2013年07月01日

新病院オープンから徐々に、確実に患者様の来院数が増え、カテーテルの件数も前年度に比べ明らかに増加しました。稼働するカテーテル質が増えたのに、帰宅時間はやっぱり同じ。月曜の早朝から、土曜の夕方まで仕事、仕事。唯一の楽しみは時々観る映画と、夜や休日を利用してのジムでの運動です。最近は、”オブリビオン”と“アフタ・アース”を観ましたが、どちらもおススメです。あと、日曜夕方のテレビ”宇宙戦艦ヤマト”はほぼ毎回観ています。今日出てきた次元駆逐艦は、明らかにUボートを意識していると思われます。七色星団でのドメル艦隊との決戦が楽しみです。そういえば今日の放送の中で、ガミラス第一空母の艦長兼戦闘機隊長ゲットーが出てきましたが、私は1974年原作放送の時からのファンです。他に第二空母艦長兼急降下爆撃隊長のバーガー、第三空母艦長兼雷撃隊長のクロイツ、戦闘空母艦長兼重爆撃機機長のハイデルンも39年前の原作通り出てきたようで、懐かしかったですね。明日も、吉田・橋本部長のB中隊(別名ブラボー中隊)、新田・廣野部長率いるC中隊(チャーリー中隊)、倉持副院長・横田部長のD中隊(デルタ中隊)が一度にカテーテル担当となるため、カテーテル治療が20件位になりそうです。なお飯塚部長の親衛A中隊(アルファ中隊)は、火曜日、水曜日が担当です。


Chibanishi General Hospital
misumi_kazuo at 01:35コメントを見る&書く 
 
  千葉西総合病院 看護師募集中

私は滞米生活が長く、米国の看護師のプロ意識の高さ、技術知識の高さ、収入や社会的地位の高さを熟知しています。千葉西総合病院は、そのような米国の病院を模範として、患者様に高クオリティの看護を提供できるプロの看護師を育成することに全力を注ぎます。
 
患者様と共に
看護師をとても大事にする病院です。
  1. 看護師のライフスタイルを大事にします。
  2. 収入・住居等、目に見える形で看護師の生活を大事にします。
  3. プロの看護師としてスキルアップを目指すことができるよう、
    看護師の人生を大事にします。
詳しくは看護部のページをご覧下さい。レクチャーの様子も動画でご覧になれます。
お問い合せ先
 
看護師復帰のお手伝い・新入職から1年以内に退職された方の
教育支援も行っています[詳細
 
電話/ファックス:047-384-9406(看護部直通)
 

2013年04月29日

 まず、saisaisaisai様。ご投稿ありがとうございました。医局でのインターネット環境がまだ最終調整中ですので、また外来でお目にかかった時に、いろいろご教授下さい。
 新病院は、ローソンやタリーズも入っており、多くの患者様が来られても、旧病院のように待つ場所が見つかりにくいということがなくなりました。またカテ室の機能は、まさにイージス艦、あるいは宇宙戦艦ヤマトの司令室そのものと言っても過言ではないくらいで、スタッフも驚いています。
 今月は既に、過去最高の実績であった昨年を超えるカテーテル件数を今日の時点で超えており、やはり新病院の影響かとも思っています。九州、四国、兵庫、長野など遠隔地から来院される方ももう珍しくありません。冥王星や土星からガミラス星人の患者が来ても、おかしくない状況です。
 そう言えば、懇意にさせて頂いている警察関係の方から聞いた話なのですが、”イスカンダル”と言うのは、アレキサンダー大王の名前に由来しているのではないか、ということです。私は過去に、”デスラー総統”は旧ドイツ帝国の総統、”ドメル将軍”は旧ドイツ軍のロンメル元帥に由来するのではないか?という話を聞いたことがありますが、
真実のほどはわかりません。現在放送中の”宇宙戦艦ヤマト2199”は毎週見ていますが、約40年前の原作を知っている世代には、懐かしいばかりです。
 さて、昨日映画界に復帰したアーノルド・シュワルツェネッガーことシュワちゃんの”ラスト・スタンド”を見てきました。私が通っている”ゴールド・ジム”にもシュワちゃんの昔の写真が一杯展示してありますが、1984年に第一作の”ターミネーター”を有楽町で観たのが昨日のことのようです。かなり面白い映画ですので、おススメです。
 連休の合間も変わらず、多くの患者様のカテーテル治療が予定されていますが、頑張ります。

