2006年08月24日

『UDON』(ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本)

恐るべきさぬきうどん―麺地巡礼の巻
恐るべきさぬきうどん―麺地巡礼の巻
うどん食べた〜い。
それもコシの強い讃岐うどんを生醤油で!!
大阪で食べられる美味しい讃岐うどんと言えば「はがくれ」しか知らないんだけど、他にもあったら教えてください_(..)_
ユースケ・サンタマリ&トータス松本のセリフとは思えない自然な会話がグーでした。

***
「BIGになってやる!」と讃岐からNYへお笑い芸人目指して飛び出したものの
全く芽が出ず借金を抱えて故郷へ帰ってきた香助は、親友の庄助で勧めでタウン誌で働くことになった。
そこで出会った超方向音痴のライター恭子や編集部の仲間たちと「うどん」コラムを立ち上げたところ、これがオオウケして、一躍「うどんブーム」がやってきた。
うどんブームが落ち着いた頃、仲の悪かったうどん職人の父親が倒れ…
***

ドキュメンタリーのようであり、青春もの、人情もの、家族、そしてCGを駆使したSF…etc
面白かったけど、詰め込み過ぎって感じ。。
前半のうどんブームを巻き起こすまでの勢いが後半まで持続しなかった感があって、2時間14分は長かった。
前半と後半のストーリーがプッツリと切り離されてるような感じがして残念。
でも、給食のうどんを食べる子供たちの笑顔と、頑固親父の笑顔がステキだったな。

個性的な役者さんがいい感じに個性を出してて面白かったし、カメオ出演も豪華な顔ぶれ。
うどん屋さんのおっちゃんやおばちゃんは地元の方なのかな?
やっぱり役者さんにはない味があっていいなぁ。

友人役のトータス松本がすごくよかった!
あんな兄ちゃんほんまにいそうやもん。
おまけに「バンザイ〜君を好きでよかった♪」聴けたし、満足満足^^

香助と恭子の間柄ってどーなの?と思ってたらいきなりNYまで追っかけて行っちゃってるし、キャプテンうどんはエライことになってるし、
ちょっと「?」なエンディングだったけど、ま、深く考えずにHappy Endだからいいかな。

