塗り替え・修繕 杉並区 外壁&屋根ガイナ塗装塗り替え 日野市 外壁塗装&屋根塗装

2011年08月14日

雨漏り修理 杉並区 修繕&屋根リフォーム

元気で笑顔と情熱あふれる【みつぼしリフォーム】の工事ブログデス



今週も愛情込めて働きました (^_^)ニコニコ



今回の現場ピックアップは、
杉並区の雨漏り修理と屋根の張替え工事デス



これは、前回の工事レポートの続きになりマス



まず、
築年数の経過している建物でよく見るのが、軒天井(軒裏)に出る滲みデス



021






008






★Before★
軒天井の素材にもよりますが、このような滲みは危険信号デスネ



過去の経験から、まずどこからか雨水が浸入していマス



まずは軒天井を修繕デス



020 (2)




*クリックすると大きくなります

マーキングしてある場所を撤去しマス


019 (2)






002 (2)






057 (2)






ここまで撤去すると雨水の浸入経路が分りマス



原因は、



064 (2)




*クリックすると大きくなります

屋根の下に敷く、ルーフィングの劣化により雨水が浸入していました



黒いのがルーフィング デス



でも、このルーフィングが防水の役目をしているのではなく、2次的なものなので、
本来はここまで雨水が浸入しないように水切りと屋根材を施工しマス



今回は



014 (4)






妻側(ケラバ)に施工してある水切りの幅が少ないのと、そこに溜まった砂埃?が蓄積され、雨水が少しずつルーフィングまで侵入してしまったと思われマス



原因が分ったので、復旧デス



073






下地を補強して、


076






ケイカル板で軒天井を仕上げマス



屋根は張替えと下地のやり変えを想定しないといけないのですが、



古い屋根材のため、アスベストが含まれており処分の問題も出てきますので増し張りで屋根を新しくしマス



013 (5)






広小舞の板金


019 (4)






ケラバ側の板金は今回の雨水の浸入を踏まえ、幅広で2箇所に山を作りました



017 (4)






018 (4)






021 (3)






あとは長尺の板金と、ルーフィングを交互に施工しマス



011 (5)






当然ですが、棟板金を止める貫板も古くなっていマス



027 (4)






028 (4)






古くなった貫板も交換し、念のため雨水の浸入がないようにコーキングで処理しておきマス



110727_0944~01




屋根はこれで完璧デス



037 (4)






034 (4)






★After★
軒裏をキレイに塗装しました



完璧デス



塗るだけじゃない、何かお困りのことがありましたら、僕たちまで



N様有難う御座いました



安心出来るお店をお探しなら、ホームページも見てくださいネ↓↓↓



★リフォームのことならお気軽にお問合せ下さい(^^)/★★★



Free Call : 0120-996418 朝800~夜900まで


★みつぼしリフォーム + 塗装工房

★HP : http://mitsuboshi-paint.com 

★Email info@mitsuboshi-paint.com



mitsuboshi_p at 21:45│Comments(0)TrackBack(0) 雨漏り修理 | 屋根工事

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
塗り替え・修繕 杉並区 外壁&屋根ガイナ塗装塗り替え 日野市 外壁塗装&屋根塗装