工藤美都 心理カウンセラー

2017年07月


人と同じ事をするのが好きな人は多いと思います。
同じ事をする事によって、仲間意識が強くなり、安心感や同感などが得られるからです。
それは人間関係において人間が最も安全でいられる方法だと無意識的にわかっているのです。

日本人は特にマジョリティ(多数派の集合体)気質があり、マイノリティ(少数派でアンフェアな立ち位置)だと馬鹿にされたり、除け者にされたりする事も多々見られるので、いつの間にか個性をあまり出さずに皆に合わせている人が多くいるのです。

よって、「人と同じでいる事=安心・安全」ということになり、それが欲しくて無意識的に「人と同じ事をしたい」と強烈に思い、むしろ同じでないといられない、同じ事をする事は美学とさえ思ってしまう、依存状態が作り出されるのです。

そういった依存は、様々あります。

例えば、〇〇ちゃんと一緒の洋服や習い事や学校まで同じだったり、皆が持っている物を自分だけ持っていないと不安になったり、恋人の好きな物が好きになれない自分を責めたり…。

そうやって、いつの間にか個性より類型的なものを望んでしまう依存が増えてきているのです。

しかし、個性は自分が本当に好きなものを手に入れるのに必要だったり、自分の持って生まれた特徴や性格だったりするので、それそのものが本当の自分ということは紛れも無い事実です。

本当の自分で生きる事は、多々障害はあるかも知れません。
それを突き進む勇気を得るには、自分が何者にも負けない強い精神力が必要となるので、自分が大好きで肯定出来て、認めていて、優しく愛してあげることが重要です。
そうでないと、他人のマイナス面を受けた時、右往左往してしまうから。

個性は「これが自分なんだ!」と周りを気にせず続けていった先に、何故か一点物のような特別な扱いをしてくれるようになる可能性も大きいのです。

個性は本来とても素晴らしいもの。
日々、価値ある自分を信じて愛してあげてください。

いつもありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーー
value creation room
<mail>info@vc-room.jp

ビューティーアドバイス東京
<mail>kudo@vc-room.jp


人は何か問題が起きた時、悩みますよね。

何故、自分がこんな目に合わなくてはならないのか…
グルグル、グルグル。
考えても拉致があかないのに、ずっと、起きた出来事を頭の中で復習するのです。

私もかつてそういう思考の中にどっぷりハマっていました。
そうして、決まってこう思う。

・私は嫌われている。
・こうしてあげないと可哀想かな。やってあげないと優しくないよな。
・自分がいけないんだ。
・なんで私ばかりこんな目に合うんだろう。
・自分はなんてダメな人間なんだろう。
・自分なんか居なくなればいいのに。
・なんで生きてるんだろう。
・生きている価値なんて無い。

ネガティブ思考にもほどがある…
ネガティブど真ん中。

それと同時に、人から好かれたい、人に認めて貰いたい願望がワサワサと出てきて、自分を思いっきり否定しながら肯定してもらうのを望んでいるのです。
だから、いつも心の奥はザワザワと落ち着かない。
心配や不安が常につきまとう。


今は、その逆です。
問題が起きた時はチャンスと捉えられるようになっています。
だって、意味があるから。
人生で起きる事すべてには意味があって、その問題を乗り越えた先には、必ず自分の中にある、自分が苦手だった部分が無くなっているから。

乗り越えた先に待っていたものは、大切な気付きと喜びと、強さと、感謝、そして自分への愛。
それが、また人や世の中への愛に変わっていく。
この方程式は、全て感覚・命で感じているというもの。


チャンスと捉えるにはコツがあります。
頭では決してそうは思えない。
頭では無く、感覚でプラスを得ていけた時、ネガティブ思考からポンっと抜けて、「問題」をチャンスと捉えられるようになるのです。

「問題」は、本質を見抜けて、自分を更に高い位置に連れていってくれる、無くてはならない存在です。


いつもありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーー
value creation room
<mail>info@vc-room.jp

ビューティーアドバイス東京
<mail>kudo@vc-room.jp


何かを悩んでいたり、迷っている時など、人は人の意見を聞きたくなります。

それでも納得いかなかった場合は、「あぁ、そうか」と腑に落ちることを望んでいるという事。
だからきっと自分で重要な何かを発見した時、納得するのかも知れません。


人が言ってくれた言葉と、自分で自分の事を言ってあげれた言葉が同じようなものだとしたら、後者の方が確実に納得感を感じるはずです。
それほど、自分で何かを発見しそれを言葉に出す事は、とんでもないパワーであり、そのものの解決へと導かれていくものなのです。

最後は自分で答えを出す為に、気付きや発見を得ていく事。
カウンセラーは、時としてそのように導き、誘導し、ご本人が「あぁ、そうだったんだ!」と本当に納得していただく事を望んでいます。

カウンセリングとは、気付きや発見を得て、ご自分で前に進んでいくパワーを養っていく、心の自然治癒力を高めていくものです。
自分自身で発見出来たものは感動となり、大きな喜びとなります。


話を聞くだけのカウンセリングでは納得出来なかった経験があるのなら、気付きや発見を得ていく事を体験してみましょう。
当カウンセリングルームの他にもそういったカウンセリングルームは幾つかございます。
ご自分に合ったところを探してみましょう。

そして、そこから人生は大きく変わっていくのかも知れません。
お試しを♡( ᵕ̤ૢᴗᵕ̤ૢ )♡


いつもありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーー
value creation room
<mail>info@vc-room.jp

ビューティーアドバイス東京
<mail>kudo@vc-room.jp

このページのトップヘ