2008年07月09日

夏祭り盆踊り大会を開催します

8月10日(日)午後7時から

場所:三田小学校・運動場



お友達、お隣さんお誘い合わせの上、全員集合だよ!



mitacenter at 16:11|PerlmalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年04月24日

 総会開催されました

平成19年4月21日(土)に、伊賀上野交流研修センターにおいて、18年度末総会が開催されました。宮川会長の挨拶の後、山崎副会長から開催要件を満たしている旨報告があり、議長に山崎直之氏を指名、信任を得て議長のもと、議事に入りました。第1号議案として、各部会長の事業報告行われ、承認を得ました。第2号議案として決算報告を山本事務局長がされ、承認をされました。引き続き、第3号議案の規約の改正を山崎副会長から説明があり、「スポーツ部会」から「体育部会」に改正の承認を得ました。第4号議案として19年度の役員の選出があり、原案通り承認されました。新会長に大谷区長の宮本勝巳氏が選任され、19年度の舵取りをお願いする事になりました。



         総会風景



         総会風景

mitacenter at 17:18|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

  お花見会が行なわれました

4月7日(日)住民自治協議会・健康福祉部会のお世話で上野キャノンマテリアル(株)様の工場内でお花見会が行なわれました。124名の大勢の方々のご参加があり、市田部会長の挨拶にもありました「さまざまの 事思い出す 桜かな」と、芭蕉の句をおもいながら、皆さんそれぞれ楽しく過ごすことができました。このお花見会を待っていてくれたかの様に、桜は満開で、すばらしかったのですが、あいにく小雨模様で、キャノン様のお取り計らいで体育館を利用させていただきました。用意されたお花見弁当もよかったのですが、また豆腐田楽が美味しかった。地区別に分かれて満開の桜のしたで記念写真を撮っていただき、今日の記念になったことと思います。



         お弁当の前のごあいさつ



          大谷地区のみなさん



          東三田地区のみなさん



        西三田・安福寺地区のみなさん



          高砂地区のみなさん



          野間地区のみなさん



     スタッフのみなさんご苦労様でした。



mitacenter at 12:18|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年03月26日

「理想の住まい」体験学習施設見学会                 三田地区住民自治協議会             防犯防災安全部会

平成19年3月24日(土) 防犯防災安全部会の主催で京都府木津川市にある積水ハウス総合住宅研究所「納得工房」をおとずれ、理想の住まい体験学習の施設見学をしてきました。この施設は防犯・防災・収納・キッチン・照明・浴室などの理想の住まいの展示をしていて、ガイドさんの丁寧な説明もあり、大変参考になりました。家の立替え、また、改修の機会には、是非参考にしたいことばかりお聞きしてきました。防犯コーナーには、泥棒の入りやすい構造が良くわかったり、キッチンのコーナーではこんなキッチンならいいのに、と、ため息をつきながら、理想の住まいを体験させていただきました。

 引き続き、午後から京阪学研都市にある「私のしごと館」を訪問し、各方面の仕事の知識を習得してきました。



      しごと館のまえで記念撮影



     熱心に説明を聞きました

mitacenter at 17:09|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年03月05日

キンボール大会を開催

3月4日三田小学校体育館において、三田地区住民自治協議会スポーツ部と三田地区体育協議会の共催で第1回キンボール大会を開催しました。子どもさんを含め70人〜80人程度の参加がありました。第1回であり、みんなルールもわからないなか、北田稔先生のご指導により、リードアップゲームから、ルールについてビデオにより勉強、そのあと基本練習からゲームへと進み、各地区対抗でゲームを開始しました。みんなゲームが進むにつれてルールも理解でき元気にボールを追いかけていました。試合の結果、高砂地区が優勝,準優勝は野間地区でした。



           リードアップゲーム



        ビデオでルールの勉強



            基本練習



        熱心に試合が進みました



       高砂地区の優勝でした

mitacenter at 14:27|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年02月27日

第34回三田文化祭を開催しました

2月25日(日)三田小学校体育館と三田公民館で文化祭を開催しました。「作品展」は、前日からどんどんと持ち込んでいただき、サークル活動で研究し仕上げた作品とあわせにぎやかなものでした。小学校児童・保育園児の作品も展示していただきました。また人権啓発活動の一環として、今までに三田地区の生徒さんがポスター・標語等の入賞されたものも展示しました。午後からは、「芸能の集い」があり、1時30分から4時過ぎまで、各サークルや一般の方の発表がありました。公民館で行われた「健康相談」も盛会でした。またバザーも大盛況でした。出品・出演していただいたかたご苦労様でした。その他たくさんのみなさまにご協力いただき本当にありがとうございました。

