白岩貢のブログ

世田谷・目黒で土地2:建物1の黄金比による、堅実な不動産投資の実践会
(世田谷、目黒に建てる会)を主宰をしている専業大家

11月26日セミナー

11月26日(日)に僕が主宰のゆるゆるセミナーが11時からあります。
さらに15時からごま書房新社主催の不動産投資のイベントもあります。

まずは僕のゆるゆるセミナーは11時世田谷区かの某駅に集合して
頂き、そこから白岩が一緒に物件を見ながら説明させてもらいます。
僕のイメージでは5〜6人位でゆるゆるで少人数での双方向のセミナーです。
その場でどんどん質問して頂けたらと思っています。
セミナー代は3千円です、当日払いで結構ですので是非ご参加下さい。
ゆるゆるセミナーのお申し込みはこちらからどうぞ。

ごま書房新社主催の不動産投資部門大結集ミーティングの方は
11月26日15時〜17時で新宿京王プラザホテルにて開催されます。
こちらは20名の不動産関連書籍のの著者が一堂に集まります。
飲食付きだそうです。
お申し込み、興味のある方はこちらをご覧ください。

不動産投資本

世の中には不動産投資の指南本が沢山ありますね。
どちらかというと森を見ないで木だけを見てる感じがします。

日本という森が枯れ始めているのに、物件がああだとかこうだとか
積算したら安いとか、利回りが良いとか、出るときは売れば良いとか
これらもたぶん大事ですが、、、、、20年も30年も運営して、
子孫に残すのが不動産投資の神髄ですね。
木(物件)だけでなく、森(日本の在り方)を見て判断しましょう。

僕がおススメする不動産投資関連本?です。

「8000万人社会の衝撃」加藤久和著(祥伝社新書刊)
「老いる家崩れる家」野澤千絵著(講談社現代新書刊)
「未来の年表」河合雅司著(講談社現代新書刊)
「空き家問題」牧野知弘著(祥伝社新書刊)
「2025年東京不動産大暴落」榊淳司著(イースト新書刊)
「2020年マンション大崩壊」牧野知弘著(文春新書刊)
「人口減少時代の土地問題」吉原祥子著(中公新書刊)
「東京郊外の生存競争が始まった!」三浦展著(光文社新書刊)

以上、8冊です。
今のアパートバブルにはまってる方は是非読んで頂き冷静に考えて
頂けたらと思っていますので、ご紹介させて頂きます。

アパートバブル終息?

先日の日本経済新聞に特集記事が掲載されました。

栃木県では1000件以上のフリーレント物件が出ているそうです、中には20部屋の
新築の空室率が90%という凄まじい物件もあるそうです。
国土交通省建築経済統計調査室でさえ
「郊外エリアの需要ピークアウトしたとの見方がある。」
との見解です。

16年度には全国で43万戸も新築されたそうです。
金融庁が
「アパートは持続可能ではない。」
と、不動産投資に前のめりなってる地銀に対し行き過ぎたアパート融資に
ブレーキかける方向になりつつあります。

バブルの宴がいよいよ終わりそうですね。

不動産大暴落

最近読んだ本が
「2025年東京不動産大暴落」榊敦司著イースト新書
と、いう本です。

この本は不動産にまつわる現状とこの先についてかなり
ハッキリと書いているとても分かりすい本です。
興味のある方は読んでみてください。

現日銀総裁は財務省出身のエリートで日銀出身ではありません。
彼の本質には景気を上げて税収を上げるというのがあります。
異次元の金融緩和アベノミクスの始まる前は市中に出回る
お金は100兆円だったのが2017年1月には437兆円となった
そうです。

しかし、マイナス金利にしても企業にお金が回らずに、結局
不動産にまわりました。
それが、幾つかの局地バブルを引き起こして、さらには
サラリーマンの不動産投資ブームも起きました。

そんな中でブランド立地でも賃貸物件の家賃はバブル化しません。
それは需要と供給で決まるからです。
ブランド立地でこれです、それ以外の地域の家賃は想像が
つきますね。

京都&東京

今週は東京と京都2往復しました。
今週中に原稿の最終チェックで昨夜京都の帰りに品川で原稿の最終
チェックしました。
明日から印刷で11月1日に書店に並ぶそうです。
「新築アパート投資の原点」ごま書房新社刊
宜しくお願いします。


昨日は昼に京都、夕方に新富士で相談&面談させて頂きました。
自宅をなんとかしたしというご相談でした。
偶然相談内容が同じ感じでしたが、先方の対応が全く正反対でして
何とも言えない気持ちになりました。

僕は基本的に時間の許す限りはお会いしてお話伺う様に心がけて
いますので、遠慮なくどうぞ。
定年を迎え自宅を有効利用する方法を姉一家の実例を交えて詳しく
お話ししたら、凄くやる気が満ちて定年が楽しみだと言ってくれました。
白岩 貢


<プロフィール>
1959年、世田谷で工務店経営者の次男として生まれる。

世田谷にて珈琲専門店を経営していたが、株式投資の信用取引に手を出しバブル崩壊 と共にそれまでの漫然としていた人生も崩壊。
夜逃げ、離婚、自己破産を経てタクシー運転手になり個人タクシー事業許可をを取得。
2002年父親の急死により、土地の相続を受けアパート運営と建築を始める。

その後、世田谷区、目黒区、渋谷区を中心としたアパートやシェアハウス経営に乗り出す一方コンサルとして250棟余りサポートしている。
現在はインバウンド向けに京都、浅草などで簡易宿所の新築のサポートにも力を入れている。



白岩貢オフィシャルホームページ
白岩貢オフィシャルホームページ


----------

【アパ宿投資勉強会】

当会は白岩が個人的に主宰しています。
白岩の提唱してる、世田谷区目黒区など駅から徒歩10分前後以内のブランド立地にアパート、賃貸併用住宅、シェアハウスなど、自身の老後の安定や子孫に資産を残せる方法論に賛同される方が会員となれます。

サポート内容としては、土地取得、プラン作成、融資そして新築から客付けまで一貫して白岩事務局が行います。

※入会に際しては面談があります。
※不動産業者、建築業者、不動産投資コンサル等に従事されてる方々にはご遠慮願います。

入会金3万円、年会費12000円となっています。
以後、1年ごとに自動更新となります。


⇒お申し込みはこちらのフォームをご利用ください。

----------

出版本
おすすめ

不動産投資の健美家

QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