どうも、みっつです。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

こちらのバナーを、記事を読む前でも読んだ後でも結構です。
一日一回クリックしてください。
クリックした後に「にほんブログ村」のランキングページが表示されたら投票完了です。
どうぞ宜しくお願いします!



~~5月2日~~

道の駅キララ多伎にて起床。

IMG_4306

荷物を積み込むのが毎回めんどくさいです…。

そして荷物を積んでいる間に隆盛君は出発。

今日は松江で新しい携帯を受け取るそう。

データが無事だといいね。

またどこかで会うかもしれないし、ねぶたまで会えないかも知れないけど、

とにかく、事故と病気には気をつけて!!

いってらっしゃい!!

IMG_4307


さて、僕は引き続き荷物の積み込みをしますか。


「あの、みっつさんですよね?」


ふぁ!?朝から訪問者!?


IMG_4308

こちら、本当に数日前に出発したばかりのチャリダーのけーじゅ君。
ブログ:けーじゅの日本一周記

彼の特筆すべきはここ!!

IMG_4309

バッグが4つある!!!

IMG_4310

やっぱバッグは4つ以上積まないとね!

久々に4バッグチャリダーを見かけてうれしい限り。

彼はこれから九州の方へ行くそうです。

多分強烈な向かい風だろうから十分気をつけて。

IMG_4312

いってらっしゃい!





さて、僕も出発します。

まずはここから15kmくらいの場所にある出雲大社を目指します。

そういえば長きに渡って僕を苦しめてきた鼻炎・頭痛・発熱・悪寒の諸症状は

かなり軽減されました。これなら調子よく走れそうです。

DSCF1696

出雲大社って出雲市のはずれの方にあるから、

9号線から分岐してからが結構長いんですよね。

IMG_4313

ここを曲がるとあとちょっと。

IMG_4315

ということで、出雲大社の大鳥居です。

GWということでかなりの人が行きかっていたため、実はこれ奇跡の一枚。

IMG_4318

ここから長い参道を進んでいくと、

出雲大社の入り口があるのですが、

目の前が国道で、かなり車通りの多い場所。

そしてGW故に人もごった返していて、写真を撮るタイミングがなかなか取れません。

ちょうど鳥居と石碑の前に自転車が来るように配置し、

信号が青になった瞬間横断歩道から撮ったのがこちら

IMG_4322

出雲國一宮 出雲大社 です。

さて、参拝をしたいのですが、肝心の駐輪場がどこにも見当たらない。

しばらく周囲を探していたら、臨時開放されている駐車場を発見。

IMG_4323

こんな感じで壁の裏に停めさせてもらいました。

IMG_4324

すさまじく大きな日章旗が見える。伊勢よりも大きい。

IMG_4325

さて、改めて参拝いたしましょう。

IMG_4326

IMG_4328

IMG_4335

IMG_4336

神楽が行われていました。

IMG_4337

IMG_4338

IMG_4340

こちらが出雲大社の拝殿になるのかな?

しかし、出雲大社ってのは大きな注連縄で有名だけど、

IMG_4341

これ、意外とたいしたことないぞ?

あれかな?遷宮に伴って、仮の注連縄にしてるのかな?



まずはここでお参りです。

皆様ご存知とは思いますが、出雲大社の参拝方法は普通の神社と異なります。

通常の神社は、

二拝 二拍 一拝

※ 拝は90°まで腰を折る最敬礼


なのですが、出雲大社の場合は、

二拝 四拍 一拝

が正しい作法なので、

もし今後出雲大社を参拝する予定がある方、

ぜひお間違いのないように。

IMG_4342

IMG_4344

拝殿の裏に回っても本殿しかないし、

やっぱりさっきの注連縄が一番大きなやつだったのかなぁ。

IMG_4351

本殿にもしっかり参拝。

IMG_4346

IMG_4352

こっちもすごい人だけど一体なにが…

IMG_4353

おお、大注連縄はこっちだったか!!

てか、デカイ!!

