2006年08月16日

なぜアノ人とは

『なぜあの人とは話が通じないのか』〜非・論理コミュニケーション(中西雅之)

を、昨日の電車と、今日の講義の合間に、読んでました。

正直、そんなに面白い、という本ではなかったけれど。

主に日本型コミュニケーションの類型化。

コミュニケーションって難しいっていつも感じるから

手にとってみたんだけど。

結局求められるのは、”しなやかさ”=順応性、柔軟性ってことかな。

私、へんなとこで頭固いからなぁ〜。

教養をつけようと思って、本を読んでいるんだけれど、

何を読んだらいいんだろうって悩む。

趣味にはしると、文学しか手にとらないからなぁ。

 

勉強はもちろん必要なんだけど、

それだけじゃだめで。

問題意識を持つためにも、人間的にも幅を広げるためにも、

夏休みはいい機会だから、本をたくさん読む方向で☆

だれかオススメの本教えてください♪



mitsubachivv at 00:38|PermalinkComments(4)日記 | 日記

2006年08月15日

余韻

今日は、キタヨビの同窓会でした。

その余韻にひたりつつ、日記更新!!

 

まず、近況から。

10日、11日と、琵琶湖の湖畔にキャンプで行ってきました。

湖って、泳ぐってイメージ全然なかったし、

綺麗なのかどうかも不安だったんだけど、

めっちゃ綺麗やった!!

波も多少あったし、(海草はいっぱいだったけど)くらげには遭わなかったし。

オススメ☆

湖畔で、なんでもバスケットしたり、

本格的にネットはってビーチバレーしたり。

(もっとも、私は動けませんでしたが。。。)

たのしかった〜♪♪

いっちばん満足って思ったのが、

皆が湖から上がる直前にみんちぃと見た、

虹と、夕暮れと雲の様子

ほんと〜に綺麗。ただ言葉もなく漂ってました。

去年みたいに波のある海も好きだけど、

波のほとんどない湖も素敵だな、って思わせてくれました。

企画してくれた回生おつかれさま!!

飲み会では、(普段以上に飲んだわけではありませんが)

後輩たちの前で、また普段とは違った私がいたのかもしれない。。

つきあってくれてありがと〜☆☆

 

そして、今日!!

もう、楽しくてたのしくて。

1次会は、普通に割りと、女子、男子とは別れて

座って、飲んで、食べて。出てくる料理の量が半端じゃなくって。

でも、いっぱい食べた。おいしかった♪

で、淀川のほとりで、花火!

夏合宿のとか、スノパンの花火は強烈だから、

慣れてはいるんだけど、それ以上にめちゃくちゃで。

噴出花火、手持ち→放り投げ→蹴る・・・

が当たり前のように行われていて。

で、一回、くるくる回る(名前わかんない)花火が私の足元に来て、

歓声ではなく、叫んでしまったり。

でも、ほんとうにほんとに、

楽しかった。

あの1年の密な時間を共有した皆と、

おんなじ時間をこうやってまた共有できたことに

とってもとっても心が満たされました。

企画してくれたまみぃ、ななこ、ありがとう☆

また、来年も集まりたいね!!

もっともっと話したい子もいたし、今日これてない子もいたし、

これからもまたこういう集まりには是非行きたい!!

いつでも呼んでください。(。・o・。)ノ

京大ですれ違っても、ほとんど話さない子も

やっぱり話したらいろんなこと考えてて、

話しやすくって。また話そうね☆

 

で、京都に帰ってきて、一人自転車をこいでいると、

またなんともいえない感傷が。。。

やばいやばい!!

今日は、欠けているながらも空に月があってよかった。

また、がんばれる。明日から

 



mitsubachivv at 01:35|PermalinkComments(3)日記 | 日記

2006年08月09日

アントレプル二アル

『会社が放り出したい人、一億円積んでもほしい人』(堀紘一 著) という本を読みました。

その中に、【一億円プレーヤーになるための条件】として、

<大前提>何か一芸に秀でている

<基本条件>
ゞ烈な目的意識を持っている
⊂錣妨彊自分論で生きている
絶対に諦めない
ど集塾呂身についている
タ用がある
真の仲間がいる

だ、そうです。

これって、経営者になりたいって人や、

ビジネスの世界で成功したいっていう人だけでなく、

将来に向けて、人生全般についても言える

ことなんじゃないかな、って思いました。

 


何点か意識させられることはあったが、

中でも、”目的意識””表現”

表現力とは、自分の頭に浮かんだ企画やアイデアなどを、第三者に的確に伝える能力を言う。

いくらよい企画やアイデアがあってもそれが頭の中にだけあって相手に伝わらないのなら、

存在していないのと同じなのだ。と言う。


人の評価を気にし、自分を伝えられないなら、

何も考えてないのも同じなんだ、

と自分を戒めました。


また、注意しないと、と思ったこと。

イ凌用において、

守るべき約束は、結局、【時間】、【金】である。

(刑事の罪と民事の罪とが、

時間…自由刑、金…科料であることを挙げており、

なるほど!とも思ったのですが)

