スペースワールドからバスで移動。
 八幡郵便局のそばで下車。
 すこし路地に入ったところに斉藤酒店があった。
 店内にコの字型のカウンターがあり、つまみの種類も豊富だった。

P1003437
 ゴマサバ。


P1003438
 豚キムチをいただく。
 ピリ辛が熱燗に会います。
 年中無休らしい。

P1003439

 昭和チックな外観が、また、いい。

 朝から開いていた、折尾の高橋酒店。門司港の魚住酒店。1月1日は早めに店を閉めるそうです。
 なので、今回のようなはしご出ないと、3件回れないらしい。

 角打ち研究会は毎年1月1日に、このようなはしご酒を実施しているようです。
 興味のある方、来年の正月に参加してみてはいかがでしょう?

 お開きの後、バスで八幡駅へ。
 帰宅して、寝不足もあってか、泥のように眠ってしまいました。



 
 斉藤酒店 関連キーワード:酒屋
by斉藤酒店


雲のうえ: 一号から五号

新品価格
¥1,404から
(2017/3/8 20:23時点)





たとえば青春18きっぷケース

価格:2,052円
(2016/7/18 16:24時点)
感想(1件)











にほんブログ村 鉄道ブログ JR九州へ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 子育てブログ 2008年4月~09年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 親子鉄道ファンへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ

にほんブログ村 鉄道ブログ 親子鉄道ファンへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ

鉄道コム