-

無期懲役囚、美達大和のブックレビュー

教養を深めたい、仕事に生かしたい――。
人として成長するために本を読みたいと思っても、何から読めばいいかわからないビギナーのためのブログ。
服役中の無期懲役囚・美達大和から届く書評を随時公開。
週2回をめどに更新していきます。


>>はじめてこのブログを訪問された方へ | >>管理人より、みなさまへ。

『人殺しの息子と呼ばれて』 張江泰之

81J96ERkPQL

『人殺しの息子と呼ばれて』
張江泰之
角川書店
1500円+税
2018年7月刊

このブログを広く知っていただくために、[人気ブログランキング]をクリックをぜひ、お願いします。

本書は2002年3月に発覚し、世間を震撼(しんかん)させた北九州連続監禁殺人事件の首謀者夫婦の息子の人生がテーマです。

この事件は主犯の松永太(まつなが・ふとし)が従犯の妻の家族を虐待と洗脳によって支配し、7人を殺害したという事件でした(事件については『消された一家 北九州・連続監禁殺人事件』(新潮文庫)があります)。

松永は2011年12月、最高裁で死刑が確定し、従犯の妻は2007年9月に無期懲役刑が確定しています。事件当時、8歳だった長男は2017年に24歳になっていましたが、2017年にフジTVの『追跡!平成オンナの大事件』で母のことが報じられ、それについて抗議の電話をしたのがきっかけとなり、チーフプロデューサーの若者との10時間のインタビュー、放映となりました。

この息子も父の松永から体に電気を通される暴行を毎日のように受けて育っています。初めの放映により、ネット上では人殺しの息子など生きている価値がないなどの非難が起こっていたことについての抗議でしたが、人殺しは父親で、本人は何の関係もないのに、このようなことをする匿名の輩(やから)に呆(あき)れました。

本書では、事件発覚後、親族がいないため、各施設をたらい回しにされた息子の人生の軌跡が綴られています。この息子、戸籍がありませんでした。生まれたのに届け出が、なされていなかったのです。小学校へも、とくに通わせてもらえず、普通の子より遅れての授業でした。

中学校に入り、里親制度によって、里親のもとで育てられます。しかし、その里親と合わずに家出をして、料理屋に住み込みで入るものの続かず、以後、転々と職を変えるようになりました。高校は定時制に行きますが、自主退学しています。その後も、なかなか定職に収まるとまではなりませんが、成人前後から、やっと安定し始めました。

彼の場合、自分の知らないところで、親が殺人を犯していたというのではなく、その現場にずっといたわけです。死体の処理まで手伝わされていました。8歳9歳の我が子にさせるというのは、親として常軌を逸していますが、松永という男は異常人格者です。そのため、この息子の心には、常に申し訳ないなという思いが、ありました。それにつき彼は、それをこの15年間ずっと逃げて隠してごましかして、生きてきたんです、と語っています。

そして、「自分みたいな奴がこれからどうして生きていくんかなってなったときに、もう生きて生きて、生き続けて、自分しかできんことを多くの人にしてあげる。そんな自分になっていくっていうのが、大げさですけど、生まれてきた意味じゃないんかなあって」とも語るのです。

私が思うのは、子どもの時に手伝ったのは、そうしないと自分も同じようにされるからであり、抵抗する手段を持っていない以上、不可抗力であり、法的にも緊急避難で法的にも道義的にも全く責任はありません。それでも、当人にとっては、背負いこむものがありました。私は自身もそうですが、あのエキセントリックな父も殺人を犯しています。それを知った時、特にショックもないどころか、オヤジならどんなとこだ、と妙に納得していました。

今思うと、ここが普通の家庭と違うところで、暴力的な父の周りで育ったので、いろいろな話を聞いたり、目の前で起こったことを見たりしていたので、心は全く動きませんでした。逆に言うと、私の息子が20歳になった時に私の事件を知らされ、僕の父さんは普通の人がよかった、と言ったと聞かされ、それが普通の人の反応だろうと得心したものです。

社会の常識、感覚では自分の親が人殺しと聞けば、子は大きなショックを受ける、ということを知識・論理として知っていましたが、情緒・情動としては、父の件で体験していたので、それで心情的に人生が左右されるのは、本人次第と考えていたのです(経済・家庭など、さまざまな面での影響は否定しませんが)。

