奇奈子のお道具箱。(はじめにお読みください)

IMG_6006
***
PC版で見る事をオススメします。

(スマートフォン版で見ている方は、右上の PC場合というボタンを押して下さい)
PC版で見ると記事をカテゴリー別(右にカテゴリーの欄があります)で閲覧する事ができます。

***

所属先は「傀儡堂」になります。メインの活動エリアは新宿になります。日本国内でのプレイは傀儡堂までご連絡を。

SMクラブ・M性感情報検索サイトSMスキッパー
SM SKIPPER参加中!

***

I am fluent in English. For inquires on booking a  session with me, do not hesitate to contact me directly at kinako@spiderandaubergine.com

***

続きを読む

Avec vous

IMG_0991

パチンッ、パチンッと私の鞭先がJさんの身体をなぞっては打つ。時々声を上げながら逃げそうになる彼女を追い続ける。タイミングを見つけて彼女の縄を解きベッドルームに向かうと、Tがコソコソと自慰をしようとしている所だった。
「自分は触れられてもいないのにこんなに硬くなってるの?」
「ミストレスを見て、つい…」
「…誰も硬くなっても、触ってもいいって言っていないわよね?」
「…ごめんなさい…」

I hear the tip of my whip trace and hit the curvesand edges of J’s body. Each time she tries to 
escape, my whip follows. I found the right timing 
to untie her, and head to the bedroom. I found T fumbling around, making an obvious attempt at 
touching his dick.
“Nobody even touched you- how are you so 
hard?”
“I was watching you, a-and...”
(What unoriginal, stereotypical excuse) 
“Did I ever give you the permission to get your 
cock hard, or even touch it?” 
“...I’m sorry, Mistress...”

J さんの耳元に彼女に対する命令を告げる。その間、焦らすように Tの股間に洗濯バサミを挟んで行く。今回は新しく低周波のパッドを持ってきた。パッドをつけられ、筋肉がピクピク跳ね出すT。
「悪い子にはお仕置きをしなくちゃ。」
実はこの間、Jさんには口を使ってTの全身を舐め回して頂いてたのだ。色んな種類の感覚や快楽に脳みそを掻き回されているような顔で悶絶するT。15分のタイマーが鳴ったところで電流を強くし、洗濯バサミを捻ったりして遊ぶ。
「もう我慢できないんでしょう?」
「は、はぁい…」
もはや言葉になっていない返事。

I whisper my orders into J’s ear. Next on my 
plate is T, whose cock and balls I’ve covered
with pegs. On his inner-thighs are electro-pads;
this is something a little new for us. T’s legs 
begin to quiver, his body unable to control any 
kind of moment. J continues to slather his body
her tongue all over his body. The 15 min timer 
goes off on T’s body; it’s time for me to stop 
playing with the pegs placed all over his body.

「彼のおちんちんをしゃぶってあげて。でもイかせないように、焦らしてね。」
「はい、かしこまりました。」
ガチガチに硬くなったTのペニスをしゃぶり始めるJさん。その光景をテーブルに置かれた苺を食べながら、Tが淹れたお茶を飲みながら傍観する私。悶絶するTの顔が幼子にように見えてくる。
「い、イッてしまいそうです。」
「そういう時のお願いの仕方を忘れてしまったの?」
「…お、お願いします。どうかイカせて下さい…」
ヒクヒク震えるTの横に寄り添い、耳元でそっと囁やく。
「イキなさい。私のためにね。」
私がTのイッてしまう時に雄叫びのように漏らす喘ぎ声を愛おしく感じるのは、一体何故なのだろう。そんな疑問を持ちながら、セッションは終焉を迎えた。

“Suck on his cock. But I want you to tease him;
don’t let him cum until I say so.”
“Yes m’am.”
J shoves T’s rock hard cock into her mouth and begins to make loud slurping noises. I know that 
this is probably driving T insane. I play the 
voyeur as I eat strawberries and sip on the tea 
that T had poured for me earlier. T begins to 
look like a helpless child. 
“Mistress, I’m about to cum...”
“Have you forgotten how to ask for permission?” 
“Mistress... Please... I beg of you, please allow
me to cum...”
I lie next to T’s quivering body and whisper in his
ear;
“Cum. Cum hard for me.”
I still wonder why I find  the loud, uncontrolled 
moans that T makes when he ejaculates one of
the most adorable things in the world.