IMG_4356

IMG_4355

すさまじい大きさ。

長さが13.5m、重さは4.4tあるそうです。これが上から落ちてきたら確実に死にますね。

IMG_4357

下から見るとこんな感じ。

IMG_4358

IMG_4359

注連縄の下には金網が張ってあります。

以前どこの馬鹿が言い出したか、

この注連縄に小銭を投げて挟むことが出来たら縁結びになるとか

そんな噂が流れていて、この金網はその為の防御柵みたいなものです。

宮島の厳島神社の海上鳥居にも、鳥居の隙間に硬貨を挟む馬鹿がいるそうです。

神社はそのエリア一帯が神様の敷地なので、

故意にそこを痛めつけたりすると罰が当たります。

くれぐれもそういうことはしないように。

IMG_4360

IMG_4363

IMG_4367

IMG_4369

今日は写真が全然上手く撮れない…。

恐らく、丁度お昼時で太陽が真上にあるからだと推測。

いくら絞りを弄っても、フィルターを回しても全然綺麗に撮れません。

IMG_4375

まともに撮れたのなんてこれくらい。

IMG_4377

IMG_4382

IMG_4383

IMG_4384

さて、自転車に戻りましょう。

IMG_4385

駐車場の向こう側に、小さくですが自転車を確認。無事でよかった。

IMG_4386

最後に立派な日章旗をもう一度。


さて、出雲といえば、出雲そば。

桃鉄でも出雲に着いたら出雲そばのお店を独占するのは常識ですよね。

出雲に来たからには出雲そばを食べなければ。

と思って周囲を探すのですが、やはり高いお店ばかり。

さすがに貧乏チャリダーにはキツイ。

と思っていたら600円で出雲そばを食べられるお店を発見したので行くことに。

IMG_4388

割子そばと釜揚げそばを注文。占めて1200円也。

IMG_4391

こちらが割子そば。このお店では薬味と出汁が既に入っている状態で出されますが、

本来の出雲式では、そばだけの入った割子(お重のことをこの地方では割子と言うそうです)に

薬味と出汁を入れて食べるそうです。

基本的な薬味は、ネギ・海苔・もみじおろし・かつおぶしだそうですが、

地域によって薬味の種類も変わってくるそうです。

IMG_4393

そしてこちらが釜揚げそば。

こちらは蕎麦湯を捨てずにそこにそのまま出汁をいれて食べるそばです。

まるでチャリダーの作るスパゲッティのよう。

しかし蕎麦湯に出汁を入れることにより、

蕎麦湯のとろみとコクが加わって、とてもおいしいですし、

とろみがあるが故に冷めづらく、身体の内側がとても温まります。

これはなかなか好きな味です。

そばの乾麺ならかなり安くどこにでも売ってるし、

白だしと一緒に買ったら薬味無しの釜揚げそばなら簡単に作れそうだ。

今後のメシの主力になって行くかもしれない。



出雲そばを頂いてからようやく出発します。

とりあえず出雲大社の前の国道をひたすら東へ。

そういえば水がもうからっぽだったので目に付いたコンビニへピットイン。

すると一人の男性から話しかけられ、

DSCF1697

お菓子とDVDを頂きました。

DVD!?

ええ、DVDです。

この方は翻訳家らしいのですが、

アメリカにいた際に、とてもすばらしい映画に出会ったそうなのですが、

日本で公開されていないので日本では全く知られていない。

でもそれではもったいないということで、セルフ翻訳で字幕を付けたものを配っているのだそう。

ありがとうございます。面白い映画なら是非見てみたいです!!


「でも、DVD再生させられるような環境は無いですよね…。」

み「ああ、大丈夫です。DVD再生できるドライブも持ってますから!!(ドヤァ)


物持ちの欲張りさんでよかった。

今度時間のあるときにゆっくり拝見させてもらいます!

ありがとうございました!

DSCF1698

IMG_4396

暑い…。水があっと言う間に無くなっていく…。

DSCF1699

水…。

DSCF1700

よし!!!

日本の水の豊かさと浄水技術の高さには本当に感謝しています。

IMG_4397

IMG_4400

IMG_4401

こいのぼりは美しいですね。

これもあと数日で見られなくなると思うと少しさびしい。

IMG_4407

一畑電車の湖遊館新駅にやってきました。

別にこの駅に大した意味はありません。

僕が見たいのは車両の方。

この、一畑電車には、千葉の銚子電鉄と同じく、

かつて京王電鉄を走っていた京王5000系の車両が走っているのです。

これは当然写真に収めねば!!

まだ電車が来るまでじかんがあるので駅付近の撮影です。

IMG_4405

IMG_4406

IMG_4410

when the night ♪

IMG_4411

has come ♪

IMG_4412

and the land is dark ♪

まっすぐな線路を見ると、stand by meが流れてくるのは僕だけではないはず。

あの映画大好きなんですよね。内容は死体を捜しに行くっていうものなんですがね。

ちなみにあの映画に出てくる不良のリーダー役の人は、

ドラマ「24」のジャック・バウアーを演じているというのはあまり知られていない話。


しばらくして踏み切りの警報音が鳴り出したのでカメラをスタンバイ。

IMG_4413

IMG_4414

あ、5000系じゃない…。

IMG_4417

IMG_4424

IMG_4429

IMG_4432

東急からの車両だったかな。

IMG_4433

IMG_4443

IMG_4447

オレンジ色って、この田園風景に意外なほど溶け込みますね。

なかなかいい雰囲気でした。



またしばらくして遮断機が鳴ったのでカメラを取り出すも、

IMG_4449

さっきと同じ車両かーい!!