私のことを知った息子がどうしても会いたいと面会に来た時、親が殺人犯であること、まともな親でなかったこと、育てることができなかったことに対して謝罪しましたが、この後の人生は息子の気持ちがしっかりしていれば大丈夫とも信じていました。私は当事者でしたが、それを理由に人生の道を誤る程度なら、仮に私が殺人犯でなくても、息子は、ちょっとのことで道を誤り、それを他のせいにするであろうと考えていたからです。

私も父の件を知った時に、自分の人生が、それで変わることなど微塵も考えませんでした。ただ、本書の息子の場合は、次々と親が人を殺す現場にいて、死体の処理まで手伝わされていたので、子ども心に大変な衝撃だったはずで、その点、悲惨な経験と言えます。本書では、彼が父と母に面会に行くシーンもありますが、父の方は本当にクズでした。その点で非常に気の毒で、何とかそれを反面教師にして、自身が己を肯定できる人生にして欲しいと願っています。

私自身は息子に対して、自分で育ててやれなかったことにつき、大きな悔いがあり、己の愚かさを呪(のろ)ったのでした。あの超のつくワンマンの父といたので、自分が育てる時は息子に対して、こうしてやろう、ああしてやろうなどと、理想の父親像があったからです。

被害者と遺族がもう会えないのに、自分だけ息子に会うわけにはいかないと(私のエゴだと知っていますが)、息子とは以来会っていませんし、連絡も互いにしていません。最初で最後の面会で、それを伝えながら、息子がまともに生きていけると確信していたのです。しかし、世の中には殺人犯の親のことを赦さず、憎むという子どもがいること、それがおかしなことではないと知ってもいました。この点では息子に申し訳ないことをしたと痛恨の極みです。本書は、そんなことをあれこれ考えながら読了しました。

本書の息子には正しく楽しい人生をすごして欲しいです。


『人生とは不合理の極(きわ)みを生き切ることです。これが生命の哲理から導き出される人生哲学なのです。不合理を受けいれることが、人間の生命を躍動させている』
(執行草舟、『根源へ』より)

このレビューで美達が紹介した本


『ラ・ロシュフコー箴言集』  ラ・ロシュフコー

51RJTK4CYGL

『ラ・ロシュフコー箴言集』 
ラ・ロシュフコー
岩波文庫
860円+税
2011年4月刊

このブログを広く知っていただくために、[人気ブログランキング]をクリックをぜひ、お願いします。

あまりにも有名なラ・ロシュフコー (1613~1680)の箴言集にしました。箴言というのは短い戒めの言葉のことで、ロシュフコーのそれは皮肉っぽくも人間の一面(全面ではなく)の真理・裏側を言い得ています。

この人は、1613年のルイ13世の治世下のフランスで高級貴族の子として生まれ、時の政治にも翻弄された人物でした。ルイ13世没後、フランスが絶対王政のピークを迎えた太陽王(自らを太陽と称した)ルイ14世の治下でもロシュフコーは政治の舞台で活躍しています。人間を見る眼は、たしかですが、冷笑主義(シニシズム)にあふれ、ちょっと刺激が強いと感じる人もいるかもしれません。

『情熱はしばしば最高の利口者を愚か者に変え、また、しばしば最低の馬鹿を利口者にする』

『われわれの持っている力は意志より大きい。だから事を不可能だと決めこむのは往々にして自分自身に対する言い逃れなのだ』

『人は決して自分で思うほど幸福でも不幸でもない』

『人それぞれの運命がどんなに違うように見えても、それでもやはり禍と福の相殺といったものが存在していて、それがすべての運命を平等にするのである』

ロシュフコーの人生は政敵というか、時代の権力を握っていたリシュリュー枢機卿を敵にしていたので、この人が死ぬまでは度々、不遇な日々をすごしていました。それでも信念を変えることなく、不遇な時にはそれなりに耐えていたのです。リシュリューというのはルイ13世の絶大な信頼を得て、実質的な宰相だった人でしたが、フランスの歴史にしっかり名を残しています。山も谷もある人生が、人を見る眼を養ったとも言えるでしょう。

