セリエA第4節 メッシーナ=キエーボコッパ・イタリア決勝T第1回戦 レッジーナ=アタランタ

September 29, 2004

「パソコンに差し込んで使うカードみたいなやつ」について

9414ddc5.jpgチャンピオンズリーグ2戦目等、宴たけなわなところ閑話休題。
まずは、左のLinksから27日の"YANAGI'S VOICE"に飛んで下さい。

少し見にくくて恐縮ですが、
写真はレッジョのVodafone shopに展示してあった、
"Vodafone Mobile Connect Card".
実際かなり便利です、このサービス。



さて、ヤナギボイスのところで、ADSLと電話線を引くのに断念しこっちを使うことにしたら
なかなか便利だった、というくだり。この「パソコンに差し込んで使うカードみたいなやつ」とは
おそらく、これのことです。

PCカードスロットにはめ込むタイプのもの。
2年ぐらい前からイタリアでもぼつぼつ姿を見るようになりました。
イタリアではVodafoneの他、TIM(Telecom Italia Mobile) も同様のサービスを行っています。

システムはGPRS(General Packet Radio Service)を使用。
つまりここヨーロッパで一般的なGSM携帯の周波数帯を利用したパケット通信サービス。
通信速度はだいたい40-50kb/秒ということなので、まあ一般回線のモデム並。
しかし今年になり、Vodafoneは、UMTS,いわゆる第三世代携帯の周波数帯が使える奴を
出してきた。これならば通信速度は一気に384kb/秒!ちょっとしたブロードバンド並です。
さらにTIM, Vodafoneとも月極定額制のパケットサービスをやっており、
Vodafoneの場合GPRSで月20ユーロ、UMTSなら月30で結構オトク!
実際は、使えるデータに上限が存在するのですが、GPRSサービスでその上限は送受信500Mb。
重いページを毎日開いたり、ムービーを落としたりせず通常のネットサーフィンで使う分なら、
実質使い放題です。

最近、他とはやや遅れ気味でイタリアでもブロードバンドが普及してきましたが、
ここ南では大幅にカバー地域が少なくなっています。結局僕もこういう問題にたち辺り
これで試してみました。で、結構上手くいっています。 

カード自体は、GPRS版で250ユーロ、UMTSなら490と決して安くはないのですが、
設定は多少面倒だけれどGPRS対応のGSM携帯を外部モデムにしても同様のことができます。
自分はMacのPowerBookG4(12 inch)を使用、これにはPCカードスロットがないため
携帯電話を使っています。Bluetooth対応機種なので一旦設定してしまえばその後
いちいち携帯を繋いだり、カバンから出したりする必要も無し。どこでもネット!

自分のような通信が命綱となる人間はもとより、お仕事や留学等で在住されている、
また在住を考えておられる方々にもオススメのサービスのご紹介でした。

(さあここで、今日はジャ○○ット価格でデーブイデーレコーダーも付けて…って
 ノリになってるな…)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by naoko   September 30, 2004 13:10
ボイスを読んで、速攻YANAに「それってどんなん?どんなん?」と
メールしてしまったんですが…((^^))ゞ
なるほど納得でござります。
これからもいろんな話題、楽しみにしてます!
ご自愛くださいまし。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
セリエA第4節 メッシーナ=キエーボコッパ・イタリア決勝T第1回戦 レッジーナ=アタランタ