不妊鍼灸治療Q&A

Q.1鍼は痛くないですか?

Q.
鍼は痛そうなイメージがありますが、痛くないですか?

A.
よく尋ねられる質問です。
注射針のイメージがあるようですが、当院の治療で使う鍼は髪の毛程の細さで痛みは感じませんし、刺入する深さも部位によって違いますが、数mmから1、2cm程度です。
鍼は初めてで緊張されている方も、「もう刺したのですか?」と尋ねられる方もいらっしゃるくらいです。



Q.2お灸は熱くないですか?

Q.
お灸は熱くないですか?

A.
当院でのお灸は隔物灸といって皮膚ともぐさの間にスライスしたしょうがを置きます。
皮膚に直接することはありませんので火傷や痕がつく心配はなくポカポカ気持ちがよいくらいです。

 

Q.3感染症の心配はありませんか?

Q.
感染症の心配はありませんか?

A.
当院ではディスポーザブル鍼という使い捨ての鍼を使用しています。
感染症などの心配をすることなく安心して治療を受けていただいています。
 

Q.4生理不順で悩んでいます。

Q.
生理不順で悩んでいます。
生理がこなかったり、一ヶ月に2回きたりすることがあります。
このような症状も鍼灸治療で治りますか?

A.
鍼灸治療が高い効果をあげる症状の1つです。
しかし、生活習慣を見直すことも大事なことです。
適度な運動、食生活、睡眠などを改善したうえで、鍼灸治療を行えば身体づくりもでき、そのような症状も改善されると思います。


Q.5どれくらいの期間治療すれば妊娠に至りますか?

Q.
どれくらいの期間治療すれば妊娠に至りますか?

A.
難しい質問ですが、鍼灸治療で身体づくりをおこないより妊娠しやすい身体に改善していくわけですから、自然妊娠を望む方や、西洋医学の治療と併用しながら、より妊娠率を高める為に鍼灸治療をされている方もいらっしゃいます。
当院では3ヶ月で嬉しい報告を聞くことができることもありますが、2年半治療に通われて妊娠に至ったという方もいらっしゃいます。
一概にどのくらい治療すれば妊娠すると言うことはできません。
ただ半年間は身体づくりに必要ではないかと私自身は考えています。
治療を始めると、手足の冷えや生理痛、肩こり、頭痛、精神的なストレスなどの症状の改善。
基礎体温をつけてらっしゃる方は高温期と低温期がはっきりわかるようになった、体温が全体的に少し上がった、月経周期が規則的になったなど、身体づくりがすすんでいることを実感していただけると思います。


Q.6着床しにくい身体と言われましたがよくなりますでしょうか?

Q.
3年不妊で悩んでいます。
病院では着床しにくい身体と言われましたが、鍼灸治療でよくなりますでしょうか?

A.
鍼灸治療を主とした身体づくりで骨盤内内臓の血液の循環を良くすれば、子宮が本来持っている機能も回復し活発になります。
子宮内膜の形状が改善し準備が整えば着床しやすくなると思います。


Q.7鍼灸治療との併用は効果がありますか?

Q.
体外受精などの高度生殖医療にステップアップしようと考えています。
鍼灸治療との併用は効果がありますか?

A.
当院で治療されていらっしゃる方の2割以上の方が、鍼灸治療をメインに身体づくりをして高度生殖医療を受けてらっしゃいます。
卵巣の血流をあげ機能を活性化し質の良い卵子の確保、子宮内膜の形状を改善し着床しやすくするなどの効果が期待でき、鍼灸治療を併用することで、より妊娠率をあげることができるのではないかと思います。


Q.8基礎体温は必ずつけたほうがいいですか?

Q.
基礎体温は必ずつけたほうがいいですか?

A.
必ずつける必要はないですよ。とお答えしています。
いろいろな本にも基礎体温が低温相と高温相の変わり目の体温一段下がった日が排卵日だと書いてあるのですが、この方法だと排卵日を間違える可能性があると思います。
というのは、体温が下がらずに排卵することもあれば、体温が下がったように見えた日が実は排卵日のかなり前だったということもあるからです。
排卵が起こると体温が上がるので排卵が起こったことは確認することはできます。
また、毎朝基礎体温表を見て一喜一憂するのは身体にストレスを与え身体づくりを妨げる場合がよくあります。
当院の患者さまの中にも基礎体温をつけるのを止めて自然妊娠された方も何人かいらっしゃいます。
特にストレスなんて感じないと思われているようでも、意外とストレスになっていらっしゃる方がいらっしゃいます。
健康コラムにも書いていますが、ストレスが身体に及ぼす影響は非常に大きいです。
ストレスのない日常をすごせるように工夫をしましょう。


Q.9食事はどういったことに気をつければいいですか?

