-

無期懲役囚、美達大和のブックレビュー

教養を深めたい、仕事に生かしたい――。
人として成長するために本を読みたいと思っても、何から読めばいいかわからないビギナーのためのブログ。
服役中の無期懲役囚・美達大和から届く書評を随時公開。
週2回をめどに更新していきます。


>>はじめてこのブログを訪問された方へ | >>管理人より、みなさまへ。

更新をお休みします。

読者のみなさま、

いつも当ブログをご購読いただき、
ありがとうございます。

また、サポーターのみなさまには、
入力作業のご協力をいただき、
この場を借りて、
御礼申し上げます。

さて、管理人の個人的な都合により、
今週末のブログ更新をお休みさせていただきます。
更新を楽しみに待ってくださっている方に
たいへん申し訳なく、思っております。
再開時期については、
2週間後をめどに考えております。

今後とも、当ブログをご愛顧くださいますよう
お願いいたします。


管理人

『路地の子』 上原善広

_SX344_BO1,204,203,200_

『路地の子』
上原善広
新潮社
1400円+税
2017年6月刊

 著者はノンフィクション作家ですが、今回の取材と執筆の対象は父親でした。

 主人公は上原龍造(うえはらりゅうぞう)。丑年(うしどし)生まれて暴れ者だったことから「コッテ牛」と呼ばれた人です。出自が、この国では触れるのがタブーとされた部落でした。

 その部落を本書では、路地(ろじ)と称しています。みなさんは、穢多(えた)・非人(ひにん)という呼称を知っていますか。古くは平安時代まで遡(さかのぼ)りますが、僧や貴族だけではなく、一般民衆にまで忌避(きひ)されていた死者の葬(とむら)いや獣肉・皮の製造、それに下賤(げせん)と見られていた芸能者までを総称して、このように呼び、一般人とは別の「人に非ず」という扱いをしてきたのです。

 江戸時代では「士農工商」の下に置かれています。一般人との付き合いもなく、動物と同じ扱いでした。それが明治維新後の1871(明治4)年に解放令が出て「新平民(しんへいみん)」とされたのです。それでも差別はずっと続いてきました。

 大阪など関西でその差別も露骨(ろこつ)で執拗(しつよう)で、出自が部落と知れると就職・結婚にも支障が出ます。このへん、私には知識だけで、情緒しては理解ができません。私の生まれ育った町にも部落と呼れた区画がありましたが、父は普通の人と同じように接っていたものです。

 本書の主人公は1949(昭和24)年に大阪の路地で生まれた龍造が屠畜(とちく)を業(なりわい)として成功をおさめる過程と、部落解放運動が交錯していました。

 部落に生まれて差別されてきた人々を被差別民と呼んでいますが、その人たちが社会で不利益を受けないように配慮・援助していこうというのが同和(どうわ)事業に税制面でも優遇措置がありました。

「ありました」というのは、法制度上では時限立法で効力は切れていても、慣習として優遇は消えていないからです。他にも行政上で種々の恩典があり、これを同和利権とも言います。右翼や共産党などの左翼にヤクザまで入り乱れて、利権を巡って争ってきた歴史があったのです。

 龍造も15歳の時に包丁を持って殺してやろうとした男が、その同和事業に絡んでいて、敵対側に回りますが、牛の解体屋から成り上がるところに、龍造のエネルギーが感じられました。

 短期で怒ると暴れだすというのは、私にとって父のせいで珍しい世界ではないのですが、著者の父である龍造もそのような一面を持った人でした。冒頭は牛の解体から始まりますが、一度は見てみたいものです。表紙カバーに枝肉(えだにく。牛を二つに割った状態)の写真が載っていましたが、大きなものでした。

 差別自体については、両親のおかげで、部落だとか施設だとか、あるいは洋の東西を問わず外国人にも全くありませんし、なぜ、差別するのか不思議です。みんな同じで、父の言葉では「いい奴と悪い奴がいるだけ」でしかありません。

 私は部落出身の友人はいませんが、いたら何も意識なく付き合っていたはずです。もっとも、私の町では前出の区画にいたごく少数の人が部落民で、数も少なかったという事情がありました。

 関西では今も、はっきりと差別があると言われていますが、自分の出自を言えない人もいるのでしょうね。本書では、被差別民への社会の対応に是非を述べてはいませんし、解放運動も外側をトレースする形で、あまり深入りしていませんでした。

 現在、屠畜(とちく)・解体の仕事は昔ながらの職人から、自治体の職員や民間企業の社員と移行していますが、職業として興味深いものがあります。本書においても解体の場面の叙述を想像しながら読んでいました。

 なかなか、血が熱い男の物語ですが、著者は筆を抑えながら描写しています。食肉業界を題材として描いた書には『食肉の帝王』(講談社アルファ文庫)もあり、こちらの方は業界のことが詳しく書かれていました。

 ご一読を!

