MITANI店長 Blog

MITANIモータースポーツ 各店 店長からのお知らせをメインに、皆様へのメッセージを直接お届けいたします。

 


2018トライアルグランドチャンピオン大会 レポート

日時:2018年11月11日(日)
会場:香川県まんのう かりんの里
天候:晴れ
気温:25度

クラス
グランドチャンピオン
IBチーム対抗戦
オーバー50
レディース

セクション:8sec×3lap


TEAM MITANI 出場ライダー&結果
グランドチャンピオンクラス
国内B級56 廣畑伸哉選手GASGAS(14歳)5位 IB特別昇格
国内B級45 福留大登選手GASGAS(14歳)6位 IB特別昇格
国内B級43 川添蒼太選手GASGAS(17歳)37位
国内B級39 山中怜美(23歳)RTL260F 40位


今年は、自転車からの天候組の若手3人が出場枠に入り、IB目標にエントリーしているので応援しに行きました。道中は川添家ご一家、IB垣内君に一緒に同行してもらい会場に向かいました。久しぶりに瀬戸大橋を渡り、四国入り。まずは大根おろしうどんをいただきました。


会場ではGASGASインポーターのマーチさんのご協力により、全日本のレースパドックさながらのかっこいい拠点を提供していただき万全でRACEにいどめました。ありがとうございました。


この大会で、10位以内に入るとNBからでも、特別昇格でIBに昇格できる全国大会。

会場は人工セクションと自然の山の斜面、若者 自転車ライダーには有利に思える会場でした。そして施設はきれいなトイレ アスファルトの駐車場 洗車場自動販売機 施設の行き届いた公園の中にある。すばらしいい〜〜会場でした。


そしてなんと、今回、チャンピオン小川友幸選手やチャンピオンサポーターの川村さんも会場に応援に来てくださり、アドバイザー・サポートしてくれました♪本当にありがたい。

チームとしては最高の体制でGCを戦うことができた。そして結果につながった!!


5位の廣畑選手とは、8月にイタリアの自転車の世界戦「UCI WORLD YOUTH TRIAL」に行ってきたところだ、そのときはまだ自転車に乗っていて私も応援してきた。8月後半からオートバイに乗り換えてのこの結果だ。!! 地方戦には2度の経験のみ。超スピード出世の全日本ライダー出現だ。大会中の簡単にとってしまう5点減点を少なくすれば、成績はもっと上がる。


6位の福留選手も自転車出身だ、柴田暁選手の練習場でよく乗っている彼は、トライアルが本当に好きで取り組んでいる感じだ。小さいときはよくチームの応援に来てくれていたので、よく覚えていてオートバイのトライアルに転向して、チーム入りしてくれた。4月に乗り換えてのスピード昇格は、廣畑選手の良いライバルとなる。センスが光るライディングは、タイミングあえば余裕のクリーンを見せるが、あわないとあっさり5点という、もろいところがある。体ができて力がついてくればもっと良くなると思う。来季がが楽しみ。


37位の川添選手は、練習できない環境ながらにして、オートバイが好きで、全日本を走ってみたいという気持ちを強くもつ自転車出身高校生ライダー。限られた時間で練習して頑張った結果だ。立派だと思う。いつかきっと夢を叶えて欲しい。


40位のレディースの山中選手もIBをかけて挑んだ。アシスタントに津谷さんをお願いしての参戦だ。男性陣にまじっての現実は厳しいものだった。しかし2018NA昇格を決めている。中部戦での来年の昇格も狙えるので楽しみに待ちます!


期待していると外すことがおおいのだが、今回は期待通りの上出来の結果を残してくれた。


今回圧勝で1位をとった池田力選手15歳、彼も2014年にUCI WORLD YOUTH TRIALに参戦しているライダーで自転車出身だ、お兄さんは国際A級で活躍している池田蓮選手、2人ともよく知っているご兄弟で応援している。来年はおそらくだが、池田選手 廣畑選手 福留選手がIBでIA昇格を争うことになるだろう!池田選手とは、相当の差があることがわかった。まずその差を埋めることが課題だ。

来年のGCでもとんでもない若手選手が出てくる。すぐ追いついてくるだろうと思う。バイクトライアル(自転車)出身ライダーには、頑張って欲しい。強いライバルがいる時代に走れることはすごく幸せなことです。自転車出身の若手ライダーで国際B級クラスは面白くなること間違いなしだ!!


