回、同じ女からそれをやられてみ? 嫌でも記憶に残る。で、そんなのが2か月ぐらい続いた頃かな、その女の友達を名乗る奴から呼び出しを受けた。直接な。 で、人気のない場所に呼び出された。
 呼び出されたのは普段中々人の来ない所で、教授室なんかがある場所? 研究室か? まあ、教授が講義中だと滅多に人が来ないんだよ。で、其処にその女と俺を呼び出した女の友達がいた。 相変わらず俺を見てビクビクしててさ、だったらなんで呼び出すんだって、思った。
 改めて思ったけど、その女、気持ち悪いというか、なんかキャラ作ってるって気がしたんだよ。 はっきり言って気味が悪い。で、その女の友達に促されて女は俺に言うの、貴方、憑りつかれてますよ、って。
 想像してみてくれ。顔を合わす度に妙な態度をとり続けた女が急に呼び出してきて、憑りつかれてますよ。と来た。 普通、コイツどっか可笑しいんじゃね? とか思うだろ? 俺も思ったよ、大学生にもなってこんなのいるんだ、って。
 霊感少女? はぁ? 馬鹿じゃないって? でもさ、一応聞いたよ。何が憑いてるんだって。 したらさ、その女、それは言えない、でもこのままじゃ危険だって、だからメアド教えてくれ。ってふざけたこと言うんだよ。
 こちとら、肩痛くなる程度で2か月間それ以外の何の被害も受けてない訳さ、だから最初は断った。 でもさ、何処から知ったかその女からメールが来るようになっちゃって。毎晩毎晩。 『大丈夫?』『痛くない?』『助けてあげるから』とそんなのが送られて来る。
 メアド変えても、何処で知ったか分からないが変わらずメールが送られてくる。 それがもう5年、大学卒業して社会人になった今もずっと変わらず送られ続けてくる。 相変わらず左肩は重いけど、そんなのは今は大した苦じゃない。この女をどうにかしてほしい。



アフィリエイトで広告収入「スマプロ」

ほんのりと怖い話スレ 124
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1495421706/


389 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/06/20(火) 14:31:42.98 ID:8d5rVy3N0.net
つい2日程前の話
日曜の朝、歯を磨こうと一階に降りて歯磨きする前に猫を愛でにリビングへ
そこにはテレビの前に立ってリモコンでビデオ予約している父と、隣の和室で掃除機をかけ始めた母がいた
ひとしきり猫を撫でて満足したので洗面所に行き歯ブラシに歯磨き粉をつけ、洗面所と玄関を繋ぐ廊下をウロウロしながら歯を磨いていると
突然、その中間にあるトイレから"バンバン"と何かが落ちるような、ドアを手で叩くような音が聞こえた
最初はトイレに置いてある本でも落ちたのかなと思って気にもしなかったのだが、直ぐにまた"バンバン"と音がした
そこで「誰か入ってるのかな?掃除機の音はしてるから父か?」と思ったんだ
因みにうちのトイレのドアノブはレバー式なのだが、ある日突然何故だかわからないがレバーを上にあげないと開かなくなったんだ
その為お客さんなんかはドアが開かずにガチャガチャと慌てる事がある
そんな時にドアを叩く人もいる
だが勿論そんなこと家の人間は知ってるわけで、一応リビングを覗くと父はまだビデオの操作をしていた
で、一応トイレを開けて見るが当然誰もいなかったし本も落ちていなかった
ならあの音は何だったんだろう

日曜の朝からちょっと背筋がゾッとしたという話でした
その後も別に何もないし


392 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/06/20(火) 16:23:01.45 ID:EGyCKvxs0.net
ドアのクセがすごいんじゃ~


396 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/06/20(火) 22:09:43.62 ID:LuW1gxb+O.net
家人のみならず、客が閉じ込められて困る事態があっても頑なにドアノブを直さない>>389にほんのりだよ
さっさと修理しろよ


398 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2017/06/21(水) 04:45:35.05 ID:pOcGNsg60.net
上の話を読んで思い出した話。
昔実家で飼ってた猫が、よく俺の部屋を開けて入ってきてたんだ。
レバー式のドアだから飛び付いてガチャン!て勢いで開けてくる。
夜中でも無理やり開けて入ってきて、寝てる体の上を歩いて鼻を舐めて帰るっていうのがたまにあった。
猫はドア閉められないから、帰ったらまたドア閉めて寝直さなきゃいけなくて、かわいいけど面倒だったんだ。

その夜ももうすぐ寝そうってときに体の上を猫が歩く感じがした。
音がなかったから、ドア開けっぱなしだったかなー早く出ていかないかなーと思いながら目を瞑ってた。
顔を近づけてきてふんふん鼻息を感じるけど、そのまま動く気配がない。
重いのも我慢できなくて、しょうがないから構ってあげようと思って目を開けた。
そしたらそこには誰もいなくて、重みもすっかりなくなってた。
ドアもちゃんと閉まったままだった。

もしかしたら脳が寝てて半分夢だったのかもと思ったけど、少しゾッとしたよ。




アフィリエイトで広告収入「スマプロ」

このページのトップヘ