・いつも何かに悩んでいて、自分を否定する
・他人と比べて自分が劣っていると思う
・自分は本当にダメだなぁ…と思う
・周りの人が幸せそうに見えて、自分は不幸せと思う
・過去の嫌な出来事を思い出しては悲しくなる
・嫌な感情や感覚が離れないで困っている
・常に不安感でいっぱいだ
・未来に夢や希望が無く、生きているのが辛い

上記はいつの間にか作り上げてしまったネガティヴのクセのようなものです。
一度クセになってしまうと、なかなかそこから出る事が出来ず、勝手に頭の中をグルグルと巡ってしまいます。
だから毎日が辛く、楽しい事があってもすぐにそのグルグルに引っ張られます。

では、いつからそれが出来上がったのかというと…
長い時間をかけて、人の言動や起きた出来事などの経験により、その都度傷付き、誰かと比較して自分を下の方に追いやざるを得なかった事で出来上がってしまったものと思います。

もしも誰かがありのままの自分を認めてくれていたのなら、そこまで自分自身を追いやる事はなかったのかもしれません。
人間成長は大切ですが、本来そのままの自分で良いのです。
それが本当の意味で理解出来た時に、人はどんどん成長し、ポジティブになっていきます。

だからこそ、今から何をしていくかというと、ポジティブのクセを作り出していくよう脳の記憶を変えて「プラス脳」にしていく事です。

ネガティヴのクセは過去から作り出されたものです。
過去を変えながら未来に目を向けていく事で、ネガティヴから脱出出来るでしょう。

いつもありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーー
value creation room
<mail>info@vc-room.jp

ビューティーアドバイス東京
<mail>kudo@vc-room.jp