2019年の新生国際B級クラス応援宜しくお願い致します。


TEAM MITANI
代表 三谷知明


かたのにぎわいフェスタ2018レポート


日時:2018年10月27日(土)
会場:いきいきランド
主催:交野市
天候:晴れ
ライダー:柴田暁選手 小玉絵里加選手
MC:上田万法


今回のデモンストレーションはライダー柴田暁と 小玉絵里加選手!MCは上田万法さん!青年会議所の方からトライアルのデモンストレーションを祭りでしてほしいという依頼があり、現地確認二回と打ち合わせ等を行い、セクションの加工とテスト走行を行い実現する事が出来ました!

セクション加工は安全面確保&現地の場所を利用する為です!


デモンストレーションは1日2回!1回に1時間笑いあり格好良さありの新しいデモンストレーションを行うことが出来、一回のデモンストレーションで500人以上の方に見て頂けた事が確認できました!
今回のイベントではデモンストレーション以外にもキックバイクのイベントでVertigoなどの展示等も行い、キックバイクの表彰式にも参加させて頂きました‼️

 

地域を盛り上げる為に行った今回の様な素晴らしいイベントにトライアルを全面に出させて頂き、盛り上げ役のメインにして頂けた事が本当に嬉しかったです!

またトライアルの担当として台本作成や現地での打ち合わせ!セクション加工の段取りなど、色々な事を自分がメインで行えた事が良い勉強となり、素晴らしい経験になったと思います!

来年も、かたのにぎわいフェスタに参加させていただけるよう活動していきたいとおもいます!


TEAM MITANI
柴田暁



詭醢ぜ嵶樵篭60周年大感謝祭 レポート
日時:2018年10月20日 (土)
会場:三重県松阪市飯高町 詭醢ぜ嵶
天候:晴れ
気温:25度
主催:野呂車輌
出演ライダー:加賀国光
MC:小森友希子


三重県松阪市飯高町にて詭醢ぜ嵶祥佑料篭60周年大感謝祭が開催されました。

詭醢ぜ嵶召量醢ぜ卍考佑浪甬遒砲皀ぅ戰鵐箸妊肇薀ぅ▲襯轡隋爾鬚気譴燭海箸あり、今回も「トライアルショーで盛り上げてほしい!」とお話いただきました。ライダーはチームミタニの選手が残念ながら全日本最終戦と重なってしまい、助っ人として国際A級 加賀国光選手が務めました。


MCは抜群の美声と喋りで会場を盛り上げるYUCCOさん。トライアルショーのMCは何度も経験されたベテランなので短い打ち合わせ時間でしたが選手との息もぴったりでした。


イベントはトライアルショーの他にも豪華景品抽選会!(なんと一等は大型テレビ)金魚すくい!たい焼き!バルーンアート!ブレーキアシスト体験!などなど盛りだくさんでした。


そういったイベントの中でトライアルショーを2回させていただきました。


今回のトライアルショーはセクションは無く、基本平地のみ。しかし野呂社長の好意で車を準備してもらい(さすが車屋さん)これがなんと結構綺麗なインプレッサ!加賀選手は最初は気を使ってましたが「もし請求があれば三谷さんに!」と言って、車の前から後ろから横から乗りまくり車はボコボコ。しかし会場は盛大に盛り上がりました。

平地技での人間跳びでは、なんと野呂車両の会長様を跳び越えるなど会場が緊張に包まれ、跳び越え成功の瞬間大歓声に包まれました!

