工藤美都 心理カウンセラー

2017年06月


家族とは…
不思議な縁を持っている共同体。
もはや偶然ではなく、必然的な、運命的な縁。
最も近い存在。
切っても切れない関係性。

その特別な関係だからこそ、その家庭ごとの様々なドラマがあります。


家族の中でもう何年も口を聞いていない、大嫌いな存在の人がいるとします。
それはとてもモヤモヤするもの。
何故モヤモヤするのか?
だって…、家族だから…。

例えば、お姉ちゃんが辛そうな時、私は何度も助けてあげたのに。
お姉ちゃんは私が辛い時助けてくれなかった。
何で助けてくれないの⁈

それはもう、ショックです。
裏切られた気分。
悲しい。
じゃ、私だってもう助けないから!
むしろ関わるのはやめよう。
口も聞かない。

何故こんなにも悲しいのか?
何故そう思ってしまうのか?

それは、愛しているから。
愛してないと、モヤモヤすらしません。
悲しくもないし、悩みもしません。
大切な存在なのです。
だから私と同じように愛して欲しいのです。

でも、見返りを求めてしまうとより一層辛くなる。
こうして欲しい。
ああして欲しい。
してくれないと悲しくなる。

だから、白か黒かの決着を付けようとする。
自分で答えを出した方が傷付かなくて済むから。

そして、黒だと思い込んだ対応をしてしまうと、当然黒の答えが返ってくる。
だから離れる事を選択する。
離れたまま、もう数年経ったまま、心のどこかで今もモヤモヤしたものを持ちながら生きている…。


この場合、自分で答えを勝手に出さないようにします。
相手が何を考えていて、どんなふうに思っているか本心はわからないからです。

自分に素直になること。
恨むのでは無く、愛してるという本心を伝えること。
責めるのでは無く、本当は仲良くなりたい!という本心を伝えること。

本心は、嘘偽りない本物の気持ちです。
本当は?と、ご自分に投げかけてみましょう。
ご自分の気持ちを確かめてみて、あー、本当は好きなんだな。
と思ったら、もうあとは素直に正直になってみるのです。
そうしたら、自分に嘘はついていないのでモヤモヤは無くなります。

まずは、モヤモヤ退治からです( ᵕ̤ ‧̫̮ ᵕ̤ )


いつもありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーー
value creation room
<mail>info@vc-room.jp

ビューティーアドバイス東京
<mail>kudo@vc-room.jp


人生は何が起きるかわかりません。
良いことも悪いことも、突然やってきます。

何か嫌なことが起きた時、人は絶望まで行ってしまう事もあるかも知れません。

でも、それを強い気持ちで乗り越えられる人は、きっと強くいられる何かを持っています。
そして、どう生きているかが強さを生み出すコツになっているのです。


普段から何を中心として生きているか。


1.自分の欲望のままに生きている
2.自分の幸せの為に生きている
3.自分と他人の幸せの為に生きている
4.自分や他人の幸せ、世の中の平和の為に生きている


1から4までの順番に進んでいくと、4がより深く人生を謳歌している人の特徴とも言えます。

少しスケールが大きい話ですが、実際に心の豊かさを得られている人は、自他共の幸福を考えて行動しており、そこに自分の喜びを見いだしているのです。

1の場合は特に自己中心的な考え方をしている人が多く、例えばお金が一番大事だという価値観の素、犯罪に手を染める傾向が多く見られます。
そうすると、人を騙したり、上手く行かなければ他人を傷付け、そこに憎しみが生まれ、更なる憎悪の連鎖へと進んでいく恐れがあります。


人間であるならば、本来誰もが人に対しての優しさを持っています。
また、愛を受け取り、与えたいとも思います。

それを引き出していくには、3や4のような既にそういった事をしている人の言動に着目し、自分自身の中に取り入れていく必要があります。

自分だけの考え方で孤立していると、間違っていることに気付かない事や、何か悪い事が起きた時には気持ちがズドン…と落ちてしまうかも知れません。
強さを得られれば、何があっても乗り越えていくことが出来ます。
強さ=生きる意味を知っている
その意味を持ちながら生きているという事は、それを中心に生きるということ。
だから強い。

また、世の中一般で素晴らしいと称賛されている偉人たちなどをお手本にしていく事は、私も実践しています。
生きる意味や強くいられるコツを教えてくれるからです。


あなたは誰をお手本にしたいですか?
どんなふうに、人生を歩んで行きたいですか?


いつもありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーー
value creation room
<mail>info@vc-room.jp

ビューティーアドバイス東京
<mail>kudo@vc-room.jp


だいたいの悩みは人間関係から来ています。

そして、それらはお互いの価値観の違いによる交わらない線の上で、勝手に相手がどう思っているかを考えて辛くなってしまう事が非常に多くあるのです。

私もずっとこのグルグルにハマってしまって苦しい思いをした一人です。
それは、もうある意味驚異的な妄想なのです。

「〇〇さんはきっとこう思ってるんだろうな」
「〇〇さんはあの時もこう思ってそうしたんだろうな」
「〇〇さんは絶対私の事嫌いだろうな」
「私だって大嫌いだよ。もう会いたくない!」

このように、相手が本当はどのように思っているか聞かずに妄想していくと、果てしなくマイナスの連想が続いていってしまいます。

でも、やっぱり相手にそれってどうなの?って聞くのは…怖いんですよね。
嫌われたくないし、出来れば好いてほしいのが人間ですし。

そんな時は、「私の事嫌い?」とは聞かずに、まず観察します。
相手がどんな人なのかを知って行く作業です。
そして、良いところ探しをしていきます。

人って、絶対に得意な事や好きな事があるはずなんです。
「〇〇さんのこういうところすごいと思います!」
「それ可愛いですね。」
など、お世辞ではなく、本当の事を伝えましょう。
褒められて嫌な気持ちになる人はいません。
人とのコミュニケーションは、まず観察から入ってみるのです。

