ヒロシマの視線

ヒロシマのすべてがわかる情報と花の写真

1949年、下山事件。初代国鉄総裁・下山定則が行方不明に。6日常磐線綾瀬駅附近の線路上で轢死体で発見。他殺・自殺両説が対立し迷宮入りに。
 下山事件とは、日本が連合国の占領下にあった1949年(昭和24年)7月5日朝、国鉄総裁下山定則が出勤途中に失踪、翌日未明に死体となって発見された事件。
 
事件発生直後からマスコミでは自殺説・他殺説が入り乱れ、警視庁は公式の捜査結果を発表することなく捜査を打ち切った。下山事件から約1ヵ月の間に国鉄に関連した三鷹事件松川事件が相次いで発生し、三事件を合わせて「国鉄三大ミステリー事件」と呼ばれる。

 1949年(昭和24年)6月1日に発足した日本国有鉄道(国鉄)の初代総裁に就任したばかりの下山定則は、7月5日朝、午前8時20分頃に大田区上池台の自宅を公用車で出た。出勤途中、運転手に日本橋の三越に行くよう指示。三越に到着したものの開店前だったため、一旦、国鉄本社のある東京駅前に行って千代田銀行(三菱銀行、現在の三菱東京UFJ銀行)に立ち寄るなど、複雑なルートを辿った後で再度三越に戻った。そして午前9時37分頃、公用車から降りた下山は、「五分くらいだから待ってくれ」と運転手に告げ、急ぎ足で三越に入りそのまま消息を絶った。
 
 普段、下山は午前9時前には国鉄本社に出勤し、毎朝秘書が玄関で出迎えていた。失踪当日は、国鉄の人員整理をめぐり緊張した状況にあり、午前9時には重要な局長会議が予定されていたため、自宅に確認したところ「普段通り公用車で出た」との回答に国鉄庁内は大騒ぎとなり、警察に連絡。失踪事件として捜査が開始された。翌7月6日午前0時30分過ぎに足立区綾瀬の国鉄常磐線北千住駅 - 綾瀬駅間で汽車に轢断された下山の遺体が発見された。

「下山事件」の真相は他殺か? 自殺か?――側近が振り返るあの日の”後悔”とはhttps://bunshun.jp/articles/-/12498 
三鷹事件、松川事件とは?https://www.jcp.or.jp/faq_box/001/990812_faq.html 
image
下山総裁を轢いた機関車 D51 651 の捜査 

他の親切は、その当時にこそ余計なお世話に見えるが、後になると、もういっぺんうるさく干渉してもらいたい時期が来るものである。

あなたが今まく種はやがて、あなたの未来となって現れる。

道徳に加勢する者は一時の勝利者には違いないが、永久の敗北者だ。自然に従う者は一時の敗北者だが、永久の勝利者だ。

愛嬌というのはね、自分より強いものを倒す柔らかい武器だよ。

fox
「ずるがしこい」とされている
「いかす[セクシーな]女(米略式)」
old fox ずるがしこい人
 That politician is an old fox. あの政治家は海千山千だよ。
    He is sly as a fox. 彼はキツネのようにずる賢い。
 
その思いがけない知らせを聞いて彼はキツネにつままれたような気がした。
He felt bewildered  [puzzled] by the unexpected news.
 
きつね色 light brown.

↑このページのトップヘ