工藤美都 心理カウンセラー


先日、嬉しいご報告がありましたので、ご了承の上掲載させて頂きます。
******************

いきなりメール失礼いたします。
2016年の1月から工藤先生のカウンセリングを受けていたMと申します。

2年前、大学卒業直前に長く付き合った方と別れ途方に暮れていて、誰かに話を聞いてもらいたい、自分を変えたいとその一心でカウンセリングを受けました。

現在、社会人3年生として頑張っています!
そしてなんと、働き始めてから職場の先輩とご縁がありまして、来月から一緒に住むことになりました。
引っ越しのため片付けを行っていると、カウンセリングしていただいたときのワークシートをファイリングしたものを見つけました。
驚いたことに、最後のワークでやったピラミッドに書かれていたものが、結構今の私に反映されていました!
そして自分が大切だなって思っていることも再確認できたり。
パートナーの欄は、今の彼にそっくりでびっくりです笑

カウンセリングを受けて、自分を受け入れて生きることが出来ています。
カウンセリングを終えてからお礼が言いたかったのですが、なかなか言い出せず2年も経ってしまいました。
ありがとうございました。

工藤先生もお身体に気をつけて、お仕事がんばってください!
またどこかでお会い出来たらいいなと思ってます。
ありがとうございました!

******************

このような素敵なご報告をいただき、とても嬉しいです。
メールありがとうございます!
Mさんの信じる気持ちと行動が、実を結ぶ結果になったのだと思います。

メールの文面内にあります最後のカウンセリングワークとは「価値のワーク」になります。
紙にピラミッドのような三角形を書いて、文字を埋めていきます。
自分自身の価値が何かを探っていくワークですが、途中でご自分の好きなものや求めている事、願望や希望など沢山のプラスで埋め尽くされます。
そこには、本当の自分や本来の自分がイキイキと、無意識的に出てきているのです。
難しい事は特に無く、楽しみながら自然と確立出来るものとなっております。

Mさんも当時から今日までの間、実は無意識的にご自分の価値を中心とした言動をなさっていて、プログラムされた道をいつの間にか進んできたのかと思います。
だからこそ、過去に書いた事が現実のものとなっているのですね。
そして時が経った今、わかることなのかもしれません。

Mさんのこれからの未来も素晴らしいものとなりますよう、いつまでも応援しています。

ご自分を大切に!
人生楽しく!

いつもありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーー
value creation room
<mail>info@vc-room.jp

ビューティーアドバイス東京
<mail>kudo@vc-room.jp


第一印象で、直感で「あ、この人好き」「この人嫌い」と思う時ってありませんか?

その人がどういう人かもあまりわからないのに、それを感じてしまう…。

それには意外な事が隠されているのです。


どうにも人間関係が上手くいかない場合、上手くいかない同士がその事で悩んでいたということは少なくありません。
それは、価値観の差とも言います。
何かのコンプレックスを抱いていたりすると、それが出来ている人を妬んだり羨んだりしてしまい、何となく鼻に付く事もあります。
価値観が同じようだと分かり合える気がしますし、なんとなく分かり合える感を感じるので、最初から好印象です。


例1)Aさんは会社の先輩で、サバサバしたハッキリ物事を言うタイプ。
Bさんは少し天然で甘えん坊タイプ。
正反対のタイプで、BさんはAさんのハッキリ言う事に憧れがあるものの、恐いと感じる事もしばしば。
AさんはBさんの天然な部分を理解出来ず、何でも甘えればいいと思って!と、、
なんだか関係がギクシャクしています。

そして、AさんはBさんの「甘えている」という前提で物事を見ているので、上司に仕事を助けてもらっている姿を見て激怒。
「ちゃんと自分でやりなさい!」と喝を入れました。
Bさんは萎縮してしまい、もう仕事を辞めたいまで思って泣く日々。

ここで、何故AさんはBさんにこんなに怒ってしまうのか…。
それを紐解いてみると、心には意外な事が潜んでいたのです。

Aさんはそもそも子供の頃から何でも自分でやってきたタイプです。
甘える事が許されない、両親とも厳しく育ててきました。
だからこそ、自立が早かったのです。
Bさんは一人っ子で子供の頃から両親ともに沢山いろんな事を助けてくれて、甘える事に慣れています。
そして、いろいろな事を聞いて覚える事が得意です。

すると、Aさんはそれが当たり前、Bさんもそれが当たり前で育ってきていますから、それぞれの仕事の仕方に違いが起こって当然なのです。

Aさんの中では、その方法しか知らないのでそうやって生きてきましたが、、
実は無意識的にBさんのように甘えられない自分にコンプレックスを抱き、甘えると可愛がられる事を羨ましいと思い、「私とは違う人」として除外する事で自分を正当化し、守っている状態だと言えます。