イベントは皆様のおかげで大成功でした。関係各位の皆様、お疲れさまでした。


今回オファーいただいた詭醢ぜ嵶祥諭MC YUCCO様、チームミタニ助っ人:加賀様、ありがとうございました。


TEAM MITANI
三谷知明

 


2018JBTA J-SIRIES R-4 茨城大会 レポート


【 開催日時】 2018年10月14日(日)
【 開催地】 オフロードパークSHIRAI
【 主 催 】 JBTA 日本自転車トライアル協会
【 主 管 】 チームハリケーン
【 協 力 】 コミセールの会
【 バックボード協賛 】 青盛建材 | 安部光学製作所 | グリーンサイクル |
テック技販 | バイクハウスてらそ | マイロードなかの | MITANIモータースポー
ツ | ワンダーエナジー


【 タイムテーブル 】 (競技進行に伴い変更となる場合あり)

8:00 ライセンスコントロール(選手受付)
8:20 コミセールミーティング
8:50 開会式,ライダーズミーティング
9:20 チャレンジW,ウイメン,プッシン,ベンジャミン, マスターズ 競技
(競技時間 3時間00分+TP.30分)↓ 6セクション×2ラップ
12:20 チャレンジW,ウイメン,プッシン,ベンジャミン, マスターズ 競技
終了
※30分のペナルティータイムは午後の競技開始時間から始まります
13:00 M-カデット,J-エリート,スーパーエリート 競技
(競技時間 2時間10分+TP.30分) ↓ 5セクション×3ラップ
15:10 M-カデット,J-エリート,スーパーエリート 競技終了
15:40 30分のペナルティータイム終了
16:00 表彰式(年間表彰を含む),閉会式
※競技終了後にセクション撤収作業を行います。皆さんのご協力をお願い致しま
す。


【 セクション数 】 (大会本部の公式掲示をご確認ください)

午前:6セクション x 2ラップ
午後:5セクション x 3ラップ
セクションは任意の順で通過可能とする
【天候】 曇りのち小雨 気温20度
【参加台数】 60台

 


カテゴリー
誕生年年齢 ※
 男子   
スーパーエリート (☆1)2002年および以前16歳 以上
J-エリート (☆2)2003年および以前15歳 以上
M-カデット (☆3)1989-200612-29
マスターズ (☆4)1988年および以前30歳 以上
ベンジャミン2002-200810-16
プッシン2006-20108-12
チャレンジW (☆6)2008-20126-10オレンジ
 女子   
ウイメン (☆5)2007年および以前11歳 以上ピンク
チャレンジW (☆6)2012年および以前6歳 以上オレンジ


参加メンバー J-SIRIES R-4
高橋靖也選手(18歳)スーパーエリート☆ 2位☆ CROSSBOW20
増田誠政(15歳)スーパーエリート☆3位☆ JITSIE VARIAL20
谷口友希選手(16歳)Jエリート ☆2位☆ 2018シリーズチャンピオン獲得 JITSIE
VARIAL20


最終戦は、その昔チームで活躍してくれた小川毅士選手が管理している会場ですのでいろいろ楽しみでした。谷口さんに便乗させていただき到着した夜は、小川パパと宴会して飲んで話して楽しい時間でした。

しかも宿泊は、小川さんところのコースターに泊めていただいた。食事の準備や片付けで小川家お母さんには大変お世話になりました。ありがとうございました。

今では元チーム員で他のチームで活躍しているのはさみしい話ですが、こうやってトライアル業界で貢献して生計を成り立たせていることは嬉しいことです。

大会当日は今年からチームで活動する、スーパーエリート高橋靖也選手 増田誠政選手の両名と、ほんと昔から小さいときからKIDS DREAM→TEAM MITANIと籍を置いて活躍するJ-エリート谷口友希選手、この3名の応援してきました。

全員午後からのスタートの選手だったので午前中は、各自自己練習 リラックスして過ごしていました。わたしは若干2日酔い 風邪気味 監督失格という状況した。・・・・。

今回子供達のエントリーがなかったのはすごく残念だ。来年から全戦にエントリーしてくれると言うことですので2019年に期待だ。

エリートクラスで高橋選手が2位 増田選手が3位を獲得して、高橋選手が2018ランキング2位を獲得する。

高橋選手思い切りの良い走りと運動能力はすごく優れていて体力もある、トライアルの経験値を増やしてとトライアル的、的確な判断ができるよう
になるとよりいい、自然の地形でのリカバーリのきいた走りもできるようになるとより良い選手になる思う。増田選手は谷口選手と同様小さいときからよくしっているのですが、走破力がある。

スーパーになると身体能力 テクニックがいるクラスで並大抵じゃ上位にはいけないそんななか今回は、3位表彰台を獲得し、2019年スーパーエリートの残れることになる!

