2005年04月09日

ホッケーカーニバル2005

ホッケーカーニバル2005は、4月3日(日)日吉にて開催された。心配された天気も、青空が広がる晴天が終日続く絶好のコンデイションとなった。残念ながら桜の開花は今年はタイミングがあわなかったが、全てのプログラムを無事終了。午前中のキッズホッケーには約45名の児童、園児が参加、大学部員のコーチの下、楽しいひと時を過ごした。続きチャンポン大会はベテランOBの熱意におされ、結局日吉・志木若手を相手にした11人制の試合になった。若い者に負けぬ元気さに脱帽。日吉・志木高校戦は、粘り強い守備を見せた志木だったが、地力で勝る日吉が後半圧倒、総体県予選に向け弾みをつけた。大学男子・女子ともに仕上がりは順調のようだ。特に男子は、近年「最強」の前評判のチーム。スピード溢れる攻撃は、上位校に引けをとらぬものであり、リーグ戦での活躍が大いに期待されるところである。OB・OG50名、学生・高校生60名、キッズ45名参加のホッケーカーニバル2005、ご協力いただきました皆様にお礼を申し上げます。050403105040320504033
mitahockey at 21:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) SEASON2005 

2005年03月24日

男子部・岡崎選手(経3)、小泉体育努力賞受賞式

既報の大学男子部 岡崎君(経3)の小泉体育努力賞受賞式が、3月23日、慶大卒業式において執り行われた。以下、若井運営委員長(昭和55年卒)からの寄稿である。

急遽欠席された高瀬監督の代理として、また卒業25周年招待者として中島主務とともに参加した。卒業式は、総計6491名が学位記(卒業証書)を受けたあと表彰状授与。
小泉体育賞は7部31名。学生日本一のバスケットボール部・志村主将(環4・仙台)に代表授与。小泉体育努力賞は、13部69名。関東学生200m(大会新記録)自由型、同400m優勝、アテネ五輪予選4位の水泳部・谷渕綾乃(医4・慶應女子)に代表授与。
司会が全員の名前を読み上げるなかで、21歳以下日本代表として第5回ジュニアアジアカップに参戦2点をたたき出したホッケー部、岡崎太一(経3・慶應)も「はい!」と大きな声で起立。高校時代、練習や試合で喜怒哀楽をわかちあった太一君が、立派に成長して一万余の列席者の拍手を背に受けて誇り高く立つ光景は感動的であった。
学業優秀者よりも、文武両道を達成した彼らへの万雷の拍手と歓声がはるかに大きかったのは今も昔も変わりない。
会場を移し、山崎 元常任理事(体育会担当)主催の祝賀会には、岡崎君のご両親もお越しいただき盛大に行われた。山崎理事は、「練習ハ不可能ヲ可能ニス」で有名な小泉信三先生の生涯を略述。「いやしくも受賞者たる諸君は小泉首相と混同してはならない」とユーモアのなかに力のこもったご挨拶。つぎに三田ホッケークラブ会長である三田体育会・内藤昌会長から激励のご挨拶。そして、受賞者全員に表彰状と記念メダル(イサムノグチ氏デザイン)が授与され盛会のうちに終了した。
岡崎太一君の弛まぬ努力がつかんだ受賞であるが、塾ホッケー部全体の強化が実りつつあることも示した。須田部長、監督・コーチ、ご家族など関係者のみなさまのご支援に感謝申しあげたい。創部100年を優勝で飾り来年は全員で晴れ舞台にたつ姿を想像したのはいうまでもない。(前日吉高校監督 若井勝廣記)
koziokazaki2okazaki3

mitahockey at 21:15|PermalinkComments(1)TrackBack(0) SEASON2005 

2005年03月17日

春季リーグ日程決まる

平成17年度春季・関東学生ホッケーリーグの試合日程が決まりましたのでお知らせします。応援よろしくお願いします。

男子
4月17日(日) 対 明治大学   15時〜  慶應日吉
4月24日(日) 対 法政大学   15時〜  法政多摩
5月15日(日) 対 駿河台大学 15時〜  慶應日吉
6月 5日(日) 男子1部順位決定予戦    法政多摩
6月12日(日) 男子1部順位決定戦     法政多摩

