2006年05月12日

次回情熱大陸

次回情熱大陸は獣医さん。こんな宣伝文句でした

獣医・溝口俊夫、59歳。
福島県の安達太良山にある福島県鳥獣保護センターで、野生動物専門の獣医として働いている。タヌキ、キツネ、ムササビ、アナグマetc・・・昨年1年間で400頭近い野生動物を治療した。
「なぜ野生動物たちは傷付くのか?」
治療だけでなく根本的な解決のため、溝口は動物たちの生態、保護された現場の環境などを調査し、鳥がぶつからない電線、動物が事故にあわない道路などを工夫し、山を切り拓いて作られる道路には設計段階から加わって、日本で初めての「エコロード」の建設にも尽力している。
実は、もともとは宇宙工学とシステム工学を研究していた変り種。だからこそ知った野生動物との共存の大切さがある。
溝口が説く「新しい自然とのかかわり方」とは一体、どんなものなのだろうか?






5月18日
大阪脳外科病院に福島Dr見に行ってきます
今月から脳外科で毎日が情熱大陸気分です。

mitekoumon at 19:02|PermalinkComments(0)現在の日本をかんがえる 

2006年04月16日

情熱大陸

来月から脳外科を2ヶ月ローテートすることに決まりました。
俺の人生の1個の目標が「熱い脳外科医として情熱大陸に出る」ということ。

そこでお気に入りに新たに情熱大陸を入れました。
ハカセタロウCDもこーた!
世の中にはどんな熱い事してるやつがおるか みてくらさい
今週は「リリーフランキー」

mitekoumon at 17:11|PermalinkComments(2)

2006年03月22日

卒業パーチー

みんな20日は来てくれてありがとな。かっつんと最後になんかおもろいことやろやってゆうことからはじまったこの企画かっつんもよろこんでくれたみたいやし、みんなとさわげてしかも目立ててわしゃ最高の時を過ごせました。こーゆーときを過ぎせる仲間がおってわしゃうれしい。かどの、はた、とく、きんしょ、東京組み、海外組みとも騒ぎたかったな。えんどうの結婚式でさわごうぜ!

記憶のただしいうちに曲目
1.ワンナイカーニバル
2.はじめてのチュウ
3.さくらんぼ
4.世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
<まるばつクイズ>
5.春一番
<ハードゲイ対ハードゲイ>
6.リンダリンダ
7.いい女

アンコール
1.ワンナイカーニバル
2.さくらんぼ




mitekoumon at 14:58|PermalinkComments(2)その他モロモロ 

2006年02月13日

国立病院機構

今日も当直。暇じゃないがなんとなくブログ。わしは今国立病院機構大阪医療センターというところで働いてます。わしの2年をささげる国立病院機構がドクターズマガジン今月号に特集されました。内容は「質の高い後期臨床研修のモデルを。」というもの。今しんぺいやいっちーやわしは2年間の初期臨床研修というものをしている。これは全ての医者に必須。その後はみんなどう考えているんやろか?とにかくみんな一通りの科をまわったのでここからは自分のなりたい科での仕事がはじまります。医局に入って医局人事で動くひとやら初期研修の病院に残ってレジデントするひとやらです。そんななか専門科を中心にもうすこし他の科もまわる後期研修医制度を導入したということで特集されました。わしもまだそこまで詳しくはしりません。きいときます。ただこのおおきなグループのこの動きはなんらかの影響を及ぼすでしょう。


少し国立病院機構についてまめ知識
全国146病院(近畿には20施設)国内最大のグループ。
60000床
職員46000人
年収入8000億円ほど
詳しくはhttp://www.hosp.go.jp/で。

あとわしの病院大阪医療センターのHPはhttp://www.onh.go.jp/です。

mitekoumon at 02:46|PermalinkComments(2)現在の日本をかんがえる 

2006年01月27日

博士の愛した数式

博士の愛した数式 読みました。この話は事故で80分しか記憶がもたなくなった数学者とそこに派遣された家政婦とその11歳の息子との生活を書いた本です。
たしかに数学の式をうまく、上品にもりこんであり数学塾講師やってたわしにはほーとおもうところもあった。ただ全体的にはあまりのめりこんでいかんかった。。
ただいまのわしが小説をゆっくりうけとめるだけの心の余裕がないのかもしれんなとは思います。いそがしくても常に生活の出来事に感動できる人でいたいですなあ
博士の愛した数式 気になる人は映画もはじまってるかはじまるかなんでみてみては?また報告プリーズ。

mitekoumon at 20:27|PermalinkComments(0)その他モロモロ 

2005年11月11日

外科をおえて

気がつけば早いもので研修医生活も半年がすぎた。10月いっぱいをもって外科が終了。そこでこの3ヶ月でわしが外科で何をしたか伝えようと考えたときやっぱどんな手術にどんなけはいったかを書こうと思ったので書きます。
1.食道癌4
2.胃癌7
3.大腸5
4.肺癌3
5.乳癌12
6.肝臓癌4
7.LUAE1
8.ヘルニア7
9.アッペ1
10.胆石1
計46件
その他ヘルプで入ったのを含めると50強。