谷口選手は、ここまでランキング1位でこの大会で順位を大幅に落とさなければ、シリーズタイトルが決まる。苦手意識や気分がのらないと前回広島のように大きく順位を落とすこともあるので心配していましたが。ここ白井は得意みたいで気分良くのれたみたい。

3lap目にはベストラップ2点というスコアで1位にせまるが惜しくも2位、しかしシリーズチャンピオンを決めた瞬間だった!!今年チームの1個目のタイトルを決めてくれたのは、J-エリート谷口友希選手!!チャンピオンおめでとう!!

来週、全日本トライアル最終戦SUGOに向けて良い話題を持って行ける!!嬉しいことです。

JBTAの主催する大会にいろいろ協力させていただきました。すごく魅力的な組織で素晴らしい活動をされているので2019年も仲間に入れていただきたいと思います、たいしたこともできずに申し訳ないですが何卒宜しくお願い致します。

TEAM MITANI
代表 三谷知明

 


2018JBTA J-SIRIES R-3 広島大会 レポート


【 開催日時】 2018年9月16日(日)
【 開催地】 灰塚ダムトライアルパーク 広島県三次市吉舎町
【 主 催 】 JBTA 日本自転車トライアル協会
【 主 管 】 TEAM TERASO
【 後 援 】 三次市  三次市教育委員会
【 協 力 】 コミセールの会
【 バックボード協賛 】 青盛建材 | 安部光学製作所 | グリーンサイクル | テック技販 | バイクハウスてらそ | マイロードなかの | MITANIモータースポーツ | ワンダーエナジー

【 タイムテーブル 】 (暫定です.参加人数などにより変更となる場合あり)
8:00  ライセンスコントロール(選手受付)
8:30  コミセールミーティング
9:00  開会式,ライダーズミーティング
9:30  チャレンジW,ウイメン,プッシン,ベンジャミン, マスターズ 競技開始
(競技時間 3時間00分+TP.30分)↓ 6セクション×2ラップ(予定)
12:30  チャレンジW,ウイメン,プッシン,ベンジャミン, マスターズ 競技終了
13:15  M-カデット,J-エリート,スーパーエリート 競技開始
(競技時間 2時間45分+TP.30分) ↓ 5セクション×3ラップ(予定)
16:00  M-カデット,J-エリート,スーパーエリート 競技終了
16:45  表彰式,閉会式


【 セクション数 】 (暫定です.大会本部の公式掲示をご確認ください)
午前:6セクション x 2ラップ(予定)
午後:5セクション x 3ラップ(予定)
セクションは任意の順で通過可能とする


【天候】 晴れ 気温30度
【参加台数】 58台
【セクション】 5sec×2lap or 3lap


カテゴリー
誕生年年齢 ※
 男子   
スーパーエリート (☆1)2002年および以前16歳 以上
J-エリート (☆2)2003年および以前15歳 以上
M-カデット (☆3)1989-200612-29
マスターズ (☆4)1988年および以前30歳 以上
ベンジャミン2002-200810-16
プッシン2006-20108-12
チャレンジW (☆6)2008-20126-10オレンジ
 女子   
ウイメン (☆5)2007年および以前11歳 以上ピンク
チャレンジW (☆6)2012年および以前6歳 以上オレンジ

参加メンバー J-SIRIES R-3
高橋靖也選手(18歳)スーパーエリート☆ 2位☆ CROSSBOW20
増田誠政(15歳)スーパーエリート5位 JITSIE VARIAL20
谷口友希選手(16歳)Jエリート 4位 JITSIE VARIAL20
竹野 日翔(10歳)プッシン 6位 MONTY0207
樋口 瞬(7歳)チャレンジW ☆3位☆ MONTY205

