今月末出版予定の新刊本が10冊目の節目になります。
2002年から大家業を始めてから15年になります。
あっという間に日々過ぎましたが、その間にファンドバブル、リーマンショック、現在のマイナス金利
による過剰アパマン投資に空室問題の表面化などなど。

本当に大家取り巻く環境も激変してきますね。
ダーウインの言葉ではないですけど、強いものが生き残るのではなく変化出来るものだけが生き残る
というのが真理なような気がします。


今までの15年間でこれですから、これから先の15年を考えただけでも大変です。
数年後には空室に耐えられなく、ローン返済が出来なくなる大家さんが激増すると思います。
特にフルローンやオーバーローンで買った大家さんには注意してもらいたですね。
アパマン融資が絞られたら次に買い手は極端に少なくなります。