【新築】東寺3_01
"白岩貢事務所"から 毎週火曜日と金曜日に配信!

セミナーでも好評いただいている拙著

“続"親のボロ家から笑顔の家賃収入を得る秘策!から

不動産投資にフォーカスして全20回にわたり内容をご紹介しています。




 

 

前回は、私がおすすめする新しい不動産活用法

インバウンドニーズに応えるべく立ち上げた「旅館アパート」事業について

具体的にご説明しました。


ではあなたの眠っている不動産を、価値あるものにしてくれるのは誰か?

前回も少しお話しましたが・・・

4回目は「インバウンドの魅力」について、より具体的に触れていきます。



わたしの言うインバウンドとは、訪日外国人観光客をさします。


観光庁の「平成30年版観光白書」によれば、

訪日外国人旅行者数は2017年までに5連続で過去最高を更新しています。


政府は東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年に訪日客を4000万人に増やす目標を掲げていて、これが順調に推移していることになりますね。


私がインバウンド需要に目を向けた2015年頃は

「盛り上がるインバウンドブームは一過性のもの」という声もありました

すでにここまでの実績があるのです。





対して、不動産投資バブルは完全にはじけています。


  2013年の金融庁による異次元金融緩和…

  2015年の相続税改正…

  大手アパートメーカーの施工不良が次々と発覚…

  2018年に入って起こった新築シェアハウス「かぼちゃの馬車」の破綻 などなど…

  

たとえ法令が守られていても空室が埋まらず

当初予定していた収益が出ないという話も多く聞きます。


このことから、安易な新築アパートの建築については、

慎重に考えるようアドバイスをしています。



彼ら(インバウンド)が求めるのは決して都会にとどまりません。

次回は「SNSから広がるNEW観光スポット!について。



より詳しい内容は、

新刊『“続"親のボロ家から笑顔の家賃収入を得る秘策!で。

ぜひ、不動産活用のアイデアにお役立ていただけたら幸いです。