これが多いか少ないかはわからんが3ヶ月外科をやって思ったのは外科はありということ。外科医はかっこええわ。手術ができるってゆう腕をもっていることがかっこいい。あと手術は患者さんにすごく大きな侵襲をあたえるけれどもすごく大きな決定的な1打ってゆえるいいことがあたえられる。
つらつら書いてきましたが外科はかっこいいとゆうこと。将来、外科系に進む意欲をかなりわかせてもらえた3ヶ月でした。



11月からは循環器内科3ヶ月。心臓は聴診、レントゲン、心電図、CT、エコー、カテーテルと評価できるツールが多いから難しいが楽しさもある。心臓ていう臓器をいかに攻略していくか日々格闘中。ではではまたおわれば書きます。



mitekoumon at 01:18|PermalinkComments(1)その他モロモロ 

2005年07月22日

内科がおわりに近づいて

みんなおげんき?3ヶ月は早いものでもう内科が終わりです。内科回って思うのは内科はおもろい。
それだけ。
まあちょっとゆうと色々な薬があって自分でだしてそれのきき具合を自分で感じれるとかとにかく日々新しい知識を吸収できる。好奇心のわく科やと思う。

うちの病院は総合内科、循環器内科、消化器内科にわかれてて今、総合内科にまわってるんやが
総合内科をまわると
1.脳血管内科
2.腎臓内科
3.糖尿病
4.呼吸器内科
5.血液内科
おのおの2人ずつぐらい合計10人の患者さんを日々みます。退院したら新しい患者さんがあたる。あとうちの病院は難しい疾患も診れるし、よくある肺炎みたいな疾患も診れる。スタッフも各グループ3人、レジ2人ぐらいいてていろんな先生の意見をきけます。グループ間の垣根も低いです。
ヤマシ、ジュンジュ、モリ、カドノ、ハタみんなはこれから病院決めていくんやが、わりあい大きい病院がいいような気がします。最初のうちは手技も大事やが考えたり知識を増やす事が大事やと思う。そんな時大きい病院のほうがスタッフが多いし色んな話を吸収できると思います。もちろん大きい病院でも手技はできますよ
あとは時間のあるうちに色んな病院をみることが大切やと思います。またまわった病院の話みんなでしようぜ  ではでは8月から外科がんばります。

mitekoumon at 16:30|PermalinkComments(1)その他モロモロ 

2005年06月24日

初任給

初任給がでました。おやじにはラルフの、胸にポケットがついてる白いシャツ、おかんにはラルフのベージュの日傘、おばあちゃんには旅行用バッグ。3人には手紙を書きました。
 初任給というのは一生に一回しかないもの。ある意味1回しかないねんから誕生日とかクリスマスなんかくらべもんならんよな。だから自分なりに満足のいくものにしました。こどもや孫の立場からでも初任給のプレゼントはどこか感動するものやから親たちにとっては表にはださないが感動するもんじゃないかなと思います。
 それにしても社会人になったんやからそろそろ貯金とゆうものもせなあかんようなきがしてきた。


無理やわなぁ。。。。。。

あ、初任給散財してますがしんぺさん、きんしょさん金はかえしますから!

mitekoumon at 17:19|PermalinkComments(2)その他モロモロ 

2005年04月22日

国試終わって1ヶ月半に得たもの

 最近アップしてないおざです。ハワイ行ったりニューヨーク行ったりと最後の学生の日々を遊びたおしてアップしてませんでした。。
 でもこの間ただあそんでたんではない。日々プライスレスな日々から多くのことをインスパイアされました。それをぼちぼち書いていこうかなと思います。旅も行きっぱなし、本もよみっぱなしなんで。。書いてみたら復習になるし自分への復習もかねて。
 今回はまずこの1ヶ月半に主にインスパイアされたもの目次

1.旅  aハワイ
     bニューヨーク

2.本  a儲け方入門 堀江貴文
     bルネッサンス カルロスゴーン
     c太閤記   司馬遼太郎
     d街道をゆく〜ニューヨーク散歩〜 司馬遼太郎
     eスプートニクの恋人 村上春樹  