9月2日に全日本トライアルで行ったばかりの、灰塚トライアルパーク二週間ぶりに行ってきました。道中遠いので谷口友希選手ところに一緒に行ってもらった。来場の時は必ず出店しているので、新しいJITSIEのフレームキットとか数点商品を販売させていただいた。


スーパーエリートで2位を獲得した高橋靖也選手は、私どもの輸入するCROSSBOW20に乗り換えてのデビュー戦だったので、注目でした。

大会中の走りは、良い走りをしていた、結果も2位表彰台を獲得してくれて素晴らしい活躍をしてくれました。

王者の寺井選手には差はあるものの、3位に差をつけているのでCROSSBOWの性能も良いのだと思う。

高橋靖也選手のお父様は、私も全日本トライアルに出ていた頃少しだけ一緒に走った時もある選手で、グランドチャンピオン大会で優勝も獲得している国際A級で活躍されたお父さん。

前日は念願の、一緒にお酒を飲んで楽しいひとときでした〜昔じゃレース前に飲み会なんかできなかったから、25年越しでの実現(笑 


そしてもともとKIDS DREAMで一緒に活動したこともあった、エリート増田誠政選手もチーム入りをしてくれての初戦となりました。メンバーが増えて嬉しいです。  


KIDSメンバーもこれで3戦目となるJ-SIRIES 竹野選手も樋口選手も場慣れしてきいるし、意識も変って実力もつけてきているので成績もあがってきた。

2011年10月9日に KIDS DREAMメンバーで全日本バイクトライアルに参戦したのもここ灰塚でした。7年前あっという間ですね。


竹野選手と樋口選手はあのころの谷口友希選手と同年代。なつかしい。7年も経過すると高校生ですものね。樋口瞬選手が表彰台の3位を獲得してくれました。

7歳でのチャレンジ、いろいろ考えながらトライする姿は、子供ですが真剣なまなざし!!かっこいいです!!2011年の初全日本の時のメンバーを思い出します。


やはりJBTAの会場は最高です。5歳から50歳〜 子供 女性 大人みんなが共存するトライアルの世界!!素晴らしいです。

NEXT RACE
10月14日 J-SIRIES R-4 オフロードランド白井


TEAM MITANI
代表 三谷知明



2018出光イーハトーブトライアル レポート


日時:2018年8月25-26日
天候:雨のち晴れ
主催:テレビ岩手

WEBサイト:http://www.tvi.jp
出光イーハトーブトライアル大会運営実行団

大会冠協賛:


行ってきました!!初イーハトーブ 片道移動距離1100k所要時間13時間 遠いですが、又行きたいと思うイベントでした。
山々山の広大な岩手県を思う存分、はしれました。関東 東海 近畿では無い広大なロケーションは、ヨーロッパの世界戦を思い出しますね。
「これぞ トライアル」久しぶりに体験させていただきました。昔の全日本もこんなんやったなああ〜〜と懐かしい。

スポーツクラスというのに、vertical250で参戦。バイクは一番よいが腕は地方選レベルだったのでセクション、走破できるか心配でした。でも心配していたセクションより、コース移動が激しかった。なんと1日150k、朝の7:30にスタートしてゴールしたのは18:00でした。こんなに朝早く、こんなに長い時間トライアルしたのは、初めてだ(笑


たのし〜〜〜しかも、トライアル車のままホテルチェックinて・・・・・なんて素敵っw

ホテルで朝を迎えるとそこは、絶景ポイント。感激でした。


2日目スタートは、8:00又長いトライアルの始まり、天気が悪くせっかくの2日目の絶景ポイントは全滅でした。(ショック)いろんなシチュエーションのコース移動、スポーツクラス専用に作られたセクション、すごく楽しめました♪


残り2つのセクションではすごいギャラリーにびっくり。IASクラスの走りは上手でした(当たり前か)

なんとか2日間300k近い移動すべて完走できたことは一安心。そしてGOALでは一人一人の名前を刻んだ完走メダルをもらった〜〜


よかったあ〜〜〜久しぶりに、トライアル満喫岩手満喫の 2daysイベントでした。いつか・きっと又来る!!


(株)ミタニ代表
三谷知明

このページのトップヘ