女子
4月10日(日) 対 東京農業大学 15時〜 慶應日吉
5月 1日(日) 対 駿河台大学   15時〜 慶應日吉
5月 8日(日) 対 成城大学    15時〜 慶應日吉
5月15日(日) 女子1部順位決定予戦    法政多摩
5月29日(日) 女子1部順位決定戦      法政多摩


mitahockey at 21:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) SEASON2005 

2005年03月02日

2/5 新年会2005 大盛況

05020512/5帝国ホテル地下の東京三田クラブにて開催の新年会2005。須田先生始め、OBOG46名、高校生、大学生52名。計99名と昨年の68名を大幅に上回る盛況ぶり。内藤会長挨拶「昨年は近年で一番強かった みなで盛上げて優勝を」に続き須田部長先生より、「部長として4年目。幼い印象の1年生が年毎にたくましく成長していくのを実感。一般塾生はそうでもなく、体育会の誇るべきところ。今年はアイルランド遠征もあり、ローマ,ゲルマンの侵略を受けなかった同国の独特な歴史文化を学びたい」と有難いご挨拶を頂戴。最年長の重田先輩の乾杯で会は進行。浅野100周年事業準備委員会委員長より事業概要説明、高瀬・鈴木両監督から、卒業生と新幹部の紹介。100周年への力強い決意表明あり。高瀬男子部監督は、「応援で力は倍増する」と三田会員への支援を訴える。会はいよいよクライマックスへ、若き血、慶応賛歌を女子部・福山周君(3年)のピアノ生演奏をバックに斉唱、斬新な企画で好評だった。恒例ビンゴは、イの一番は吉村壮太主将が。その強運ぶりに100周年の優勝の曙光を感じた。ただし吉村は豪華な景品に目もくれず缶ビールセットをわしづかみ。続いて東京ディズニーランドペア招待券に狂喜絶叫する女子部員も。会員OBOGからの多数景品協力に深謝深謝。楽しく和気藹々のうちに会はさらに進む。とりわけ恒例のクイズ形式で行う「ホッケービンゴ」で興奮は最高潮。何はともあれ大成功の新年会だったが、100周年イヤーの今年、この勢いで諸記念行事に会員の熱意を集中、学生たちを支援していきたい2005年である

 クリック⇒三田ホッケー新年会アルバムです

mitahockey at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) SEASON2005 

2005年02月19日

男子部・岡崎選手(経3)小泉体育努力賞に

5c256ae8.jpg男子部・岡崎太一(経3)君が、昨年4月にパキスタン・カラチにて行われた「第5回ジュニアアジアカップ2004」出場し活躍した功績が認められ、小泉体育努力賞の受賞が決定した。受賞式は3月23日(水)日吉キャンパスで予定されている。同選手はもとより、吉村主将始め、代表レベルの候補合宿に慶大からも多数の選手諸君が召集されており、チーム自体のレベルアップが進んでいることがうかがえる。創部100周年イヤーを迎える今年。大いなる飛躍に期待するところ大である。(写真は関東学生リーグ戦での岡崎選手)


mitahockey at 10:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) SEASON2005 

男子部・青木選手(政2)、U−21日本代表に選出!

acd16710.jpg去る、12月27日〜12月30日まで、奈良県天理市内の親里ホッケー場においてU-21日本代表の選考合宿が行われた。慶大からは、青木(政2)、木村(政2)、谷井(経2)、渡辺(経1)、榎本(法1)、岩井(経1)の各選手が参加し、候補選手総勢約70名の中から、GKの青木孝臣君(政2)がU-21日本代表に見事選出された。同選手は、3月5日〜3月16日にパキスタン・ラホールにて行われる「男子U-21パキスタン国際ホッケー招待トーナメント」に日本代表として出場することとなった。(写真は早慶定期戦2004 での青木選手)


一方、2月7日〜2月10日まで、岐阜県各務原市内のグリーンスタジアムにおいて日本代表選考合宿があり、吉村(環3)、岡崎(経3)、青木(政2)、木村(政2)が参加、代表レベルのホッケーを肌で感じる貴重な経験を積んだ。各選手共に、その経験をチームに持ち帰り、春季リーグに生かすよう、大いに期待したい。


mitahockey at 10:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) SEASON2005 

2004年12月28日

新年会2005のお知らせ

会員各位
                    三田ホッケークラブ
                     会長 内藤 昌

劇的な勝利を飾った早慶戦へのご声援ありがとうございました。
創部100周年に向け練習に打ち込む部員を激励するため、
新年会を下記の通り開催いたします。あわせて賀詞交歓いただけれ
ば幸甚でございます。
みなさまのご出席を心からお待ちし申し上げます。

