あなたはこれまで、「転んだら死んでしまう村」の夢を見たことがあるだろうか。
これは、多くの人が一生のうちに見る夢、共通夢だと言われている。たいていの場合は、夢を見ても目覚めた時に記憶を忘れてしまう中、この「転んだら死んでしまう村」の夢には多くの共通した証言が挙げられている。
では、この夢にまつわる不思議な話を紹介しよう。
舞台は夕暮れ色に染まる山あいの農村で、辺りには青紫色の死体が横たわっている。
しばらくすると、着物姿の少女数人が近寄ってきて、「ここは転んだら死んでしまう村」だという説明をしてくる。
説明が終わった矢先に、少女の一人がある死体につまづいて転んでしまう。
「ギャー!」という少女達の悲鳴の中、その少女は身体が青紫色に変色して死んでいく。
ここから先は内容に個人差があるようで、「少女達から逃げ回った」、「竹馬をやらされた」、「何事もなく目が覚めた」などの様々な証言のバリエーションがある。
ただ、不思議なことに、夢の中で転んでしまった人からの証言は一つもないと言われる。