『賢い者はチャンスを逃がさない。しかし、自らそれ以上のチャンスをつくる』
(フランシス・ベーコン)


このレビューで美達が紹介した本

『ドン』 飯島 勲

_SX341_BO1,204,203,200_

『ドン』
飯島 勲
プレジデント社
1500円+税
2017年6月刊

 著者は、2001年から2006年まで、その政策とは別に国民に圧倒的支持を受けていた小泉純一郎首相の懐刀(ふところがたな)ともいうべき人物です。

 小泉首相の政界引退後も、著者は政界に対して一定の距離を保ちながら、『プレジデント』『週刊文春』誌など、対象がビジネスマンという媒体に、自身の政治・経済における知見を発表してきました。政界や国際政治などの動向について、私が追ってきた限りでは、かなり、高精度の見解の持ち主です。

 それだけ内部に肉迫した情報を取っている証左とも言えますが、それだけではなく、著者は「人間」、特に権力や財に群がる人間の性質を熟知していて、それをもとに洞察力を働かせるからでした。現在も、安倍政権の特命担当内閣官房参与という職にあります。

 その著者が過去に遡(さかのぼ)り、日本の政界の『ドン』と呼ばれた人物について語っているのが本書です。『ドン』とは、スペイン語やイタリア語で男性の貴人への尊称でしたが、映画の『ゴットファーザー』の大ボスであるドン・コルレオーネから、首領・大将・ボス・リーダーを広くドンと呼ぶようになりました。

 『ゴッドファーザー』は1973(昭和48)年の公開でしたから、もう42年も経ちます。マーロン・ブランドが演じるドン・コルレオーネは威厳と冷酷さと情愛の塊のような男で、中学生の私も将来は、あんな男になりたいと、夢を見たものでした。

 本書では、パフォーマンスがうまいだけの小池都知事に標的とされ、本日を見ないメディアによって抹殺された東京都議会の内田茂(うちだしげる)、アメリカと、日本の法律を破ってまで歴史に名を残したかった三木元・首相の合作のロッキード事件(のちに無罪とした最高裁判断は立派!)で葬(ほうむ)られた田中角栄(かくえい)など、当時のワイドショー化(今もそうですが)したメディアによって真実を隠された人物たちにつき、著者はその本質を突いていました。

 本書では、都議会については200億円の政党復活予算を、あたかも正義であるかのように廃止した小池都知事の失政やガラス張り政治がいかに誤りであるか、プロらしい分析で綴られています。

 現代は、政治もワイドショー化したメディアの報道の仕方によって大きく歪められています。そのような時代だからこそ、単に目先の大衆ウケを狙う報道に惑わされず、事実を連ねることで判断したいものです。

 田中角栄という人に関しては、大概は功罪(こうざい)、相半(あいなか)ばするなどと表現されていますが、戦後の混乱期に日本復興のために自身33! 関係したものが約100という議員立法は空前絶後で、「永久」に破られない記録となっています。

 罪の方の金権政治については、少し歴史を遡れば明治のころから、大きなスケールで買収や賄賂(わいろ)など行われてきて、山県有朋(やまがたありとも)に至っては貴族の爵位(しゃくい。公爵とか伯爵とか)まで、自分で勝手にばらまいていました。形としては明治天皇に奏請(そうせい。お願いしますと頼むこと)するのですが、天皇には拒否権がなかったので、要望通りになっています。

 本書の内容は、途中から厚労省やアフリカ会議と飛びますが、政治手法や内情を知る一助とはなっていました。結局、ドンとは調整力を備えたリーダー、ボスであるということでしたが、官僚制度にも触れていて読み物しては平易で楽しめました。
私は最近の新聞など、メディアによる政治報道はアウトラインしか見ていません。真相は大きく歪められているからです。

 そう考える根拠は過去から今までに蓄積してきた真相から推し測れる知識があるからで、そのためにも現場にいて正しい見解を持っている人の論考を必要としてきました。著者もその中の一人です。

 ただし、いつものように頭から盲信するのではなく、異なる情報から検証することを欠かしません。

 本書、政治の内側に興味ある人は一読下さい。

『私は固(かた)し玉葱のように元気だった』
(林芙美子作家)


このレビューで美達が紹介した本

みたつ・やまと●1959年生まれ。2件の殺人を犯し、長期刑務所に服役中。現在でも月100冊以上を読む本の虫で、これまでに8万冊以上を読破。初めて衝撃を受けたのは10代のときに出合ったロマン・ロラン著『ジャン・クリストフ』。塀の中にいながら、郵送によるやりとりで『人を殺すとはどういうことか』(新潮社)、『夢の国』(朝日新聞出版)などを著す。
>>livedoorプロフィール

記事検索
美達大和著書

『人生を変える読書 無期懲役囚の心を揺さぶった42冊』
廣済堂出版
amazon


『女子高生サヤカが学んだ「1万人に1人」の勉強法』
プレジデント社
amazon


『牢獄の超人』
中央公論新社
amazon


『私はなぜ刑務所を出ないのか』
扶桑社
amazon


『塀の中の運動会』
バジリコ
amazon


『刑務所で死ぬということ』
中央公論新社
amazon


『人を殺すとはどういうことか(文庫)』
新潮社
amazon


『死刑絶対肯定論』
新潮社
amazon


『ドキュメント長期刑務所』
河出書房新社
amazon


『人を殺すとはどういうことか(単行本)』
新潮社
amazon


『夢の国』
朝日新聞出版
amazon


最新コメント
立体イラスト

このブログに使用している立体イラスト作品はすべて町田七音氏による作品です。
>>サイト『-七色町-』

  • ライブドアブログ