              記
日時:2月5日(土)13:00開始
場所:東京三田クラブ  帝国ホテル地下 03-3591-4228
会費:10,000円 (平成10年以降卒・アクアは5,000円)


●学生がゲームを準備しています。どうぞ景品をお持ちより下さい。
 (5日前から会場での景品の保管を受け付けます。)
●御出欠の返信先
  ※部室 筺FAX 045-561-9669
  ※E-mail:hockey@mita.cc.keio.ac.jp

〒223-0062 横浜市港北区日吉本町2-59-2 ホッケー部部室
  慶應義塾体育会ホッケー部(行)


mitahockey at 20:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0) SEASON2005 

2004年11月23日

慶応完勝だ!早慶定期戦・2004 アベック優勝

11月23日(火)快晴の日吉グランドで、男子第78回・女子第12回早慶ホッケー定期戦が行われ、多数のOB・OGが応援に駆けつけた。女子は3−0と早稲田を完封、男子は両チーム譲らず壮絶なゲームとなったが、常に先手を取った慶応が4−3で早稲田を下す素晴らしいゲームを繰り広げた。男女ともに昨年の無念を晴らす見事な勝利、新たな息吹、可能性を感じさせるナイスゲームだった。この結果、男子は慶応の31勝34敗13分、女子は6勝5敗1分となった。尚、高校戦も日吉・志木連合チームが、2−1で早稲田を振り切った。
100周年に向け、今後がますます楽しみな慶大ホッケー部だが、今季はこの試合をもって全ての公式戦を終了、皆様応援ありがとうございました。
尚、慶応が見事な試合を展開した、今年の早慶ホッケー定期戦については、改めてゲームレポート、ハイライトビデオをHPに掲載中です。

写真は左より、男子部・女子部・高校(クリック拡大)

クリック→早慶戦・男子部熱戦アルバム

クリック→早慶戦・女子部熱戦アルバム

menwomenboys



続きを読む

mitahockey at 10:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) SEASON 2004 

2004年10月23日

内藤修・元監督御夫妻を囲んで

内藤先輩10月23日(土)都内ホテルにて内藤修元監督の薫陶を受けたOB連、その家族約50名弱が大集合。元々内藤元監督御夫妻の金婚祝いを教え子有志で行おうという企画が内藤先輩の肝いりで逆にご招待を受けることとなってしまったが、兎にも角にも懐かしい面々が内藤先輩御夫妻を囲んで、楽しいひと時を過ごした。これを機会に一度日吉でチャンポン大会を開催しようということで一同盛り上がる一幕も。公私多忙を極める世代ではあるが、是非皆様もグランドへどうぞ。
風貌の変わった人も変わらぬ人も、懐かしい面々集合の写真集です、クリックしてごらんください。
http://album.nikon-image.com/nk/NAlbumTop.asp?key=450948&un=82116&m=0

mitahockey at 23:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) SEASON 2004 

2004年09月08日

防衛定期戦、男女ともに慶大圧勝!

9月5日開催の防衛定期戦は、男女ともに実力を如何なく発揮、圧勝です。

慶應高校 0(0−0、0−0)0 防衛大学校
慶應女子 12(5-0、7-0)0 防衛大学校
三田クラブ 11(4-1,7-0)1 小原台クラブ
慶応男子 9(5-1,4-1)2 防衛大学校

以下、男子部HP掲載中の熱戦レポートを引用します。秋に向けて男女チームの活躍に期待!