時間の約束は、本来一番忙しくてスケジュールを守るのが難しい、

地位の高い人ほどよく守ると言う不思議な現象があると挙げており、

某インターンシップのマナー講座で、

10人の人を5分待たせたら、50分待たせたのと同じである。

という趣旨のことを聞いたことを思い出しました。

 

たかが5分。もしかしたら、相手は、友達かもしれない。

だけど、それがいつもだと、

自分に対する信用は想像以上にないものとなるのだろうし、

いきなり、相手や状況が違うからといってじぶんの意識を変えられるものでもないだろう。

 



mitsubachivv at 01:46|PermalinkComments(0)レビュー | レビュー

2006年08月03日

大切なものは

『心で見なければ、よく見えてこないんだ。大切なものは目には見えないんだ』

『人間たちはそういう真実を忘れてしまっているんだ』

よく耳にする『星の王子さま』の一部。

”なじみになった”キツネが別れ際に王子さまに教えてくれた秘密。

『君がバラのために失った時間こそが、君のバラをかけがえのないものにする』

『君が自分でなじみになったものに対して、君はずっと責任があるんだからね。』

 

恥ずかしながら、今まで、この本を読んだことがありませんでした。

最近、文庫を入手しました。

なるほど長く読まれ、

愛されるわけがなんとなくわかりました。

平易な文章でありながら、強烈な風刺であり、問題提起、世の中への警鐘。

時代は違えど、現代にも十分に該当する。

 

もっと早く出会っていればよかった。

遅かったけれど、出会えてよかった。

何度も読み返したい作品です。



mitsubachivv at 23:52|PermalinkComments(2)レビュー | レビュー

※まだ終わってません

28日にテストが一段落し、、採点バイトのため、四条烏丸近辺やら、

バーゲンにいけなかったし、と思って買い物のため、うろうろしていたら、

いろんな人に会いましたが、まだテスト終わってないです。

今回の採点の予定が、7日までって聞いていたのがあれよあれよという間に、

今日の午前で終わっちゃいました。

結局、村長さんに採点期間中会うことはありませんでした〜。

・・・たぶん。

もうちょっと稼ぎたかったなぁ。。。

 

更新してない間も、いろんなことしつつ、いろんなことありつつ、テスト勉強してました。いまさらですが、どこかで触れて行きます。

28日から、インターンのための適性テストを受験しに行ってきたり、

本も読んだり、家片付けたり(一部まだですが。。。)

たまった新聞を読んだり。。。

そして、今は、最後の財政学のテストの勉強してみました。

でも、なんだか本当にテスト終わった気分。。

こんな緊張感で大丈夫だろうか。。。

テスト終わったら、逆に予備校いかなきゃ!!

って思ったら、今がインターバルかも。

続きを読む

mitsubachivv at 00:15|PermalinkComments(3)日記 | 日記

2006年07月14日

今週末は?

スノパン前期打ち上げ!

だけど、その日の午前中にDI(ドリームインキュベータ)の面接入れちゃった。

もとい、入っちゃった。

グループディスカッションなんて初めてなんですけど。。

DIを知ったのもたかだか1ヶ月前。

応募しようと思ったのは、1週間前くらい。

人から薦められて。

 

う〜ん。

う〜ん。

 

しかも、来週野村総研の内定者に話し聞く予定まで入れちゃった。

さぁ、私の今期取得単位はどうなる??

一通り今週中に目を通す予定が大幅な遅れ。

「遅滞なく」予定をこなしたいもんです。



mitsubachivv at 00:11|PermalinkComments(3)

2006年07月11日

エントリーシート

文章力がないです。。

テスト勉強でただでさえ切羽詰ってるなか、サマーインターンの

エントリーシートかいてます。

ひとつはもう出してしまったんですが、もうひとつを

とある人にチェックしていただいたら・・・・・・

 

真っ赤に染まって返ってきました。

エントリーシートはまさに入り口。

ここで落とされては、会っての評価すらもらえない。

面接でどれだけ好印象を与えられる自信があっても。。。

 

さぁ、書きなおさなくっちゃ。

でも、テストまであと???

 

今日は前期最後のゼミだぁ。

前期終わるの早いなぁ〜!!焦る焦る。。



mitsubachivv at 08:05|PermalinkComments(3)日記 | 日記

2006年07月02日

なりやまぬ拍手と覚めやらぬ興奮

今日は、先週末に誘われて、即決してしまった、

宝塚宙組トップ、和央ようかさんの退団公演、千秋楽の衛生中継を

見に行ってきました

13時半から18時半まで、一度休憩はあったものの、

ずぅーっと画面を凝視していたためか、終わったら、目は充血、

帰りの電車は頭痛。。。だったけど、満足しか残ってない!!