箴言集はロシュフコーが50歳を過ぎてから、ぽつぽつ書き始めたものでした。

『人間の幸不幸は、運命に左右されると共に、それに劣らずその人の気質に左右される』

王の宮廷を出入りする高級貴族たちの政略や浮き沈みを眺めながら、こんなことを考えていたのでしょうか。

『およそ忠告ほど人が気前よく与えるものはない』

『人は敵に騙され味方に欺かれればくやしくてたまらない。そのくせ、しばしば自分自身に騙され欺かれて悦に入っている』

私は若い頃からロシュフコーを読む度に、そうだけど半面、人の善意も底がないこともあるよと考えてきました。しかし、服役して周りの受刑者を見ると、なるほど、ロシュフコーの語っている意味が痛いほどわかるようになったのです。

『人から受ける強制は、多くの場合、自分自身に加える強制より辛くない』

この言葉など、ここの生活にぴったりですし、私が考えることと同じでした。

『洞察力の最大の欠点は、的に達しないことではなく、その先まで行ってしまうことである』

『われわれは生涯のさまざまな年齢にまったくの新参者としてたどりつく。だから、多くの場合、いくら年をとってもその年齢においては経験不足なのである』

ここで暮らしていると、人間の賢さとは知能よりも性分が作り出すもの、その性分が良くなかったら、それを直しながら生活するものだと痛感しました。理性より感情が常に優先すると、自分のことを知っているつもりでも進歩がなく、いつも同じ失敗を繰り返します。その感情を抑えるのは、物事への一種の達感であり、諦念のようなものかもしれません。

自分が正しいことにこだわるより、自分が快くいられる道を選ぶようになると、それまでの問題が「消えることもある」のを知りました。自分を気分良くするのは問題が起きない、なくなることではなく、それらがあっても気にしない態度ができることで、それは、ある方角から試してみると、思ったよりも容易なんだと知った「時も」あります。

箴言をそのまま読むもよし、そうならない方向を考えるもよしの一冊でした。

『われわれに起きる幸不幸は、それ自体の大きさによってではなく、われわれの感受性に従って大きくも小さくも感じられる』
(ラ・ロシュフコー)

このレビューで美達が紹介した本

『永田町アホばか列伝』 足立康史

91rr0EiDQ3L

『永田町アホばか列伝』
足立康史(あだちやすし)
悟空出版
1200円+税

このブログを広く知っていただくために、[人気ブログランキング]をクリックをぜひ、お願いします。

タイトルが、ふざけたものでしたが、内容は鋭く本質を突いている点が多数ある、侮(あなど)れない書と言えます。

足立氏は、日本維新の会所属の衆議院議員です。本人いわく、年に4回の懲罰動議は憲政史上の記録とか。この人、つい先頃も厳重注意で謝罪(これを書いているのは2017年12月4日)していますが、完全な確信犯で一種の選挙公報活動とも言えるのでしょう。

そうであっても主張のほとんどは、左派メディアのフェイクニュースを喝破するものでした。怒りや批判の対象には、本質を突いた怒りを表明しています。怒りの鉾先(ほこさき)は、民進党や、その関係にあった山尾志桜里(しおり)、蓮舫(れんほう)、辻元清美(つじもときよみ)玉木希望の党党首、前原前党首、希望の党の小池顧問、岩狭勝(わかさまさる)、渡辺喜美(よしみ)、小沢一郎、自民党の石破茂(いしばしげる)、安倍首相、稲田朋美(いなだともみ)、などなど多士済々です。

たとえば、山尾氏については、不倫どうこうより、この人の説明責任の希薄さ、以前のガソリン代を地球4周分も誤魔化していた件でも、秘書のせいにして逃げるという卑劣さを突いていました。この人、ニックネームは「ガソリーヌ」というんですね。他人を追及する時とは全く別人のように卑怯な対処の仕方で、著者の主張に賛同できます。

森友加計問題については、この件を国会に持ち出したのが、希望の党党首の玉木氏でした。しかし、この人、父も弟も日本獣医師会の会員で、しかも香川県の医師会なんです。おまけに獣医師会から100万円の献金をもらっています。今回の加計の問題となった香川県の獣医師かいの総会においての挨拶でも、新規の参入を認めない旨を語っているのです。首相より、こっちの方がはるかに問題ではないでしょうか。