あーー書けるかな。。。


mitekoumon at 03:05|PermalinkComments(2)その他モロモロ 

2005年03月12日

ハワイから帰ってきて久々ページ開いてみるとみんな色々かいてて暇な俺は楽しく読ませてもらいました。みんないろいろ情報発信してていいね。つねにどんないそがしいときでも自分から情報を発信できる人間でありたいと僕はおもってますから、みんなががんがん書けてるのはいいことやおもとります。


その中でしいの「本に関するコメント」に俺もコメント。

 まず俺は本はすごく好きや。ほんまあたりまえやが色んなことを知れ、学べる。あと本だけじゃなく映画、もちろんみんなのページもそうやがこれらって人がたくさんの時間、エネルギーをついやしつくりあげるもんやん。やっぱり人がたくさんの時間やエネルギーをかけてつくったものっていいやん。しかも見る人、読む人は短い時間でそれをあじわえる、学べる。そうゆう面でもおれは本、映画、みんなのページはすきやし楽しみにしてます。

 フィクションノンフィクションを考えるとノンフィクションが好き、これは男やからかな。どうもノンフィクションを買う手が伸びへん。。。
 たしかにしいのゆうようにノンフィクションってゆうてもどうしてもその作家の考えが偏見が入ってしまう。坂本龍馬のあの陽気な、すがすがしい性格は今日本ではあたりまえになってるがあれも司馬りょうたろうの「龍馬がゆく」があったからやろうし、その他歴史上の人物のこんにちの日本ではあたりまえになってるいわゆる「キャラ」は司馬さんの影響を今日の日本全体がすごく影響されてる。だからおれらが読むときはある程度は作者にうながされるのはしゃあないと思う。歴史モノなんかとくにそうでどんなけあがいても過去はわからんしな。
で、そんな中で俺等ができるのは出てくる事実、実際にした行動を「考える」ことかなと思う。「なんでこいつはここでこんなことをしたんやろ?」とか、「こいつは結局なにがしたかったんやろ」とか
歴史好きはそれにまんぞくせず実際にその地にいきその地の地形をかんがえ、その地の雰囲気を味わい自分なりの考えをもつんですね。
そういいつつおれはよく「ほーそーなんや」って純粋に楽しんで読んでるだけやが、

まあながなが書きましたが本は多くのことを教えてくれるいいものやとおもいますなあ











mitekoumon at 00:59|PermalinkComments(6)その他モロモロ 

2005年02月22日

6巻

P506iC0014877020.jpgはい今回は韓国。みんなで韓国焼き肉ツアーでもいきたい。国試受かってたら肉ごちる

mitekoumon at 18:02|PermalinkComments(0)その他モロモロ 

2005年02月17日

京都議定書

京都議定書が決定しましたな。環境に敏感なザイオンにはええ問題ですはい。
03年よりも年間14%もCO2をへらせゆうことやわ。減るんか?


環境の事よりあさってからの国家試験ですよね。。。

mitekoumon at 12:26|PermalinkComments(6)現在の日本をかんがえる 

2005年02月16日

五巻

P506iC0014614886.jpg三浦半島。かまくらですな。三宅、読んどくべしちゃうかぃ
1192いいくにつくろう鎌倉幕府です。

mitekoumon at 17:49|PermalinkComments(0)その他モロモロ 

2005年02月13日

菜の花忌 3

今回参加してみて大阪を、日本を心配し盛り上げよう、良くしようとしてる熱い大人たちがおるんやなあと実感した。

俺も自分が所属してる大阪や日本をもっとよくでけたらなあと思いましたな



またや、、はまってしまった。。勉強しな。。。。。。。。。。。



mitekoumon at 08:22|PermalinkComments(0)現在の日本をかんがえる 

菜の花忌 2.解剖学者 養老孟司

養老孟司「日本人と自己」について

この人の話は難しくみんなそれぞれにとらえかたもちが違うやろうしまた日をおってみんなで語ろう。とゆうことで軽くあらましだけ

 安藤忠雄が建築家の目で「戦後日本」を語ったのに対し養老さんは解剖学者の目で「戦後日本」をかたってました。
 終戦を若者でむかえた世代=今の日本を作ってきた世代今60歳ぐらいのひとは、終戦とゆうもので今まで正しいと思ってきた価値観を頭の上で大人たちがガラッと変えた。だからその子供たちはものごとを何も信用できなくなった。。。その不信感が
変わらない、安心できる、「モノ」とゆうものに走らせた。
だから戦後の日本の若者はソニー、ホンダ、松下に代表される「モノ作り」とゆうあんしんできる「モノ」に必死になったと。
養老さんももちろんその一人だったからこそ東大医学部を卒業したあと変わってしまう生きてる患者さんを扱う医者よりも変わらない死体をあつかう解剖学者になったのだといっていた。