 

画面で映し出される和央さんは、ただただ格好よくって。

きざなセリフも、格好いいしぐさも、

はにかんだような笑顔も、切ない表情も・・・すべてが好き

見に行けてなかった「ファントム」の衣装も着ていて、得した気分

 

難をいえば、何でサヨナラショーを東京公演でするの!?ってことくらい。

画面に映るファンは、宝塚友の会の人なのか、ちいさいうちわを持っていたり、

ショーのときには立って、ライトを振って、コンサートみたいでした。

「大すきー」っていう歓声がとんだり(普段はここまでないです)。

 

3元中継していた,大阪会場も、(もちろん)向こうには聞こえてないけど、

われんばかりの拍手は登場のたびにあったし(これはいつもあるけど)

すすり泣く声も聞こえてたし、サヨナラショーの最初で、1階席に降りて、

一番前の女の子に向かって歌いかけて時には悲鳴に近いものも・・・

 

千秋楽というものを初めて見たんだけれど、

トップ男女、他4名の卒業式もあったということもあり、

なんといっても凄かったのは、アンコール

合計7,8回(正確にはわかんない。。。)あったと思う。

最初は盛大な拍手→再び開幕。ここまでは普通。

そして、鳴り止まない拍手に答えて2,3度全員で登場。

次は、アンコールの拍手で2,3度登場。

そして、それのあとに、3拍子の拍手に合わせ、「ようか」コールで退団する

方々が袖から登場、などなど。

最後は、もう一度、部隊が開幕して全員で登場して、終わりでした。

はじめてこんなのを見たので、もう出ないかも、もう出ないかも

って思いつつ祈るような思いで見守ってました。

そんな一体感ある東京宝塚劇場をうらやましく思いました。

 

和央さんがもう宝塚の舞台に立たないと思うととってもさみしいな。

DVD買い占めたいくらいだけど、高いから、今は無理だなぁ。

これからもショーなり、なんなりしてほしいな。

期待

 

そして、誘ってくれたMらさんほんとに、ありがとー

さぁ。テスト近いのに何してんの・・・?

っていうのはもっともで、もう7月だし、あと3週間しかないじゃん!!

やばいやばい。勉強しなきゃ。



mitsubachivv at 22:37|PermalinkComments(4)日記 | 日記

2006年06月18日

夜のお散歩

ならぬ、食前の運動

金曜日は、インターンに行っていた議員さんの紹介で、というか、

過去のインターン生で外務省勤務している方がイギリス研修に行く、

というので、(初対面だけど)送別会に私も呼んでもらいました。

梅田に20時集合で、どこかお店を探すも、どこもいっぱいいっぱいで、

待つなら他を、ということをえんえん続け、どこをどう通ったやら

駅近くから、野外コンサートをしているそばを通ったり、

第3ビルの地下を通ってみたり、あるビルではピンクのナース服の人が、

ご飯とかお酒とか出してたり。。。。

 

結局たどり着いたのは、初めて踏み入れました!!

新地に!!!

でも、入ったお店はごくごく普通のアジアンキッチン。

照明が暗くって、唐辛子をまるまる口に入れてしまったけど、

議員さんの手前、そんなに騒ぐわけにもいかず、

ひそかにもだえてました

それに、いつもなら大丈夫なのに、カクテル2杯で、

ふらふらしちゃったりしました。

 

外務省時代のお話で、スッチーと合コンして・・・という話や、

今度、官庁訪問するという方の話

映画の話などなど、普段とは違う面々の中で話すと、

緊張しました!

内閣府志望や、総務省(行政改革)志望、というと、

皆にマニアック、内閣府は新しい省だから可能性がたくさんある、

というと、議員さんは、「官僚はそんなにすぐには変わらない」

と言われたりしました。

リレー講義を聴いて、経済産業省にも興味をひかれたし、

民間もいろいろ覗いてみたい。

まだまだ浮気性な私です。

 



mitsubachivv at 20:57|PermalinkComments(0)日記 | 日記

2006年06月14日

意思表示

この前、ローソンで、臓器移植意思表示カードをなんとなく手にとりました。

以前から、興味は持っていたけれど、手にするのは初めて。

気になって、持って帰りました。


脳死段階での臓器移植が日本でも認められて議論になってから、

私の考えとしては、

『自分が助からない状態で誰かを助けられるのなら、提供しても構わない』って

思ってました。


そして、母親に、『私が提供の意思を示していて、

母親としていざというとき同意するの?』

って聞いてみたところ、

『提供の意思表示をしていたら、治療や、脳死判定をおろそかにされそう。』って

言われました。

あれから数年たちましたが、その間に改めて考える機会もなく、

今に至ります。


私の考えは、今でも変わりません。


まだまだ日本では例が少ない臓器移植。

臓器移植を受けたくて待っている人は多いのに。

海外に行くお金がなくて移植を受けられない人はいっぱいいるのに。


カードに示せる意思は3パターン

『私は臓器を提供しません』

『私は、心臓が停止した死後、移植のために○で囲んだ臓器を提供します。』

『私は、脳死判定に従い脳死後、移植のために○で囲んだ臓器を提供します。』

私は、脳死後、しか漠然と考えてなかったけれど、心臓停止後も選べるし

もし、提供する気がなくっても

『提供しません』って意思表示をきちんと示すべきだ、と思いました。


さて、ちょっとずれてしまうけれど、ずっと行こうと思いつつ、

できていない”献血”をしようかな。



mitsubachivv at 23:29|PermalinkComments(2)日記 | 日記