小池氏に対しては明確に「自分ファースト」と断言していますが、その通りです。この人は、日本新党以来、常に権力者のところを渡り歩いているだけの人でした。「しがらみのない」とは、この人をとって受けた恩も忘れて、後ろ脚で砂をかけること、自分の利益のためなら平然と人を裏切り、利用して捨てることを意味しています。

自民党を飛び出したのも、自分のエゴで、十分によくしてもらったにもかかわらず、攻撃したのです。ただ政治的センスや、メディアの使い方は特筆できる能力を持っています。これを善用する(政治も実際に進めていく)と大きな力になるのになと残念に感じます。

辻元氏については、北朝鮮や生コン業界との関係を指摘していましたが、辻元氏からの反撃がないところを見れば、痛いところを突いているのでしょう。石破氏については「ただのオタクですやん」と、これまた核心を突いていました。この人は、総理候補などではありません。安全保障・軍事に詳しいとされていますが、自衛隊の行動リストをネガティブリスト(指定していること以外はやっていい)ではなくポジティブリスト(これだけしかできません)という、軍事ではありえない出張をするなど、現実的ではありません。何よりも人望がない点で首相など務まらない人です。

本書では、他にも共産党の実態にも触れていましたが、いいところを見ています。私が意見を異にするのは高市早苗(たかいちさなえ)氏の部分(この人のことは評価できるので)と首相に関するごく一部の点だけでした。首相を批判するものの、その功績や政治信条などは評価していました。本書は、ほとんどが塀の中にいる私と同じ見立てでした。それだけに、現在の偏向した(大きく左に)報道の嘘がわかります。著者のように、おかしいことはおかしいと声をあげる議員が増えてくると政治も良くなるのですが。

著者の叙述は、一見、無茶に見えて、なかなか考えています。頭のいい人のはずです。これで出世などすると、大人しくなるのでしょうか。それなら、つまらないですが、今後もこの調子で政界の汚濁を追及してもらいたいものです。

それにしても、今の朝日や東京新聞をはじめとする左派メディアの偏向ぶりは常軌を逸しています。それだけ、政界の方針が「強い日本」「自立した日本」(今は自立しているとは言えません)への道を歩(あゆ)んでいる証拠でしょうか。

語り口は、「ハチャメチャ」のようですが、趣旨は正しい一冊でした。政治の学習の一助になります!

『現実から目を背けることは必ず代償を払う。それが長引くほど代償は大きく恐ろしいものになる』(オルダス・ハックリー)

このレビューで美達が紹介した本


みたつ・やまと●1959年生まれ。2件の殺人を犯し、長期刑務所に服役中。現在でも月100冊以上を読む本の虫で、これまでに8万冊以上を読破。初めて衝撃を受けたのは10代のときに出合ったロマン・ロラン著『ジャン・クリストフ』。塀の中にいながら、郵送によるやりとりで『人を殺すとはどういうことか』(新潮社)、『夢の国』(朝日新聞出版)などを著す。
>>livedoorプロフィール

記事検索
美達大和著書

『人生を変える読書 無期懲役囚の心を揺さぶった42冊』
廣済堂出版
amazon


『女子高生サヤカが学んだ「1万人に1人」の勉強法』
プレジデント社
amazon


『牢獄の超人』
中央公論新社
amazon


『私はなぜ刑務所を出ないのか』
扶桑社
amazon


『塀の中の運動会』
バジリコ
amazon


『刑務所で死ぬということ』
中央公論新社
amazon


『人を殺すとはどういうことか(文庫)』
新潮社
amazon


『死刑絶対肯定論』
新潮社
amazon


『ドキュメント長期刑務所』
河出書房新社
amazon


『人を殺すとはどういうことか(単行本)』
新潮社
amazon


『夢の国』
朝日新聞出版
amazon


最新コメント
立体イラスト

このブログに使用している立体イラスト作品はすべて町田七音氏による作品です。
>>サイト『-七色町-』

  • ライブドアブログ