9月5日(日)、第24回防衛慶應定期戦が行われた。日吉グラウンドは生憎の天気であったが、熱戦が繰り広げられた。
試合は開始直後に動く。開始から40秒、本塾はサークル外右のセットプレーから中西(政4)がライン際で流したボールを渡辺(経2)が押し込み先制点を奪う。この得点で流れに乗った本塾はその約1分後サークル外のセットプレーから榎本(法1)が決め、追加点を奪う。その後はPCを取られるが、SGGK青木(政2)のミラクルセーブにより得点を奪わせない。15分頃には岡崎(経3)が小林(理3)とのあざやかなワンツーで抜け出し25ヤードを単独ドリブル。キーパーをあざ笑うかのようなゴールを決めた。25分には木村(政2)がゴール前のこぼれ球を押し込み4点目を奪う。その後、本塾はカウンターから失点してしまうがその直後、またも渡辺が観客を唸らせる豪快なリバースシュートを決め、応援席はまさにスタンディングオベーション、本日のベストゴールであった。前半は5-1で終了した。
後半も本塾のゴールラッシュであった。序盤にPCから吉村(環3)のフリックを最後は木村が決めた。本塾は流れに乗り、前田(商2)のナイススクープも飛び出した。その後本塾は木村が左45度からリバースシュートをゴール右上に突き刺し7点目、PCから濱(政4)が決め8点目を奪う。その後PCからのカウンターで2点目を奪われるが、PCから吉村がプッシュを左隅に叩き込み9点目を奪う。試合はこのまま終了し、本塾は防衛大学校に対し9-2(前半5-1)で勝利した。




mitahockey at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) SEASON 2004 

2004年08月28日

関東学生・秋季リーグ日程決定

<男子>
9月19日(日) 15:00〜  本塾 対 東京農業大学   於 日吉
9月26日(日) 15:00〜  本塾 対 法政大学      於 法政多摩
10月3日(日) 15:00〜  本塾 対 東京大学       於 日吉
10月17日(日) 1部順位決定予選    於 日吉
10月24日(日) 1部順位決定戦                 於 日吉

<女子>
9月19日(日) 13:30〜  本塾 対 駿河台大学     於 法政多摩
10月3日(日) 10:30〜  本塾 対 成城大学      於 日吉
10月31日(日)12:00〜  本塾 対 東京農業大学   於 日吉
11月14日(日) 1部順位決定予選              於 日吉
11月21日(日) 1部順位決定戦              於 日吉


mitahockey at 07:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) SEASON 2004 

2004年07月28日

大黒摩季・日本女子チーム応援歌、発売開始!

既報の大黒摩季による、アテネ五輪ホッケー代表チーム応援歌、ASAHI SHINE & GROOVE 発売開始。このCDには、代表チーム紹介や、メイキングシーンもあり。売り上げの一部は代表チーム強化に役立つ。1,100円です。
ビデオクリップもリンクしました。ご覧あれ。

http://www.toshiba-emi.co.jp/vmc/artist/ohguro.htm

http://members.jcom.home.ne.jp/ohgurofan/news-main.htm




mitahockey at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(1) GOGO!日本女子、アテネでメダルを 

2004年07月25日

全日本マスターズ、三田クラブ3位、EAST86は4位入賞!

1ed40876.jpg猛暑の7/24-25、慶大日吉Gにて開催の第二回全日本マスターズホッケー大会(男子40歳以上、女子30歳以上)に於いて、三田クラブは健闘第三位に食い込んだ。予選Aプールの三田クラブは、強豪法友クラブに1−2で惜敗したが、第二戦の横浜三菱クラブには6−1で圧勝、決勝トーナメントに駒を進めた。
準決勝は、昨年王者の岩手クラブ戦。猛追及ばず2-4で敗退。3位決定戦は、EAST86を3−1で降した。慶応OB主体のEAST86も頑張りを見せ、第4位に入賞した。
三田クラブ(安西・中島・内田(立教OB)・星・伊吹・太刀川・内藤・馬場(農大OB)・島崎・梅沢・川上・菅野)、EAST86(高瀬・青樹・荒井・横江・黒石・早川・寺本(農大OB)、高橋(農大OB)・田中(大阪市大OB))
また、アクアからも、東京MIX(慶応、白百合、津田塾、成城OGとの混成チーム)に、斉藤(純)、中島OGが出場、健闘した。

