ヒロシマの視線

ヒロシマのすべてがわかる情報と花の写真

1987年、大韓航空機爆破事件。大韓航空機がミャンマー沖で北朝鮮の工作員・金賢姫らにより爆破される。
ボーイング707大韓航空858便はイラクのバグダード・サダム国際空港を離陸、UAEやタイを経由し韓国に向かう便であった。 
しかしタイのバンコクを目前にしたラングーンから南約220km海上上空の地点で突如連絡が途絶え、姿を消した。 
周辺諸国による捜索が行われたが、飛行機の残骸が12月に入って発見。原型を留めない遺体も見つかり爆発事故に遭ったことが判明した。 

また当該機が不明になったことを知った直後から韓国当局はハイジャックの可能性も考慮して乗客の不審者の洗い出しに乗り出しており、経由地のUAEアブダビ空港で降りた乗客達のうち男女の組に着目。彼らは日本のパスポートを所持して日本人の親娘としていたがほどなくパスポートは偽物と判明。 
バーレーンからローマへ向かおうとしていた彼らを日本大使館員やバーレーン警察が追い捕まえようとしたところで彼らは服毒自殺を図り、壮年男性は死亡、女性の方は服用している途中で警察官に毒薬を叩き落とされ死にきれぬまま倒れた。回復した彼女はバーレーンから韓国へ引き渡され取り調べを受けた。この女性こそが当時25歳の金賢姫(キム・ヒョンヒ)であった。死亡した男性は金勝一(キム・スンイル)という59歳の工作員で、彼女との血縁関係はなく、この任務にあたってコンビを組まされた間柄だった。

大韓航空機爆破事件 写真特集https://www.jiji.com/jc/d2?p=koa001&d=011int
実行犯の金賢姫元工作員インタビューhttps://www.sankei.com/world/news/171129/wor1711290003-n1.html

イラクで日本人外交官2人が車で移動中に射殺。イラク戦争後初の日本人犠牲者。
イラク日本人外交官射殺事件は、2003年11月29日、イラクへ派遣されていた日本人外交官2人が、バグダード北西140kmに位置するティクリート近郊にて、日本大使館の車両で移動中、何者かに射殺された事件である。2015年現在も犯人逮捕には至っておらず、未解決事件となっている。

現在の平和公園は広島で一番の繁華街で、原爆投下時、その地区の住民は
6000人ほどでした。その日、そこにいた4400人がほぼ全滅しました。

 被爆直前の中島地区(現在の平和公園)の模型はレストハウスの3階にあります
image
現在の平和公園
image
平和公園内で今でも使用されている唯一の建物、レストハウス(元大正屋呉服店)
(地下室にいた野村さんが生き延びた建物)
中島地区(現平和公園の一部)の終戦直後の様子
http://blog.livedoor.jp/mitokosei-3105/archives/16019985.html 

pose = put置く
 
dispose  dis- は「切り離して別々に」と分離・分散を表す接頭語なので dispose は「ごちゃごちゃした物を切り離して別々に置く」から「配列する処理する」となる
 
dispose troops 部隊を配置する
He has disposed of his fine collection of paintings.
 彼はすばらしい絵のコレクションを処分してしまった。
 
名詞形は disposal 「処分」
 disposal of property 財産処分
disposer は「ゴミ処理器」

↑このページのトップヘ