上下線で一時間に1本ずつしか無いのでもうあきらめようかと思っていたら、

IMG_4457

ん?あの車両は…

IMG_4458

この丸いフォルム、天井についてる冷房といい、これは5000系んじゃないか?

色のせいで形がわかり辛いけど多分そうだと思う。

そして到着した車両のドアの形状と駆動音で確信する。

こいつ5000系だ!!!

IMG_4461

いやぁ、よくぞ元気で働いていてくれた。

もう50年以上前の車両だからなぁ。

それでも銚子電鉄一畑電車琴平電鉄伊予電鉄富士急行で活躍しています。

一応、わたらせ渓谷鉄道でも走っているのですが、

あまりに魔改造されてしまい、お顔の原型を全くとどめていないので、

個人的に、かなり悲しくなるので見たくないんです。

IMG_4463

ありがとう。また会えてうれしかった。

IMG_4466

元気でね。

ちなみに京王5000系が京王電鉄から引退したのは1996年のこと。

僕が小学校2年生の時ですね。

そろそろ7000系が引退しそうな気がする。



さて、僕はこの写真を撮るためだけにここで2時間ほど時間を使っていたわけですが、

今日の宿地はここから10km弱の場所にある道の駅湯の川を目的地にしているので問題ありません。

IMG_4467

ということで到着。

ここには24時間開いている休憩スペースがあるので、今回も寝袋泊です。

実は明日の天気が大荒れらしいので、ここで雨をしのごうと考えています。


とりあえずここの状況を確認してからローソンへ。

駐車場でゆっくりしていると、すさまじい大荷物を持った徒歩ダーさんに声をかけられます。

写真は無いのですが、かしわさんという方。

ブログ:タビカシワのブログ

いろいろ話を聞いていたら、宗教や古代史にとても詳しい方で、

神道から仏教、そしてキリスト教やユダヤ教と、

そこから今日に至る国家間の話と今後の展望など、

聞いてて全く飽きない内容でして、

道の駅に戻ってもずっと話をしていました。

すると、


「むこうに変な自転車あるんですけど、乗っても良いですか?」


と聞きなれた声が。

振り返ればそこには久々のぽちさんが。

あれ?三瓶山に行くんじゃなかったの?


「泣く泣くあきらめてきた。明日から天気安定しないし。」


まあ、そうだよね。

山は天気崩れたら特に危ないし、

山の中で雨が止むまでテントで過ごさなきゃいけないってのもキツイしね。

ぽちさんはかなりのハイペースでここまで来たそうで、早々に就寝。

僕はその後もかしわさんから話を聞き、気づけば午前3時…。

道の駅は朝の9時にはオープンするので、それまでに片付けれるように急いで寝ました。



~~5月3日~~

道の駅湯の川にて起床。

まあ、当然のことながら死ぬほど眠いわけです。

道の駅のお店が開く前にすべてを片付け、朝ごはんを食べにローソンへ。

朝からどんより曇り空な上に風が結構強い。

どうせ雨が酷くなったら外に出られないわけだし、昼以降の食事も買っておきます。


その後、道の駅の休憩所にあるベンチに座ってひたすらブログ更新。

と思ったらまさかの寝落ち…。

昼ごろまでそんな感じで過ごしていたら、ぽちさんが出発。

充電がもう無くなりそうなので、松江市のネカフェまで行くそうです。

幸いまだ雨は降っていないようでしたが気をつけて。

多分また近いうちにどこかで会うでしょう。

でも本当に強風には気をつけて。




ぽちさんがいなくなってからはずっとPCとにらめっこ。

そしてこの日も道の駅の床に寝袋を敷いて寝ました。


今日は写真が一枚もありません。

通常は停滞日でも写真を何枚か撮るのですが、

今回は全く撮りませんでした。故に2日分をまとめちゃってます。

明日は晴れるのでちゃんと走りますよ。

ということで、今日はこの辺で。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ

にほんブログ村 日本一周自転車カテゴリーに登録しています。

今日も1クリックを宜しくお願いします!