Bさんは一人っ子で両親が何でもやってくれる事を実は「鳥かごの鳥」と思っていて、自由が無い、決められたレールの上で人生を進んでいかなければならない事に苦痛で、、
Aさんのように自分で何でも決めて実行する、何でもハッキリ言える事を羨ましいと思いながらも、怒られる事に慣れておらず恐怖に感じているのです。

2人の関係性は起こるべくして起こっている、この正反対さが生み出した関係と言えるでしょう。

その場合、その事にどちらかが気付き、そういった状況をお互いに話す機会があれば、「お互い大変だったよね」と歩み寄る事が出来ます。
そうなったら磁石のようなもので、急激に仲良くなれるかもしれません。


人間関係が上手くいく秘訣は対話です。
そして、相手を共感する気持ち。

でも、自分に自信や余裕が無いとそれを「よし!やってみよう!」とはなかなか思えません。
まずは自分の否定のクセや「こうでなければならない」という枠を取って、肯定出来るようになる事が最初の一歩です。
自分をよく知っていきましょう。


いつもありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーー
value creation room
<mail>info@vc-room.jp

ビューティーアドバイス東京
<mail>kudo@vc-room.jp


ご相談内容で一番多いのが、恋愛についてです。
かつて、恋愛相談は友達や先輩などにするのが当たり前になっていました。
というよりも、他に相談する相手がいなかったので、一番身近でわかって欲しい存在の人に答えを求めるのです。

私も経験があるのですが、近い存在の人は私の事を思ってアドバイスしてくれるので、どうしても主観的な意見であり、それによって求めていた答えが返ってくる事が少ないように感じました。

ただ、
・私を思ってくれるだけでいい
・あなたは悪くないよと言って欲しい
・頑張ってるねと言って欲しい
だけなのに、

別れた方がいいよ!
そんな人最悪だね!
なんでまだ一緒にいるの⁈
と、言われてしまいます。

そして、なんだか申し訳ない気持ちになって自分を否定していきます。
男運がないのだろうか…
わかってるんだけど、別れられない私が悪いのだろうか…
そもそも理想の人ではないのに、どうしてこんなに心を揺さぶられるのだろうか…

いくら頭で考えてもわかりません。
そう、それは心で起こっている事だからです。

心とは、無意識の世界です。
無意識とは、自分の意識とは違う、もっと深い世界の事。
感覚や感情を司るところ。
そんな目に見えない世界で起こっている事だから、なかなか解決が難しいのです。

「何故こんなに恋愛が辛いのか」
それは、そういう人を選ばなくてはならない、このような思いをしなければならない理由が隠されているからです。

通常は、こんな人嫌だ!と思ったら、心が冷めて別れを選択するでしょう。
そうはならないのは、心の中に何かがあるからです。
その根本原因を探ると様々見えてきます。

根本原因は、実は過去にあります。
どのように育てられてきたかとか、どのような事があり、何を言われてきたか…
など、それらの過去が今の自分を作り上げてきたのです。

恋愛で辛い思いをするという事は、
「我慢している」
「主導権を握られている」
「裏切られて傷付いている」
など、様々ですが、

過去に何か我慢をしてきませんでしたか?
誰かに主導権を握られた経験はありますか?
裏切られて傷付いた過去はないですか?

これは恋愛だけではなく、両親や家族、友達や仲間、先生、知り合いの人、知らない人などの間に何があってどんな気持ちになったか…にも及ぶことです。

もしそのような経験があるとしたら、その心の傷が癒えずに今も心の奥底にありながら生きていると言えます。
それが思い出になっていないと、その傷が現在の因を作っている可能性があるのです。

心の癖のようなもので、それが、一番感情を動かされる恋愛で覿面にその癖が出てきてしまうのです。
だから、頭で考えている事と心で感じる事の差が生まれてきてしまう…。


辛い恋愛をしている方は、心に何かの傷を抱えていて、その傷に気付かず、無意識にその相手でその傷を癒そうと頑張っている状態だと言えるでしょう。
「私を見て!」
「私をわかって!」
「私を大切にして!」
精一杯声を出しても、一向に振り向いてくれず、また頑張り続けてしまう。
その繰り返しは非常に辛い事と思います。


その声が届くには、方法があります。

もっと自分を知っていく事、傷を癒していく事、、自分を大好きになる事。

その先に素敵な恋愛が待っています!


いつもありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーー
value creation room
<mail>info@vc-room.jp

ビューティーアドバイス東京
<mail>kudo@vc-room.jp

このページのトップヘ