セリエA第13節 アタランタ=レッジーナ14節を前に、またちょっとローマの話

December 01, 2004

イタリアに冬が来ました。…レッジョには?

5a234f1b.jpg中村俊輔、11月30日の練習を風邪による発熱で欠席。
幸い軽いものだったそうで、12月1日午前中には練習場に顔を見せました。
詳しくは明日のスポーツ新聞をどうぞ。
(スポニチですよ!記事がWEBに出ない日も紙面には出ております!!)

というわけで、今日は今の時期のイタリアの天気のお話。
写真は衛星放送"SKY"のお天気チャンネル。

先週は少し肌寒かったレッジョ。それでも10℃を下回ることはなく、
日曜の朝飛行機で旅立つ時はなんだか生暖かったほど。しかしミラノに着いたら
外は日中で7℃! 夜になればもっと寒くなるし、さらに我々はスタジアムに
いなければならないしで、気温以上に底冷えがするのを感じます。
で、今日のレッジョは日中20℃近く…。
これほど違うところを往復するとなると、選手達も体調管理は大変そうです。


南北に縦長のイタリア、レッジョからミラノまでは飛行機で1時間40分。
数年イタリアに在住し、南に定住するのは今回が初めてなのですが、
このようにして、気候の違いを改めて実感する日々です。

この時期のイタリアは、やはり寒い。
しかも、大陸からの寒気と北アフリカから発生した暖かい空気が
イベリア半島やピレネーでぶつかるため雲が発生し、それがアルプスに沿って
流れてくるので、この時期の北イタリアは天気も良く崩れます。
特にボローニャから始まり、ミラノまで続くパダーニア平原では
霧が特に酷い。平野でも視界が50mを切り、前の車のテールランプを頼りに
進むしかなくなる、ということもざらです。


…しかし、ここはそんな北の状況とは無縁。

南イタリアのカラーブリア、さらにシチリアといった辺りは
もろ地中海の暖かい空気どっぷり。風は冷たく強いので余り薄着はできませんが、
それでもコートはいりません。日曜日、グランドジャケットに手袋、股引(笑)と
重武装で試合観戦をした時とのギャップの差は、本当に激しい。
北の人間からは「アフリカ」だと思われるわけです。
(でも驚くべきことに、カラーブリアにもスキー場はあるんだとか!)


イタリア、ことしもインフルエンザははやりそうだとか。
天候の変わり目、どちらさまもご注意を。


ちなみに写真は、ベルガモの旧市街「チッタ・アルタ」で見た紅葉。
秋冬らしい光景でした。

kouyou





トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by しの   December 01, 2004 23:40
インフルエンザには気をつけてくださいね。
なんといっても体が資本ですから・・・。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
セリエA第13節 アタランタ=レッジーナ14節を前に、またちょっとローマの話