2013年01月15日

2013年1月15日


掲載が随分遅れてしまいましたが、なごミストを紹介する

とても素敵なビデオを、名古屋市環境局の森本さんと小木原さんが

作って下さいました。

BGMまで手作り!!

全くの個人的な活動ということで頭が下がります。



都会に森の涼しさを 〜ドライミストの発明〜



misuto601 at 13:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年05月23日

新型ポンプシステムと復興支援計画

前回お知らせ致しました新型ポンプも1000時間の耐久試験及び水質検査を終え、無事全ての試験を完了させました。
今回のポンプシステムの性能については、ノズルが1個から7個まで自由に設定できるため、夏は暑さ対策、冬は加湿にと非常に利便性が上がったところが大きいと言えます。

また、消費電力についてもノズルの数に合わせて変化し、ノズル7個で140W程度ですので、既存の磁歪素子ポンプよりも効率が上がっています。

以前問題視されていた躯体の振動を誘発する脈動については、ほとんど心配することが無くなりましたが、磁歪ポンプよりもやや音が大きい点が前回より劣ってしまった言えます。
但し、ポンプからノズル位置まで少し離すことが可能になったため、設置環境によっては、それほど問題になることはないかと思います。

今夏は、このポンプでドライミストの普及に努めたいと思います。

既に、小型ドライミストは、なごミスト設計にて販売も開始していますのでご興味がある方はお問い合わせください。
詳細の記載されたカタログもありますのでご覧ください。(URL:http://nagomist.co.jp/pdf/NA-Pcatarog.pdf




さて、ようやく完成した新型システムですが、今夏に東京理科大学(辻本研究室)と、なごミスト設計の共同で、津波被災地である南三陸へ、太陽光パネルを用いた新型ポンプシステムとして寄与することとなりました。

実は、先日現地にて打合せを行ってきました。

正直なところ、震災以降初めての被災地訪問でしたが、まだまだ復興には時間が掛かるといった印象を強く受けました。

画像 003


ただ、今回ご協力頂いた『南三陸さんさん商店街』の方々は、非常に明るく前向きな方々ばかりでしたので、少しでもミストシステムを利用して頂き、復興支援になればと、願うばかりです。


設置場所については、宮城県『南三陸さんさん商店街』(URL:http://united-earth.jp/minamisanriku/2012/03/post-233.html)よりご確認ください。土日には、2000人ほどの方々がお越しになるようで、夏の暑さ対策としてドライミストが効果を発揮できればと思います。


画像 002
事前テスト噴霧の様子


また、今回は太陽パネルも設置致しますので、開発当初からの理想の一つとしてあった木々の蒸散により近づけたかと思っております。
木々が太陽の光を受けて光合成して蒸散を行う、太陽パネルで光エネルギーを電気に変えてミストを噴霧する・・・まさに人工の木が被災地に植えられるわけです。

実施に関しては、現在進行中で、7月初旬を予定しておりますので、改めてご連絡差し上げます。


BlogPaint
現地で戴いた「きらきら海鮮丼」


では。。

byミスト担当

misuto601 at 18:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年02月29日

HPアドレスの変更と新型ポンプについて

なごミスト設計有限会社のHPアドレスが変更されておりますので、お知らせ致します。
現在のページは下記となります。
 なごミスト設計(http://nagomist.co.jp

現在、超磁歪素子ポンプに替わる新型ポンプの開発を行っており、今夏の発売に向けて準備を行っているところです。
これまでの家庭用ポンプのスペックでは、ノズルが2個から3個が限界でありましたが、現在開発中のポンプは、1台のポンプでノズル1個〜7個まで自由に使用することが出来ます。
消費電力におきましても超磁歪素子ポンプを超える省エネルギー性能を実現しておりますので、今後の御報告にご期待下さい。

misuto601 at 20:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!