人と同じ事をするのが好きな人は多いと思います。
同じ事をする事によって、仲間意識が強くなり、安心感や同感などが得られるからです。
それは人間関係において人間が最も安全でいられる方法だと無意識的にわかっているのです。

日本人は特にマジョリティ(多数派の集合体)気質があり、マイノリティ(少数派でアンフェアな立ち位置)だと馬鹿にされたり、除け者にされたりする事も多々見られるので、いつの間にか個性をあまり出さずに皆に合わせている人が多くいるのです。

よって、「人と同じでいる事=安心・安全」ということになり、それが欲しくて無意識的に「人と同じ事をしたい」と強烈に思い、むしろ同じでないといられない、同じ事をする事は美学とさえ思ってしまう、依存状態が作り出されるのです。

そういった依存は、様々あります。

例えば、〇〇ちゃんと一緒の洋服や習い事や学校まで同じだったり、皆が持っている物を自分だけ持っていないと不安になったり、恋人の好きな物が好きになれない自分を責めたり…。

そうやって、いつの間にか個性より類型的なものを望んでしまう依存が増えてきているのです。

しかし、個性は自分が本当に好きなものを手に入れるのに必要だったり、自分の持って生まれた特徴や性格だったりするので、それそのものが本当の自分ということは紛れも無い事実です。

本当の自分で生きる事は、多々障害はあるかも知れません。
それを突き進む勇気を得るには、自分が何者にも負けない強い精神力が必要となるので、自分が大好きで肯定出来て、認めていて、優しく愛してあげることが重要です。
そうでないと、他人のマイナス面を受けた時、右往左往してしまうから。

個性は「これが自分なんだ!」と周りを気にせず続けていった先に、何故か一点物のような特別な扱いをしてくれるようになる可能性も大きいのです。

個性は本来とても素晴らしいもの。
日々、価値ある自分を信じて愛してあげてください。

いつもありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーー
value creation room
<mail>info@vc-room.jp

ビューティーアドバイス東京
<mail>kudo@vc-room.jp