 

         保育園児の作品展

 

            作 品 展

 

            作 品 展

 

    今年初めてのテレビによるスライドショー

  

         芸能の集い 大正琴

 

          芸能の集い 民謡

 

        芸能の集い  歌・ピアノ

 

         芸能の集い 舞踊

 

          観客のみなさん

mitacenter at 12:14|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年02月05日

第1回環境活動報告会

2月3日大山田産業振興センター どんぐりホールにおいて、午後1時30分から5時過ぎまで、市内の各住民自治協議会環境部会の活動報告会がありました。市内12ヶ所の環境部会より、それぞれの地域の活動について報告がありました。三田地区住民自治協議会環境保全部会は、環境保全部会長貝増統太郎氏が、「ごみ出しルールから考えるもの・・・・・ごみを減らそう!リサイクルを考えよう!」と題して発表を行いました。各地区とも熱心に取り組んでおり、環境保全、の大切さを痛感いたしました。



         発表する貝増会長



    会場の皆様は熱心に聞いておられました

mitacenter at 09:17|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年01月30日

     第11回“市長杯”争奪囲碁大会                         三田囲碁教室「団体の部」で優勝

1月28日ゆめポリスセンターで、第11回上野公民館主催“市長杯”争奪囲碁大会が行われました。段クラス,級クラス、個人の部、団体の部に別れ試合を行いました。三田地区では、段クラスに島川昇さん、下出進さん、山本隆英さんの3名が出場しました。個人の部では、下出さんが奮闘され、決勝リーグへ進みましたが、惜しくも入賞出来ませんでした。一方団体の部では、3名とも頑張り、みごとに優勝しました。



        喜びの囲碁教室のみなさま

mitacenter at 11:53|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年01月26日

三田文化祭を開催します    19年.2月.25日        三田地区住民自治協議会教育文化部会

第34回三田文化祭「作品展」「芸能のつどい」を、2月25日三田小学校体育館と三田公民館で開催します。体育館では、小学校児童・保育園児の絵画・工作など、地区の皆様方の作品・公民館サークルの作品の展示があります。人権啓発ポスター・標語の展示もあります。また午後1時まで、地区の皆様を写した写真等のスライドショーを大型テレビで放映します。午後は1時30分から4時までの予定で、芸能の集いが開催されます。その他 コーヒー紅茶等のバザー、JAさんにご協力いただく、ポン菓子(無料)等があります。公民館では、うどん・肉まんなどのバザー、健康の駅長さんの「健康相談」があります。芸能の集いへの出演は締め切りましたが、作品は今からでも間に合います、奮ってご応募ください。出品票は、2月1日に配布する、「三田文化祭」のチラシについています。



         昨年の文化祭風景

mitacenter at 16:31|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年01月19日

ゴミリサイクル勉強会が行われました    環境保全部

 1月17日 環境保全部会の勉強会で、「よのペットボトルリサイクル(株)様」へ行って来ました。今年からペットボトルの回収が始まる事もあってか、35名の参加があり関心の深さが伝わってきました。よのペットボトルリサイクル工場は設備もすばらしく、ペットボトルの再生工場の中でも日本一の設備であり、最大級の規模だとお聞きしました。最近では競争が激しく、品質の良い、付加価値の付いた商品を作らなければならないようで、私達のペットボトル回収にも注意をする点もあるようです。なんとなくゴミ箱に捨てていたペットボトルは大切な再資源品です。私達の集める一本一本があって、ここへ集められ再生樹脂となったフレークやペレットと呼ばれる粒状のものとなり、衣類やかばん、また毛布になったり、卵パックや洗剤容器、包装材などいろいろな製品になります。また、ペットボトル回収にも参考になることも聞いてきました。ペットボトルの回収には、?キャップをはずす ?中を水ですすぐ ?つぶすを守ること。キャップをはずすのは、キャップはプラスチックで素材が違うのです。ペットボトルによく似た容器でも、食用油などに使用されていたもの、洗剤などに使用されていたもの、トレー、プラスチックボトルは素材が違うのでペットボトルと緒にしないで下さいとの事。ペットボトルは三角型のペットマークが付いています。一緒になると、工場での分別が大変で、品質も低下するようです。いろいろ勉強になり工場から出て来たときは、ペットボトル博士になった気分で見学を終えました。       (貝増統太郎記





       会社の方からお話を聞きました





     現場でいろいろ説明を受けました



mitacenter at 10:09|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!