世にも奇妙な小物語

怖い話・奇妙な話・小話など集めて掲載しています。

2015年09月

これは私の父が体験した事です。
父は仕事で少し遠い所まで出張し、経費削減の為同僚と一緒に安いホテルに泊まりました。
父は霊感がありますが当初はそのホテルから何も感じられませんでした。
布団に入ってどのくらい時間が過ぎたでしょうか。
何処からかシャワーの様な音が聞こえ、更に父は息苦しさを感じて目を開きました。
自分の傍らに男の子がいた。青白い色をしていたそうです。
更に父の頭の上から女が覗き込んでいた。父が恐怖で凍りついていると、その親子?が話だした。
「ねぇ、この人気付いたみたいだよ。」
「チッ…」
そう言うとスッと消えていったそうです。

隣室には同僚が寝ていましたが、同僚もシャワーの様な音を聞き、更に何者かに激しく部屋をノックされていたらしいです。
翌日ホテルを出発する時に気付いた事がありました。
父が泊まった部屋と同僚が泊まった部屋。その間のスペースがもうひとつ部屋が無いとおかしい位開いていました。
父は外から自分の泊まった部屋を見たそうです。その隣には不自然なスペースは無く、ちゃんと窓がついていました。
つまりあの不自然なスペースにはドアを塞がれたあかずの間があった様です…

余談ですが、
父は出張の度にそのような体験をするので出張嫌いです。
更に父があのホテルで見たものは「呪怨」に出てくる親子によく似ていると言ってました。
この体験がトラウマになったのか父は「呪怨」を見ようとはしません。


【夜勤者】夜勤で体験した怖い話【集え】
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1440010353/


656 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/09/28(月) 18:33:06.08 ID:FxQ7KzDs0.net
ビジホの夜勤中、その日は人が足りなくて1夜勤を3人で回してた。

チェックインも1桁になり、お客様の出入りも落ち着いたので後輩2人を仮眠に行かせ
自分は事務所で1人、電話対応したり、売上を数えたり、報告書を作ったりしていた。

夜中の2時過ぎに鳴り響く内線。
出たら風のようなサーという音がするだけで無言。
電話機のディスプレイを見ると、11階のエレベーター前からかかってきていたので
(まーた寝ぼけたオッサンが全裸でインキーでもしたのかなー)
と、防犯カメラで11階を見るも誰もいない。エレベーター前はもちろん、廊下も誰もいない。
その瞬間、サーッと血の気が引いた。


657 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/09/28(月) 18:35:50.91 ID:FxQ7KzDs0.net
万が一、どこかの客室からで電話が混線してたら、廊下のカメラの死角で倒れてる人がいたら…等色々と考えて
内線は切らずに別の電話で警備に連絡して、何も説明せずに11階を巡回してもらった。

10分くらいしてからベテランのおじいちゃん警備員さんが事務所に来て「異状なし。客室の物音も聞こえないし、廊下も人が居る気配すらない」と報告された。

もちろん、まだ内線は繋がっている。

事情を説明するとベテランのおじいちゃん警備員さんがなんとも言えない苦笑いをしながら
「悪いことは言わないから、もうその内線、切った方がいいかも…」と言うので、慌てて受話器を置いた。

次の日、業者を呼んでエレベーター前と客室の内線の点検をしたけれど異状なしだった。


文章にするとそう怖くもないですね。すみません。
でもリアルタイムで遭遇した自分はめちゃめちゃ怖かったです。



いつものように駅のホームで電車を待っていた。、
電車待ちの列に並んでいると、
後ろからトントンと肩を叩かれた。
振り返って見ると変な格好の人が
ニコニコしながらこっちを見てた。

その人、今時居ないような格好をしていた。
紳士服にシルクハット。見た感じは40~50歳ぐらいの男性だったが
でも、どう見ても変人に見える。
映画とかならまだしも、日常でこんな格好の人がいるハズない。

ヤバイなぁ・・・朝から変な人に捕まっちまったか・・・と内心思いながら
『僕に何か用ですか?』
と言ってみた。

「これが落ちてたんですが、あなたのではないかと思って。」
と言いながら、その人は手をグーの格好にしながら前にだした。

えっ・・・?自分が何か落としたのか・・・と思い
『あっ、すいません・・・』
と恐縮しながら自分はその人の手の下に自分の手を出した。

「今度は落とさないように。」
といいながらその人は手を離した。
『はい、すいま・・・あれっ?』
自分の手の中には何もなかった・・・。

意味が分からず
『あのっ・・・』
と言いいながら目の前をみたら
その人は消えていた。
自分の目の前では小太りの中年男性が新聞を読んでいた。

??幽霊??朝から幽霊か?
キツネに抓まれたような感じだった。

何なんだ・・・と思い前を向き直した。
「ズキンッ」
急に頭が痛くなった。
頭痛か?割れそうに痛い。
吐き気も催してきた。
うっ・・・ダメだ・・・。
電車の列から抜け出して、駅のトイレに駆け込んだ。
嘔吐した。
何故か分からないが急に気持ち悪くなった。
それから、しばらくトイレの個室に入っていた。
1時間後、ようやく体調が回復した。

トイレから出てみると辺りがどよめいていた。
何かあったのか?
駅員さんに聞いてみると
電車が事故を起こしたらとのこと。
列車に人が轢かれたんだろうと
そのときは思っていた。
でも、実際はもっと重大な列車事故が起こっていた。