And with that, our session came to an end. 

Ménage-Trois 

IMG_1179
(彼らとのプレイは全くプライベートで撮影はおろか録音も厳禁なので私のプライベート写真を… と、言ってもデパチに先週行った時のものだけど…)

自宅でシャワーを浴び終えて眠りにつく支度をしていた頃。突然の T からの連絡が。本当はこの日に夜にセッションを行う予定が、先方の都合でキャンセルしたところだった。さては時間に空きが出てプレイしたくてしょうがないんだろうな…

As I finished showering and began preparing to
tuck myself in bed, I received an email from T. 
We were supposed to session today, but he had to cancel due to his schedule. Something told 
me he has some unexpected time on his hands, and was itching to play. My instincts were right.

T には、次のセッションの(へ対する私独自の)妄想を話していた。M女さんを交えて、三人でプレイをする。最近私が大好きなプレイ。T とは電気系のプレイをしたことがなかったので、もちろんそれも織り込んで。私がM女さんを縛って、鞭で打つ姿を物欲しそうな顔でこっちを見てるT の顔が簡単に思い浮かぶ。彼のガチガチに硬くなった局部を見下して、こんな言葉を吐き捨ててみたい。
「誰が勝手にそのチンコを硬くして言いって言ったの?」

I’ve already told T some of my fantasies (and 
imaginary scenes) I’d been playing in the back 
of my mind. We would play with a female sub; 
this ménage-trois has been a recent obsession of mine... As well as incorporating some electro
play. I’d bind the sub and slowly whip her. I couldeasily imagine T’s slightly jealous, terribly 
aroused face. Glancing over to his fully erect 
penis, I spit out these words
“Who gave you the permission to get your cock 
hard like that?” 

IMG_1177

今日のゲストは Jさん。小柄で凛とした雰囲気を醸し出しいる可憐な方。軽く挨拶を交わし、エレベーターの方向へと向かう。

My guest of the night was J, a petite, poised 
lady who was carrying a play bag that could 
easily be half her body size. We said our hellos
and wove through the cordidoors into the 
elevator.

ドアベルを鳴らすと、いつもと同じ感じで Tが私たちを迎える。仕事先では絶対に彼が私の奴隷で、どんなプレイをしているなんて誰も想像すらできないだろう。
「私が彼女と遊んでいる間、お茶でも淹れといてよ。」
J さんの手首を縛り、後ろに回す。乳首をクリップとかけはりで飾り付けて、一本鞭で振り下ろしていく。彼女の身体がピクピクと跳ね出し、爪先が絨毯の上から逃げていく。後ろを向くと、T が紅茶の入ったコップを差し出す。
「もうちょっと遊びたいから、ベッドに行っておいで。服は脱いで。」
「はい。」

I ring the bell. T greets me in the same way he 
always does. Who would imagine that such a 
sartoriarist was my slave and was hungry to be
at my feet? 
“I’m going to warm up with her. You can pour mesome tea.” 
I tie J’s wrists and bring them behind her back. I decorate her nipples with clamps and clothes 
pins. I begin whipping them off of her skin, one 
by one. Her body begins to tremble, her toes 
escaping the carpet. I look back to T handing mea hot cup of tea. 
“I’m going to play a little more. Wait for us in 
bed. You can take your clothes off.”


TO BE CONTINUED...


ギャラリー
  • 奇奈子のお道具箱。(はじめにお読みください)
  • 奇奈子のお道具箱。(はじめにお読みください)
  • 奇奈子のお道具箱。(はじめにお読みください)
  • 奇奈子のお道具箱。(はじめにお読みください)
  • 奇奈子のお道具箱。(はじめにお読みください)
  • 奇奈子のお道具箱。(はじめにお読みください)
  • 奇奈子のお道具箱。(はじめにお読みください)
  • 奇奈子のお道具箱。(はじめにお読みください)
  • 奇奈子のお道具箱。(はじめにお読みください)