世にも奇妙な小物語

怖い話・奇妙な話・小話など集めて掲載しています。

 たまに当ブログに書かれる、管理者にのみ公開されるコメント。
 今回書かれたものは、
「今日明日中に死ぬなら迎えに行きますよ」
 御好意は有難いが、まだ遠慮しておきたい。

ブログパーツ

 Y介は温厚で愉快だが勘違いされやすい男だ。
 一途なのにチャラ男、根は真面目なのにいい加減。学生時代には「どんな娘でも抱く」そんな噂さえたてられていた。ただ面倒見が良く、人を切り捨てるということが出来ないだけなのだが。
 そんな彼も大学を卒業して以来、赤坂にある映像制作会社に勤めている。
「番組で使うからさぁ、後輩にポラロイドカメラを用意しておくよう言ったんだよ」
 現場から戻るとポラロイドカメラは机に置いてあった。
 ポラロイドカメラは学生の頃以来だった。デジカメを使うようになってからはすっかり使う機会もない。
 Y介はカメラを自分に向けた。不具合なく使用できるかテスト撮影を行おうとしたのだという。
 シャッターボタンを押すと「じじじ……」と真っ黒の写真を吐き出した。
  確かポラロイドカメラは白いフィルムが出て、徐々に撮影したものが浮き上がるはずだった。
首を傾げ、もう一度押す。同じだった。まるでレンズに手をかざしたように黒い写真だった。
「チッ……」
 きっとフィルムが古いのだろう、そうY介は予想した。
 仕事の帰り、家電量販店でフィルムを購入するとまっすぐに家路についた。
 アパートの近くにはいつもの猫がいた。
 首輪をしているところから近所の飼い猫なのだろう、人懐こい猫をY介は「ピピ」と勝手に名づけ可愛がっていたそうだ。
 その日も撫でていこうとするも、ピピはY介に近づかない。
 それどころか一定の距離を保ち、にぃにぃと鳴いている。
 猫の視線はY介の後ろに投げかけられていた。
 そして翌日の出勤時、いつものように電車で立っていると、前の座席には赤ん坊を抱えたお母さんがいた。
 気づけば赤ん坊は目を見開いてY介を見ていたという。
「けど猫と同じ。向けた視線は俺じゃないんだよ。目が合わない。俺の後ろ辺りを赤ちゃんはじっと見てて」
 母親は愛想よく「どうもすいません」と笑みを浮かべたが、Y介は眉をひそめた。
 まるで知らないうちに周囲から嫌われているような、静かな異変をY介は肌に感じた。

 気味の悪さから苛立ちもあったとY介は言う。
 職場に着くと後輩にポラロイドの件で、普段では考えられないトーンで怒鳴りつけた。
「カメラさぁ、使えないの持ってくんなよ。お前何年目だよ!」
 後輩はキョトンとした顔を浮かべた。誤審を受けたスポーツ選手のような表情だった。
「使えますよ。テストもやってますし……」
「ならこれはなんだよ」
 そう吐き出すと同時に、Y介はポケットから昨日撮影した真っ黒な写真を取り出した。
「いや……なんですかね、ソレ」
「いいよ。新しいフィルム買ってきたから」
 込みあげてくる得体のしれない感情を押し殺し、Y介はカバンを探った。
 しかしフィルムは不要だった。
 別の人間がさっとポラロイドカメラのスイッチを押すと、「じー」という音とともに職場を写した写真は出てきたからだ。
「問題ないですよ。これ。」
 Y介は気まずい思いをしながら、曖昧に頷くしかなかったそうだ。

 その日は仕事を終え、仲の良い編集マンと「軽く一杯」と立ち飲み屋に寄った。池の澱みのような不快さをアルコールで吹き飛ばしたかった。
 Y介が壁を背にして呑んでいると相手の目が一瞬、彷徨った。
(まただ……)
 不吉な予感しかしないが、それでも堪えきれずY介は思い切って尋ねた。
「なんですか?」
「いいえ……」
「気になりますよー。後ろになんかいます?」
 あえて笑いながらY介は昨日からの出来事を話した。面白く話そうと努めた。ジェスチャーも交え、道化のように話した。しかし相手の目は笑っていなかった。
「疲れ目ですから、気にしないでください」
「気にしませんから。言うだけ言ってください」
「……さっき、Y介さんの肩に、手が伸びてるように見えて……」
 後ろから捕まえるように、黄色く変色した指が五本、かけられていたという。
 ――その後は半ばヤケになり深酒したせいか、帰り道はあまり覚えていない。
 喉の渇きで目が覚めると、自分の部屋でキチンと寝巻きに着替えていた。
 ただ妙に部屋が冷えていたという。
 枕元に置いてあったペットボトルを飲み干すと、便所に行きたくなった。携帯を開くと時刻は二時を指していた。
 カリカリカリカリカリ……。
 ベッドから起き上がると音が鳴っていることにY介は気づいた。
 嫌な予感はしたが、一人で暮らしている以上、確認しない訳にはいかない。
 Y介は玄関へと続く戸に手をかけた。昨日から続く『厭な感じ』は最高潮だった。
 音は一層激しくなっていった。まるですぐ目の前で起きているようだった。
 ガリガリガリガリガリガリガリと板に爪をたて掻き毟る音だったという。口がからからに渇いていた。
 ノブを掴み静かに戸を開ける。
 焼かれたように髪がない、女がいた。
 溶けた黒飴のような目玉がY介を見つめていた。
 黄色く変色した、小枝のように細い指がY介に頬をざわざわと撫でる。
<やかれてぇ……やかれてぇ>
<あなたもやかれてぇ>
 女は細指を自分の目玉に突き刺し、粘膜を掻き混ぜた。Y介の鼻腔に養豚場のような匂いが飛び込んだ。
<しあわせしあわせしあわせしあわせ>
 女は腐臭を漂わせながら胸に飛び込んできた。『ぬちぇ』とべたつく感触があった、
 Y介は喉を潰したような悲鳴をあげ、そこで気を失うことができたそうだ。
 
 後日後輩にポラロイドカメラの入手先を聞いたところ「ネット通販です」と答えられたそうだ。出品者の名前を調べたところ、同じ苗字の女性が半年前に放火で亡くなっていることがわかったそうだ。
「ただの偶然かもしれないよ」
 慰めるつもりで私はY介に言った。むろん私は遺品を残された家族が出品したのだろうと思っていた。
「そうだったらいいけど……」
 はっきりとした姿はその晩以来見ていないが、三度ほど異変があったそうだ。
「アパートに着くだろ? 外から電気ついてない部屋の窓見るとさ、白いのがふっと動いてんだよ」
 その度に阿佐ヶ谷の友人宅に泊まりにいくという。
 Y介はこの夏、引越しすることを決めているそうだ。

ブログパーツ

このページのトップヘ