うーん、讃岐うどん食べたい…
裏の畑からネギを抜いてくるお店、行ってみたいな。

Real Action Heroes CAPTAIN UDON
Real Action Heroes CAPTAIN UDON


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mito_mito/50571366
この記事へのトラックバック
TV屋さんの作る映画って巨額の制作費で大量に宣伝して見た目派手なわりに中身が薄っぺらいということもありがちだから過剰に期待しないようにしてました。でもこの作品はテーマが身近で素朴なこともあり、見た目はやっぱりごちゃごちゃと詰め込み過ぎではあるんだけど、その....
UDON/ユースケ・サンタマリア、小西真奈美【カノンな日々】at 2006年08月27日 22:33
麺は美味しい。 薬味も効いている。 しか〜し,ダシは薄味。
UDON【Akira's VOICE】at 2006年08月28日 10:51
【監督】本広克行 【出演】ユースケ・サンタマリア/小西真奈美/トータス松本/鈴木京香/升毅/片桐仁/要潤/小日向文世/木場勝己/他 【公開日】2006/8.26 【製作】日本 【ストーリー】 BIG!になるため故郷の讃岐か
UDON(評価:◎)【シネマをぶった斬りっ!!】at 2006年08月29日 22:07
『UDON』 客席からは笑い声が聞こえたり、喋り声が聞こえたりと結構盛り上がっている様子でしたが、自分としては少々白けた映画でした。“キャプテンうどん”という制作側の自己満としか思えないキャラはどう観ても不要だったし、香川出身のゲストを寄せ集めた割に、主...
Udon【Tokyo Bay Side】at 2006年09月04日 22:19
一杯100円の奇跡が始まる
【劇場鑑賞90】UDON【ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!】at 2006年09月07日 00:46
 日本では味に地域差などなくなったように思われていますが、食によっては大きく異なるものがあります。その最たるものがそば・うどんでしょう。  
UDON うどん【シネクリシェ】at 2006年09月07日 05:45
「日本沈没」の上映前の予告CMで見て以来,ずっと気になっていた映画「UDON(うどん)」を見てきた BIGなお笑い芸人になるため,ニューヨークで生活する松井香助(ユースケ・サンタマリア)だったが,思うように笑いが取れず,劇場を解雇されてしまう 失意のまま地....
UDON(8月26日公開)【オレメデア】at 2006年09月09日 15:17
そんなに興味なかったけど、CMとかでよく見かけるから何だかんだで観てきました。…が。前半は勢いがあって良いんだけど、うどんブームがちょっとオーバーな気が …。そしてその勢いは後半には続かず、ちょっと長く感じました。また前半と後半のストーリーがプッツリと切...
「UDON」【Tokyo Sea Side】at 2006年09月09日 23:02
『UDON』鑑賞レビュー! 観ないと、マズイ! 笑いは、消化を助ける!? 世界が「うどん」に 恋をする! ★review★ 本作は、"ソウル・フード=UDON"をテーマに 香川県丸亀市出身の本広克行監督が 故郷に錦を飾る作品!? 『うどん』で...
『UDON』鑑賞ヾ(☆‘∀‘☆)【☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!】at 2006年09月13日 00:20
 うーん。どうなんだろう。だって、うどんですよ。ちょっと地味じゃないですか。でも交渉人 真下正義の本広克行監督と亀山千広そしてユースケ・サンタマリアのチームですからね。おもしろそうです。と言うわけで、UDONを見てきました。
UDON 見てきました。【よしなしごと】at 2006年09月14日 02:08
「選択で作られ、選択で滅ぶかもしれない」のがX−メン。 「マニュアルで作られ、マニュアルで滅ぶかもしれない」のがうどん。 ある意味、どちらもメン類です。
『UDON』【ねこのひたい〜絵日記室】at 2006年09月15日 15:09
映画 「UDON」 観てきました。 一度試写会で観てるけど、公開されてからは初めてです。 平日のお昼の回に行ったんだけど、満席。早めに劇場に乗り込んで正解でした。 観客の年齢層が幅広く、小学生からお年寄りまで本当に老若男女まんべんなくという感じでした...
映画 「UDON」 感想【THE有頂天ブログ】at 2006年09月15日 20:29
“うどんを1杯お願いします。” いやいや…。 “UDONを一枚お願いします。15時30分の回で…。” とても映画のチケットを購入しているとは思えない、ちょっと気恥ずかしい、映画館のカウンターでの一コマ。 (スタッフのお姉さんもクスッと笑っていましたから…。) 制作者側...
『UDON』【Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐】at 2006年09月16日 23:11
「UDON」を池袋の映画館で観てきました。 本広克行監督、ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本出演です。 その名の通り、うどんのお話です。香川が舞台で、さぬきうどんブームが起こっていく様を描いた実際の話をベースにしたストーリーってカンジ....
「UDON」素材は良いけどコシ足らず【煮晩閃字R→evo.】at 2006年10月14日 18:34
宸騁皙宸銘鍍皙宸宸宸旁蚯醺磬宸勒硅歛宸簽磬宸宸宦
phentermine【phentermine】at 2006年10月25日 06:41
監督:本広克行 出演:ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、木場勝己、鈴木京香、小日向文代、永野宗典、要潤、トータス松本 評価:75点 公式サイト (ネタバレあります) やっぱ「ソバ」より「うどん」だよな。 それも透き通るような汁の関西風うどんじゃな....
UDON−(映画:2007年61本目)−【デコ親父はいつも減量中】at 2007年05月26日 21:39
UDONは日本映画専門チャンネルでし2ヶ月ほど置いた状態だったが 月曜7日の午前に鑑賞したが全体的に悪くなかったが少し長かったね 内容はアメリカで売れない芸人の主人公である松井が故郷の香川に帰って 讃岐うどんを食べタウン誌に就職し讃岐うどんをアピールし...
UDON【別館ヒガシ日記】at 2008年01月08日 19:17
この記事へのコメント
実際に讃岐うどんブームだったときに、裏の畑からネギ抜いて自分で刻んで食べるお店のレポートをTVで観た覚えがありますヨ。シンプルな食べ物なのに製麺所によって個性がでるって面白いですね。地元の方々には全面的な協力を得て実際に出演もしてもらったそうですね。

私も子供と頑固親父のエピソードは気に入りました。私が子供の頃にもあんなオジさんがいたような気がします。
Posted by かのん at 2006年08月27日 22:39
かのんさん>
おぉ、やっぱりあのネギ抜いてくるお店はあるんですね。
小麦粉、水、塩だけが材料なのに人をあれだけ夢中にさせるってすごいです。
シンプルだからこそ個性も良し悪しもよく分かっちゃうんでしょうね。

給食のうどんと言えばクタクタに煮られたやわらかいうどんだったので、
コシのある美味しい讃岐うどんを食べられる子供たちがウラヤマシイ!!
Posted by mitomito at 2006年08月29日 00:24
出てくるうどんはシンプルなのに、映画は具沢山のテンコ盛り。
出てくるうどんはコシがあるのに、映画はブチブチのダラダラ。

カメオの顔見せ映画のダシに使われた、讃岐うどんが可哀想でした(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
Posted by にら at 2006年09月25日 16:53
にらさん>
こんばんは。
ナイスなコメントありがとうございます。
>映画はブチブチのダラダラ。
そうですよねー、いい素材がもったいなかったデス。

Posted by mitomito at 2006年09月26日 01:38