京都は東京と違いまして、物件取得費がおおよそ半分くらいですみますが、
季節変動がかなりあります。
桜の季節や夏休み、GW、紅葉などが一気に売り上げが増えます。
特に桜の季節は驚きます。
課題はシーズンオフにどう宿泊に結び付けるかですが、いろんな方法が
ありますが、地道にやるのが最短距離なような気がします。

しかし、その京都の物件取得費もかなり上がりまして、この価格帯なら東京と
変わらなくなってきました。
更に、東京では三軒茶屋や池尻大橋などの土地と押上や業平や浅草方面の
土地の価格も東京の東側との西側と並んできました。
東京は季節変動がないのが強みです。

後は好みの問題ですね。
東京の世田谷、目黒が良いのか?押上、浅草が良いのか?京都が良いのか?
良くないのは、入居者の居ない地域のアパートやインバウンドと縁のない
地域にあるアパートや簡易宿所の物件です。