工藤美都 心理カウンセラー

value creation roomです。
師走ですね。
皆さまいかがお過ごしですか?

家の引越しがあり、カウンセリングルームも今月16日に日本橋に移転いたしました。

日本橋駅の9番出口(地上)からは、なんと15秒!
東京駅からも7分ほどです。
アクセスの良さや使い勝手の良いオフィスビルは、大変ご好評頂いております。

悩みを解決・良い方向へと変わっていくきっかけを作るお手伝いが出来るよう、今年も残り僅かですが、精一杯取り組んでいきます。

いつもありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーー
value creation room
<mail>info@vc-room.jp


ビューティーアドバイス東京
<mail>kudo@vc-room.jp


親は子に対してこう思います。
「幸せになってほしい」

数々の失敗があってこそ人は学びますが、どうしてもこうなって欲しい、辛い思いをさせたくない…というのが親の本音。

だから、事あるごとに口を出してきます。
「そっちじゃないよ!こっちが正解だよ!」って。
「これをやり切ったら、きっと幸せが待ってるよ!」…って。

でも、子供はそれをウルサイとかウザいと捉えます。
だって、まだ経験してないのにこっちが正解だと言われてもわからないし、窮屈さを感じます。
親は、それが分かりながら言ってしまうのです。
可愛いから。
大切だから。

親子ほど近くて分かり合うのが難しい存在は他にはいません。

そして、親はこう感じます。
「私の子育て、間違ってるのかな…」

悩み、苦しみ、いつか子供が自分の思いをわかってくれる日を望みながら。

だから、信じるしかないのです。
任せるしかない。
たっぷりの愛情を注ぎながら、やりたい事をやらせて、行きたいところに行かせて、その子が好きなように自由な気持ちでのびのびと生きているのを…ただ見守るしかないのかも知れません。

それは本当に忍耐がいる事です。
でも、大切な事は口うるさく言ったっていい。
だって、大切な事だから。
その天秤の調節が凄く難しい。
親は、そうやってどんどん親になっていくのですね。
子供に沢山の事を学びながら。
すごい事です!

だからきっと、子供はちゃんと様々な経験をして、素晴らしい大人になって行きます!

その分、たっぷりの愛情だけ与えてあげてください。
もうそれで充分です。

お父さん、お母さん、毎日本当にお疲れ様です。


いつもありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーー
value creation room
<mail>info@vc-room.jp

ビューティーアドバイス東京
<mail>kudo@vc-room.jp


「本当にやんなっちゃいますよね、人生って。」
10年前、ある方が笑いながら言った一言。
その頃の私は、「この人はいろいろ苦労してるのに、何故こんなにもあっけらかんと笑えるんだろう…」と不思議に思いました。


そう、人生は山あり谷ありです。
次から次へといろんな問題がやってくる。
望みもしないのに。

何故、自分ばかりこんな目に合うのか…
考えたってわからないことだらけです。


でも、今の私は「人生、やんなっちゃう」と笑いながら行った意味がようやくわかったように思います。
それは、こう感じるからです。
「人の幸・不幸は生命力で決まる」

不幸な事が起きると生命力が奪われます。
生きる希望も無くなり、まるで生きているのに地獄にいるような感覚です。
そこでグルグルといろいろなマイナスの事を想像し、更に生きるのが辛くなります。

不幸な状態は愚痴を生みます。
愚痴がダメなのではなく、愚痴はマイナスの言葉ですから、聞いた方はマイナスをもらいます。
更に愚痴を言いたくなる衝動に駆られます。
愚痴を言った後は少しだけスッキリしますが、問題の解決には至りません。
聞いた方に生命力が無いとマイナスが移りますから、何度も聞くのが辛くなってしまうでしょう。
だからこそ、生命力がある人に愚痴を言う事をお勧めします。

生命力がある人は普段から幸せを感じています。
心が幸せだからこそ、生命力に溢れているのです。
きっと、山あり谷ありの人生を歩んできて、強くなっているのだと思います。

「山あり谷あり」それが人生であり、そうなって当たり前だと悟っているかのようです。

マイナスも移るものですが、プラスも確実に移ります。
生命力満々の人の言葉を聞き、そこから抜け出すヒントを得ていきましょう。

人と人はお互いが常に勉強になります。
だから、人はその為に人と一緒にいるのです。


いつもありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーー
value creation room
<mail>info@vc-room.jp

ビューティーアドバイス東京
<mail>kudo@vc-room.jp

このページのトップヘ