そして同時に、「自分はこう思っています。」
と伝えられる瞬間を待ちます。
きっと、いろいろ対話が出来てくるうちに、相手がどんな事を思っているのかわかってきます。

どんな人が好きなのか、どんな言葉だったら理解してくれそうなのか。
本当の自分をどのように伝えていくのか。

観察、対話から、伝える作業が自然と出来てくる…これが分かり合えるという事に繋がって行くはずです。

思いは伝えないとわからないもの。

お試しを♡( ᵕ̤ૢᴗᵕ̤ૢ )♡


いつもありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーー
value creation room
<mail>info@vc-room.jp

ビューティーアドバイス東京
<mail>kudo@vc-room.jp


ブログの中で幾度か出てきている「価値」の話。
皆さんはご自分に価値があると考えた事はありますか?

だいたいの場合、日本人は特に否定や自己嫌悪などの方法でご自分を律する事が多いかと思います。
日本人のうつ病が増加したのも、こういった背景があるのです。

それは、もう癖のようなもの。
何か上手くいかない事がある度グルグル悩み、誰かと比較し、「あー、私って本当にダメだなぁ…」と更に自分にダメだと認識させる行為を繰り返したとしたら…
小さい頃からや、数年間ずっとそれを繰り返したら…
それは癖になってしまいますよね。

そうすると、自分自身に価値があるなどの考えに及びません。
ダメだと信じてやまないのに、まさか価値があるなんぞや、思いもよらないのです。

はい、それが私でした。
「こんな馬鹿な人間に生まれてきて、生きてていいのだろうか?」
「ダメ人間なのに、なんで生まれてきたんだろう。。」
そんなことを、毎日呪文のように繰り返し言ってました。

言霊と言いますか…
繰り返し思う事や言葉に出す事って、本当にその通りになってきてしまうんですよね。
そのうち、自分の取り巻く環境がマイナスのものに包まれてくる。
自分の周りに集まる人間も、出入りする場所も、自分の体調も、そしてオーラも…。
マイナスの価値観でいる事に慣れてくると、そこからなかなか抜け出せなくなる、身動きが取れずに苦しいのにプラスの世界に疑いすら感じてくる、今いる場所にいる事が正しいと思いこんでくる。

せっかくのその人の良さが、薄れてくる。
だんだんと、自分でも気付かないうちに自分が変わっていってしまうのです。


では、もしもマイナスから抜けて、ご自分の価値にまで目がいくようになったとしたら?

そう、正反対の事が起こります!

マイナスの状態からプラスの状態に行くことを経験すると、その差はもう天国と地獄です。

毎日呪文のように繰り返し言っていた言葉も「ありがとう」に変わり、身体は辛い箇所が無く調子良く動き、好みの場所も変わり、自分の周りに集まってくれる人たちも価値観が同じような人、オーラはどうでしょう?色が変わったかも知れません^_^


まず、マイナスから抜けること。

そして…価値を自覚した時、価値観も変わります。

本当はどういう事を望み、どういう生き方をして行きたいですか?


いつもありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーー
value creation room
<mail>info@vc-room.jp

ビューティーアドバイス東京
<mail>kudo@vc-room.jp


よく有名人の奥さんで、「良き妻」と言われている人っていますよね。
でも、最初からそうではない、誰とでも良き妻でいられるかというと、そうではないのです。

結論から言うと…
自分と合うとか、尊敬出来る人だからこそ「良き妻」が出来上がり、「良き妻」でいられるんです。
自分にとって素晴らしい相手だから、頑張って愛情をあげていたら、いつの間にかそう言われるようになっただけなのです。

だから、彼女や妻として至らないと言われたり自覚している場合は、相手と合っていないという事になります。
決してダメなんかじゃありません。
だって、相手に対して納得いってないと、頑張る事は出来ないですもの。


絶対に譲れないことや納得いかないことは人によって違いますが…

例えば、もっと連絡して欲しいのに相手があまり連絡しない人だとしたら…
尚且つ、あまり会おうとしてくれない人だったら…。

本当はもっと会いたい!連絡して欲しい!
それがどうしても自分にとって譲れないものだとしたら…

我慢しますよね。

こちらから度々連絡してもなかなか返事が返ってこない、沢山mailを送ってたらウザがられてしまった…

相手が趣味に没頭するタイプで、お休みの日は趣味に時間を使う。
私とは1ヶ月に1度しか会ってくれない。
など。


そして悩みます。
どうしたらいいんだろう…?


答えは2つ。
会わない・連絡しない事を受け入れてそれに慣れるか、合わないから関係を終わりにするか。

きっとそのままだとずっと悩んでしまい、寂しさが募り、浮気に走ってしまい兼ねないですよね。


自分にとって、何が譲れないのかという根本を相手に伝えてみて、お互いに歩み寄る努力が出来れば関係は良好なものになってきますが、それがままならないのであれば苦しいだけです。


価値観は人それぞれです。
まず、自分がどうしたいのか。
それが絶対に譲れないものなのかどうか。


良い彼女や良い妻と言われる人たちは、相手との間にこの譲れないものが存在しません。
合わないところがあっても受け流せています。
受け流せているのは、自分も相手もどちらも尊重出来ているからです。
どちらも大切に出来ているから。


根本が自分に合う人と一緒にいましょう。


いつもありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーー
value creation room
<mail>info@vc-room.jp

ビューティーアドバイス東京
<mail>kudo@vc-room.jp

このページのトップヘ