地方競馬研究会

JRAの競馬と比べて情報が少ない地方競馬。地方競馬のみを追いかけて研究し尽くした筆者が、ダートグレード競走をズバリ予想をします。

第10回 サマーチャンピオン

◎スーニ・・・JBCスプリントを3歳で優勝した化け物。堂々のハンデ頭だが、59キロは慣れたもの。ここ2走は連続2着も、勝ったのはスマートファルコン。鞍上は佐賀出身の川田。気持ちはこれまで以上だろうし、スマートファルコンがいないメンバーでは負けられない。

○ダイショウジェット ・・・サマーチャンピオンのJRA勢のベストステップは、プロキオンS。過去のデータからすると、着順に関係なくこのレースを使った馬が好走する傾向にある。この馬はプロキオンS4着。2走前の東海Sも5着と好走。フェブラリーS6着は大威張り出来る。

▲セレスハント・・・こちらはプロキオンSの後、小倉のKBC杯を使った。そこを勝利し、勢いつけてきた感じ。佐賀の1枠は微妙だが、前に行く脚質だし、この馬が逃げる可能性が高い。佐賀の1枠は逃げ馬にとってのみベストの枠。すんなりハナなら、逃げ切りも十分。

△マンオブパーサー・・・佐賀の馬という事で評価低くなっているが、紛れもないG?馬。もう過去の馬という見方もあるが、まだ7歳。復活の可能性は残っていると見る。佐賀に来て2戦2勝。初戦は仕上がっていなかった状態で勝ち、2戦目は重賞で楽勝。甘く見ると痛い目に合いそう。

×ヴァンクルタテヤマ・・・「過去の馬」という表現はむしろこの馬の方が適当。昨年、一昨年とこのレースを連覇していて人気になりそうだが、過去2年と比べると勢いが全く無い。3連単の3着用と見て良いだろう。

注エフケーフィル・・・佐賀の馬でこの1400mが一番合うのがこの馬。昨年はこのレース5着。地方馬最先着を果たした。ただ、馬券圏内にはどうか?

<馬券作戦>
馬単
9−2、9−1、9−3まで

第12回 ジャパンダートダービー

◎12 バーディバーディ
芝は掲示板にすら載れないが、ダートに限れば6戦5勝2着1回のほぼパーフェクトの成績。すでに兵庫での勝利があり、地方コースも問題ない。ここは外枠にはなったが、むしろスムーズな競馬が出来そう。父ブライアンズタイムで、2000mに伸びるのもいい。今後、古馬になってもG1で活躍しそう。

○3 トーセンアレス
この2戦は大敗だが、芝のG1ならしょうがない。ダートなら4戦3勝と好成績。重賞勝ちは無いが、オープン特別を勝っている。強いメンバーと戦った経験がここで活きそう。ダービー大敗でダート転向はゴールドアリュールやサクセスブロッケンがイメージされる。

▲1 ミラクルレジェンド
対してこちらは1枠。芝で勝てず、ダートに矛先を向けて3連勝と勢いある。地方コースは初だが、岩田騎手で問題ないだろう。岩田騎手は昨年このレースを勝利。前走は重賞ではなかった馬での優勝で、今年も同じパターンにある。逆転も。

△8 コスモファントム
近走は芝での好成績が目立つ。前走は日本ダービーでメンバー強かったが、それでも10着。スピードあるし、前に行っての押し切りも一考。内田騎手が上手く乗れば、勝ち負け。

×4 バトードール
ユニコーンSで2着。バーディバーディには歯が立たなかったが、力見せた。一貫してダート路線を貫く。520キロの馬体はJRAの中で一番重いし、大井の深いコースに一番合うのはこの馬だろう。

注7 ロックハンドスター
評価はこの位置になるが、一番期待している馬。久々に岩手に器の大きい馬が入った。ダービーウィークの岩手ダービーを圧勝。走るたびに強くなっている印象すらある。今回は初めての一線級が相手となるが、馬券圏内を外した事が無くまだ底を見せていない。一発あるか?
スポンサードリンク
わくわくライフ ブログ
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサードリンク
Recent Comments
  • ライブドアブログ