尼崎列車脱線事故。

自分が乗ろうとしていた電車だった。

今でも、あの人が自分に手渡してくれたモノは
『命』だったんじゃないか思う。
でも・・・何故自分が助かったかは未だに謎。
普通の一般人だし。

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?331
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1443066502/


50 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/09/27(日) 02:10:49.02 ID:Nt/huOqn0.net
俺は車中泊が趣味で、休みの前の日とか適当にブラーっと出掛けて車中泊をするという、他人から見たら何だそれっていう行為をしてます。
警察に声かけられたり、若い奴らに覗かれたりするので場所選びに結構悩むのですが。
去年の夏頃、今日はどこで寝ようかなとブラブラ走っている時
山奥に廃墟みたいになってる展望台があって、そこの駐車場でよくトラックの運ちゃんが寝てるのを思い出し、その場所にしようと車を走らせました。
駐車場にはやはりトラックが2台止まっていました。
端っこに止まっているトラックと距離を置いて駐車場の真ん中の街灯の下に停めました。

後部座席を倒し、その上に毛布を引いて眠くなるまで携帯をいじっていましたが、
そのうちウトウトとし始め、眠りにつきました。
しばらくしてパッと目を覚まし、喉が渇いたので前座席にあったバッグから飲み物を取り出そうと起き上がると同時に急に後ろの方からコツンみたいな小石がぶつかるような音がしました
反射的に後ろを見ると、特に何にもなく
虫?かなと思いそのままジュース飲んで寝ました。
翌朝4時半頃、目が覚めトイレ行きたいなと車から降りました。
古い展望台、外にトイレは無く仕方なく建物の後ろで立ちションをしていると
トラックのドアをバンと閉める音がしました。
丁度立ちションも終え、起きたのかな?なんて思いながら車に戻ろうとすると、前から
トラックから出てきたであろう、同じ年頃のメガネの兄ちゃんが
「昨日、寝れなかったんじゃね?怖かったろ?」と話しかけて来ました。
俺は何の事かわからず
「ん?何が?」と返すと
「あれ?気付いてねえの?」と驚いています。
それからその兄ちゃんが話してくれた事なのですが
兄ちゃんがトラックでDVDを見ていると、俺がやってきて駐車場の真ん中に停めた。


51 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/09/27(日) 02:12:43.96 ID:Nt/huOqn0.net
普通車が珍しいな、カップルか?なんて思いながらDVD見てたそうです。
DVDを見終わり寝ようかなと思い後部座席に行こうとした時に、何気なく俺の車を見ると
車のボンネットの前に女が立っていたそうです。
彼女か?何してんだ?と思いつつよく見て見ると、ボンネットに手をついて車を抑える感じで立っていて
何か気持ち悪いなと思ったそうです。
そのまま、嫌なもん見たなあと思いつつ後部座席に移動し寝ようとしたのですが、妙に気になってまた俺の車を見てみると
今度は運転席の窓の横に女が移動していて、また抑えるように窓に手を突き出していたそうです。
うわあ!気持ち悪いなと思い、一瞬目を離した隙に今度は助手席側に。
これはマズイ!ヤバイ!とゾッとしながらジーッと見ていると、女が一瞬兄ちゃん側に頭をグイっと動かしたので慌てて身を屈めたそうです。
しばらくジッと身を屈めたあと、もういいかな?と見ると女はいなくなっていたそう。
その後は、もう無理と後部座席に移動し寝たそうです。
「本当に見なかった?すげえヤバかったよ」
「そういえば何か変な音したかも・・・」
「だろ?なあ車見た方がいいって!手形とかついてんじゃねえかな」
とか言い出したので、2人で車に行って見てみると手形は全くなかったのですが
何とボンネットの先端?がペコッと小さく凹んでいました。
何だこれと呆然のしていると、後部を見ていた兄ちゃんが
「後ろにも何か傷ある!」と言うので見ると
確かにエンブレムの上に小石でもぶつけたかのような細いボコボコが。
2人で何これ怖い。どうしようと話しといると、もう一台のトラックからおじさんが降りてきて俺らに歩みより一言「女の話しだろ?」と
話を聞くと、おじさんも普通車が来たので珍しいなと思いつつウトウトしてたそう。
しばらくして俺の車を見ると、女が窓の横に立っていて車の中を覗いてた
どこから来たんだ?と思い駐車場を見渡したけど、それらしい車は無く
ああ、この車に乗ってたのかと思ったそうです。


52 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/09/27(日) 02:13:15.17 ID:Nt/huOqn0.net
おじさんは特に不気味とは思わず、ジーッと見ていたら、突然女がパッと横を向きツカツカともう一台のトラックの方に歩き始めたそうです。
そして、今度はトラックの前方に立ちジーッとフロントガラスを見上げ・・・
「いやいやいやいや」ここまで聞いてメガネの兄ちゃんは顔面蒼白。
俺が「え?その人その後は?」と聞くと「気持ち悪くなって寝た」との事でした。
俺は地元だけどそんなの初めて聞いたし、2人はよく利用してるけど初めて見たそうです。
ちなみにどんな人?って聞いたら「髪が長くて、ガリガリの人でスカート履いてる」と。
2人は俺の知り合いじゃないか?とか言ってきましたが、全く身に覚えもないです。
長くて怖いのかすらわかりませんが、それから車中泊はしていません。板金代かかりますし。



このページのトップヘ