"白岩貢事務所"から 毎週火曜日と金曜日に配信!

セミナーでも好評いただいている拙著

“続"親のボロ家から笑顔の家賃収入を得る秘策!から

不動産投資にフォーカスして全20回にわたり内容をご紹介しています。

 

 

右肩上がりに増え続ける我が国のインバウンド旅行者。

彼らが求めるのは決して都会にとどまりません。

 

いくら外国人旅行客が増加していても

「ホテルが足りないのは都会だけ!」

「観光地でもないのに需要なんてあるの?」と疑問を抱かれる方もいることでしょう。

 

しかし、その心配はご無用です。

 

彼らは東京や京都にとどまらず、もはや全国津々浦々に足を運んでいます。

田舎の田んぼを眺めるだけで感動し、

露天風呂に猿が入っているだけで過疎の村が観光地へと変貌します。

私たち日本人が思いもよらぬ場所やモノに価値を見出すのです。

 

世界最大の閲覧数を誇る「トリップアドバイザー」では、

毎年「外国人に人気の日本の観光スポット」を発表しています。

 

2017年にはエンターテイメント施設が支持されたのに対し、

2018年は緑豊かで癒されるスポットが人気を集めています。

 

これらの旅の様子を彼らがYouTubeFacebookといったSNSへアップする

ことで、また新たな外国人旅行者が「おもしろそうだ、行ってみよう!」と

旅の計画を立てるのです。

 

こうして、外国人だけでなく私たち日本人ですらガイドブックを頼って旅に出

ることもなくなり、今後も何がヒットするのかわかりません。

 

全国どこでも、同じように新しい観光スポットに成りうるチャンスがあります。

つまり全国の空き家が、宿泊施設になる可能性を秘めているのです。


inboundAttr2018_head_v2









data










 出典 トリップアドバイザー

「旅好きが選ぶ!外国人に人気の日本の観光スポットランキング 2018

 

 

 

こうして旅館としての需要が見出される「親の家」。

では具体的に彼らにとって、どんな部屋が足りてないんでしょう?

次回は「手間をかけずに収益性をあげる方法」!

 

 

より詳しい内容は、

新刊『“続"親のボロ家から笑顔の家賃収入を得る秘策!』で。

ぜひ、不動産活用のアイデアにお役立ていただけたら幸いです。