Q.
食事はどういったことに気をつければいいですか?

A.
健康である為には食生活、適度な運動、睡眠の3つがバランスよくあれば健康であると思います。
その中でも食生活は非常に大事ですが、20年前とくらべて一番乱れてしまっているようです。
以下のようなことに注意すればよいと思います。

]多を中心としたメニューにする。

朝食は抜かずにしっかり摂るようにする。

J八分目に医者いらずと言います。お腹一杯まで食べすぎないこと。

さ軻、乳製品は摂らない。

ゴ嵜をしない。

ξ笋燭い發痢⊃搬里鯲笋笋垢茲Δ覆發里論櫃蠅垢ない。(冷たい飲み物、生野菜、南国のフルーツ、甘いもの)

Р湛度の高い食品を選ばないようにする。(コンビニに並んでいるような食品)

┳姐饂困茲蠑々高くとも国産の食品を選ぶようにする。

ファーストフード店など外食を控える。

Q.10アロエベラジュースを摂るといいですか?

Q.
アロエベラジュースを摂るといいですか?

A.
人の健康にとって食ほど大切なものはありません。
しかし、今の日本はどうでしょうか?
世界のほとんどの食材が手に入り、TVではグルメブームでおいしいだのおいしくないだのとやっています。
食べることに困った経験のない私たち世代は平気で食べ残したりして、食べ物は豊富にあるのでしょう。
しかし、本当に健康になるための食事は残念ながら少なくなっています。
特に野菜に以前のような力がなくなって栄養素は30〜50%減ってしまっています。
私たちが健康に必要な栄養素を日々の食事で摂ろうとしても摂れなくなっているように思います。
そこでアロエベラジュースのような天然の植物1つでバランス良く栄養素を補ってくれるものが必要なのだと思います。

Q.11どこも悪くないのにどうして妊娠しないのでしょうか?

Q.
最初は子供ができると思いましたが2年が経ち病院で夫婦ともに検査しましたが異常なしといわれました。
どこも悪くないのにどうして妊娠しないのでしょうか?

A.
夫婦どちらにも異常がないのに妊娠しないということではなく、今の医学でわかっている範囲内では異常がないというだけではないでしょうか。
もう一度、身体の健康とはどういうことか考えてください。
症状がでていなければ、検査で異常がなければ健康ですか?
まずは身体づくりをして赤ちゃんを迎える身体の準備をしましょう。

Q.12通院回数はどのくらいでしょうか?

Q.
先生のHPを見て通院をしたいと考えていますが通院回数はどのくらいでしょうか?
家が少し遠方なのですが・・・

A.
通院回数は週に1回から2回です。
おかげさまで京都や奈良、兵庫と他府県から治療に来ていただきましてありがとうございます。ご自宅が遠方とのことなので、無理なスケジュールにならないように通院してもらえればとお伝えしています。
ただ初めはお身体の状態を把握したり整えたりということがありますので、患者さまによりつめて来てもらう場合もあります。
西洋医学と併用なさっている方は、その治療スケジュールに合わせて鍼灸治療をすすめていきます。まずは詳しくお話を聞きますので、気軽にお電話にてカウンセリングのご予約をしてください。



Q.13安産の鍼灸治療をやっていただけますでしょうか?

Q.
安産の鍼灸治療を聞いたことがありますが先生のとこでもやっていただけますでしょうか?

A.
はい!安産の鍼灸治療やっていますよ。
お灸を中心とした鍼灸治療で安産の効果が期待できます。
そして何度も同じようなことを言うようですが、母体に十分な栄養を食事として与えることが重要です。当院ではアロエベラジュースをお勧めしています。



アロエベラジュースは栄養代謝を促進してくれる微量栄養素や植物酵素を提供してくれるだけでなく、体内に残留した毒素を排出する為の日常的な食品として、大変利用価値の高いものだからです。

Q.14鍼灸治療で二人目を授かることができますでしょうか?

Q.
一人目は病院でクロミッドを服用してのタイミング療法で授かりました。
二人目が欲しいと夫婦で相談して作ろうと思い、同じようなタイミング療法を試みていますが、1年近くになりますが一人目の時のようにいきません。
どうしてでしょうか?
鍼灸治療で二人目を授かることができますでしょうか?

A.
お聞きしているとhmg−hcg療法の頻度が高いこともあってか、卵巣機能が低下し、排卵誘発剤の反応が悪くなっているのではないでしょうか。
やはり鍼灸治療をメインとした身体づくりをすることで、骨盤内内臓の血流を良くし妊娠しやすい身体にしていくことが妊娠への近道だと思います。

Q15夫も鍼灸治療をしたほうがいいですか?

Q .

私が不妊治療を始めて1年が経ちましたが妊娠には至っていません。夫も検査をしましたが特に異常はないといわれました。夫も鍼灸治療をしたほうがいいですか?

 

A . 

当院では男性の治療もおすすめしています。現代社会でストレス、運動不足、食生活などで、異常はなくても身体が弱っていき精子の活動状態が鈍くなることや、数も減ってくることがよくあります。

 

ご夫婦共に身体作づくりを行い、心身共に充実されますと良い結果に結びつくと思います。

 

当院では男性の場合仕事もあり忙しい中での治療となりますので、2週間に1回というペースで来院されている方が多いです。

 

あとは自宅にてご夫婦で行っていただくお灸を指導していますので、是非ご夫婦でお灸コミュニケーションを楽しみながらの身体づくりをしてください。