アスペルガー夫の妻達

夫はまだ未診断だけどアスペルガー症候群。不思議な言動に家族が振り回され精神的な負担が多く昨年アスペルガーが大人にもあることをしりました。 しかしわかった所でさて…どうするか? 同じ悩みを持つ妻として交流が出来たらと思います。

アスペルガーの妻たちの自助グループ
ひまわりの会@東京
http://blog.livedoor.jp/misty1969-himawari/

電話  080-5953-4108
メアド misty-1969☆ezweb.ne.jp
☆にアットマーク入れてください。

母とのバトルに夫を思い出す

このところ続いている母とのエアコンバトル

昔から
エアコンが嫌い
扇風機も自分に向けては好きではない


外から帰宅した時
お風呂上がり
に1時間位エアコンを付けて涼しくなり
汗が引けば切っていて、その後は扇風機を
身体に当たらないように回しているだけ

元気な頃からの習慣

年寄りはエアコンはあまり好きではない

寝ているだけの母にはあまり暑く無い
喉も乾かない

ただ、この暑さは寝ているだけでも危ない

まずはリモコンを隠した
するとエアコンの横にあるコンセントを抜いた
下にちょっとした小物入れがあり
その上に乗ったらしい
だからそれを無くした

次は到底やらないだろうと思っていた三脚を出してコンセントを抜く
だから三脚を隠した

そもそもコンセントを抜く事を想像していなかった

これでもう上に乗れるものは無い
そう思っていた
そして
設定温度を高くして、自動にして
風向を直接当たらないようにして
夜中はタイマーを付けて

それでも毎晩
眠りたいからエアコン止めて
とやってくる

息子達もわかっているから
私がいなくても
タイマーかかっているから大丈夫だよ
と言ってくれる

お風呂上がりに水分を取らせてから
何時にタイマーが切れるかを伝えているけど
忘れるのは仕方が無い

そう割り切っていて
落ち着いていたのだけど

さっき昼食の時キッチンに来た時に

暑いわね~

と行ったのでエアコン効いて無い?
設定温度を下げようか~

と行ってみたらなんとコンセントを抜いていた・・・
どうやって???

いつもは怒らない様にしているけど
さすがに声を荒げてしまった/(-_-)\

当の本人は覚えているはずもなく
いやいや~
覚えていたのかもしれない

どうやって抜いたの?

と言ったら
さぁ、何かに登ったんでしょ
タンスじゃ無いの?

部屋の隅、ちょうどコンセントの下に洋服ダンスがある

引き出しを出してそこに登ったんじゃないの
と言う

確かにそれ以外は考えられ無い
と言うことは覚えていて怒られるから
シラを切ったのか?
そう思えて仕方が無い

だって危ないじゃないの!
倒れたらどうするの!

いや、大丈夫よ

大丈夫じゃないでしょ!
危ないからやめて!


こんな会話どこかでしたよなぁ

すぐにバレる嘘
誤魔化し
のらりくらり
シラを切る

夫で慣れているはずだよね

ましてや母はアルツハイマーという病気
何度言ってもすぐに忘れる
それはどうにもならない事

わかってるんだけどね

そんなバトルの度に感じるストレス

母への事じゃないのね
そのストレスって

だって母は何か手伝ってあげたり
出来ない事をやったりすれば必ず

ありがとう

って言ってくれるから
やるのが当たり前

来年の夏はきっと
このバトルも無くなってしまうでしょ
だから大変だけど

熱中症にならない様に
脱水にならない様に
このひと夏を乗り切ろう~
と、ある意味やりがいもある


行政のサービスを使いながら
時々、子供達に手伝ってもらって
私が介護していこう
そう決めたけど

その前に夫の事で傷ついた心を
潜在意識の中にあるストレスを
手放すことしないと・・・

いつまでも前に進めないのかもしれない









久しぶりの投稿ですね。

体調の良い日、悪い日がはっきりわかるような毎日です。

数日間はすごく気分も良く、やる気も出る。

突然、堕ちる。


これの繰り返しです。

でもね、以前の毎日凹んでるより、良くなってるかもしれません。


薬も飲まなくても全然OK~!
忘れてる日もあります。

でもダメな日はトコトンダメ。
何をするのも億劫。
食べることすら面倒。
(でも痩せない・・・)


元気になりたい!


これが今の切なる思いです。

思い返してみれば・・・

まだ子供達が小さかった頃。
安定していた生活。
母もいなかった。
夫も真夜中の帰宅だったり、帰って来なかったり。
この頃が良かったかもしれません。
もちろん、色々夫に対しての悩みもありました。
でも、普段から家にいないから精神的には今より楽だった気がします。
それに子供達の事でいっぱいでした。
学校関係の仕事(PTA活動)やサッカースクールの送り迎え。

野菜嫌いな子供達の為に、殆ど食事は手作り。
お惣菜や〇〇の素とか使わず。
暇がある時は焼売やら餃子を大量に作り冷凍庫へ。
カレーもスパイスを使って手作りしたり。

ケーキやクッキーも週1で作ってました。

楽しかった・・・。
子供達が喜ぶ顔が嬉しかった・・・。

それが・・・子供達も大きくなり、
夫は子供達を以前の小さな子供の時と同じ扱いをするから、子供達は夫を嫌い始める。

もちろん、私も夫のおかしな言動が気になり出す。
そのあたりからどんどん精神的なダメージを受けて来ました。
カサンドラ状態・・・。

長男が小5位からの事です。


そこからが地獄の様な精神状態。
でもまだまだマシだったかな。
夫の

もしかしてアスペルガー・・・!?

がわかってからの絶望感。
治らない障害。


卑怯な言い訳だけど、

一人っ子の私は幼少期から

親の面倒は娘である私が見なければいけない。
養子になれとは言わないけど、それなりの人じゃなければいけない。

それが両親からずっと言われて来た事。

夫と結婚する前、
結婚を約束した人もいました。
でも私の両親からの猛反対。
相手も一人っ子だからと言う理由だけでした。

泣く泣く別れました。

そんな時に夫と出会い、次男である事。
家が近い事。
養子では無いけど将来は親との同居を認めた事。

条件が揃ったし、
まぁユニークだけど人当たりが良いし
何でも言う事を聞いてくれるし(ワガママも)

何よりも親から離れたかったし。

それだけの理由で結婚したようなもの。

思い描いていた結婚生活とは全然違ったけど、
初めの頃はそれでも良いと思っていました。

まさかこんなになるとは、、、ね。

でもこれも自分が選んだ道です。

その事はよ~くわかってます。

だから、わかっているんだから、

元気になりたい・・・。


いよいよ病院かなぁ・・・・・。
いい加減、この生活も嫌になりました。

早く抜け出したいです。
じゃないと母の介護が益々キツくなるから。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


アスペルガー症候群 ブログランキングへ


にほんブログ村
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