あるテレビ番組のディレクターが心霊番組の撮影をしていた。
母親、息子、娘の3人家族のインタビューカットから始まった。彼らは目に涙を浮かべながら、父親の事を話してくれた。
その様子を見て、ディレクターは満足のいく映像が撮れそうだと感じた。
次に霊能者が登場して、父親が着ていた服から霊視をすることになっていた。
霊能者は服を握り締め、霊視を始めた。
長い沈黙。
その沈黙は予定よりもずっと長く続いた。
何かあったのだろうか。普段なら、流暢な話しぶりで有名な霊能者が、霊視に対して曖昧なコメントしかしない。それもブツブツ呟いているだけで、様子がおかしい。
ディレクターはコメントをどうにか引き出そうと気の利く質問を投げかけたが、霊能者はしどろもどろになっていた。
スタッフもこの緊急事態にどうしていいかわからず、立ち尽くしたままだ。
「これでは番組が作れそうもない…。やばいことになったぞ」
ディレクターは半ばパニック状態になっていた。
帰りのマイクロバス内では、どよーんとした空気が漂っていた。ぐったりしているディレクターに、霊能者がゆっくり近づいてきて呟いた。
「惨殺されているよ」
ディレクターは驚きの表情を見せた。さらに、霊能者は恐るべき発言をする。
「父親は惨殺されているよ、あの家族に」
「家族にだって!?」
「殺人者の前では話せないよ。家族が住んでいる家からそう遠くない裏山に埋められているよ」