あと人とは変わるもの。げんに1年で95%の細胞が体内でいれかわっている。
でもDNAはひとりとりちがう。それが変わらない自分だ。それこそが個性なんだと。だからやっきになって個性を伸ばそうなんておかしいとゆうとった。
この辺はむずかしくだからどうなんだ?って感じでした。



「戦後」うまれてもいなかった僕ら世代が作る将来の日本はどうなっていくんでしょうなあ。モノとゆうかたちあるものにかこまれて育ってきたからコンピューターなるソフトなものがはやっているんでしょうか?
将来の日本が心配かつ楽しみでする。




mitekoumon at 07:55|PermalinkComments(0)現在の日本をかんがえる 

菜の花忌 1.建築家、安藤忠雄

平成17年2月12日菜の花忌「日本人を考える」について

安藤忠雄のはなし「日本人と土地」について。。。
 今世界で働いてる彼は世界の民族に日本人はあまり好まれていない。日本人とゆう民族は必要なんか?と考えとるみたい。んで安藤さんは日本人のいいところを伸ばそうとしてる。日本人のいいところそれはなにか??彼によると

  「自然観がある」

これです。日本人は昔から四季の中で暮らし自然を感じて生きてきた。しかし戦後経済のために自然をきりくずし大切な自然を裕福とひきかえになくしてきた。これをなくしたら日本人はだめだと建築家の目から日本人をみたかれはゆう。

そこで彼は瀬戸内オリーブ基金としてお金を集め瀬戸内海にオリーブの木をたくさん植えたり、震災のあった神戸に25万本の木を植えたり、淡路島にいらなくなった貝殻を100万個並べたはまべを作ったりして自然とゆうものを守る活躍をしている。んんいいことやね。その地域地域の人たちと、誰にでも参加できるかたちでしかもいいことをする。共感できますね。

あと彼は大阪出身で大阪を愛し大阪を活気あふれる街にしたいと考えてる人で
彼が今考えてるのはとゆうかもう動き出してるのが 

「中ノ島から川沿いに天保山までサクラの木をうえていく」

とゆうものです。街をきれいにしまわりの街のひと世界の国の人に大阪にきてもらおうとゆうものですな。おしゃれやね。

ザイオンも大阪うまれとゆうことで大阪がもっともりあがることをきかくしていけたらいいですな。

mitekoumon at 07:24|PermalinkComments(0)現在の日本をかんがえる 

2005年02月11日

現状

なんか1個1個がまとまりなくなってきたから今の水手黄門の概要まとめます。

1.戦国(今年は誰を攻めようかまよってます)
2.幕末
3.現代
4.街道をゆく
5.その他もろもろ 

です

今日もはまってしまった。勉強しまふ


mitekoumon at 08:20|PermalinkComments(0)その他モロモロ 

龍馬の嫁 おりょう つづき

みんなNHKみたのかい?
みてないひとのために。

 結局龍馬とおりょうは数年つれそっただけで、龍馬はおりょうを危ない京都から安全な長州(山口県)にあずけた。そのまま龍馬は京都近江屋で暗殺される。その後おりょうは龍馬の遺書どうり龍馬の実家に預かってもらうんやが、おりあいがあわず西郷をたより東京にいく。そこでマツベイとゆう男とむすばれる。そして晩年になり龍馬とのことを新聞記者にはなす。そのまま60すぎに激動の人生をおえる。
 夫のマツベイはおりょうの墓には「龍馬之妻龍子」と彫った。

それにしても家茂と和宮もそうやし、龍馬とおりょうの話もやが、歴史の華々しい話の裏にはなんともいえない、せつない男女の関係ががあるんですなあ。
歴史にほんそうした男をもつ女のせつなさ。どんなもんなんでしょうか。



大事をなすおとこは女の縁はないんかな。。。


 

mitekoumon at 07:58|PermalinkComments(0)幕末 

2005年02月10日

四巻

P506iC0014352738.jpg高野山。空海ですな。世界遺産にもなりました。なぜひとりの和尚がここまでカリスマをもてたのか。なぜ今だにみんなに慕われ頼られるんやろ?仏教とはそもそもなんぞや。 それも読んでのお楽しみ

mitekoumon at 14:55|PermalinkComments(2)その他モロモロ 

三巻

P506iC0014287201.jpg東北。東北は偉大らしい。さてなぜ偉大なんでしょうか? むむ 結果は読んでのお楽しみ

mitekoumon at 14:47|PermalinkComments(0)その他モロモロ