misumi_kazuo at 15:37コメントを見る&書く 

2013年04月08日

 2013年4月1日、千葉西総合病院は新病院となって、新たな一歩を踏み出しました。その一週間前には、何と14,500名の入場者をお迎えし、盛大な内覧会、祝賀会が行われました。あまりの人手に入場せず帰られた方も多数おられたようで、当日来場された方の実数は約2万人ではないかと思われます。当院への期待の高さを実感し、身が引き締まる思いです。
 この一か月というものは、引っ越しの準備やら学会などで、てんてこ舞いでした。ブログの更新まで手が回りませんでしたが、この機会にできるだけメッセージを発信していきたいと思います。
 新しいカテ室は、世界初のシステムで、今日放送された"宇宙戦艦ヤマト2199"の司令室を彷彿とさせるものです。私としては、それに宇宙船USSエンタープライズ号のテイストを加えたつもりですが。詳細については、これか徐々にご紹介したいと思います。全く斬新な発想から生まれたこのカテ室は、カテーテル・スタジオと命名されましたが、その機能の優秀さは予想以上でした。そんな中、嬉しいニュースがあり、2月に申請した、日本心血管カテーテル治療学会認定医の審査に弟子5名全てが合格しました。これで当院の循環器科常勤医23名全員が、カテーテル治療の認定医もしくは専門医、あるいは不整脈治療の専門医を取得したことになります。これだけの人数を有する病院の循環器科で全員有資格者というのは、私が知る限り例がないと思います。さらに今年初めての受験を迎える1名を除き、他の全員が日本内科学会の認定医もしくは専門医を既に取得しており、カテーテルだけでなく広く内科を全身的に診ることのできる医師を作りたいという、私の理想に近づいてきました。今年は循環器専門医、総合内科専門医まで受験しようとする弟子が多数いて、皆日々の診療に忙しい中頑張っています。
 このような優秀なスタッフに支えられ、各種メディアに出ているように心血管カテーテル治療の実績も満足いくものになっています。最近では、春休みを利用して川崎病のロータブレーターに北海道から患者様が来院されました。心臓のカテーテル治療以外でも、頸動脈ステントが2008年4月の保険承認以来500件を遥かに超え、514件に上りました。成功率も99%を超え、FilterWire EXを用い始めた2010年から、314連勝中(100%)を継続中です。昭和大学脳神経外科の水谷教授のご協力で、頸動脈内膜剥離術が適した症例には当科脳神経外科にお願いしています。両診療科のコラボで、頸動脈治療センターも立ち上げました。また、下肢の閉塞性動脈硬化症に対する薬剤溶出性ステント(Zilver-PTX)治療も昨年暮れから開始し、そろそろ200くらいかと思いますが、治療成績は非常に良好のようです。先週も心臓の血管2本を治療した、やはり北海道から来られた方の足の完全閉塞病変にこのステントを使用することができました。これから治療成績の良い道具が次々と使用できるようになることを期待しています。
 話は全く変わりますが、宇宙戦艦ヤマトに出てくるコスモゼロ52型は旧日本海軍のゼロ戦52型をモチーフとし、ブラックタイガー(海老ではなく、ヤマトに搭載されている戦闘機です)隊長の加藤三郎は、加藤隼戦斗隊で有名な加藤建夫中佐と、日本の撃墜王坂井三郎中尉お二人の名前から作ったのではないか、と思います。もしご意見のある方は、お知らせ下さい。

misumi_kazuo at 01:46コメントを見る&書く 

2013年02月05日

 先日、当科での頸動脈ステント術施行件数の合計が500件を超えたと思ったら、今日の2件を加えて505件となりました。通算500勝5敗、勝率(成功率)は99%です。またFilterWire EZという治療道具を使用し始めた3年前弱より、295連勝中(文字通り成功率100%)です。門外不出の必勝法を考案しましたが、これが決め手になっています。
 さて今日の私の新患外来は激混みで、地元の千葉や東京はもとより、札幌、福井、京都、大分からはるばる来院されました。明日も寒くなりそうですが頑張ります。

misumi_kazuo at 02:14コメントを見る&書く 

2013年01月03日

 あっという間の2012年でした。また正月休みも今日でおしまいです。明日から、また忙しい仕事が始まります。本年も宜しくお願いいたします。
 皆様はどんなお正月でしたか?私は運動不足にならないよう、毎朝ランニングしていました。最近見た”007 スカイフォール"のダニエル・クレイグを見て、やっぱり運動しておかねば、と痛感しました。初日の出は雲のため拝めませんでしたが、元旦の夜が明ける空は見ることができました。あとは、溜まっている依頼原稿などをまとめて書いていました。
 明日も既に予定のカテーテル治療の方が6名ほどいらっしゃいます。とにかく、新病院本館がオープンする今年も頑張ります。

misumi_kazuo at 20:41コメントを見る&書く 
新着コメント
ソルジャー・ドクター
TagCloud
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