相変わらず暑い一日でした。
昨日、一昨日よりは過ごしやすかったかな。

P1010457
今日のテドウ山
P1010458
今日の船浦湾


さて、今日は昨日薪として紹介したギンネムについて、補足説明をしようと思います。
本種はマメ科の植物で、ギンゴウカンとも呼ばれています。
明治末期から砂防、緑化などの目的で導入され、琉球でもっとも繁茂している外来植物とのことです。
P1010454
ギンネムの豆果
もちろん食べることはできません。

P1010456
ギンネムの花

花や種は年中みられ、よく育つので放っておくとギンネム林ができあがってしまうというわけです。

うちだ

この暑さはいつまで続くのでしょうか。


P1010452
今日のテドウ山

P1010453
今日の船浦湾

薪を調達しました。
P1010451
ギンネムという樹木を伐り出してきました。
ギンネムは外来種で、開けた場所で育ちやすく、西表では道端などにはびこっています。
キャンプ場の周辺でもたくさん生えている厄介な木です。
そこで、キャンプ場の周りを刈るついでにギンネムも伐り、薪にしているというわけです。
乾燥するのに非常に時間がかかり、玉切りにしてから一月程おかないとまともに使えないのもまた厄介なところです。

うちだ

暑い…夏が戻ってきたようです。


P1010449
今日のテドウ山

P1010450
今日の船浦湾


今日はなんだかちょっと変な死骸を見つけました。
P1010440
一見なんの変哲もないクマゼミの死骸です。
何が変かというと、まだ新鮮に見えるのにアリにたかられていないということと、不自然に重いということ。
割ってみました。
P1010444
P1010447
?!
なんと白いモノで埋め尽くされています。
匂いを嗅いでみると、キノコ臭がしたので、菌類にやられていることがわかりました。
セミノハリセンボンでも生えてくるのかな?


↑このページのトップヘ