熱戦アルバム集はこちらクリック
http://album.nikon-image.com/nk/NAlbumTop.asp?key=383138&un=70704&m=0

mastres1masters


mitahockey at 20:37|PermalinkComments(0)TrackBack(1) SEASON 2004 

2004年06月27日

大黒摩季が女子ホッケー代表の応援歌 苦難乗り越え五輪出場に感動

シンガー・ソングライターの大黒摩季(34)が、アテネ五輪に出場する。ホッケー女子日本代表の公式サポートソングを歌うことが8日、分かった。財政難にも負けず、予選で強豪国を次々となぎ倒していった日本チームの頑張りに感動して、自ら名乗りを上げた。曲を制作中の大黒はこのほど、都内で代表メンバーと対面し、激励した。また、昨年11月に入籍した会社員と7月19日に挙式することも決まった。
女の子への応援歌の第一人者とも言える大黒が、厳しい環境の中で戦うホッケー女子代表チームを強力にサポートする。このほど総勢16人のメンバーとの懇親会を開いた大黒は「曲を完成させる前に一度お会いしたかった。協会の人も、おじさんも、おばさんも、子供もオリャー!となるような曲を作りたい」そんな熱い思いに三浦恵子キャプテン(29)は「信じられないくらいうれしい。熱くなりますね」。選手たちも「すごい〜!」と真っ黒に日焼けした顔を輝かせた。
募金を実施するほどの財政難と低い下馬評をはねのけ、快挙を果たしたチームを紹介したテレビ番組に感動した大黒が日本ホッケー協会に協力を申し出て実現した。「私自身、デビュー直後は売れなくて、バックコーラスに戻ったりしたことを思い出して涙が出た。久しぶりに直情的な感情がわいた。うわあ来た!って感じでしたね」。大黒の激励を受けた三浦キャプテンは「やるからには一番高いものを目指して頑張りたい。もちろん曲は試合前必ずみんなで歌うようにします」と金メダル宣言も飛び出した。

 応援歌は「Lady Go!」という仮タイトルで現在制作中。すでに曲は完成しているが、歌詞には選手たちの意見も取り入れる。三浦キャプテンが打ち明けたのは、試合前の円陣で必ず叫ぶ「朝日」という言葉。「必ず昇っていくイメージでテンションを上げていったんです」という必勝ワードに大黒も「いいねえ!」と声を弾ませた。「時間があれば」という条件付きで、選手全員のコーラスを収録する計画も明かすと、選手たちからは再び大きな歓声が起こった。

 同曲は7月28日発売予定で、売り上げの一部は協会に寄付することが決まっている。「曲をヒットさせて、飛行機はビジネス、ホテルはスイートにしてあげたいな」そのパワフルボイスでチームを表彰台へと押し上げるつもりだ。(報知6/10付より東京627

mitahockey at 14:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) GOGO!日本女子、アテネでメダルを 

2004年06月17日

慶応高校、堂々の関東3位、インターハイへ

6月12・13日開催された、関東高校ホッケー大会、慶応義塾高等学校が堂々の3位入賞を収めました。また、あわせて8月に島根県横田町で行われるインターハイへの出場権も獲得。インターハイ出場は5年ぶりの快挙である。以下、横江監督のゲームレポートであります。まだまだ成長が期待される慶応高校ホッケー部、インターハイでの健闘を祈りたい。

6月12日 対 木更津高専
      3:2 (前半3:1)
前半より実力差のある相手に対して順調に点数を重ね前半終了間際まで3:0としていましたが、前半終了直前に不用意な1点を与えてしまいました。
後半は、気を引き締めましたが、狂ったリズムと相手に合わせる悪い癖でかえって押し込まれる局面も多く、1点返されて、3:2での辛勝となりました。上記の通り、試合内容は最悪でしたが、何とかインターハイ出場権を獲得しました。

6月13日 対 皆野
      1:2 (前半1:0)
前半の最初にPCから小林がタッチで決め先制しました。一進一退の攻防を続け、前半は、リードで終了しました。後半の序盤、敵サークルトップのFHがライナーとなり、守りの要であるキャプテン加藤君の胸を直撃し退場となり守りのバランスが崩れましたが、暫くはよく守っていましたが、同点に追いつかれてしまいました。その後、微妙な判定で一人が退場となり(イエロー)、その間にもう一点取られてしまいました。終了間際には、立て続けにPCを獲得し、そのうちの一回は、本来PSとなるべきところが、PCと判定され、タイムアップとなりました。
尚、決勝で皆野に3:1で競り勝った地元今市高が優勝しました。残念ながら、優勝は出来ませんでしたが、キャプテン負傷退場の中、よく検討したと思います。今年の関東は、今市・皆野・塾高・法政がほぼ同じレベルでどこが優勝してもおかしく無いような力関係でした。インターハイに向けもう一段レベルアップし、頑張りたいと思います。
hs3hs2hs1

mitahockey at 20:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 頑張れ! 日吉高・志木高ホッケー部